「とりあえずビール」はもう古い!フランス流「乾杯」でオシャレにお酒を楽しもう

焼き立てのパンや甘いスイーツのかおりが漂う、パリの昼下がり――フランス人は、どんなに忙しくても、週末になればゆったりと過ごす人がほとんどです。昼間からみんなでお酒を楽しみ、交流を深める食文化のある彼の国では、私たち日本人も思わずマネしたくなるような「素敵なカンパイの習慣」があるって知っていました?

いつもの乾杯だって
スパークリングワインなら
華やかに!

chandon_03

フランスでは、「アペリティフ」という食前酒をゆっくりと楽しむ習慣があります。ただただお酒を楽しむだけでなく、「アミューズ・ブッシュ」と呼ばれる軽いおつまみもセットで楽しむのが流儀です。日本で言うと食事前の「とりあえずビール」みたいなものでしょうか。
うだるような暑さが続くこの時期、アルコールでカンパイするなら、ちょっと洒落っ気を出してスパークリングワインをチョイスしてみては? お酒を変えるだけで、デイリーなシーンはもちろん、仲間でワイワイ楽しむホームパーティーやBBQの場が一気に華やかになりますよ!

夏にぴったりの
カクテルにも使えちゃう♪

chandon_02

フランスでは、スパークリングワインやカクテルがアペリティフの定番。とくに夏場は、すっきり炭酸で、酸味があって、苦味があって、ちょっぴり辛口のものが好まれるみたい。まとめると、清涼感のある爽やかな味わいといったところでしょうか。
たとえば、カシスのリキュールをスパークリングワインで割った「キールロワイヤル」や、オレンジジュースを同じくスパークリングワインで割った「ミモザ」などのカクテルは、ほんのりとした甘さがあるので男女ともに喜ばれそう。

あくまでカジュアルに!
肩肘張らずに楽しもう

chandon_01

アペリティフを日本風にたとえるなら、居酒屋でお通しをつつきながら、最初の一杯のビールを片手にワイワイと楽しんでいるイメージ。あくまで肩肘張らずカジュアルが基本。大切なのは、みんなで一緒にお酒と会話を楽しむこと。家族や友人はもちろん、たとえ相手が初対面でも、上司でも、はたまた気になるカノジョ(あるいはカレ!?)でも、アペリティフで緊張をほぐせば、自然とおしゃべりが弾みます♪
蛇足ですが、食前酒には食欲増進の役割も。まさに食と人生を楽しむことを大切にするフランス人らしい習慣ですね。

今夏限定!
アペリティフにぴったりな
スパークリングって?

chandon_04

じゃあ、思わずおしゃべりが弾むスパークリングワインとは?「味よし」「値段よし」「見た目よし」の三拍子がそろえば、アペリティフのひとときが盛り上がること間違いなし!
まるで夏のビーチにいる気分を味わえるボトルデザインの『シャンドン ブリュット サマーボトル』があれば、テーブルの雰囲気が一気に華やぐはず! フレッシュで爽快な味わいで、会話も食事もどんどん進むでしょう。
みんなで飲める750mlで2,800円(税別)だから、はじめて“アペる”人にもおすすめです。ぜひお手軽にトライしてみてください。

あなたもフランス気分を堪能できるアペリティフで、休日を昼間から最高にハッピーに過ごしてみませんか?

もっと詳しい情報はこちらのFacebookページへ!

moebtn_03全国の主要小売店にて販売中 。
取り扱いについては、各店舗へ。
MHD モエ ヘネシー ディアジオ お問合せ先/03-5217-9733

Sponsored by MHD モエ ヘネシー ディアジオ株式会社

本物のお酒が入ったBoozy Soaps。一つひとつ手作りされていて、バーボン・ウイスキーなどのお酒のほか、ローズマリーの葉やクランベリーの種といった天然...
紫いもで作った「日本芋酒(にほんいもざけ)」は、ワインでもなければ焼酎でもない、さらに言えば日本酒でもない、全く新しい日本初の「生酒」なんです。
「日本酒は体にいい」古くからそう言われてきたように、米と水からつくられるお酒には、日本酒由来の成分があります。「shu re」はそこに着目。
日本各地の女性蔵元、女性杜氏の手による日本酒。市松模様が施されたスタイリッシュなラベルからも、女性ならではのセンスや繊細さが感じられます。それなのに、「男...
洋画に出てくる大富豪やギャングになりきってみたい……。そんな願望があるあなたにおすすめしたいのが『Make It Rain Money Gun』!
『Conserve the Sound』は、そんな失われつつある音を集めたWEBサイト。懐かしい!と思った製品をクリックすれば、その音を聴くことができます。
沖縄・那覇市にある「泡盛倉庫」は、その店名からも分かるように、泡盛を専門にしている会員制のBAR。なかなかお目にかかれないヴィンテージの古酒も含め、750...
一般的には常識外れな亜熱帯の台湾で造られるウイスキー「KAVALAN(カバラン)」。造り方とか調べると、けっこう“台湾としての個性”を感じさせる面白いお酒です。
「会社のみんなで飲みに行こうよ」と誘われた時、どうしていますか?行く?行かない?会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが伝授する、働く女子...
定期購買するギフトボックス。毎月なにが届くかわからない楽しみは、女性だけのもの。そんな節が正直どこかに。でも、それが男性をターゲットにした朝食や酒のつまみ...
ニューヨークにある古いキャンピングトレーラーを改装してつくられた女性専用のタトゥースタジオ「Ink Minx」。運営者は、パキスタン出身でイスラム教徒のS...
2月23日(金)からhako galleryで、14~15世紀のフランスで親しまれていたスパイスワイン「hypocras(イポクラス)」が飲める。体の内側...
地酒大国・新潟生まれの「ぽんしゅグリア」という商品がある。日本酒を注ぐだけでおいしい日本酒カクテルをつくることができるキットなのだが、それがいかに宅飲みに...
「懐かし〜」より「斬新!」な、カクテルベースになるたまご酒。
花見や月見など、日本には自然の風情を楽しむ素晴らしい文化があります。そんな日本の情景によく合うのが日本酒。でも、瓶で持ち運ぶのは重たくて、割れるリスクだっ...
ロシア・ウラジオストクのランドマークである長さ約1300mにもわたる「ゾロトイ橋」。11月某日、どう見ても様子が異なる集団が、車両専用のこの橋を渡ろうとし...
注文方法は、顔の画像を添付して送るだけ。
世界の食通が発見する前に、この新しい「ボタニカルなSAKE」を日本人として試したい。
岡山県の農家が1859年に発見し、現在も岡山県が生産量の95%を占める酒造好適米、「雄町」。広く普及している酒米「山田錦」や「五百万石」のルーツとなった品...
お酒だけで済めばいいんだけど、どうしても手が伸びてしまうのがそう、おつまみ。だって、これなしでってワケにもいきませんからね。おいしく、楽しく飲むためにも、...
福井県吉田郡永平寺町にある日本酒蔵「吉田酒造有限会社」。その酒造りを今年から取り仕切る杜氏が吉田真子さん。弱冠24歳の、日本最年少女性杜氏です。彼女がつく...
京都市のほぼ中心に位置する烏丸御池──。今に残る京町屋で楽しめるのは、趣向を凝らしたクラフトビールと日本酒、そして創作料理。この地だからこそ実現したコラボ...
11月末に代々木公園で開催される「大江戸和宴 〜そばと日本酒の博覧会〜」。2年目となる今年も、昨年に続いて全国のそば処、酒処から選りすぐりの逸品が集合する...
フルーツが傷んできたときに覚えておくといいのが、水や砂糖で煮込むコンポート。通常はワインを入れてつくるものですが、カラダのことを考えると同じお酒でも日本酒...