ワイキキビーチに190万リットルの汚水が流出・・・コバルトブルーの海が茶色に変色!?

ハワイ・ホノルル、海水浴客で賑わうはずのワイキキビーチから人影が消えた…。
2015年8月23日から24日(現地時間)にかけて、ホノルル市内を大雨が襲った。この影響により、処理しきれなくなった大量の下水(汚水も含まれていたそう)が、ワイキキの海に流れ込み、常夏の楽園が一次騒然となったようだ。

WaikikiBeach-160828-03

海へ流れ込んだ下水は、当初190万リットル(のちに約50万リットルと修正)と「Hawaii News Now」、コバルトブルーの海が「茶色く濁って見えるほどだった」と、目撃者の証言を伝えている。

ホノルル市政府の公式ページ(25日付)では、ワイキキ周辺のクヒオ、アラモアナなど、観光客に人気のビーチでの全面遊泳禁止を発表。曰く、「汚水成分を調査する必要がある。感染被害が出る可能性を懸念し、閉鎖を決定した」とのこと。 すでに汚水サンプルが採取され、ハワイ衛生保険局(DOH)に持ち込んで「慎重に調査が行われている」という。

「海で泳ごうと出てきたけど止めておくわ。だって、汚物が浮いているっていうんだもん。不潔でちっともパラダイスな気分になれないからね」

地元テレビ局の取材に対し、がっかりした様子で答える観光客もいれば、10分おきに注意喚起するライフセーバーの制止に耳を貸さず、海へと入る人々も。

WaikikiBeac-150828-04

IBTimes」の記事によれば、大雨の影響でマンホールから下水があふれかえり、海へとつながる用水路に一気に流れ込んだ様子。さらに、この日行われていた排水処理施設のメンテナンスのため、「排水システムをシャットダウンしている最中に、運悪く大雨が襲った」と、市当局のコメントを紹介している。思わぬ騒動になった原因が、ひとつここにあるのかもしれない。
一方、「CNN」は、浸水を避けようと、市民の多くが違法とされているマンホールのフタを開放。「街の至るところに汚水の出口ができたことで、一気に海まで達した」可能性を示唆している。

1508128-06

さて、サンプル回収された汚水の分析結果が出たのは、発生から3日後の8月27日。結果は「人体への感染の影響は認められない」とDOHからの発表。これを受けて市は、3日間の遊泳禁止を解除。観光客に人気のビーチが一斉に解禁したと、ハワイ州最大の日刊紙「Honolulu Star-Advertiser」が最新ニュースとして報じている。

わずか3日間とはいえ、南国の海を心待ちにしていた旅行者にしてみれば、とんだ災難となってしまったようだ。

 Reference:Hawaii News Now ,City and Country of Honolulu, IBTimes ,  CNNHonolulu Star-Advertiser

 

福井県に「北陸のハワイ」の異名をとる無人島があります。どこまでも長く続く遠浅のビーチ、魚たちが手の届くところまでやってくる透き通った青い海。ここを訪れるチ...
以前、ビル・ゲイツが排泄物からつくった「水」を飲む動画を公開し話題になりました。様々なリサイクル事業が技術的に進歩している証拠でもありますが、その他にも汚...
これまでも環境対策などで率先して規制などを導入してきたハワイ。今回は全米の主要都市を率先して歩きながらの携帯電話、その他手元で使える電子機器の使用を禁止す...
写真家のDavid Behar氏が捉えたのはマイアミビーチの心地よい海の家。年々大きくなり続ける海の家より、ミニマルな海の家が今の気分だと思います。
ニューヨーク、ローマ、パリの街中で、折り紙ドレスを着たバレリーナを撮影するプロジェクト『Pli.e Paris』。
クリスマスに忘年会。とにかく集まってワイワイやることの多い年末年始。こんなパーティグッズはいかがでしょう?
古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。Vol.49
ここで取り上げるのは空中写真家Tom Hegenさんの写真。彼はいかに人間が自然を破壊しているのかが分かる景色を撮影しています。
オーストラリアのサーファーたちがつくった海専用のゴミ箱「The Seabin」は、水面に設置すると、近くに浮かぶゴミを海水ごと飲み込む仕組み。
「観光」「グルメ」「ショッピング」。少し強引かもしれませんが、数年前まで旅の目的といえば、この3要素しかなかったと言っていいでしょう。しかし近年は、人々が...
フランス・トゥールーズで開催されたギリシャ神話を再解釈したショー「神殿の守護者」。その一環で怪物「ミノタウロス」と巨大クモ「アリアドネ」が登場しました。
ハワイ・オアフ島には、地元のロコしか知らないビーチがまだまだたくさん。そのひとつがここ。金曜日のお昼から週末限定でオープンする、隠れ家的スポット。ため息が...
現在、死海のまわりには、死海の塩やミネラルを利用したプロダクトを製造する工場が乱立。その結果、海水面が低くなっていき、シンクホールができるようになってしま...
海との一体感を味わえる──。ハワイで大流行し、日本でもその認知度が広がりつつあるのが、スタンドアップパドルボード(通称:SUP)を使ったヨガ。その進化版と...
地上に存在する「美しい場所」を求めて撮影の旅を続けるのは、フランス人フォトグラファーArnold Longequeue。最新シリーズ『The Quite ...
ヨーロッパやカナダで販売されているお菓子、ワインガム。ガムというよりも、グミみたいな食感で、国によってはかなりメジャーな存在です。
ハワイ島と言えば大自然。そこには海も山も火山もあり、一度は訪れてみたいと願う人は多いのではないか。特に、止まることなく流れる溶岩。Erez Maromさん...
ダイアモンドヘッドも、ワイキキのビーチも、サーファーも、パンケーキもない。なのに、たった1本のヤシの木で十二分に、あの常夏の島への憧憬を抱かせてしまう。ぼ...
燃料は水だけ!?ブラジル人発明家の男性がつくりだしたバイクは、ガソリンを使わずに走れて、たった1リットルの水で500kmもの距離を走行することができるとい...
福岡県宗像市でビーチ乗馬体験ができる「カナディアンキャンプ乗馬クラブ」。特別必要な持ち物はなし。動きやすい格好で、ということだったのでスカートをさけて現場...
中国のハワイとして開発が進むビーチリゾート「海南島」は、中国最南端に位置する。島の大きさは九州ほどで、島南部は熱帯気候に属する。この島がハワイと言われるゆ...
より多くの人により多くのビーチを楽しんでもらうために考えられたのが「Beach Colors ®」です。
「Duolingo」が、10月8日に“ハワイ語コース”をリリースしました。
ハワイのブレックファースト代表メニュー、エッグベネディクト。イングリッシュマフィンの上にのったベーコン、ポーチドエッグ、そしてオランデーソースというビジュ...