忙しいアナタにオススメ!都心から1時間の極上癒されスポットって?

誘われたら行くけど、あまり身近ではないアウトドア。遠出だと準備が大変だし、たっぷり汗をかいたりするのはイヤだなと、本音では思っていたり。

そんな人にオススメなのが、アクセス抜群の高尾山!「えー、山登りはちょっと…」なんて心配はいりません。お手軽な大自然の楽しみ方を教えます!

モダンな駅舎に様変わり!
都心からもアクセス抜群の高尾山

_O7P6380

何となく遠いイメージがありますが、新宿からたった約50分、電車に揺られるだけでたどり着けます。ラクチンですね!

また、こちらの写真を見てビックリした人も多いのでは。2015年春に駅舎が改修され、和モダンな様式に様変わりしているんです。なんだかワクワク!

楽々リフトまでの表参道は
誘惑のつまみ食いスポット

「山」と聞くと、どうしても尻込みしてしまいますよね…。でも、頂上までがんばって歩いて登らなくたっていいのでは?ラクに登れるケーブルカーでもいいですが、ここは大自然を直に味わえるリフトがオススメです!

高尾山口駅からリフト乗り場までは、ちょっと歩くだけ。実はこの通り道もあなどれません!駅前にはお団子やまんじゅう、アイスクリームなどで小腹を満たしてくれるお店が並び、帰りにはここでお土産を買えたりも。

歩かなくても大丈夫!
リフトで12分間の
「乗るだけデトックス」

このリフト、乗ってしまうと何もすることがなくなるんです。
といっても、それは全く悪いことじゃないんですよ。

忙しい毎日を送っていると、「何もしない時間」の大事さを感じませんか?リフトに揺られながら、ただ自然を見つめ、風を感じ、太陽の光を浴びながら、土のにおいを嗅ぐ…。それだけなのに、随分とリラックスできることに気づくはず。これぞまさに、「乗るだけデトックス」です!

12分間なんてあっという間。

乗る前は「リフトなんて…」と思っていたあなたも、リフトに乗っている間、ずっと大自然を感じられることで心踊るはず!

リフトから降りてすぐに行ける
グルメ&パワースポット

高尾山にはたくさんの名所がありますが、わざわざ頂上を目指さなくても、リフトの降り場からちょっと歩けば楽しめるスポットがあるんです。オススメのふたつはコチラ!

15時には売り切れちゃう
天狗焼きを食べながら、絶景を楽しむ

リフトを降りてのんびり歩いていたら、何となく小腹が空いてきたかも…。あたりを見渡すと、ちょっとした人だかりが…。

その正体は、高尾山に来たらやっぱり食べておきたい「天狗焼き」。外はカリカリ、中はもちもち。甘さ控えめで女性には嬉しいですね。売り切れることもあるので、リフトから降りたらすぐに買いに行きましょう!

天狗焼きを食べながら、向かうはすぐ近くにあるかすみ台。ここには見晴らしのいい展望台があり、新宿の超高層ビルを中心に関東平野を見渡せる一大パノラマが望めます。天気が良い日は、スカイツリーや東京タワーまで見えるかも!?

通り抜けると空気が変わる「浄心門」
神聖な気分のまま、帰りも楽々リフト

高尾山といえばパワースポットとして有名ですよね。その中でも、関東の三大本山のひとつ髙尾山薬王院はぜひ訪れてほしいスポット。入り口の浄心門をくぐり抜ければ空気がガラッと変わり、神聖な雰囲気に心が洗われます。

「大満足!そろそろ降りようかな。」
もちろん帰りもリフトでOK。こんなに楽していいのかな?

できたばかりの
「599ミュージアム」で
リラックス♪

下山したあとは、2015年8月11日にオープンしたばかりのTAKAO599ミュージアムへ(ちなみに599とは高尾山の標高です!)。「みんなでSHAREするミュージアム」をテーマに、高尾山の生態系や歴史・文化について学ぶことができます。

観光客はもちろん、市民にも広く開放されたこのミュージアム。至るところに自由にくつろげる憩いの場があり、大自然を近くに感じながら読書にふけったり、のんびりコーヒーを味わったりと、まったり過ごせるのでオススメです!

そうこうしていると、いつの間にかもういい時間に…。
「そろそろ帰らなきゃ!」

電車にリフト、こんなにラクチンに大自然を味わえるなら、いつもの遊びや買い物に行くのと同じ感覚で、気軽に楽しめちゃうのでは?

ここで最後に気づくことがひとつ。

「あれ、こんなに大自然を満喫したのに、全然疲れてない!」

Sponsored by Keio Corporation

「筑波山」は、秋葉原からつくばエクスプレスで約45分の茨城県つくば市にあります。ここは年間を通して山登りができる、日本の百名山のひとつ。ケーブルカーやロー...
世界中の旅人の口コミをもとにしたトリップアドバイザーによる「外国人に人気の日本観光スポット2017」が発表された。普通なら、10位あたりから徐々にランキン...
とてつもないスピードで移動できる手段が登場?なんて思う人は少ないかもしれませんが、本当に東京都心から1時間で到着しちゃうのが、ここで紹介する「ジョンソンタ...
浜辺へと漂着したプラスチックゴミだけを使って、ひたすらオブジェをつくるプロジェクト
インド北部ラージャスターンの伝統料理だそうです。さすがはインド、奥が深い。
エナジーバーといえばアウトドアやスポーツ時の「補給食」のようなイメージが強いが、忙しさを極めるビジネスパーソンたちも日々酷使する目を癒したり、集中力を取り...
海外旅行が好きだけど、どうしても定番のところばかりに…。確かにガイドブックに掲載されるたくさんの観光スポットは、ハズレもなさそう。でも、たまには人と違う旅...
埼玉県、飯能。東京都心からでも1時間ちょっとで行ける癒しのスポットに、新しいブルワリーができました。店の名前は「CARVAAN」。カールヴァーンと読むこの...
グルメやショッピングなど、私たちが旅行に出かける目的はさまざまです。が、「見たい景色がある」ということは、その最たるものと言えるのではないでしょうか。日本...
旅慣れたトラベルライターMatthew Kepnes氏が、数多くの旅行経験を元にしたお役立ち情報を、「Elite Daily」にまとめています。旅に出ない...
新神戸駅から車で1時間半。向かうは兵庫・丹波市(たんばし)。決してアクセスがいいとは言えないこの街へ向かった目的は、ズバリ「農家民宿」です。宿泊するのは、...
ずっと同じ場所にいると、なんだか新しい景色が恋しくなる。そんなとき、お金にあまり悩まされず、旅に出られたらベストですよね。そんなあなたに教えたい、物価も宿...
四国・愛媛県の西端。佐田岬の付け根にある「八幡浜市(やわたはまし)」は、なんと言ってもみかんと魚の街。道の駅「みなっと」にある、どーや市場という魚市場や、...
今から紹介するのは、現実逃避スポットです。普通なら「行くべき!」とオススメする場所なのかもしれませんが、毎朝満員電車に揺られて都心へ通っている私は、「El...
かつては、新婚旅行の人気エリアだった「宮崎」。1960年代から数十年間に渡り、多くのカップルたちが訪れていました。中でも新婚旅行ブームの人気を支えたのが、...
紅葉は見に行きたいけど、渋滞にハマるのはイヤですよね。そこで、電車やバスを使って行ける「群馬の紅葉スポット」を紹介したいと思います。「東京駅」から群馬の主...
ここまで慎重になるべき?と思うぐらい丁寧に書かれた、カレとの初旅行で気をつけるべき9つのこと。大好きなパートナーとの胸踊るワクワク旅行が最悪な形で終わらな...
イスラエルのバイオ関連企業が開発した超特大のコンポスト。できるのはガス。
Mosaic Tile Houseは、2人のアーティストがコツコツと装飾をした家。位置はちょうどサンタモニカとベニスビーチの中間くらい。入場料は$15で、...
年々、増加傾向にある外国人旅行者。迎え入れるホテル・旅行業界もあの手この手で“おもてなし戦略”に余念がありません。たとえば、神奈川県を代表する湯の町・湯河...
「京都は狭い」なんて言う人もいる。でも、観光客からすれば広い街だと思う。名所旧跡は数えきれないほどあるし、それも訪れる季節や時間帯によってまた表情が変わる...
2013年に稼働終了した「Shepton Mallet Prison」。最近になり、重い扉がまた開かれた。17世紀に建てられたこの古い刑務所では、現在ゴー...
「Surprise Trip Letter(サプライズ・トリップ・レター)」は、まるで海外のような写真が撮れるうえに、その場でプリントアウトして手紙を送る...
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第8回は、言わずと知れた台湾一のパワースポット「龍山寺(ロンシャンスー)」について。