洗うたびに色が変わる!職人が本気で作った「魔法のTシャツ」

革靴やバッグならいざ知らず、Tシャツを長年着込んでいくものと考えている人は少ないのでは?

しかし、ここで紹介するのは、着れば着るほど、そして洗えば洗うほど色が変化し、愛着が湧いてくる「魔法のTシャツ」です。

着れば着るほど
愛おしくなる

色がだんだんに変化していく…その秘密はTシャツに使われているインディゴ染料にあります。

購入当初は濃いインディゴカラーだったTシャツ。でも、何度も着て洗ってを繰り返すうちに、少しずつ色が薄く、こなれた雰囲気に。当然、色の落ち具合や素材感の変化は、微妙に異なってくるため、着込んでいくうちに“自分だけの一着”が仕上がります。

こういった経年変化が楽しめるTシャツは、丈夫で長持ちすることを見据えたものづくりをしている証。季節によって糸の太さを変え、古い編み機でゆっくりと編み、糸自体にもあえてムラ感のあるものを使用するなど、素材からこだわることで、インディゴブルーが味わい深い色みに変化していくのです。

そんな妥協の一切ない逸品を手掛けているのが「45R」。藍・インディゴ・デニムを中心に、今の世の中では貴重となったものづくりを標榜する、老舗アパレルブランドです。

ニット、ダウン
意外なアイテムでも
経年変化が楽しめる

45Rで取り扱っているインディゴカラーのアイテムは、Tシャツだけではありません。さまざまなアイテムでインディゴの経年変化を楽しむことができ、中には「こんなものも!?」という意外なアイテムも。

■バッグや首元のアクセントに、使い勝手抜群のバンダナ

45r_06

上のバンダナにもインディゴ染料が使われています。

しかも、これらはすべて手作業でプリントされたもの。つまり、手書きで描いたモチーフを版画にし、ゆっくりと生地にプリントしていくのです。原画のかすれ具合いなども再現されていて、独特の味わいを醸し出しています。ちなみに、使用する色が多ければ多いほど手間がかかるそう。

■まさか、“色の変化”が楽しめるニットやダウンがあったなんて…

45Rでは、ニットやダウンといったアイテムでもインディゴ染料を使用しています。その色は、言葉にすれば、ブルーやネイビーと珍しくはないものですが、色の深さや醸し出す雰囲気は別格です。

インディゴ染めならではの味がある色み。どちらも羽織るだけでコーディネートの主役を張れる存在感です。

■オンスタイルぴったりなインディゴアイテムはこちら!

インディゴ染め=カジュアルウェアというイメージは、45Rには当てはまりません。シーンを問わず、インディゴの良さを! そんな想いを込めてオンスタイルのアイテムもリリースしています。

例えば、こんなフォーマルなジャケット類も。あえてインナーは、カッチリしたシャツ&タイで。パーティーシーンで映えそうです!

やはり定番は…
創業から改良を重ねてきた、
日本製の良質デニム

45r_08

数ある45Rのアイテムのなかでも、インディゴ使いの代表作といえば、やはりデニムパンツです。創業時から、生地となる糸からこだわり、細部の改良を重ね、現在に至るまでアップデートし続けています。

その進化の過程で誕生したオリジナルのインディゴカラーはなんと数十種類。色落ちの加工も、すべて手作業。製作工程のすべてを国内で行っている、正真正銘Made in Japanです。

そんなインディゴカラーの楽しさ、かっこよさ(女性向けもアリ)に触れてみたい人は、まずは「魔法のTシャツ」からどーぞ!

btn_kokuyo_150831

限定3名様に
バンダナをプレゼント

先ほど紹介したインディゴカラーのバンダナを、3名様にプレゼントします。季節を問わず使えるアイテムだから、ちょっとしたアクセントとしてコーデに取り入れてみては?どのデザインが届くかはお楽しみに!

【応募期間】
2015年12月4日(金)〜12月28日(金)

【キャンペーン詳細】
下記URLから応募してくれた方の中から3名様に、インディゴ製バンダナをプレゼントします。

こちらは応募期間が終了しています

Sponsored by フォーティファイブアールピーエムスタジオ株式会社

オランダの子供服ブランド「adam & aoki」が、さらされた紫外線量に応じて袖の色が変わるTシャツを開発!
人が生活していくのに絶対に欠かせない「水」。でも、自分たちの周りにある水は、本当に安全だと言えるでしょうか?ライフスタイルブランド「The Lost Ex...
開発を手がけた「Organic Basics」は、数週間洗わなかったとしても臭わないと強気な主張もしている。
アメリカとカナダのスタバで販売されている、色が変わるタンブラー。
「HERMÈS」主催のスカーフデザイン国際コンペ「LE GRAND PRIX DU CARRÉ HERMÈS」の最終結果が3月1日に発表された。優勝者は日...
1985年に福岡で創業し、現在は世界12の国や地域に展開するラーメンのグローバルブランド『一風堂』。彼らが大切にしているのは「変わらないために変わり続ける...
「undetroze(アンデトローゼ)」は、日本製のTシャツにシルクスクリーンプリントを施した一点物ブランド。この印刷方法を使って多色刷りをする場合、1色...
2002年にファッションレーベル「Daydream Nation」を立ち上げ、香港を拠点に活動するKay Wongさん。今では洋服を作るのをやめて、こんな...
京都の竹工芸職人、小倉智恵美さんが手がけるのは、代々伝わる「竹籠」の技術を活かして作られた「Kyoto Basketry Accesory Series」...
「NorBlack NorWhite」というファッションレーベルが狙うのは、インドからカルチャー発信をすることです。
ドイツ生まれのワイヤレススピーカー「ARiNA」が販売開始。
古着のフットボールTシャツからインスパイアされた「ハイナベイTシャツ」。最先端の冷却機能を持つオムニフリーズゼロと吸水速乾機能のオムニウィックと二つの機能...
CONVERSE(コンバース)とCHINATOWN MARKET(チャイナタウンマーケット)のコラボスニーカーが発売され、即完売となった。紫外線を浴びると...
いろんな飲食店のオリジナルTシャツを紹介する「ショップT大集合」。今回は番外編です。ピックアップしたのは、ゴールドジムのTシャツ。そう、あのゴールドジムです。
代官山・中目黒で働くファッション業界人にファンが多いこともあり、発売間も無くSNSで拡散されていました。問い合わせの電話も殺到したとか(スタッフ談)。
身近にあるものを使って色を紹介するInstagram「@lucialitman」。これまで知らなかった色をたくさん知ることができておもしろい。
韓国発のスキンケアシリーズ「JM solution」から、化粧水・美容液・乳液すべてのスキンケアのステップをひとつにできる「JM solution オール...
昭和に流行し、今でもお祭りなどの景品でよく見かける「あるおもちゃ」が今、密かに大流行しているという。その「あるおもちゃ」とは......?
「原価を気にせず手間暇かけて本当に美味しいお菓子だけを作りたい」そんな想いを持つお菓子職人たちがつくりあげた「自分史上最高傑作」。それが大阪発のお菓子ブラ...
「その年の色」が、あるんです。JAFCAが選定した2018年の色は、時代を象徴する3つの理由から選ばれた「ビジョナリーミント」。
大阪の紙製収納用品専門メーカー「バンドー株式会社」が作ったのは、Tシャツを同じ大きさで簡単にたため、本棚に収納できる「TATEMU」。いわば、“彼ら”に新...
バックプリントに一目惚れして購入。レンゲから肉汁溢れる小籠包のイラストに食欲を刺激されまくりです。
ポリエステル100%でドライな質感はこれからの季節にぴったり。コットンのしっとりとした心地よさとはまた違った快適性だ。
最近は、PCやスマホばかりで、すっかりえんぴつを使う機会が減った。だからだろうか。「500色の色えんぴつ」というネーミングに妙に心が惹かれたのだ。この色え...