Bose創業者・7つの伝説的エピソード「 イノベーションのために、上場しない」

マサチューセッツ工科大学の研究者、アマー・G・ボーズ博士。この名前に聞き覚えがなくても、世界的に有名な音響機器メーカーの「Bose」なら、知っている人も多いはず。1946年にBoseを創立したのが、このボーズ博士なんです。

日本ではあまり知られていませんが、彼は数々の伝説的なエピソードの持ち主。アメリカではグラハム・ベルやアルフレッド・ノーベルと並んで称される、発明家でもあるんです。


高校生でラジオ修理業をスタート。ルーツは幼少期の境遇にあった

博士が生まれた家は貧乏でしたが、ボーズ少年には新しいおもちゃは必要ありませんでした。なぜなら、壊れたおもちゃでも自分で直してしまうくらい、機械に夢中だったから。

修理の才能は、高校生のときに開花。当時は最先端のガジェットだったラジオの修理業を、自宅の地下室を改造してスタートさせました。あっという間に家計の助けになるほどに成長し、最終的には地元フィラデルフィアでしばしば話題となるほどの修理店になったのだから、その情熱には頭が下がります。

三角形のスピーカーに込められた、ボーズ博士の「夢」

MITを卒業し、会社を起こしたボーズ博士が最初につくったプロダクトは「スピーカー」。自信を持って世に送り出したものの、まったく売れませんでした。理由はあまりに値段が高すぎたから。

それから試行錯誤して、数々の名作を生み出していくわけですが、ここで知ってもらいたいのは、「なぜボーズ博士が最初にスピーカーをつくろうと思ったのか」

博士が昔コンサートホールで聴いた、心を震わせるバイオリンの音色…あの感動を再現できるスピーカーをつくりたい。博士が起業したのは、そんなシンプルで、ロマンチックな夢を叶えたかったから、でした。

「静寂」をつくりだす、画期的なノイズキャンセリング技術

騒音と逆の音波を流すことで、不快な音を打ち消すという画期的なこの技術は、ボーズ博士が飛行機で思いついたもの。ヘッドホンをつけているにも関わらず、機内で聴こえるエンジン音の大きさに衝撃を受けた博士は、その場ですぐに方程式を書き始めます。しかも着陸するころには、その理論が完成していたというから驚き!もっとも、実用化するためには、10年の歳月と、50億円という莫大な資金が必要となったのですが。

技術が確立されたおかげで、今では私たちが普段からつけているようなイヤホンにも、ノイズキャンセリング機能が使われるようになりました。

秘密兵器「オーディショナー」は、世界中の大型施設に必要とされている

サウジアラビアのモスク、アメリカのスーパードーム、日本の宮城スタジアム。何の関係もなさそうな、この3つの建物には、ある共通点がそれは、Boseの「オーディショナー」というオリジナルシステムを使って、スピーカーを取り付けていること。

ちなみにオーディショナーとは、反響を予測するシステム。まだ建物ができていなくても、音がどう響くのかを予測することができるこのシステムを使えば、設置してからでは手遅れになるスピーカーの誤設置を防止することが可能に。世界中で引っ張りだこのスグレモノなんです!

音響メーカーなのに、「クルマ」もつくっていた!

Boseはクルマもつくっているって知っていました?といっても、エンジンやボディをつくっているわけじゃありません。開発を進めているのは、クルマの乗り心地に影響するサスペンションシステム。
残念ながら実用化はまだまだ先のことですが、ウワサでは「高級車並みの乗り心地と、スポーツカー並みのハンドリング」を併せ持つとのこと。

このプロジェクト、実は数十年もの間、極秘裏に進められてきました。クルマの音響だけではなく、乗り心地にまで手を伸ばすBose。そこには博士のベンチャースピリットが影響しているのかもしれませんね。

株式公開しないのは、イノベーションを起こし続けるため

売上高3000億円、従業員数は1万人。株主は20名程度しかおらず、今も非上場を貫く。短期的な利益は追わないし、儲けは研究開発に充てる。さらに、株式配当金は"ゼロ”!

上場しないのは、飽くなき研究開発に邁進し、イノベーションを起こし続けたいがため。短期間で成果を求められる上場と、成果がでるまでに長い年月がかかる研究開発は、相性が悪い。つまりBoseにとって上場は、「する必要がない」のです。

ボーズ博士、最後の「贈り物」に秘められた想いとは?

2013年、ボーズ博士は亡くなりました。晩年、所有していた株式の大半を、自分が学び、教鞭を執っていたこともあるMITに寄付したことを知っているでしょうか?

MITが受け取る株主配当金は、研究者を育てるために使われます。優秀な研究者はMITを卒業し、Boseに入社することもあるでしょう。そこで利益を生み出してくれればMITへの配当金も増え、さらなる研究者の育成に力を注ぐことができます。

つまりボーズ博士は、自分がいなくても会社がまわる「エコシステム」を遺していったのです。

50年のすべてがここに。
『BOSE COMPLETE BOOK』

ここで紹介したボーズ博士のエピソードや、生み出した数々のプロダクトを全て収録した書籍『BOSE COMPLETE BOOK』が刊行されています。カタログとしてはもちろん、博士のベンチャースピリットを学びたい人たちに向けた「ガイドブック」としてもオススメの1冊です。

Sponsored by Bose

普通のヘッドホンにも見える「AXY audio」は、耳に当たる部分が独立するようなデザイン。スピーカーとしても使えるようになっています。だから、ひとりで音...
いま、欧米ではビジネスの場においてアートが注目されています。私自身もGoogleやWeWorkといった企業にアーティストとして呼ばれることも。なぜか?アー...
IKEAがコペンハーゲンに作ったイノベーション・ラボ「SPACE10」が、いま注目を集めています。世界中の若きクリエイターたちが集まるこのラボでは、未来の...
CNNインターナショナルやBBCワールドなどのニュース同時通訳において、ダライ・ラマから信頼を置かれる通訳者の田中慶子さん。彼女が教える「学んだ英語」を「...
一見缶ビールや缶スープのように見える、「Soup Socks(スープ・ソックス)」&「Soup Socks(スープ・ソックス)」。いつもお世話になっている...
AirbnbのデザインスタジオSamaraの新プロジェクト「Backyard」。変わりゆく家の所有者や宿泊者のニーズを調査するため、様々なスタイルの家のプ...
2度目の開催なるか!? 大ピンチのクラウドファンディング中、FRUEは5月20日のAM2時に“呼びたいアーティスト”を集めて夢のプレイリストをつくった。資...
「ロック・スター、ホテルで暴れがち〜」とは、かのレイザーラモンRGの名言(?)だが、そんなイメージを植え付けたのは、あるいはレッド・ツェッペリンの功罪とい...
かのナポレオンは、一日に3時間しか寝なかった。なんて言い伝えがあるけれど、人間にとって本当に必要な睡眠時間は、はたしてどの程度なのだろか?ここに登場する、...
Apple Watchに匹敵する、ウェアラブルデバイスの大発明かもしれません。目の不自由な人に向けたスマートウォッチが、ついに実用化。盤面に空いた穴から飛...
心温まる動画をご紹介。
2015年12月8日、La Nacionがダグラス・トンプキンズ(72歳)の死を報じた。アウトドアブランド「ザ・ノース・フェイス」の創業者として知られてい...
仕事とプライベートを両立するのは、なかなか難しいもの。そんな時は、成功者が何をしていて、何をしていないのかを学んでみると良いかもしれない。ここでは、ヴァー...
まるでヘッドホンをつけているかのように、「あなただけに聞こえる」スピーカーが、「INDIEGOGO」で紹介されています。これさえあれば耳へのストレスなく、...
エアマックス、エアジョーダン、エアフォース。もう「AIR(エア)」と聞けばNIKE。世界中でそんなイメージが染み付いています。その「AIR」の製造プロセス...
もしも2〜3年前にペルー料理の名前やうまいペルビアン・レストランの名前を挙げろと言われたら、きっと僕は「セビチェ……」としか言えなかったと思います。しかし...
「結婚=幸せ」なんてシンプルに考えたいところですが、「めでたし、めでたし」を手に入れるためには、たくさんの試練があります。「Elite Daily」の既婚...
人生にはいくつもの分岐点があり、意思決定を迫られるシーンが何度も訪れます。もちろんビジネスにおいても、そう。そこで、Amazonの創業者であるジェフ・ベゾ...
この時代には珍しい「スピーカーなのにテクノロジーフリー」ってところに愛着が湧きます。
元大統領だとは考えられないエピソードで、ビックリ!
新作公開日が決定し、世間を賑わしているスター・ウォーズ!と言うのも、次回作の『スター・ウォーズ エピソード7/フォースの覚醒』が2015年12月18日に公...
ニュージーランド議会は、家庭内暴力(DV)の被害者に対して年10日間の有給休暇の取得を認める法案を可決。被害者は新居を探すためなどの時間とお金が必要だとい...
代官山・中目黒で働くファッション業界人にファンが多いこともあり、発売間も無くSNSで拡散されていました。問い合わせの電話も殺到したとか(スタッフ談)。
3回の引越しを経て彼女が選んだのは、有名住宅メーカーの家……ではなく、「無印良品」が展開する家でした。