スキマ時間に、スマホで仕事ができる!出張と外回りの多いビジネスパーソンが「OneDrive」を選ぶ理由

ビジネスにおけるファイル共有や編集はもちろん、プライベートでの写真や動画の保存など、シーンを問わずデジタルライフに欠かせないものとなっているオンラインストレージ。数あるサービスのなかでも、今支持を集めているのが、Microsoftの『OneDrive』です。

この企画では、Officeソフトとの互換性などMicrosoftならではの強みを持つ『OneDrive』の魅力をリアルユーザーの使用シーンを通してみていきましょう。vol.3はビジネスウーマン編です。

石山 安珠
株式会社クラウドワークス。国際基督教大学(ICU)卒、株式会社リクルートを経て、現職に。経営企画担当として行政・企業との連携施策や、ブランディング施策を行う。プライベートでは働く20代のサードプレイス「URAWORKS」の創業代表。

「多い時は週に一度は地方出張。オンラインストレージのハードユーザーですよ」

「仕事がないから、若者がいなくなる、地域が過疎化してしまう……時間と場所にとらわれない働き方を広めていくことで、そういった地域の課題に役立ちたいと考えています。そのため、地方で暮らす人たちにクラウドワーカーになってもらうために、多い時では週に1回のペースで地方での講演などを行っています。

そのため、私にとってオンラインストレージはなくてはならないもの。出先でPCの電源が切れてしまうというのが、一番恐れていることですね(笑)」

「時間と場所にとらわれないワークスタイル。OneDriveの持つPowerPoint同時編集機能は、貴重です」

「クラウドワークスが標榜する、時間と場所にとらわれないワークスタイル。私は東京在住ですが、それを実践している人間でもあると思っています。

出張だけでなく、会社を離れたところでも様々なプロジェクトに参加しており、なかでも代表を務めている『URAWORKS』は、まさにクラウドワーキング。例えば、イベントを行う際、当日まで関わっているメンバーと一度も顔を合わせる機会がない、なんてことも珍しくありません。当然、その間のやり取りはすべて、オンラインストレージを利用しています。

WordやExcelのファイルを共有して、共同編集して……というのは、いまや一般的だと思いますが、私の場合はPowerPointで企画書などを作成する際も、共同作業のケースが多いんです。そこで役立つのが『OneDrive』です。PowerPointを同時編集できるのは、他のオンラインストレージサービスにはない『OneDrive』だけの機能。クラウドでも、ローカルで作業しているのと変わらない感覚で作業できるっていうのは、オンリーワンなメリットですよね」

「移動時はPCだけでなく、スマホも駆使するので、スマホでの使いやすさにも惹かれます」

160222_ms_w_003「さらに、私にとってうれしいのがスマホとの連動性。『OneDrive』内に保存しているPowerPointのファイルは、そのままスマホからでも編集可能なのがいいですね。例えば、講演の資料などは、会場への移動中にもちょっとしたアップデートを行うことがよくあります。時事ネタやローカルな情報を資料を盛り込むのって、いつもギリギリになってしまうので。

PowerPointをスマホで編集するのって面倒そうに感じる方もいるかもしれませんが、これが意外と便利なんです。私の場合は講演資料ですが、営業担当の方などは、クライアント先に向かいながら、資料を少し編集したいということもあるのでは? それをスマホってサッと行えるイメージです。

また、出先でPCの電源が切れてしまった時でも、編集可能っていうのも、個人的にはうれしいポイントだったりします(笑)」

「大袈裟ではなく、オンラインストレージの浸透が、働き方を変えると考えています」

160222_ms_w_004「私は『OneDrive』をはじめとするオンラインストレージって、本当に働き方を変えてくれるツールだと考えています。これまで複数の人と仕事をする時は、全員が同じ空間にいる必要がありました。

でも、『OneDrive』を駆使すれば、仮想空間がそれを担保してくれる。一緒に何かを作るっていう概念が変わってくると思うんです。よりオンラインストレージを使って時間と場所にとらわれないワークスタイルがもっともっと広がれば、若者不足や仕事不足といった地域の問題解決にもつながっていくのでは? 私はそう考えています」

btn_ms_m_160304_01

関連記事一覧

Sponsored by 日本マイクロソフト株式会社
この記事を読もうとするときに、頭を下に向けて読んでいたら、あなたはスマホ首になっているかもしれません。MuscleWatching高稲トレーナーが紹介する...
〈OUTDOOR TECH.(アウトドアテック)〉のポータブルバッテリー「KODIAK MINI 2.0」です。容量は2,600mAh。スマホで約1.5回...
2014年に中国ではじめてリリースされた『Forest』は、スマホ依存症になることを防ぐためにつくられたアプリ。App Storeのランキングで1位になっ...
10年前に比べて、私たちの生活を一変させるほど便利にしてくれた一方で「つながりすぎ」に疲れてしまった人も多いのでは?そうです、スマホの話です。ひとりの時間...
「自分の成長のために」と読書を日課にしている人も多いのでは?ここでは、日々の限られた時間、最低限の労力で、いかに読書を有効な「自己投資」に結び付けられるか...
大学生はもちろん、社会人も有給休暇を取得して海外へ語学留学をする人が増えてきています。「でも英語ネイティブ圏は遠くて、そんなに時間が取れない…」という人に...
今や北京では、スーパーやショッピングモール、レストラン、カフェはもちろん、生花市場の中ですら、スマホ決済ができます。なかでも中華SNSアプリ『WeChat...
「スマホ de チェキ」は、時間がかからない上に、鮮明に写るところが◎。海外でも話題になっています。スマホのカメラ機能って優秀なのに、画像データを現像する...
この望遠鏡を使って実際に月を撮影した映像がコチラ。「スマホ天体望遠鏡PANDA」というカワイイ名前からは想像が付かない性能の高さが話題のようです。組み立て...
職場にいる時間が長い人なら共感できるオフィスワーカーたちの写真。長時間労働をする理由はそれぞれ違うと思うけれど、「働き方」と「モチベーション」は仕事をする...
たった1日。スマホを触らずにいるとどうなるのか。ライターのBlair Thillが具体的に自身の体験を記録しました。内容は、電池切れになったときに起きるよ...
Harvard Business Reviewに掲載された、人間の行動心理を巧みに表現した記事を紹介します。人間は、新しくてより機能性や価値の高いものを手...
スマホを使ったことがある人なら、一度は落下させたことがあるはず。バンカーリングとかも流行ったけど、見た目が、ちょっとヤボったいし、スタイリッシュじゃない。...
特徴は、スマホの背面に貼るシールタイプというところ。これまでのスマホスタンドは、専用の台に置いて使う式かバンガーリングで支える式のモノだったので、新しいデ...
インドの企業、Ather社が開発を進めているのは、スマホと同じくらいの時間で充電ができ、一度におよそ60kmの距離を走ることができる電動スクーターだ。しか...
たとえば、ハードな出張の合間に空港のラウンジで手足を伸ばしてのんびりしたい。こんな場面でゼッタイ役立ちそうなウォーターベッドが登場しました。それも、ただご...
「Calendar Watch(カレンダーウォッチ)」の機能はとてもシンプル。スマホやPCで管理しているスケジュールを写真のように盤面に表示してくれます。...
「なんだか空気が悪そうだな…」という時に役立ちそうなアイテム「PocketLab Air」。温度や湿度や気圧、二酸化炭素濃度やPM(粒子状物質)などを測定...
「資格を取りたいけど、具体的にどんな勉強をしたらいいのか分からず困っている」という人は多いでしょう。人材系ベンチャー企業の執行役員やコンサルティング会社の...
通信機能がついており、スマホとの距離が一定を超えるとアラートを送信してくれる。そんな「財布」が話題です。いつもうっかりモノを置き忘れちゃうあなたにとっては...