【カップルは要注意】 成人の約80%が感染!?キスが原因でうつってしまう病気とは?

カップルにとってキスで愛を確かめ合うのは自然なことであり、そしてまた至福の時間です。しかし、そのキスがキッカケでうつってしまう病気があるのをご存知でしたか?

誰でもかかる可能性のある、「歯周病」の話です。

成人の約80%が
「歯周病感染者」!?

160229_doltz_004 「虫歯と同じでしょ?」「簡単に治療できるでしょ?」……これらはすべて間違った認識。歯周病は、「人類史上最も感染者が多い」と言われている感染症なのです。口臭の原因になるだけでなく、進行すれば歯を失ってしまう恐れがあります。更に原因菌が体内に潜り込んでしまうと肺炎や糖尿病、心疾患などの事態にもなりかねません。そんな恐ろしい歯周病ですが、なんと成人の約80%がすでに原因菌を持っていると言われています。

キスだけでうつってしまう

 歯周病の原因菌は唾液の交換だけでうつってしまいます。だから、自分がどれだけ口の中を清潔にしていても、パートナーとのキスで原因菌をもらってしまう可能性があります。逆に菌を与えてしまう可能性も。唾液の交換でうつるので、キスだけでなく例えば同じ食器を使ったり、まわし飲みしたりすることも感染の原因になってしまうかもしれないのです。

歯周病発症のキッカケ
はプラーク(歯垢)

ただ、原因菌が口の中に入り込んでしまっても、すぐに歯周病を発症してしまうワケではありません。口の中に入った原因菌は、歯に残った食べカスによって大増殖します。すると、歯と歯茎の間の歯周ポケットが深くなってしまいます。歯周ポケット内に歯垢がたまると細菌の毒素のせいで歯茎が腫れます。その状態が歯周病なのです。

正しいケアで
キスをあきらめない!

160229_doltz_003 歯周病がうつるからと言って、決してキスを控えようと言っているわけではありません。歯周病ケアのカギは、プラーク(歯垢)コントロール。正しいケアで毎日歯に付着するプラークをきっちり除去することが大切なのです。プラークを除去するにはとにかく細かく歯ブラシを動かす必要があるのですが、その動きは手磨きではどうしても限界があります。そう考えると、手では再現できない微細な振動でプラークを落としてくれる音波振動ハブラシでケアするのが理想的と言えそうです。

大切なのは歯周ポケットの
「中まで届く」こと

オススメなのはパナソニックの音波振動ハブラシ『ドルツ』。その毛先の細さなんと0.02mm。髪の毛は細いものでも0.06mm程度と言われていますから、ドルツの毛先の細さが際立ちます。その細い毛先が、狭い歯周ポケットに入り込み歯周ポケットのケアに有効なヨコの動きで細かく振動するので、中に入り込んだ汚れまでかき出してくれます。歯茎を傷つけない「パワー制御機能」が付いているのもポイントが高いです。

btn_doltz_160229_01

便利な急速充電と
簡単メンテナンス
160229_doltz_002

ドルツは、使う上で「これは便利だな」と思えるポイントをしっかり作り込んであります。例えば、毎日行う充電に関して。

■1時間でフル充電を完了
電動歯ブラシで意外と困るのが、洗面所での電源確保と長いコード。ドルツなら1時間でフル充電を完了できるので、素早く充電を終わらせて電源コードをしまっておけます。狭い洗面所内で充電器を出しっ放しにしなくてもいいのは嬉しいですね。

■1時間も時間がない場合は、たった2分で歯磨き1回分(約2分)をチャージ
1時間でも充分にクイックな充電と言えますが、それすら時間がないときでも大丈夫。ドルツなら2分間の充電で歯磨き1回分を即チャージできるので、出かける前に「しまった充電し忘れてた!」という状況でも慌てずに済みます。

 ■充電器をキレイにしやすいフロートチャージ
電動歯ブラシを使った人ならわかると思いますが、充電器には水垢が付着するので見た目が良くありません。ドルツの「フロートチャージ」は、歯ブラシのボトムが充電器に接地しないので水垢がたまらず、また汚れを拭き取れてメンテナンスがとてもラクそうです。

ドルツのように使い易いギアなら、正しい歯周病ケアもきっと自然と習慣にできますよ!

btn_doltz_160229_02Sponsored by Panasonic

吸い込まれるように、いつの間にか唇と唇が重なり合うふたり。ああ、あなたはキスしているとき、何を感じる?カップルたちのキスする直前とキスした瞬間を集めた、“...
束縛男、つまり隠れモラハラ系男性とは、人間的な器が小さく、独りよがり。自分の価値観を女性に押し付けるタイプのことです。自著『ブラック彼氏』から、彼らの具体...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
腎臓の隣に位置する副腎。あまり注目されることのない器官ですが、ここが弱ると日常生活にいくつかの症状があらわれるのだそう。「Power of Positiv...
今年4月、パリの11区にオープンした『Atelier des Lumières』は、全く新しい形の美術館。以前は工場だったこの施設の壁には、プロジェクショ...
アメリカのクリエイティブエージェンシーRedpepperが開発したのは、『ウォーリーをさがせ!』のウォーリーを最速4.45秒で探せるロボット。
インドに住むカップル、ShyamさんとAnyaさん。ラブラブな2人にも、ひとつだけある不満がありました。それは、インドでは「公共の場でキスをしてはならない...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
仕事や勉強がうまくいかないとき、その原因を、周囲の環境や他人といった“外部”のせいにする。これを、「外部要因思考」といいます。これでは問題の解決が先送りさ...
特別な感情が心に生まれるキスのエピソードを、みなさまにお届けしていきます。
オランダはそれだけじゃないだろう! って思うけど、やっぱり飲みたくなる
好きな人との甘いひととき。はぁ、最近はめっきり………ね。カップルの“愛のシーン”を、やたらと公開するinstagramを見つけた。なんだか、だんだんこんな...
脱水症状といえば、夏に起こるもの。こう思っている人ほど、じつは危険。真夏のようにダラダラ大量の汗をかかなくても、昼夜の寒暖さが激しい、今の時期だからこそ気...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
そろそろ夏も終わりですが、季節の変わり目には「偏頭痛」に悩まされる人が多いといいます。デスクワークも多く、スマホやタブレットと対峙する時間も長く、なにかと...
「おはようのキス」という響きはロマンチックですが、実際には寝起きは誰でも口臭が気になってしまうものですよね。なかでも睡眠中に口の中が乾燥し、雑菌が増えてし...
愛する人と交わす口づけは、いつだって特別でハッピーなもの。2013年、ニューヨークを拠点に活動する写真家Ben Lambertyさんは「キスをする人々」の...
Michael Riley Jr.くん(14歳)は、ジュニアオリンピックに3度も出場したことがある優秀な水泳選手。彼は2015年8月13日にチームメイトと...
特別な感情が心に生まれるキスのエピソードを、みなさまにお届けしていきます。
2008年に、HIVに感染していると診断されたSamantha Dawsonさんは、有効なHIV治療を受けているので、人に感染させることはありません。治療...
トイレで「小」をする時、男性は手で大事なトコを触るもの。でも、手のひらには無数の細菌が潜んでいるから要注意。これが、原因で病気になってしまうケースも多くあ...
一見すると、キスは唇と唇が触れ合うだけのシンプルな行動。でも、お伽話でもあるように、ときに愛する2人にとって「魔法」のような効果もあるようです。「The ...
フィンランド人男性Janne AntinさんはHIV感染者のひとり。ヘルシンキの広場でサインボードを自作した彼は、両手を広げて目を閉じました。彼の両脇には...