ロボット掃除機「ルンバ」を買ってはいけない「5つの理由」

現代の掃除スタイルとして、もうすっかり定着した感のあるロボット掃除機「ルンバ」。2002年の発売以来、10年以上にわたり進化を続けています。「ルンバなしでは生活できない」と宣言する人まで現れて、まだルンバを使ったことがない人からしたら、気になって仕方がありません。 でも、気をつけてください。安易にルンバを買ってしまうと、こんな結末が待っているとか──。

01.
ガーン・・・
自分の掃除力の低さに
ガッカリする

「はじめてルンバを使ったときは、取れたホコリの量をみて驚愕しました。今までの掃除の甘さを思い知らされましたね(笑)」 これは、最近ルンバを使い始めたユーザーの生の声。ロボットならではの精密さで、これまで取りきれなかったホコリをまさに一掃するルンバ。椅子やテーブルの下はもちろん、「そこまで行くの?」という家具の下までグイグイ潜り込み、カーペットやラグの上では自動で吸引力を引き上げて(※1)繊維の奥に入り込んだホコリや髪の毛を吸い取ります。

ダスト容器を開くと、そこには目を覆いたくなる惨状が。自分の掃除力の低さに気づかされてガッカリ・・・。
※1 ルンバ980のみ

02.
掃除のやり方を
忘れてしまう

ルンバを使った掃除方法は、「CLEANボタンを押す」。これだけ。面倒な設定も必要ありません。フローリング、畳、カーペットなど、ルンバは床の材質を選びません。家具の下や壁際、複雑なテーブルの脚周りなど、ふつうなら掃除が甘くなりがちな場所も全自動でカンペキな仕事をやってのけます。

しかも掃除が終われば自分で勝手に「巣」に戻ってくれるとことん賢いヤツ・・・もしこんな状態に慣れてしまったら、掃除のやり方を忘れて二度と思い出せない!?

03.
ラクするために買ったのに・・・
片付けにハマってしまう

ユーザーから、こんな声が届いています──「そもそも自分がラクをするためにルンバを買ったのに、あまりに家がキレイになるものだからその魅力にハマってしまい、ルンバが動き易いよう自ら床をせっせと片付けるようになっちゃいました」

しまいにはルンバの動きを考えて家具のレイアウトまで変えてしまう・・・あれ?ルンバを買った目的ってなんだったっけ!?

04.
時間に余裕ができ過ぎて
性格が変わってしまう

毎日の掃除機がけ平均時間は約20分。それを全部ルンバが肩代わりしてくれるので、毎日「掃除をしなきゃ」というプレッシャーやストレスから解放されてイライラすることもありません。

1年後・・・キビキビしていた性格がすっかりおおらかになったあなたを見て、友達からも「性格変わったね!」なんて言われてしまうかも!?

05.
快適過ぎて
ルンバなしの生活が
送れなくなる

160310_runba_004毎日ボタンを押すだけで部屋の隅々まで「プロの掃除」をしてくれるルンバ。見えないハウスダストまで取り除いてくれる想像以上の清掃力は、一度体験してしまうと快適過ぎてルンバなしの生活が考えられなくなります。中には掃除機というポジションを超えて、もはや「愛する家族」としてしかルンバを見れなくなっているユーザーも多いとか・・・

これってまさにルンバ依存症!?購入を検討されている人はくれぐれもご注意を!

btn_rumba_160304_01

Sponsored by セールス・オンデマンド株式会社

えっ…これが本当に、あのロボット掃除機のネクストバージョンなのか?その衝撃的な見た目に、我が目を疑った人もいるかもしれない。ただの車のおもちゃかにも見えな...
トイレ掃除専用ロボット「SpinX」は全自動トイレ掃除ロボット。便器内だけでなく便座部分の洗浄と乾燥も行う。しかも既存のトイレに簡単に取り付けつことができ...
「吸引力の変わらない、ただひとつの掃除機」を武器に、世界を席巻中のダイソン。2015年10月23日(金)、同社の新製品となるロボット掃除機「ダイソン 36...
ガーデニングって何を育てるのか悩むけど、それ以上に肥料や除草剤など必要なものが多いし、その「手間」に頭を抱えがち。ハードルを少しでも低くして、元気な野菜や...
毎日使うものだから、自分の好きなモノにしたい!
成功の背景には数々の失敗あり。これは、「Inc.com」にてGordon Tredgoldが紹介したジェームズ・ダイソンの言葉。彼が幾多の失敗からつかんだ...
サウジアラビアの首都リヤドで行われたコンベンションにて、人型ロボット「ソフィア」に市民権が与えられることが発表されました。サウジアラビアの女性よりも多くの...
オーストラリアのアーティストが開発したのはミツバチの授粉をサポートする人工授粉”花”です。植物の生態系を維持するために、まずは農薬や殺虫剤からミツバチを守...
人間の言うことをきかないロボット。と聞くと、どんなイメージを思い浮かべるだろう。実際に見てみよう。テーブルに立つロボット。「座って」や「立って」と言われれ...
「自宅で専属のバーテンダーが、毎晩カクテルを作ってくれる」。これ、ロボットが叶えてくれます。
「群馬県には、なぜかレトロな自販機がいっぱいある」。そんなウワサを聞きつけ、やってきたのは伊勢崎にある「自販機食堂」。うどん、ハンバーガー、ラーメン、トー...
はたしてこの商品、「ゴミ箱」なのかそれとも「掃除機」なのか……、表現の仕方も迷うところ。いづれにしても、ありそうでなかったキッチンツールに、こんな感想を持...
服の上をスーッと滑るように移動するアクセサリー。これは、MITメディアラボやスタンフォード大学の研究者たちが開発した「Kino」という名の小さなロボットだ。
InstagramやTwitterのフォロワーが買える。はよく聞くハナシ。けれど、まさかそれが自動販売機で販売しているとは…。中にはクジが入っており、値段...
健康のことを思ったら、毎日サラダを食べるべきなのは分かってる。でも、自分で作るのは意外に手間だし、飽きないように工夫しようと思ったら、けっこう大変。だった...
Nigel Stanfordが生み出した“ロボットバンド”に興味をもつ人も多いんじゃないだろうか。彼らはターンテーブル・ドラム・ベース・ピアノ・シンセサイ...
Huang Yiさんは、KUKA社のロボットとダンスをするパフォーマー。その様子は、息がピッタリと合っていて、まさに2人のデュエットダンスを見ているような...
先日、NASAは「PUFFER」の試作機を発表。この調査ロボット、パタっと折り畳まれたり開かれたりと、自由自在に変型可能。実はこれ、日本の「折り紙」にイン...
30代、独身、彼氏なし、貯金はわずか。そんな独身女子が、女ひとりでマンションを買ってみて、絶対に知っておいた方がいいと思ったことを5つご紹介します。
単純作業労働の現場をはじめ、知的労働分野でも、ロボットに人間の仕事が奪われるという自体が起こっています。私たちの暮らしを快適なものにする一方で、見たくない...