動力不要!部屋を優しく潤す「ヒノキ」の加湿器

水を入れて置くだけで機能する加湿器がコレ。寒暖の差が激しい季節には、風邪予防対策するためにも重宝しそうです。

電気が要らない
ヒノキの
加湿器!

4f84b0e250f03f1e58cfb4e5012d6b920e69b0798af4a667244d41fdefebaa4ad3c8af2d5b5817c3

岡田心がデザインしたeco加湿器「マスト」は、ヒノキのカンナくずでできたセイルが、ボートに入った水を吸い上げ、その水分が蒸発する仕組み。室内の空気に潤いを与えてくれます。

おもてなしセレクション2014で金賞を受賞した商品で、ほのかな匂いが清々しいと人気。動力なしで加湿してくれるなんて珍しいですよね。コップに水を入れて置いた状態に比べて、およそ10倍ものスピードで気化するのだとか。ヨットを思わせるその姿からは清涼感も感じられます。

リラックス効果も

お風呂やまな板など、水に触れるものに扱う素材として重宝されてきたヒノキは、抗菌作用や耐水性が高いと考えられており、「香りを売る」とも言われるほどその匂いが魅力的。リラックスや癒しの効果も期待できそう。

なお、マストのサイズは、S・M・Lの3種類がラインアップ。webサイトでの取り扱いはMサイズ(税抜 7,000円)のみとなり、S・Lは店頭か電話で注文できます。

Licensed material used with permission by 有限会社 大橋量器
そんななかで『MONG MONT』は、インテリアの邪魔をしないという今までの考えではなく、むしろ壁に飾って見せるための<芸術性>を重視してつくられました。...
旧約聖書にも登場した角笛のようなカタチ。これに意味があるんです。
この防虫用のアロマフックは、木曽のヒノキの「節の部分」を使っているそうです。そもそもヒノキには抗菌作用、消臭作用があることは有名ですが、とくに「節の部分」...
「Kleverness」は、部屋の電気のスイッチや調光器、プラグを、“音声操作”で一括コントロールできるスマート家電です。セットは簡単で、専用の製品に取り...
旅行雑誌のカバーには決して載らないけれど、マストチェックなロンドンスポット!
ミッドソールには「転売用じゃないよ」、シュータンには「ちゃんと履いてね」などのメッセージが入っています。
昨今、スタンド型やパッドタイプなど、あらゆる形状の充電器が販売されていますよね。でも、充電以外の機能が備わっているものって、あまり見かけない気がします。た...
絶対に充電器を忘れたくない!という人にはよい投資かも?
おろし金はすでに銅製のものを持っているのですが、この陶磁器の「おろし器」だったらもう一個あってもいいかも!
食卓には欠かすことの出来ない器の存在。ひと口に器といっても、手触りも、重みも、質感も、色味も、ほんとうにいろいろとあって、どれを買ったらよいのか迷います。...
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。世界からも注目を浴びるタイの赤ワイン「グランモンテ・ヘリテージ・シラー」。サミットの晩餐会ワイン...
本職はナースで、夜のシフト前の時間をうまく活用し、注射器で絵を描いているKimberly Joy Magbanuaさん。患者さんを含む多くの人の心を魅了し...
周りから一目置かれる「器の大きい人」。上司や部下からも頼りがいがあると信頼されるタイプです。そういう人にはどんな特徴があるのでしょう?また、どうすれば器の...
強い火力で、ごはんが美味しく炊ける「鍋炊きごはん」。ですが、常にガス台のそばで見張っていなければならないため、ワンタッチで予約ができる炊飯器と比べて「手軽...
陶芸家・古賀崇洋氏の器。シンプル・ミニマムなデザインが席巻する時代に、この圧倒的な個性。口当たり?持ちやすさ?そんな普通の評価軸では語れません。いや、だけ...
くら寿司のアメリカ展開店舗「KURA REVOLVING SUSHI BAR」。日本では食べられないローカルメニューベスト3を紹介します。
料理を生業とするプロの視点で、このキッチンツールはオススメだそうです。
つい気になってしまう「口の匂い」。口臭が心配だと、人と話すことが嫌になってしまったり、憂鬱な気分になりますよね。そこで、ちょっとタメになるかもしれない記事...
これは、ヒトハダにいちばん近い食器。
〈GLORIA(グロリア)〉の「Pro5 スプレーボトル」は、ちょっとカッコつけて噴霧器と呼びたくなります。いかにもプロツールといった外観のせいだけじゃあ...