標高2,055mのゲレンデに「極小キャビン」が出現。ガラス張りの室内はベッドだけ!

街の喧騒を離れて、自然豊かな郊外で週末を過ごす二地域居住。欧州では当たり前の生活スタイルを体現したような極小のキャビンをご紹介。恋人たちにとって、これ以上ない最高のロケーションです。

風呂なし、トイレなし。
でも、「星降る夜」を
独占できるベッドあり

6ed87fa322fe748608be3771184e09338b480a46

北イタリア、ヴェネト州に位置するコルティーナ・ダンペッツォは、登山やウィンタースポーツの拠点となるリゾート地。ドロミーティ山脈のなだらかなゲレンデが続く、標高2,055mの山頂に世界で最も“甘〜い星空”を満喫できる、極小のキャビンが登場しました。大事なとこなのでもう一度、場所はゲレンデのど真ん中です。

E33cc1706a0b1962b631078d04e95e71378028a7

この移動式ミニキャビン「Starlight Room」には、バスもトイレもありません(笑)。ただベッドのみ。そして、ベッドを囲むように張り巡らされたガラス窓が外壁の代わりをなしています。もちろん天井も。そうです、目的はただひとつ。恋人と二人っきりで贅沢な星空を堪能すること。

B00178df750dfa85066b88e97037c3e1ef51aaef

キャビン内はTVモニター(ドローミティの夜景を紹介するタイムラプス映像が流れる)、スピーカーなどムードを高める音響設備は整っていますが、それ以外不要なものを一切排除するこの潔さ。もちろん、バスもトイレもスノーシューを履いてちょっとゲレンデを降れば、ロッジ内にちゃんとあるのでご安心を。要するに、“はなれ”としてベッドのみ独立したアコモデーションな訳です。

それにしたって雪山でガラス張りの小屋。しかも、お世辞にも頑丈そうとは呼べない日曜大工感がにじみ出たつくり。いくら暖房完備とは言え、寒くないのかいささか心配になりますよね。

世界で最もムーディーな
一夜をどうぞ!

64e38ff84f240473e8e05ae53ca7eeb0b50625a8F0bd4e09eff01b20a720e5caf945f71546aa8364

でも、そうした全部に目をつむっても有り余るのが、この眺望です。どうです、ベッドに寝っころがればバノラマの夜景が目の前に。星降る夜を完全に二人だけで楽しめてしまうんです。これはドキドキが止まらない!

A226a59919f7bc0c7945a70c64f5d0ab8ea59e90

昼間はスキーヤーやスノーボーダーが滑走するゲレンデで、営業時間が終わった後、そのど真ん中にスノーモービルでキャビンを引っ張ってくるそうです。それゆえ、キャビンの底部はしっかりソリを履いているんですが…まさか、夜中に滑ってゲレンデを下って行っちゃうなんてことは、考えすぎ?

一泊二食2名で300ユーロから

7c565fa74d869059b8c3778bd3e40ddcb0a7da20

なお、ドロミーティでは夕暮れに西日が山肌に当たってピンク色に染まる「enrosadira(エンロサディラ)」と呼ばれる珍しい自然現象が発生することでも有名ですが、その時間までキャビンの中で過ごすことができるかどうかは、微妙なところ。詳細はこちらから。

一泊二食付き、2名で300ユーロ(約3万7,000円)。最高の山の贅沢、一度は味わってみたいものですね。

Licensed material used with permission by Giacomo Pompanin
おいしく食事をしたり、のんびりくつろいだりできるゲレンデって意外に少ないんですよね。だいたいどこへ行っても、おきまりのフードコートスタイル、それに長い列、...
ダン、ダン、ダン。まるで、積み木を重ねたようなシンプルな構造。じつは、これは立派な家。いや、見た目以上に機能的な家なのだ。3つのリビングユニットは、それぞ...
冗談みたいなホテルが、本当にできるのだそう。採用された大胆なコンセプトは、スキーヤーならずとも必見です。
偉大なる建築家であるフランク・ロイド・ライトとジョン・ラトナー。「Maralah」と名づけられたこのクリフハウスは、彼らにオマージュを捧げるカタチで建てら...
ヨーグルト、グラノーラやナッツも入ってて具沢山。おいしそう!
「Pricerooms.com」は、旅行する際、徹底的に安いホテルを探したい人向け。予約を済ませた後もさらにお得なプランを探し続けてくれるんです。
この「Honomobar」は、使われなくなったコンテナを改装したもの。完成後そのままトラックでここへ運ばれ、ポンと置かれているだけ。
ノルウェー発の「Sled Dogs」は、スキーブーツのソール部分に、スキー板がつけられた製品です。カンタンに説明をすると、アイススケートのように滑れるのだとか。
近年はサウナやオーガニック料理に気を取られがちですが、いえいえやっぱりフィンランドではオーロラを忘れてはいけません。
家の真ん中にシンボルツリーを植樹したデザインハウスを目にしたことがある人でも、このツリーハウスのインパクトは絶大のはず。なぜなら、こちらは自然の木々が生い...
高級和牛の代表格、三重県の松阪牛(まつさかうし)。ビールを飲ませるという贅沢な育て方でご存知の方も多いはず。ここで紹介している「松阪牛 しぐれ煮」は、甘辛...
ジェフの勝手にカルチャー論 Vol.8「私をスキーに連れてって」先日、JRで展開されている「私を新幹線でスキーに連れてって」という広告を見た。このネタ元は...
ご存知の通り、大自然のなか、とくに山のなかで過ごすことには、たくさんのメリットがあると言われています。寛容さが増し、とても穏やかな気持ちになれるそうです。...
連なる山々に囲まれて、どこまでも緑が広がるニュージーランドの風景。目に入るのは山岳地帯、そしてムクムクと地上から生えている柔らかそうな林。そして、この中に...
鼻の先が凍るような、極寒の地。コンドルの声が上空で響き、多様なアンデスの動植物の息吹が、かすかに息づいている。標高4,600m。息をのむような美しい氷河湖...
新世界ワインから、日本産のワインを紹介。丹波ワインの「京都青谷産スパークリング城州白梅ワイン」。いわゆる「日本ワイン」とはひと味どころじゃなく違うけど、め...
今から紹介するホテルを誰よりも一番オススメしたいのは、現実逃避したい人。現実からの逃亡先にぴったりなんです。それは、ノルウェーの北極圏の島Fleinvae...
「人類進化ベッド」。楕円形で、横になった時に体を優しく包み込んでくれるソレは、土台やマットレスなど様々な部分でチンパンジーの寝床を再現した優れもの。
新潟市の広大な田園風景を抜けると、鬱蒼とした森にひっそりと佇む建物に出くわします。周りの景色に溶け込むデザインはまるで美術館のようでもあり、海外でも注目さ...
男なら、一度は憧れる秘密基地。自分だけの空間は、ドキドキワクワクしますよね。そんな男の夢が叶う小さなおうち「タイニーハウス」の人気がアメリカでますます高ま...