世界の一流に選ばれるルームフレグランス「CULTI」を試してみよう!【60名様にプレゼント】

イタリア・ミラノ発、世界のVIPから選ばれる「香り」のブランド『CULTI(クルティ)』。CULTIの創業者アレッサンドロ・アグラティは、「香りがライフスタイルをもっと豊かにしてくれる」という信念のもと1990年にブランドを立ち上げ、以来暮らしを彩る「香り」のアイテムを発信し続けてきました。その独特の世界観は、やがてV.I.P.を中心に密かなブームを巻き起こし、今やイタリア国内で直営店を持ち、各国にファンを生み出すブランドへと成長したのです。

呼吸するように香る
ウッドスティック式
ルームフレグランス

Bbc978f059ae0cfe21ac3a0da69b60c52f50af50

中でも『CULTI STILE(クルティ スタイル)』『CULTI DECOR(クルティ デコール)』の2ラインからなる、ウッドスティック式のルームフレグランスはCULTIの代名詞として知られています。その特徴は何と言っても「どこまでも優しい香り」。ウッドスティックを通じて呼吸するようにゆっくりと香るので、部屋ごとに香りを変えるのもアリだし、香りを組み合わせて楽しむこともできます。洗練されたボトルデザインや、森の木々を思わせる籐のスティックが嗅覚だけでなく「視覚」も楽しませてくれるCULTIのルームフレグランス、日本ではインテリアショップの『ACTUS』が唯一の正規販売店。


今ならCULTIルームフレグランスの中でも人気の香り6種類の中から、好きな香りを選んでもらえるトライアルキャンペーンを実施中使いごたえ充分のルームフレグランス250ml(8,100〜8,640円相当)が60名にプレゼントされるチャンスですので、この機会にぜひ下記よりご応募ください。(アンケートで「TABI LABOで知った」とお答えください)

※こちらは応募期間が終了しています。

Sponsored by ACTUS
ルームフレグランスの中でも、人気上昇中のリードディフューザー。ここでは、その魅力をほんの少しだけ紹介します。インテリアとしても◎手間もかからない!数あるル...
『オフィシーヌ・ユニヴェルセル・ビュリー』の「アラバストル」は、石に香りをつけるというユニークなルームフレグランス。白磁器の容器も上品です。
スマートフォンアプリを使って、香りを自由にアレンジできるデバイスが、「Indiegogo」で紹介されています。サンダルウッド、ネロリ、バニラ、ローズなどの...
素材は封筒によく使われる種類の「紙」。カードは8枚まで入ります。使いやすいサイドポケット付きで機能性も十分。
AR(拡張現実)で立体をデザインできる3Dドローイングツールです。
女性に例えると、きっと「あざとい」タイプ。フリルをたくさん纏った、いかにもぶりっ子って様子ではないのだけど、しっかり"胸きゅんポイント"を捉えていて、絶妙...
80年代に一世を風靡したルービックキューブ。あのイメージのまま平衡感覚を失いそうな壁掛けシェフルが登場しました。一見すると、安定感がなさそうな見た目ですが...
香水でもルームスプレーでも、その時々の気分で変えてしまう。だけど、今現在、ことタオルに関しては、“このスプレーの香りがいい!”と思って毎日のように使ってい...
ミリオンヒット7回、CD売上2000万枚という、音楽業界の名プロデューサーという肩書きを捨て、彼が求めた場所はニュージーランドだった・・・。四角大輔(Da...
歯垢を除去。歯周病予防。息さわやか、などなど──。歯磨き粉においてそんな特徴は、もはや当たり前。じゃあ一体、何で差をつけるべき?そんな問いに対するイタリア...
7月13日にアメリカ地質調査所は、この火山活動により新たな島がつくられたと発表しました。
クリスマスを控えて、そろそろお祝いの準備を進めていることでしょう。そして、いつもこの時期に迷ってしまうのが、友だちや恋人へのプレゼント。渡したあとに「そう...
今年4月にローンチするブランド「IZUMI KAN」は、TPOに応じて服を選ぶように、色や空間、季節などに合わせた香りを「えらんで着る」香水を提案。「見え...
「オーガニック」をテーマとしたナチュラルな腕時計が話題を呼んでいます。と言ったところで、ピンとこない人も多いですよね。言い換えると、使用される木材は加工に...
新生活がはじまりに、こだわりたいのは。
欲しいものが決まっているとき、オンラインショッピングって本当に便利。外に出る必要も、わざわざ歩きまわって商品を探す必要もない。でも欲しいものが決まってない...
世界には、様々なブランドがあります。グローバル化が進む時代において、企業が一体どんなキャラクターであるのかを発信していく重要性は、ますます高まっていくので...
浜辺へと漂着したプラスチックゴミだけを使って、ひたすらオブジェをつくるプロジェクト
仕事や勉強で使うデスクは、ある意味「親友」のようなもの。長い時間、苦楽を共に過ごしていくわけだし、自分にとってのベストであって欲しいですよね。だけど、日本...
もともと、香りには興味があったんです。過去には、私がやっている〈MINOTAUR(ミノトール)〉というアパレルブランドで、動くとアロマカプセルが弾ける“香...
アパレル業界では、大量の生地の切れ端がゴミとして捨てられている。この廃棄物に目をつけたのが、ファッション・デザイナーDaniel Silverstein。...
世界で一番カッコいい「パンの袋をとめるアレ」を、紹介します。
「お米」と一括りに言っても、ブランドや銘柄ごとに食感や味が大きく違う。日本人として、銘柄米の特徴はしっかりおさえたい!
イタリアにはたくさんのピザ専門店「ピッツェリア」があります。この記事で紹介する地図「Best Pizzas in Italy」には、イタリア版ミシュラン「...