「いつか」は訪れてみたいスペインに「今」行くべき理由

海外旅行先として人気の高い情熱の国、スペイン。見所は多いし、気候はいいし、ご飯も美味しい、というのはよく聞く話。いつかは訪れてみたいと憧れている人も多いことでしょう。

その“いつか”は今年に決まりです。なぜなら……。

2016年10月19日より
成田〜マドリード間を
直行便が就航!

2016年10月19日より、スペインのイベリア航空が成田〜マドリード間の直行便を週3便で運航することになりました! この路線は1998年に廃止されて以来、18年ぶりの復活で、日本からは唯一のスペインへの直行便となります。

乗り継ぎなしで行けるーーそれだけでも、今年スペインに行く十分な動機になろうってもんです!

そして、直行便が就航することで、スペインへのツアーが一気に充実してきています。例えば、イベリア航空を利用したこちらのコースはいかがでしょう?

ルックJTB『オーレエスパーニャ8日間』

スペイン滞在を疲れなくお楽しみいただくための日程を考えて作られたルックJTBの人気添乗員付きコース。スペイン版新幹線「AVE」やラクラクの空路を利用します。もちろんサグラダ・ファミリア、プラド美術館、アルハンブラ宮殿など、人気のハイライト観光もしっかりと押さえています。


なんと言っても“情熱の国”
ハネムーナーこそ、訪れるべき!

スペインは誰もが楽しめる旅行先。でも、「情熱の国」なんて言われている通り、カップルやハネムーナーには特におすすめしたい魅力がたくさん。

まずは、本場の「フラメンコ」。その熱〜い舞踏や演奏は、友だちや家族で観るのもいいですが、愛し合うカップルで観てこその感動があります。

フラメンコだけじゃなく建物だって情熱的! 例えばバルセロナにある誰もが知っている世界遺産「サグラダ・ファミリア」(写真上、2026年に完成予定!)。1882年に着工して120年以上“建設中”だというのは有名な話ですが、この未完の大聖堂を情熱的と言わずして、なんと形容しましょう! ちなみに、バルセロナには「サグラダ・ファミリア」をはじめとして、スペイン出身の天才建築家、アントニ・ガウディが手がけた芸術的な建築物が街のあちらこちらに。普通に散歩するだけでも、ロマンチックな思い出に残るデートになりますよ。

料理に芸術にサッカーに……
見所を挙げれば、キリがない

冒頭でも触れたように、スペインの魅力って、単に観光スポットじゃなくて、色々なバリエーションに富んでいるところにあります。

例えば、グルメな人なら本場のタパスやパエリア(写真上)を味わう楽しみがあるし、お酒好きならワインやサングリアだって。スペイン料理って日本人の舌に合うんですよね〜。

サッカーファンならリーガ・エスパニョーラの試合を観戦するのもあり。否、熱心なファンでなくっても、スタジアムの雰囲気などを体験することで感動があるはずです。

観光スポットも、世界三大美術館のひとつに数えられる「プラド美術館」やピカソの『ゲルニカ』で知られる「国立ソフィア王妃芸術センター」などなど盛り沢山です。

そんなスペインの魅力をたっぷり詰め込んだおすすめのツアーを紹介しましょう!

ルックJTB『スペイン大満喫10日間』

バルセロナ・マドリード・ミハス・コルドバなどなど人気の観光地をたっぷり巡ることができる添乗員付きツアー。「広いスペインだからこそ10日間。バルセロナとマドリードではそれぞれ半日の自由時間もあり、個人旅行の楽しみも叶えてくれるおすすめコース!」とは、実際に参加した海外旅行マニアの経済評論家、佐藤治彦氏の弁。下のボタンからは佐藤氏による体験レポートもチェックできますよ。

Sponsored by JTBワールドバケーションズ
バスク州ビルバオを本拠地とするアスレティック・ビルバオのホームスタジアム「サン・マメス」。
日本のテクノロジーとスペインのデザインを融合させることで、大きなシナジー効果が生まれます。今回は、他の欧米諸国ではなく「なぜ、スペインのデザインなのか?」...
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
スペインの自治州エストレマドゥーラ州に2023年、スマートシティ「Elysium City」が誕生予定。1200ヘクタール(東京ドーム256個分)という広...
2月13日、「任天堂」がアメリカ・テキサス州のダラス・ラブフィールド空港にNintendo Switchで遊べるポップアップラウンジを開設した。