毎日をハレの日に変える「タフな漆器」が食卓をいろどる

正月や節句、あるいは誕生日…指折り数えたとしても、きっと片手で事が足りてしまうのが、漆器の出番。それは主にハレの日の器だろう。しかし、ひとたび行事が終わってしまえば、また何事もなかったように食器棚の奥へ。「漆器」を取り巻く現状は、きっとこんなところのはず。

なんとなく普段使いに向かないイメージが強いのでは?というのも本来漆器は、揚げ物や酢の物の直盛りには向かなかったり、スポンジでゴシゴシ洗うことも避けたいくらいのデリケートなものだそう。なるほど、確かに食卓への登場回数が減るわけだ。

では、そのメンテナンスが楽々な漆器があったとしたら?

漆を、もっと身近に、
ずっと美しく。

Bb5076812510c54e1a55f0cb1839dbf7fc287474

毎日でも使いたくなるデイリーユースの漆器をコンセプトに誕生した「Fudan」は、多少乱暴すぎるかな?という使い方にもへこたれない、タフなつくりが身上だ。はたしてどれだけ丈夫なのか?

①洗剤使用OK
②食器洗浄機・乾燥機使用OK
③スタッキング収納もOK

といった具合。逆を言えば、本来漆器の手入れはこれらを避けるべきもの。それを可能にしたのが、従来の漆塗料に特殊な精製技術を導入した「マルチロール漆」だ。漆の剥離や傷が発生しにくいので、繰り返し洗っても、重ねても問題ない。毎日の食卓にぐっと近づくイノベーションだ。加えて、色と艶の経年変化を楽しめる。

ラインナップの一部を見てみよう。

「ふくわん」

24b5fb32509cd5243a271fcee0c39c4ac9ff656a

「こどもわん」

8974aa923f67a33d56b0717368531e94f5103436

「いつもかっぷ」

Ff4f4bb0cde2214687db677a62a5504633c7a2f0

「はなはち」

Ae243b6c7a37bc10ed28670e289465aa4e63cb63

「きょうかはち」

26422028cff3ef65080f1a3a93c1ba5f7b9148bfFccf7fac60429215ae06e901ff50ed190f89690bF34eae1847520c99551acdc8026503e0b09e53f4

洋の東西を問わず、どんな料理でも思いっきり盛り付けられるのも◎。

価格帯は税別2,500円から7,000円で、ショップリストはこちら。普段の食卓で気分転換をしたいとき、これまで避けてきた「漆」を取り入れるのもアリかも。

Licensed material used with permission by jcocomo
「漆器」と聞くと、その値段もあいまって、なかなか敷居が高いイメージ。たとえば使うのも、特別なときだけだったり。でも、そんなイメージをガラリと変えてくれそう...
これは、ヒトハダにいちばん近い食器。
2016年7月20日。日本の政治経済、文化の中心である東京に「星のや」がついに開業。発信するのは、世界に認められる究極の「和のおもてなし」です。
福井県鯖江市東部の河和田地区は、約4,400人が暮らす、三方を山に囲まれた小さな集落。メガネづくりはもちろん、約1,500年の歴史をもつ越前漆器でも有...
「失恋した友達に贈りたい」絵本を紹介します。
サンフランシスコに拠点をおくメンズアパレルブランド「Eison Triple Thread」は、先日テクノロジーを最大限に活用したサービス「Fits」を始...
朝のお味噌汁づくりが楽しみのひとつになれば、お椀に向かって「おはよう」、こんなあいさつから一日がはじまるようになる。その日の気分で自由に組み合わせを楽しん...
日本郵便から10月24日に発売されるおむすびデザインの切手が、女性の間で密かな話題になっている。ユネスコ無形文化遺産に登録された「和食」について、その社会...
昨今の健康ブームに乗っかって、ではなく日常的に食卓に「豆腐」が登場する国は多々あります。その起源は中国と言われ、ベトナムやタイ、カンボジアなど東南アジアの...
料理が面倒なときに思い出すナンシーさんの言葉。30年前にアメリカから日本に移住したナンシー八須さんは、埼玉の農家の夫と結婚し、今や料理研究家として多忙な日...
余談ですが“バッファローウィングフレーバー”も同時に売り出すようです。
ひとときのコーヒーブームもひと段落した感があり、さて、次は緑茶だ、紅茶だ、なんて話題になるけれど、じゃあ実際「紅茶ってなんだ?」って聞かれたら、僕自身よく...
某ファーストフードチェーンおよび某国際輸送物流会社を意識したセレクトです。
「日本の魅力を、多くの人に知ってもらいたい。写真の中に、“和情緒”をそっと閉じこめる。観る人が懐かしい温かみのある「日本の雰囲気」を感じられるように。そん...
紫いもで作った「日本芋酒(にほんいもざけ)」は、ワインでもなければ焼酎でもない、さらに言えば日本酒でもない、全く新しい日本初の「生酒」なんです。
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。世界からも注目を浴びるタイの赤ワイン「グランモンテ・ヘリテージ・シラー」。サミットの晩餐会ワイン...
国産ぶどう100%使用して日本で醸造される「日本ワイン」からオススメの1本。まるき葡萄酒の「まるき ルージュ」は和食との合わせがバツグン。そこには120年...
めがねの街、というイメージが一番強いかもしれません。「Sabae Japan Eyeglasses」と聞けば海外でも有名だし、めがねフレームの国内製造シェ...
すっかり定着した発酵食ブーム。意識せずとも毎日の食卓に取り入れることこそ、上手な発酵食とのつき合いかたでしょう。そこで「味噌」です。料理家・平山由香さんの...
オーストリアの〈IMCO(イムコ)〉が1968年に発売した「バード」。それをもとに日本の〈拓製作所〉がブランドを引き継ぎ、2013年に復活させたライター「...
気温が上がり、出番が増えてくるサンダル。ペディキュアの色にもこだわっておしゃれにファッションを楽しみたいものですが、足って頻繁に色を変えたりしませんよね。...
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介が教える大切なこと。ーー日本人はひとつの味を同じように、一定の条件の許で食べてい...
自然素材のお皿が一枚あるだけで、食卓にあたたかい雰囲気が生まれると、今や定番となりつつあるのが木製の器たち。こうしたウッドプレートは、主に2種類存在します...
日本にも昔からある「エディブルフラワー」。菊の花も有名ですが、この季節はやっぱりこれ。保存がきいていつでも作れる「桜の花の塩漬け」です。