京都に160人のフォトグラファーが集結。「黙示録」の名前がついた撮影イベントがすごい

去る5月27日〜30日の4日間、京都に国内外合わせて160人のフォトグラファーが集結しました。ストックフォトサービスのiStockが毎年世界各地で開催している「iStockalypse(アイストッカリプス)」、その開催地が今年は京都だったのです。

アイストッカリプスは、ただの撮影イベントではありません。160人のフォトグラファーが一斉に写真を撮るという規模もすごいのですが、このイベントのすごさの本質は、実は別のところにあります
。そしてそれは、「アイストッカリプス」というイベントタイトルに表れているのです。

「使える写真」を
大量に生み出すイベント

092eb2578b1c07e03da8827e3916be6c80e13cf3

「iStock」+「apocalypse」、つまり「iStockの黙示録」というのがこのイベントタイトルの由来。黙示録とは、「覆いを取って隠されていたものが明らかになる」という意味。このイベントで明らかにされるのは、「今、世界で最も売れる画像の撮り方」です。

iStockのアートディレクターたちは、ストックフォトサービスを利用する人々が「使いたい」と思う画像のトレンドを知り尽くしています。それはもう、シチュエーション、アングル、トーン&マナーに至るまで。そもそもこのイベントには、iStockが実力を認めたフォトグラファーしか参加できないのですが、その実力者たちがiStockのアートディレクターの緻密な指導のもと、ひたすらシャッターを切り続けます。そしてここで撮影しセレクトされた写真は、すべて購入可能な画像になるのです。

フォトグラファーにとってみればスキルと「売れる作品」を同時に生み出す稀有な機会。裏を返せば、「使える画像」が一気に大量生産されるという斬新なイベントなんです。その数、4日間で10,000枚以上。

撮影されたのは
例えばこんな画像たち

ですから、京都で開催されたと言っても、いわゆる「京都っぽい」写真ばかりが撮影されたワケではありません。前述の通り、「今最も求められている」という観点から考慮された様々なシチュエーションの写真が並びます。

今、何が求められているのか?それは、ざっくり言うと「リアル感」。これまでストックフォトサービスの写真といえば、スタジオ撮影のフラットな写真が多かったのですが、アイストッカリプスで撮影された写真はリアルな空気感にかなりこだわっており、カメラマンを雇って撮影したのと遜色ないクオリティに仕上がっています。ちょっとその一例を見てみましょう。


36a1a51507a33dcd5898da4c522669fffa927d78

こちらはこれからの季節にピッタリなかき氷。
Traditional Japanese culture
Photo by 96093399, stockstudioX

1ed455114f779330c6d04bac537f4ecbf9753ccd

「忍者」も、単なるコスプレとは一味違います。
Ninja with Sword Silhouette Against a Window in Japanese House
Photo by 96061591, PamelaJoeMcFarlane

A745c8b10fccc3f932e2ba1db226ae9ea80eed9b

本物の僧侶。
Young Japanese monk praying
Photo by 96101449, nattrass

F8ec5c905584b35ba036abef7bb87cd4e6652a22

働く女性。同僚同士で語らう表情もナチュラルです。
Female Japanese Business colleagues happily discuss the meeting
Photo by 96150867, nattrass 

D7e53c4ca5ef6e0ec713c313bd4aac32247223fb

ヨガの爽快さがよく伝わるシチュエーションだったり
japanese woman doing yoga outdoors
Photo by 96056363, franckreporter 

Fef0adab1a937d579dc1402a90adcda8053f50d6

出張中のビジネスマンも躍動感があって一味違います。
Business executive running to catch his next meeting. 
Photo by 96112125, GCShutter

F87b55e1965cea90607fcf039b78ca2aa7c860da

VRヘッドセットの使用シーンはこれから引き合いが多そう。
Two young adults trying out some virtual reality headsets
Photo by 96187339, tdub303 

D5208129460f3ac109fb5d95c348feb22881ba97

LGBT的な視点のこんな画像も。
Japanese Lesbian Couple
Photo by 96263549, Holger Mette

0ccae62bbf7901e3aeef7ac33050140748c5fcbe

友人同士のシチュエーションも「やらせ感」のないショット。
Five Japanese Students Using Digital Tablet, Campus Park, Kyoto, Japan
Photo by 95885071, Ababsolutum 


ちなみに、これらはみんな著作権・肖像権が全てクリアされており、そういう意味でも「今すぐ使える画像」になっているんです。

こちらに紹介したのはアイストッカリプスで撮影された画像のまだまだほんの一部。現在も進行形で新たな画像がセレクトされ、日々アップデートされていっています。
その他の写真はこちらからチェックできますよ。

13df86f0c7c34750f7522c96566c28fa48d63209

「日本の写真」も充実、「iStock」

A7da1ede44a7d872b9ef64795e768fb0afd36176

もともとiStockは世界中のアーティストやデザイナー、フォトグラファーに作品発表の場や学習の機会を与えることを目的として始まったので、画像のクオリティが非常に高いのが特徴。現在では約4000万点もの素材がストックされており、そのクオリティに信頼を寄せた利用者は世界中に約600万人もいます。

「海外のサービスだから、日本の写真が少ないのでは?」と思われがちなのですが、そんなことはありません。上でご覧いただいたように、京都の写真だけでなく質の高い日本の写真がまだまだたくさんありますよ!

14c0e01ff6101d7bc23586902cf9266fb3a41d37

会員登録すると・・・

iStockに会員登録するといいのは、無料でもらえる素材が毎月5枚ずつ提供されること。タダだからといってクオリティが低いワケではありませんよ。様々なフォトグラファーのいろんな雰囲気の写真が月替わりで提供されるので、眺めているだけでも楽しいし、今すぐ使わなくてもそれをストックしておけばいつか役に立ちそうな高品質の作品ばかり。それだけでも登録する価値がありそうですよ。

Ae2c6d6b77d80e5e14c7c531515528abccc2c08f

ちなみに・・・

今年のアイストッカリプス京都には、映画でカメラマン志望の女性を演じた有村架純さんが参加して、160人のフォトグラファーと一緒に写真を撮りました。会員登録をすると、有村さんがワークショップで撮影した写真が6月30日まで無料でダウンロードできるそうです。今をときめく女優のセンスが光る写真、気になる方はチェックしてみてくださいね!

A524dc6389f28b588a4d4a0c1f23357063377e5c
Sponsored by ゲッティ イメージズ
フォトグラファーPhillip Haumesserさんは、使い古された「Canon EOS Rebel T2i」と「PENTAX 50mm f1.7」を、...
もしも、一流のフォトグラファーが、本気で昆虫標本を撮影したら──。ここで紹介したいのは、そんなちょっとマニアックな話。でも「撮影にふさわしい1%の昆虫を見...
映画のワンシーンを彷彿とさせる写真の数々。「CINEMATIC NYC」と題されたシリーズ作品を撮影したのは、アムスルダムを拠点とするフォトグラファーのS...
体の酸化を食い止め、病気を予防する。そこにビールが関わってるって!?
「Sofi」を購入する一番のメリットは余計な出費を抑えられるところだ。しかも、30秒で組み立てられる。
答えは、都会のカラスの巣。新進気鋭のネイチャーフォトグラファーである柏倉陽介氏が撮影したものだ。
アムステルダムを拠点に活動するフォトグラファー・Patrick Mordiさんは、ある日写真を撮ることへの情熱を失い、その楽しさを思い出せない日々を送って...
宮﨑駿監督のアニメーション作品が大好きだという外国人フォトグラファー。彼がつくりあげる世界観は、私たちの世界をまるで別世界に変えている──。
Luca Tomboliniさんは大判カメラを使用して、世界各国、人類誕生の原風景を撮影するミラノ出身のフォトグラファーです。生命の息吹も人々の活動も消え...
登山家よりも、重い機材を運びながら仕事をするカメラマンのほうが過酷なのではないか…そんな話を1度や2度は聞いたことがあるはず。プロの使う機材は、一眼レフで...
イタリア人フォトグラファーのRoberto Berteroさんは、自らの足でアルプス山脈を登り続け、絶景写真を撮りつづけている。その高さ、約3,000〜4...
フォトグラファーにとって「雨」は、天敵とも言えるかもしれません。高価な機材は濡れてしまうし、一般的に撮影自体も難しくなります。でも、「雨の日にしか撮れない...
どうして身寄りをなくした高校生ホームレスが、どん底から世界中を飛び回るウェディングフォトグラファーに転身することができたのか。それは、彼の夢叶えるまでの”...
廃墟となった病院は、ホラー映画の撮影舞台を彷彿とさせる。でも、こちらはリアルな病院跡地なのだ。数年に渡って、放棄された複数の病院を撮影したのは、ポーランド...
2016年のナショナルジオグラフィック・トラベルフォトグラファー・オブ・ザ・イヤーに選ばれた写真がコレ。ここではそれぞれの部門で選ばれた計12枚の作品を紹...
フォトグラファーのJenna Martinと、モデルのRachelle Kathleenによる写真に「プロ意識」を感じました。だって、二人が撮影現場にした...
ひとくちに「フォトグラファー」と言っても、そこには様々な形があります。ここで紹介する保井崇志(Takashi Yasui)さんが本格的に写真を撮り始めたの...
ドキュメンタリーTVの「ナショナル ジオグラフィック」が“ドキュメンタリーを体験する”をコンセプトに主催する「ナショジオ ツアー」の第1弾「ネイチャーフォ...
フォトグラファーのThomas Biziourasさんが撮影した石橋のほとんどは、グレヴェナ県にあるものだそう。同県にはこのような橋が18本以上も存在して...
オーガズムに達するのは、とても解放的で、とてもプライベートな瞬間。もしもその一瞬を、写真で捉えたら…。フォトグラファーのAlina Oswaldさんが「M...
SNSでよく目にする、キュートなペットの写真。なかでもInstagramでは、愛犬の写真を毎日アップしているユーザーをたくさん見かける。フォロワーが250...
Nancy Borowickさんの両親は同時にガンを患った。すでに離れた臓器にも転移が進行しているステージ4の状態。写真家であった彼女は二人が亡くなるまで...