リトアニアには、交差点に進入すると消えてしまう「トロリーバス」があるらしい

ガソリンではなく電気を動力として走るトロリーバスは、鉄道の一種として区分されるユニークな乗り物。かつては東京、大阪、名古屋など大都市で見られたが、現在は立山黒部アルペンルートのみを残し、市街地を走る路線はすべて廃止されている。

しかし海外、特に道幅が広く車が比較的少ない旧社会主義国の都市では、今なお現役バリバリ。ここリトアニアの首都ヴィリニュスでもそうだ。しかも、中には一風変わったデザインのものもあるらしい。

風景に「溶け込みすぎる」

B6f16866604605a3cd98c04dddc4b5f610208ae3

そのトロリーバスはアーティストのLiudas Parulskisが手がけたもの。現段階では上の通りなんの変哲もないデザインだが、ここから様子が変貌していく。出来上がるのは、風景に溶け込みすぎるトロリーバスだ。

A08f2d3f3f85b7fbf16ef71fea32ac071a8adbeeEb185ecae7e77d975efc8e91075c3df113ddf0313bacea34b2effeeeb6fc87a0b20a75f4916f016154530b9ece05bbf2fd201c3b02a8f77dd0fea002

完成。

5a28452a496ee983beca92429ad741b5bf2d2423
車体に風景を描くことで、見事に交差点で消えている。こんなデザイン見たことない。
 
「BoredPanda」によると、旧社会主義の名残を受け、様々な文化や宗教が交錯するヴィリニュスはアーティストのインスピレーションを喚起する街。彼の今回の作品も創造性に溢れており、ありふれた日常を新しい形で見せてくれる。ちなみに、中央に描かれたオオカミはこの街のシンボルなのだとか。
Reference:BoredPanda
Licensed material used with permission by Vieta
単純に「自分が表現したいもの」を自由に描く。ストリートアートには、どこかそうした印象がつきまといはしませんか?しかし、ここで紹介する作品はひと味違います。...
交通事故を減らすために、リトアニアの第二の都市カウナスが地元のストリートアーティストとタッグを組みました。それは、横断歩道を渡る前に自然と周りに注意を向け...
リトアニアの写真家、アルベルト・ボスは言いました。「ある日、夢のなかで思いついたんだよ」と。その夢は現在、7,000を越えるシェアを生み出しているそうです...
ときに図書館は意外な場所に出没する。パブのようなお酒を飲むお店や、トロリーバス、路面電車といった交通機関。さらには収容所やビーチにまで。他の目的として使う...
メルローズアベニューのポールスミスの壁に「Go Fuck Ur Selfie」という落書きがされてしまいました。
先日、カルガリー大学に通っている246人のニコルさんたちが友だちになるという、ちょっと変わった出来事がありました。
インターネットが登場して、ジャーナリズムは劇的に変化しました。テレビの時代は情報を受け取るだけだったのが、オンラインのニュース記事にコメントをつけて双方向...
ある日Instagramを見ていたら、カラフルなニューススタンドの写真が目に止まった。なんだか不思議な魅力を感じたのだけれど、一体どうしてニューススタンド...
仕事や勉強で使うデスクは、ある意味「親友」のようなもの。長い時間、苦楽を共に過ごしていくわけだし、自分にとってのベストであって欲しいですよね。だけど、日本...
変わり種のハンモック『パナマバナナ』を制作したのは、リトアニア在住のアゴタ・リムサイトさん。ヴィリニュス芸術アカデミーで、インダストリアルデザインを学ぶ生...
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。ベトナム最大の街・ホーチミンから北へ約300kmの美しい高原地帯で生産される赤ワイン「ダラットワ...
8月21日、Googleが良いニュースだけを教えてくれるGoogleアシスタントの新機能をテストしていると発表しました。
皮膚やコブをまとったままの恐竜(ノドサウルス)が発見されたというニュースに、目を疑ったのは私だけではないはず。でも興味がなければ、スクロールに消えてしまっ...
写真を見ながら、一瞬、言葉を失った。これまでの人生ではじめて見るアングルに妙な美しささえ感じてしまった。一連の写真を撮影したのは、リトアニアをベースに活躍...
餃子といったら「焼き餃子」や「水餃子」、「揚げ餃子」なんて選択肢も。これら基本的にはしょう油ベースのタレをつけて食べるのが一般的。ですが東欧では、ひき肉を...
海外旅行中に行くなら、スーパーマーケットよりも「セブンイレブン」の方がおもしろい。日本で使い慣れているからこそ値段や味、デザインの比較がしやすくて、疑問や...
世の中には、変わったアートもあるもので…。ここで紹介するのは、海外で使われている硬貨に大胆にもペインティングしてしまった変わり種。日本円だと罰せられる可能...
煙突のようなこの「かぶりもの」いったいナンダ?
結論から言えば、こちらで紹介するフードは、すべてペーパーアート。しかしながら、それを分かったとしても、精密なクラフトワークには目を見張るばかり。一連のアー...
過疎化に悩んでいるのは、日本の田舎に限った話ではないようです。ここ、イタリアのチヴィタカンポマラーノ(モリーゼ地方)は、人口600人ほどの小さな村。年々進...
本作品のタイトルである「YARN」は、アイスランド語で「糸」を表す言葉。この物語は、彩り豊かな糸によってアートへ昇華した「編み物」にスポットライトを当てた...
原っぱに寝転がって星空を眺める。そんなアウトドアの醍醐味を一晩中味わうためにはどうしたらいいんだろう。そう考えたリトアニアのデザイナーVytautas P...
ガラスの下から撮影したこの写真。愛くるしい表情、ふっくらとした顎と口、ぎゅうっと潰れた柔らかい肉球。いつもと違うアングルから見るニャンコたちにうっとりしま...
2018年6月23日(土)から、アップリンク渋谷、新宿シネマカリテほか全国順次ロードショー。