世界が注目した「かぶりもの」2万9,700円

初見ではもう何が何だかわからない。

だから、もはやこれのなにがスゴイかじゃなくって「スゴイって言われている」ということがオモシロイって話をさせてください。

まずは、写真をよーく見て。

問題:何をしているところでしょう?

何かに取り憑かれている人でもなければ、アヤシイ儀式の最中でもありません。

見えます?このフシギな物体の上部に設置されているのは鏡なんですが、それがヒント。うまく使うとこんな感じに握手もできます。

キリンの“視点”で遊ぶ

さて、正解は「アイテレポーター」。ざっくり言えば、屈折する鏡の視界を利用して視点を移動させる装置で、ある意味お遊びのためのツールという表現が正しいのかも。

なんだかよくわからないツール(装置)の紹介を、制作者はこんな言葉で説明しています。

視点を変えて頭の上へ、その世界は超長身の人が見る世界。視点を変えて、今度は頭の上からの視点を後ろ向き&上下逆さまに。床が天井で天井が床で……。

視点を高く、低く、前向き、後ろ向き、逆さまなど、感覚を刺激する様々な設定が可能です。

Eye Teleporter(https://www.gnr8.jp/eye-teleporter.html)「GENERATE」より引用

人々の視点を日常とは別の異次元へとテレポートしてくれる装置。と称するにはいささか軟弱な感じも否めませんが、フシギな世界に迷い込ませてくれるアートプロジェクトということはわかりました。

実際に買うこともできるこの製品。確かに使ったら楽しそうではあるけど、あんまり現実味はない?

じゃあ何がオモシロイのかっていうと、この卓越したセンスがものすごい注目を浴びちゃったってこと。

世界が認めたハイセンス

リトアニアのアーティストユニット(Aurimas Lazinskas, Vainius Markelis and Saulius Sestavickas)によって作られたこのユニークな装置、その高いデザイン性が評価され、雑誌『WIERD』の表紙まで飾ってしまったんです。

ひとたび被れば、自分には見られるはずのない世界が覗ける。加えてそんなすごいアートプロダクトなのに普通に通販で、しかも2万円台で手に入るっていうとこにも、なんだか不思議にワクワクしてくるのは僕だけだろうか。

わ〜い、パパと同じ目線!

異様な雰囲気だけど、見えてるよ。

なんともいえない。でも気になる。

ちょっと覗いてみたくなったっていう人は、こちらから。

Reference: Generate Design
Top image: © Generate Design
先日、20万キロを走行した1996年式のホンダ・アコードに、「eBay」のオークションで驚愕の値段が付きました。その額は、約1,700万円!出品者は、どん...
いま、「世界最高」の名を欲しいままにするケーキがあるのを知ってますか?
2016年3月、マリーナベイ・サンズのアートサイエンス・ミュージアムに、1,500平米もの巨大な常設展示「FUTURE WORLD: WHERE ART ...
1日ではまわりきれないほど大規模な、街全体を活用した展示の概要が発表された。
イタリア人デザイナーMario Trimarchiが手がけたバイク「Samotracis」。ポイントは、ボディを覆っている銅です。100年経ってもイケてる...
平成元年に醸造された熟成酒が平成最後の年に満を持して登場!
「日本遺産」って聞いたことありますか? 世界遺産ではありませんよ。JAPAN HERITAGE、そう、日本遺産です。世界遺産の縮小版かな、なんて思ったとし...
世界には年収1000万円以上稼ぐフリーランスがごろごろいます。そこで「Six-Figures」と呼ばれる彼らにインタビューを敢行、「自分の時給はいくらか、...
日本にもたくさんの宿坊がありますが、韓国もなかなか。WEBサイト「Templestay」を覗いてみると、法住寺(Beopjusa)、仏国寺(Bulguks...
世界には年収1000万円以上を稼ぐフリーランスがごろごろいます。そこで「Six-Figures」と呼ばれる彼らにインタビューを敢行。vol.5はライターで...
多様な文化が行き交うことで栄えた神奈川の港街・横浜に、新しい旅のスポットが誕生したと聞き、さっそく泊まりに行ってみた。横浜中華街の中心部にオープンした「H...
海で泳いでいるはずの生き物が雲海から飛び出したり、空にあるはずのものが地上にあったり。Justin Petersさんの作品には、想像を超える世界が広がって...
改めて、世界の国々の物価はさまざまだなあ、と。
Netflixオリジナル作品『アート・オブ・デザイン』は、今世界中のクリエイターが注目しているドキュメンタリーだ。デザインやアートのドキュメンタリーって聞...
メロディやリズムパターンの組み替えをマニュアルで行えるビートマシーンの2号機です。1号機と比べると少し電気的になりましたが、音は完全にアコースティック。
世界最高額のアイスクリームその名も「ブラック・ダイヤモンド」ドバイにあるカフェ「Scoopi Cafe 」が、世界一高級なアイスクリーム「ブラック・ダイヤ...
餃子×オニオングラタン×ワイン フランス流!表参道で味わう新感覚の餃子専門店GYOZA BAR Comme a Paris〒150-0002 東京都渋谷区...
文学作品は世界各国の言語や文化、美意識や歴史が反映されたその国の鏡のようなもの。どんな作品が好まれているのかを知ることは、その国を知るための重要な一歩にな...
世界には年収1000万以上稼ぐフリーランスがごろごろいます。そこで「Six-Figures」と呼ばれる彼らにインタビューを敢行。起業した時、手持ちの資金は...
ここで紹介する動画は、ニューヨーク在住の環境活動家でありドキュメンタリー映像作家の佐竹敦子さんが制作したもの。彼女は、自身の子どもが通っている学校の給食を...
ロンドンの企業「BeRightBack(brb)」が、旅のサプスクリプションサービスを展開しています。199ポンド(約2万9000円)を払えば、ロンドンか...
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」第9回は、マドリードの家庭の味。
今月アップされたこちらの動画は、「1ドルで何が買えるか」の最新版。日本円にして約112円(7/21現在)で、2017年の世界では何が買えると思う?日本なら...
「Fliteboard」は電動モーターが搭載されているサーフボード。リモコンでスピードをコントロールして、最高で時速40kmも出るそうですよ。