世界が注目した「かぶりもの」2万9,700円

初見ではもう何が何だかわからない。

だから、もはやこれのなにがスゴイかじゃなくって「スゴイって言われている」ということがオモシロイって話をさせてください。

まずは、写真をよーく見て。

問題:何をしているところでしょう?

何かに取り憑かれている人でもなければ、アヤシイ儀式の最中でもありません。

見えます?このフシギな物体の上部に設置されているのは鏡なんですが、それがヒント。うまく使うとこんな感じに握手もできます。

キリンの“視点”で遊ぶ

さて、正解は「アイテレポーター」。ざっくり言えば、屈折する鏡の視界を利用して視点を移動させる装置で、ある意味お遊びのためのツールという表現が正しいのかも。

なんだかよくわからないツール(装置)の紹介を、制作者はこんな言葉で説明しています。

視点を変えて頭の上へ、その世界は超長身の人が見る世界。視点を変えて、今度は頭の上からの視点を後ろ向き&上下逆さまに。床が天井で天井が床で……。

視点を高く、低く、前向き、後ろ向き、逆さまなど、感覚を刺激する様々な設定が可能です。

Eye Teleporter(https://www.gnr8.jp/eye-teleporter.html)「GENERATE」より引用

人々の視点を日常とは別の異次元へとテレポートしてくれる装置。と称するにはいささか軟弱な感じも否めませんが、フシギな世界に迷い込ませてくれるアートプロジェクトということはわかりました。

実際に買うこともできるこの製品。確かに使ったら楽しそうではあるけど、あんまり現実味はない?

じゃあ何がオモシロイのかっていうと、この卓越したセンスがものすごい注目を浴びちゃったってこと。

世界が認めたハイセンス

リトアニアのアーティストユニット(Aurimas Lazinskas, Vainius Markelis and Saulius Sestavickas)によって作られたこのユニークな装置、その高いデザイン性が評価され、雑誌『WIERD』の表紙まで飾ってしまったんです。

ひとたび被れば、自分には見られるはずのない世界が覗ける。加えてそんなすごいアートプロダクトなのに普通に通販で、しかも2万円台で手に入るっていうとこにも、なんだか不思議にワクワクしてくるのは僕だけだろうか。

わ〜い、パパと同じ目線!

異様な雰囲気だけど、見えてるよ。

なんともいえない。でも気になる。

ちょっと覗いてみたくなったっていう人は、こちらから。

Reference: Generate Design
Top image: © Generate Design
先日、20万キロを走行した1996年式のホンダ・アコードに、「eBay」のオークションで驚愕の値段が付きました。その額は、約1,700万円!出品者は、どん...
いま、「世界最高」の名を欲しいままにするケーキがあるのを知ってますか?
1日ではまわりきれないほど大規模な、街全体を活用した展示の概要が発表された。
「日本遺産」って聞いたことありますか? 世界遺産ではありませんよ。JAPAN HERITAGE、そう、日本遺産です。世界遺産の縮小版かな、なんて思ったとし...
帯広・北斗病院に勤務する加藤容崇医師に、巷であれこれ語られるサウナの効果・効能の真偽をハッキリさせるべく疑問をぶつけた。
2016年3月、マリーナベイ・サンズのアートサイエンス・ミュージアムに、1,500平米もの巨大な常設展示「FUTURE WORLD: WHERE ART ...
8月9日(金)、渋谷ストリーム ホールにて「2045年、AIが神になった世界」という仮想の世界を体験できるフェスティバル「KaMiNG SINGULARI...
世界には年収1000万円以上を稼ぐフリーランスがごろごろいます。そこで「Six-Figures」と呼ばれる彼らにインタビューを敢行。vol.5はライターで...
メロディやリズムパターンの組み替えをマニュアルで行えるビートマシーンの2号機です。1号機と比べると少し電気的になりましたが、音は完全にアコースティック。
音楽配信サービス「Spotify」において2017年から2020年までに「もっともストリーミングされたアーティストTop10」がYouTubeで公開された。
インド考古調査局は、ユネスコ世界遺産の「タージ・マハル」の入場者に利用時間の「超過料金」を求めると発表。2018年4月に決めた、一人3時間までとする入場ル...
世界には年収1000万円以上稼ぐフリーランスがごろごろいます。そこで「Six-Figures」と呼ばれる彼らにインタビューを敢行、「自分の時給はいくらか、...
海で泳いでいるはずの生き物が雲海から飛び出したり、空にあるはずのものが地上にあったり。Justin Petersさんの作品には、想像を超える世界が広がって...
リトアニアにあるヴィリニュス空港が今年のクリスマスを祝うために、さまざまな危険物のオーナメントが並ぶ、全長1.5mのクリスマスツリーを制作した。
世界13ヵ国で翻訳されたリトアニアの人気絵本「カケ・マケちゃんとかたづけエルフ」が日本上陸!「楽しくしつけを学べる絵本」として世界中で高い人気を誇る作品が...
デンマークの建築事務所「Henning Larsen」は、“建物すべてが木造で建てられた街”を構想中だ。
3月27日~3月15日まで、岡山デニムの廃材を再利用するサステイナブルプロジェクト「Sustainable Project Laforet×Okayama...
Sara Shakeelさんは、ありとあらゆるモノをグリッターとフュージョンさせて独特の世界を創りあげています。彼女のInstagramには、想像力が高ま...
世界各国の若者の部屋を6年間にわたり撮影。フランス、スイスなど世界各国で続々出版。「ナショナルジオグラフィック・ポーランド」が絶賛し、いま、全世界で話題沸...
ロンドンの企業「BeRightBack(brb)」が、旅のサプスクリプションサービスを展開しています。199ポンド(約2万9000円)を払えば、ロンドンか...
改めて、世界の国々の物価はさまざまだなあ、と。
ポーランド有数の観光スポット、ヴィエリチカ岩塩坑。世界遺産ということもあり世界中から多くの人々が訪れるこの場所には、坑夫が採掘道具で彫ったという多数の塩の...
「Fliteboard」は電動モーターが搭載されているサーフボード。リモコンでスピードをコントロールして、最高で時速40kmも出るそうですよ。