身近な日常が、特別美しく見える。テリ・ワイフェンバックの写真を見に行こう。※10月20日〜

もっと何か言えることがあるはずだと思われても仕方がないのだけれど、一言で言うと“超ステキ”な写真テリ・ワイフェンバックの写真が10月20日から目黒ブリッツ・ギャラリーに展示される。

5390710de6cb848f658631ce1a01a9059425b294
©Terri Weifenbach
623e89990f4ea2b3cc5b55c73fdeb346d5819e10
©Terri Weifenbach
7b724b57b341ecb5aa33e12d6de8f929bec0b997
©Terri Weifenbach
61adbccb0f9223ae406cb69d2c2be1fc77e2a07b
©Terri Weifenbach

試しに他の作品もググってみて。主な被写体は草花や動物などの自然。しかも、そのへんの道や庭で見られる身近な動植物だ。何か突飛なモノや瞬間を撮影しているわけではないし、その多くはボケを使った写真。つまり、よくある風景をよくある撮り方で捉えている。なのに、ひとたび見れば魅了されてしまう。

彼女の作品は不思議だ。ノスタルジックでいて明るく、鮮明だけど優しい。じっと見つめれば見応えはあるし、ずっとみていても飽きない。部屋の隅っこにある姿が視界にほんの少し入り込むくらいでも心地いい。何の変哲もない風景の穏やかさや温かみが個性として際立っていて、身近な日常に特別な美しさを感じてしまう。作品を並べて見ると、その感覚がより強調されて見えてくるかもしれない。

ワイフェンバックは、米国人の女性写真家。興味のある人は作品集もチェックしてみよう。装丁が丁寧に作り込まれており、その多くがコレクターズアイテム化している。少々値が張るし、プレミアがついていてビックリすることもあるのだけど、どれも大切に持っていたいと思わせるようなものばかりだ。作品のポストカードをお気に入りの額に入れて置くだけでも場が華やぐ。この機会に一枚飾ってみてはどうだろう。

忙しい日常のなかでも、
自然を意識して欲しい。

さて、このたび開催される展示「As the Crows Flies」は、彼女と同世代で長年の友人である写真家ウィリアム・ウィリーとの発案で実現した二人展だ。忙しい現代生活の中、身の回りにある自然や動植物の存在に意識的に接して欲しいという思いがあり、そのきっかけを提示する。

ウィリーは彼女と同じく自然を愛する人物。ふたりの作風はカラーとモノクロで違うけれど、ともに撮影対象は植物や自然風景である。

C120dfe888dfa10bda1f77591c754d8a8a40e4d6
©William Wylie
2887753fc58957ba4a03f8b4a1800db8f81c017c
©William Wylie
3c0a4563266f3a1d6339eda054328f474a3c62e0
©William Wylie
8fd5c317484c23f94cde48cb428adfe8073343f0
©William Wylie

そのほか詳しい情報はコチラから。

【開催概要】
■展示
「As the Crow Flies」
テリ・ワイフェンバック & ウィリアム・ウィリー
■会期
2016年10月20日(木)~ 12月17日(土)
■営業時間
13:00-18:00
■休廊
日・月曜日
■入場料
無料
■場所
ブリッツ・ギャラリー
〒153-0064 東京都目黒区下目黒6-20-29(Google Map

Licensed material used with permission by ブリッツ・ギャラリー
ランドスケープフォトグラファーLudwig Favreさんによる、カリフォルニアに行きたくなる写真集『CALIFORNIA』。
“つくり込まれた” 写真を目にする機会が増えました。もちろん、それも美しいしおもしろいけど、実際の風景や空気感とはかけ離れていることも、しばしば。東京在住...
ニューヨークに訪れたら定番の観光スポットも回ってみたいとは思うけど、写真で見たことのある場所に行くだけじゃ、少し物足りないと思うのも事実。ポーランド出身の...
イタリアのローマで生まれ育ったAlessio Trerotoliの雨の日の写真。彼にとって、滅多に雨が降らないローマでの雨は、特別な日だったそう。憂鬱な気...
日本人にとっては、ものすごく身近な「夜の路地裏」。でも、海外の人の目には、光り輝く看板や赤い提灯がとても新鮮に映るのだそう。実はいま、涌井真史さんが撮影し...
iPhone 7のカメラで、綺麗でインパクト大な月の写真が撮影できる裏技を紹介。
どうやら、週末に離島へ行けるツアーがあるようだ。東京近郊、離島、ツアーなどのいくつかの条件で調べてみた結果、僕がたどり着いたのは「プラネタリウムアイランド...
プロのモデル並みとはいかなくたって、自分のあるべき場所で生き生きしている姿は、やっぱり美しい。大切な家族のそばで見せる笑顔であったり、しごとに勤しむ時の真...
被写体にしたのはきっと、"日本の春色"。モスクワの写真家、Kristina Makeevaさんの作品に目を奪われてしまうのは、一度見たら忘れられなくなるく...
ブリュッセル在住のEric Lafforgueが撮影したのは、何かと謎の多い“北朝鮮の日常”。彼が捉えるのは、日々の何気ない光景のように思います。しかし、...
ニュージーランド出身のデイモン・ベイさん。教師で写真家、芸術家でもある彼は「日本には身近すぎて気づけない美しさがある」と、写真を通してその魅力を伝えていま...
NHK大河ドラマ『平清盛』やJR東日本『JR SKISKI』などの広告写真から雑誌撮影まで、幅広く活躍する写真家、鈴木心。彼は、写真の楽しさを多くの人に知...
シリア内戦の引き金となった抗議デモが本格化してから、7年。いまだに終わりの見えない混沌のなか、人々はどのように生活しているのでしょうか。イラン人写真家Al...
2016年1月、初めて日本を訪れたイギリス人シネマトグラファーChristoph Gelepさん。5日間の東京滞在、夢中でカメラを回し続けた彼の目に映る東...
1月23日から開催されている『FLOWERS by NAKED 2018 輪舞曲』。日本橋での開催は今年で3度目となる。これまでに増してわくわくするような...
テレビやネットを通しては見れない、リアルなアメリカを映す写真がある。被写体は皆、ベッドルームにいるBarbara Peacockさんの写真だ。様々な年代や...
夏らしい青空もないし、透き通った美しい海もない、なのにカラッとした心地いい日本の夏の「暑さ」を感じる写真たちです。撮影したのは東京在住のブラジル人フォトグ...
気がつけば、スマートフォン片手に、夢中になって撮影する人の姿で溢れるようになった。インスタグラムに代表されるようなSNSを開けば、撮ったばかりの写真が途切...
アムステルダムを拠点に活動するフォトグラファー・Patrick Mordiさんは、ある日写真を撮ることへの情熱を失い、その楽しさを思い出せない日々を送って...
ブダペストのフォトグラファー「Márk Mervai」氏は、写真について「Boredpanda」でこうコメントしています。「わたしにとって最も美しいひとと...