身近な日常が、特別美しく見える。テリ・ワイフェンバックの写真を見に行こう。※10月20日〜

もっと何か言えることがあるはずだと思われても仕方がないのだけれど、一言で言うと“超ステキ”な写真テリ・ワイフェンバックの写真が10月20日から目黒ブリッツ・ギャラリーに展示される。

©Terri Weifenbach
©Terri Weifenbach
©Terri Weifenbach
©Terri Weifenbach

試しに他の作品もググってみて。主な被写体は草花や動物などの自然。しかも、そのへんの道や庭で見られる身近な動植物だ。何か突飛なモノや瞬間を撮影しているわけではないし、その多くはボケを使った写真。つまり、よくある風景をよくある撮り方で捉えている。なのに、ひとたび見れば魅了されてしまう。

彼女の作品は不思議だ。ノスタルジックでいて明るく、鮮明だけど優しい。じっと見つめれば見応えはあるし、ずっとみていても飽きない。部屋の隅っこにある姿が視界にほんの少し入り込むくらいでも心地いい。何の変哲もない風景の穏やかさや温かみが個性として際立っていて、身近な日常に特別な美しさを感じてしまう。作品を並べて見ると、その感覚がより強調されて見えてくるかもしれない。

ワイフェンバックは、米国人の女性写真家。興味のある人は作品集もチェックしてみよう。装丁が丁寧に作り込まれており、その多くがコレクターズアイテム化している。少々値が張るし、プレミアがついていてビックリすることもあるのだけど、どれも大切に持っていたいと思わせるようなものばかりだ。作品のポストカードをお気に入りの額に入れて置くだけでも場が華やぐ。この機会に一枚飾ってみてはどうだろう。

忙しい日常のなかでも、
自然を意識して欲しい。

さて、このたび開催される展示「As the Crows Flies」は、彼女と同世代で長年の友人である写真家ウィリアム・ウィリーとの発案で実現した二人展だ。忙しい現代生活の中、身の回りにある自然や動植物の存在に意識的に接して欲しいという思いがあり、そのきっかけを提示する。

ウィリーは彼女と同じく自然を愛する人物。ふたりの作風はカラーとモノクロで違うけれど、ともに撮影対象は植物や自然風景である。

©William Wylie
©William Wylie
©William Wylie
©William Wylie

そのほか詳しい情報はコチラから。

【開催概要】
■展示
「As the Crow Flies」
テリ・ワイフェンバック & ウィリアム・ウィリー
■会期
2016年10月20日(木)~ 12月17日(土)
■営業時間
13:00-18:00
■休廊
日・月曜日
■入場料
無料
■場所
ブリッツ・ギャラリー
〒153-0064 東京都目黒区下目黒6-20-29(Google Map

Licensed material used with permission by ブリッツ・ギャラリー
ランドスケープフォトグラファーLudwig Favreさんによる、カリフォルニアに行きたくなる写真集『CALIFORNIA』。
ミックさんは外国人ではなく、日本人のフォトグラファー。四十路の関西人だ。
画家ゴーギャンが「古城のよう」と表現したことで知られるポリネシア、モーレア島を拠点に活動する写真家夫婦ヴィルジニさんとサミュエルさんは、10年ものあいだポ...
2018年のIPPAWARD受賞作品のひとつ『I want to play』を撮影したフォトグラファーZarni Myo Winさん。曰く、撮影で重要なの...
今、僕らがリアルに、使っているもの、使えるもの。
フォトグラファーのMatthieu Bühlerさんの被写体は母と子。
“つくり込まれた” 写真を目にする機会が増えました。もちろん、それも美しいしおもしろいけど、実際の風景や空気感とはかけ離れていることも、しばしば。東京在住...
イタリアのローマで生まれ育ったAlessio Trerotoliの雨の日の写真。彼にとって、滅多に雨が降らないローマでの雨は、特別な日だったそう。憂鬱な気...
去年の秋に開催されて反響をうけた「平成が終わルンです」の写真展が、この夏カムバック。今回は、平成最後の日となる4月30を撮影した写真が展示され、写真集も出...
ニューヨークに訪れたら定番の観光スポットも回ってみたいとは思うけど、写真で見たことのある場所に行くだけじゃ、少し物足りないと思うのも事実。ポーランド出身の...
新型コロナウイルス感染拡大のなか苦境に立たされる外食業界。料理の「先払い」によりレストランをサポートしようという動きが続々と。
日本人にとっては、ものすごく身近な「夜の路地裏」。でも、海外の人の目には、光り輝く看板や赤い提灯がとても新鮮に映るのだそう。実はいま、涌井真史さんが撮影し...
iPhone 7のカメラで、綺麗でインパクト大な月の写真が撮影できる裏技を紹介。
1982年から建築写真家として活躍しているREINHARD GÖRNERさんは、図書館の空間美を紹介しているフォトグラファー。彼の写真は、図書館に興味がな...
廃墟のもつ“美しさ”に注目し、見ているだけで廃墟のイメージが180度“変わる”写真展「変わる廃墟展 2020」が、3月6日より東京・浅草橋のギャラリー「T...
国際的な風景写真コンテスト「International Landscape Photographer of the Year」は2019年度の受賞者を発表...
「YELLOW BLANK MARKET」が、新型コロナウイルスの感染拡大による営業自粛を受けてオンラインクラブを始動する。それに伴って4月3日〜5日の...
電気自動車メーカー「テスラ」のCEOイーロン・マスクが世界の病院へ向けて人工呼吸器を送料も含めて無償で配布することをTwitterで発表した。対象は「テス...
2020年、東京・渋谷。ものすごい速さで変わっていく街に生きる、すべての人へ。
フォトグラファーPascal Mannaertsさんは、10年間にわたり世界中を旅して、「朝8時の写真」を撮影し続けました。朝8時だけでこんなにも多様性が...
ニュージーランド出身のデイモン・ベイさん。教師で写真家、芸術家でもある彼は「日本には身近すぎて気づけない美しさがある」と、写真を通してその魅力を伝えていま...
プロのモデル並みとはいかなくたって、自分のあるべき場所で生き生きしている姿は、やっぱり美しい。大切な家族のそばで見せる笑顔であったり、しごとに勤しむ時の真...
どうやら、週末に離島へ行けるツアーがあるようだ。東京近郊、離島、ツアーなどのいくつかの条件で調べてみた結果、僕がたどり着いたのは「プラネタリウムアイランド...
ひっそりとロシアの北西部で開催されている「Until The Ice Melts」という写真展。ま、目立たないのも無理はありません。写真を鑑賞できるのは分...