旅行や出張に慣れている人が使っている「JR東日本ダイナミックレールパック」のメリット5つ

 

『JR東日本ダイナミックレールパック』は、昨年からスタートした、JR東日本の新サービス。すでに旅好きから出張の多いビジネスパーソンなどには浸透していますが、まだまだ使ったことがない人もいるでしょう。

「この秋冬は列車で旅行に行きたい!」と思っている人はもちろん「そんな予定ないよ」という人だって、知っておけば移動の際は必ず役立ちます。

『ダイナミックレールパック』のメリット、まとめました!

メリット01.【とってもお得】
列車と宿を自由に組み合わせて予約すると、割安に!

『ダイナミックレールパック』をシンプルに紹介するなら、

JR東日本のきっぷ(新幹線や特急列車など)と宿泊施設を自由に組み合わせて予約できるサービス

例えば、東京から仙台に行く予定がある場合、新幹線と宿泊先、ふたつの予約をするのが一般的です。

それが『ダイナミックレールパック』の場合は、宿泊地、人数、乗車日などを入力して検索すると、往復のJR券の価格や宿泊プランの価格が出てきます。

つまり、泊まりの旅行や出張の場合、一度の予約で済んでしまうわけです。

 もちろん、手間が省けるだけじゃありません。購入する時期や季節にもよりますが、別々に予約するよりも一緒に予約することでグッとお得になります。

例えば、2016年12月12日に東京駅から大人1名で仙台へ行って、ホテルメトロポリタン仙台(朝食付き)で一泊するとします。実際に検索してみると(※)?

■JR東日本ダイナミックレールパックの場合 
28,400円
 
■びゅうパッケージツアーの場合(【JR付プラン】東北信越フリーパック) 
33,000円
 
ナント4,600円もお得に!
コレ、浮いた金額で美味しいディナー(牛タン?)が食べれちゃいます。
 
あくまで一例ですが、同じように移動して、同じホテルに宿泊しても、『ダイナミックレールパック』を使うことで、安く旅行ができることがわかります。

※料金は2016年10月26日現在

メリット02.【選べる!】
気になる宿泊施設は、高級ホテルからビジネスホテルまで、約860件。

こういったサービスで気になるのは宿泊施設の数や質ですが、『ダイナミックレールパック』は幅広くカバーしているのが特徴です。

登録されている宿泊施設はナント約860件!

それも星がいくつも付くような高級ホテルから、格安のホテルまで網羅しています。

出張や所用でとにかく安く宿泊したい時も、旅行でちょっとリッチに楽しみたい時も、プランに合わせて選ぶことができちゃいます!!

メリット03.【急な移動でもOK】
スマホ対応&出発日の前日18時まで予約が可能!

みなさん、チケットや宿泊の予約って、PCでやりますか? スマホでやりますか?

サービスによっては「スマホだと使いにくい…」なんてwebサイトもありますが、『ダイナミックレールパック』は、ちゃんとスマホにも対応しています。

画面はスマホサイズでも見やすくなっており、操作性もバッチリです。

さらに、予約は出発日の前日18時まで対応しているのもうれしい限り。

「週末、温泉に行こうかな〜」

「急に実家に帰らないといけない用事が…」

「突然出張が入った。今から急いで予約しないと!」

なんてシーンで重宝しそうですよね。

 

 メリット04.【ポイントがたまる】
Suicaポイントにも交換できる「えきねっとポイント」が加算!

えきねっとにログインして対象サービスを利用するとポイントがたまる「えきねっとポイント」。購入代金に対して500円につき1ポイント加算されます。ポイントはびゅう商品券やSuicaポイントに交換することができます。

このポイント加算で強調したいのは「JRのきっぷ代だけでなく、宿泊費用もポイントの対象」というところ。つまり、ポイントをためやすいんです!

そもそも「えきねっとポイント」は、列車での移動が多い人はどんどんポイントがつくシステム。『ダイナミックレールパック』と合わせて、利用するのが断然オススメです。

メリット05.【キャンペーン】
まだ使ったことのない人も、試すなら“この冬”です!

『ダイナミックレールパック』は、この冬でちょうど発売1周年!

それを記念して、年内にはさまざまな特典が用意されています。

通常よりお得に泊まれる10,000円以下の宿やえきねっとポイントが20倍貯まるお得な商品が満載となっています。

さらに、下記キャンペーン期間中に予約すると、決済時に旅行代金が全商品10%OFFに!

※オプションプランは除く

キャンペーン期間:2016年11月27日(日)~12月31日(土)

ちょうど冬の旅行&帰省シーズン。まだ使ったことのない人も、このタイミングで試してみてはいかがでしょう?

管理栄養士の立場で、普段口にしている食べ物を使ってつくる「自家製パック」の紹介です。
海外旅行に行くとき、どんなバッグを持って行きますか?何かと荷物も多いから、移動用はバックパックの一択、という人も多いでしょう。でも日本ならまだしも、海外で...
ありそうでなかったバックパックの登場です。
海外旅行で本当に使えるサコッシュ「MAISON CANVVAS」の紹介です。
2019年になって早々、話題になったある男の話。彼女にプロポーズしたにも関わらず、指輪を返して欲しい、婚約を破棄したいなどとネットでぼやいたことで炎上した...
目の前で焼きあがるフレーバーは10種類乃木坂にオープンした食パン専門ベーカリーViking Bakery F〒107-0062 東京都港区南青山1丁目23...
トラベルバッグといえば、キャリーバッグかスーツケースか? 一昔前なら、ハードラゲージかソフトかなんて悩んだこともあったっけ。でも、いまやそんなこと、多くの...
「Never Ending Voyage」で、世界中を旅してまわるカップルが、日本を旅行している時に感じた72のことを書いています。海外を旅行した時、現地...
「ジャンスポーツ」をはじめ、「グレゴリー」の「スピア」シリーズ、「ミステリーランチ」のデザイナーが手がける「クレッターワークス」など、タウンユースにマッチ...
先にお金を払わずとも、旅行には行けてしまうわけです。
「たった数名にプレゼントする」とWindowsの公式Twitterアカウントが発表し、昨年末にデザインされたセーターの紹介です。
年々、増加傾向にある外国人旅行者。迎え入れるホテル・旅行業界もあの手この手で“おもてなし戦略”に余念がありません。たとえば、神奈川県を代表する湯の町・湯河...
サンフランシスコ生まれの「The Chiller's Pack」は、クーラーが付いているバックパックです。缶ビールをキンキンに冷やせるようになっています。
旅行へ行くとスッキリする、行く前に比べて自分の中で変化がある気がする、なんて事を経験したことがある人は多いのでは?この記事では、研究や調査結果を通して「な...
そもそも、普段使いのバックパックに「どれだけ防水性を求めているか」という話はあります。が、それはさておきです。
ここまで慎重になるべき?と思うぐらい丁寧に書かれた、カレとの初旅行で気をつけるべき9つのこと。大好きなパートナーとの胸踊るワクワク旅行が最悪な形で終わらな...
今回は、僕の故郷であるイギリスにおける比較的新しい風習を紹介したいと思います。例えば11月(November)には、口ヒゲを生やして募金活動を行い、男性の...
一生涯の保証付きでモバイルバッテリー内蔵、ハンガーごとシャツも収納できて遠隔でスマホを使い鍵の開け閉めができる。使いたくなる機能たっぷりのスマートキャリー...
チョイスは「バックパック」一択。街中を歩いていても、男女問わず、そんな人が増えている印象を受けます。きっと、比較的治安が良いとされる日本の事情もあるでしょ...
ここでは、宮崎県・日南市の「旅行の前にチェックしておきたい5つの魅力」を紹介します。大型クルーズがやってきたり、広島東洋カープのキャンプ地であること、さら...
夢の中でする旅行は、少し不思議な気分になるものですよね。一度も行ったことがない場所や絶対に行けないような場所であれば、なおさら。でも、そんな旅行の夢には、...
WEBサイト『海の見える駅』制作者で、これまで全国各地300駅近くの「海の見える駅」を訪れてきた村松 拓さん(インタビューはこちら)。その村松さんに、とっ...
ブランドは〈if you have〉。ウルトラライトが根底にある作り手らしく、たったの48g。軽いです、中身がなかったら、背負ってることを忘れるぐらいの軽...
生まれてから10週間しか経っていなかった赤ちゃんを背負い、旅に出たのは、看護士のカレンさん(31歳)。産休をつかって旦那さんと一緒に世界を周る旅に出た。案...