「海外通販」をする際に、覚えておきたい6つのこと

海外Amazonでも日本に発送してくれるお店が増えていますし、eBayやEtsyのような、個人売買をサポートしてくれるプラットフォームも盛況です。これまでは手に入らなかったこだわりの品も、海外から取り寄せられるように!

ネットショッピングの世界では、日本と海外の垣根がますますなくなってきています。

でも、海外サイトでの買い物は、日本のそれとはちょっと違うところもたくさん。あらためて、注意したいことをまとめました。

01.
まずは国内サイトでも、
検索してみること!

13f92bf911cc1989f39b3b9034ffe07f5779ebdb

海外限定品や日本未発売品が海外サイトで安く売ってる。喜び勇んでクリックする…ちょっと待って! 

海外からの発送になる場合、当然のことながら、送料がかなりかかります。

場合によっては、商品自体の価格が多少高くなっても、並行輸入で日本で販売しているものを購入した方が結果として安い場合もあります。

まずはそもそも輸入しないといけないものなのか、ちゃんと調べてみましょう。コレ、意外と忘れがちです。

02.
送料はスピードと重量で
かなり変わってくる。

前述の通り、商品自体の値段がそれほどでもなくても、送料を含めると、とんでもない値段になってしまうことも。送料がいくらかかるのかをちゃんと確認するのは海外サイトで買い物する時の常識です。

「そんなの当たり前でしょう」と思った人、あるいは海外サイトで買い物をした経験がある人も注意を。いくら取引経験があっても、油断は禁物です。 

商品が届くスピードや重さによって、同じ場所からの発送でも送料が違ってくることも。例えば、大きく分けて、国際郵便(EMSなど)と国際宅急便(FedExなど)がありますが、後者のほうがスピードが早い分、高くつきます。

発送方法によってかなり金額は変わってくるので、よくチェックしましょう。

03.
納期は遅めに考えるのが正解!?

Ec3cb49ef1958978ffbc4fd2e1d4e72deabc14aa

もうひとつ気をつけなければいけないのが、注文から商品が届くまでの期間。日本国内だと表示されている期間より早く届くことが多々ありますよね。1週間って書いてあるのに、3日以内で届くことも。

でもこの感覚が当たり前だと思ったら大間違い

海外からの発送だと、当然時間がかかります。お店や商品にもよりますが、そもそも距離があるのと、税関の混み具合なども関係してきます。また、日本と海外では休日なども違うので、そこらへんが影響してくることだってあります。早ければ数日で届く場合もありますが、「一ヶ月近くかかった…」なんて話もあります。

プレゼントやすぐに必要なものの場合、きちんといつ届くかを確認して注文しましょう。そして、その期間を「長め」に考えることが重要です。

04.
全角数字は使用しない!

海外サイトで買い物する際、住所を記入しますよね? それ自体はローマ字で打ち込めばいいだけなので、さほど問題ではありませんが、注意したいのは番地などの数字です。

日本国内では数字入力に関して、全角を指定される場合もありますし、普通に使用されていますが、海外では半角数字が一般的です。PCによっては全角数字が文字化けしてしまうこともあります。

ゆえに、海外サイトで数字入力を行う時は、必ず半角英数!

これを覚えておいてください。 

05.
評価のチェックは、より念入りに。

54301e2c2fe768ab13641c31c0bbfcd3554581c7

最近のショッピングサイトでは、レビューシステムが必ずと言っていいほど付いていますよね? 国内サイトでのショッピングだとあまり気にしないという人もいるかもしれませんが、海外サイトの場合は、このレビューをちゃんとチェックするのがオススメです。

例えば、個人と個人を繋ぐCtoCのショッピングサイトでは、あくまで個人売買のマッチングをしているだけで、トラブルが起きてもサービス側で対応してくれるとは限りません。いざというときは自分でなんとかしなければならないと思っておきましょう。

事前にトラブルを防ぐために大切なのは、取引をする相手の評価をきちんとチェックしておくこと。悪い評価やコメントが多かったら、避ける方が無難かもしれません。

06.
使用するカードの補償内容って気にしてる?

06e44e47d3cbd8c8829ad94bdaeaf57135857910

海外からの購入は、基本的にクレジットカードでの決済になります。今まで手に入らなかったものが買えて楽しみな反面、お金のやり取りはちょっと心配。何かあったときにちゃんと補償がされるのがいいですよね。

例えばアメリカン・エキスプレスのカードなら、万一商品が破損・盗難にあっても、購入日から90日間なら最高500万円まで補償してくれます。

もし商品を返品したいとき、日本ならすぐに受け付けてくれますが、海外だと突っぱねられることも。もし購入店が返品を受け付けなくても、アメリカン・エキスプレスに返却すれば、ちゃんと購入代金(年間最高15万)がカードの口座に戻されるんです!

もちろんセキュリティも万全。ワンタイムパスワードによる本人認証に加えて、インターネット上での第三者による不正使用が判明した場合は、利用金額の負担はしなくてOK。

憧れだったあんなモノやこんなモノ、安心安全に手に入れちゃいましょう。 

※ここに記載したサービスには適用条件があります。ワンタイムパスワードでの認証サービスは、参加加盟店にのみ適用されます。

67f7ab68aa49943152b4230efa5bc12269e1ec5b
バックパッカーなどの安旅好きなら知ってる人も多いだろう。とはいえ、なかにはお金がないけど、なんとか海外に行きたい!って人もいるはず。海外旅行の敷居が、今よ...
日本では子どもにピアスって、賛否両論あるものです。それが産まれたての赤ちゃんの話だったら尚更。ファッション・アイコンとしての赤ちゃんピアスはなぜダメなんで...
海外で働いている人って、どこか優秀なイメージがありますよね。でもいくら日本国内で優秀な人でも、海外へ行ったとたんに仕事がうまくいかなくなってしまう人がいま...
ゴールドやシルバーのリングやネックレス。パッと見は何の変哲もないアクセサリーですが、実はこれらは世界の都市をモチーフにしたもの。たとえば、パリのリング。で...
当たり前に身近にあった「ひらがな」の曲線のうつくしさや、日本の伝統を残していきたいという想いでつくられた「ひらがなアクセサリー」。 書家でもあるデザイナー...
日本でも名高い伝統工芸の「絞り染め」が、海外でファッションやインテリアに取り入れられているんだとか。オーストラリア、シドニーの絞り染め専門店はDIYキット...
日本人にとっては、ものすごく身近な「夜の路地裏」。でも、海外の人の目には、光り輝く看板や赤い提灯がとても新鮮に映るのだそう。実はいま、涌井真史さんが撮影し...
2016年のクリスマスプレゼントはどんなラッピングを用意しましたか?中身は覚えているけど、包装までは覚えていないという人も多いのではないでしょうか。アメリ...
世界へ飛び出して仕事をしてみたい、と考えている人がいるでしょう。しかし、海外在住の人たちがどのように生活しているか…現実は情報も少なく、イメージが湧きにく...
世の中は知らなくても生きていけるけど、知ってて損もしない情報がたくさんあります。たとえば『お客に言えない!モノの原価マル秘事典』(青春出版社)で紹介されて...
服の上をスーッと滑るように移動するアクセサリー。これは、MITメディアラボやスタンフォード大学の研究者たちが開発した「Kino」という名の小さなロボットだ。
「ただ教科書に書いてあることを暗記するよりも、肌身を持って経験するほうが心に残る」。とくにそんなことを感じるのが、海外留学ではないでしょうか。歴史の教科書...
海外生活や移住、ノマドライフには憧れますが、親の都合で引っ越さなければならない子どもにとっては、悩みの種になることも。国内であれ海外であれ、別の文化圏に引...
日本の木工技術に海外が注目しているようです。「継手」とは大工さんが2本の木材を繋ぐ時に使う技術です。直線だけでなく角度を持たせて組み立てる「仕口」という技...
本当はお店でクリーニングしてもらったり、専用のモノを使ってお手入れするのが1番だとは思うけれど、近くにお店がなかったり忙しい人のために、今回は自宅でも簡単...
Leaf Urbanは、常に健康を管理することができるジュエリーの形をした女性のための健康を記録できる装置です。歩数や活動した時間、消費カロリーの記録、睡...
いまや髭は、髪型と同様に立派な個性の表現方法として認知されています。とはいえ、顔立ちの問題もあってか、“モフモフのあご髭”に挑戦する日本人は少ないですよね...
学生時代、初めての海外一人旅でインドに行ってから、その魅力にすっかりハマってしまった。以降、訪れた国は約30ヵ国ほど。たとえ、一般的にはその国が安全だと思...
「mui」の見た印象は、たった1枚の板。だけど、いろいろなテクノロジーが詰め込まれているそう。開発は、日本・京都とアメリカ・ボストンを拠点にするNISSH...
海外で暮らしたら、さぞかし楽しいだろう。漠然とそう思ったことがある人も多いでしょう。でも現実は、そんな単純なものじゃなさそう。独・ベルリン在住の女性ジャー...