たった1,000円で手に入る「ちょうどいい快適」。普通席に満足できない、ファーストクラスは贅沢…

出張で国内線の飛行機を利用するとき、座席を選択していますか?

そんなに長いフライトではないし、仕事での移動なので、とくに選択しない人がほとんどではないでしょうか。でも、本音を言えば、もっとリラックスした時間を過ごしたい…とは言えファーストクラスは贅沢すぎる…。

JALが提供している「クラスJ」は、国内線の運賃にたった1,000円プラスすることで快適な移動を可能にしてくれます。

ポイントは、決して贅沢ではなく、あくまで快適さを追求したサービスであるということ。その中身をみていきましょう。

誰でも簡単に、「クラスJ」を利用できる

まず最初に知っておきたいのは、「クラスJ」は誰でも利用できるという事実。

何かの会員になる必要はなく、航空券の予約時に選択するだけで利用することができるサービスです。WEBサイトでも電話でも、予約方法は問いません。また、出発当日の空港でも普通席からのアップグレードが可能です。

ただし、席数には限りがあるので、早めに予約するのがベターです。

たった18cmの差が、
圧倒的な「心地よさ」を演出!

さて、ここからは実際のアップグレードの内容です。

飛行機での移動で、狭いシートのせいで窮屈な思いをしたり、身体が痛くなったりしたことは、出張の多いビジネスパーソンなら経験があるでしょう。

JALは、普通席でも足元の広い座席で快適に過ごすことができますが、プラス1,000円でアップグレードできる「クラスJ」のシートはさらにこだわりが!

身体をつつみこむような大きめの座席でゆったりと過ごすことができます。さらに、前後のシート間隔は平均97cmと、普通席よりも18cmも広く、隣の席との間にもスペースがあるのでとても広々とした印象。

リクライニングすると座席が前方にずれるようになっているため、フルリクライニングしても後方のシートと余裕があります。これなら後ろの人に気兼ねなくシートを倒すことができそう。

さらに、大きめの肘掛けやレッグレストも付いています。こんなスペックのシートが普通席の運賃にプラス1,000円するだけで手に入るなんて驚きです。

ゆったり快適なシートなら、機内で過ごす時間もより有意義なものになるし、現地に着くまで、心も身体もリラックスした状態でいられるはずです。

快適なだけじゃない、
ちゃんと「実」もある!

座席だけじゃありません。「クラスJ」では、通常の区間マイルに、その10%分のマイルが加算されます。

ちょっと計算してみましょう。

マイルを貯めるために、普段のショッピングなどでJALカードを利用している人も多いかもしれませんが、特約店などを除けば、だいたい換算率は200円で1マイルです…と考えれば、たった1,000円で10%もマイルが上乗せされるのはありがたいこと。

「クラスJ」へのアップグレードは効率よくマイルを貯めるひとつの方法でもあります。このマイル加算だけをとっても、コストパフォーマンスの高い選択と言えます。

クラスJならではの味わい
「煎茶」でリラックス!

「クラスJ」は提供されるドリンクもちょっと贅沢。コーヒーやコンソメスープなどの定番メニューに野菜ジュースと煎茶がプラスされます。

ここで、とくに注目したいのが煎茶です。

いまやファストフードやコンビニでさえおいしいコーヒーが飲める時代ですが、「本当においしい日本茶」に出会える機会はなかなかありません。コーヒーが気合いを入れるための飲み物だとしたら、煎茶は心を落ち着けリラックスさせるためのもの。現地について仕事モードに変わるまえに、煎茶を飲んで一度ゆったりした気分を味わうことでオンオフの切り替えがうまくいきそうです。

しかも、「クラスJ」で提供される煎茶は、さまざまな茶葉を見極めてきた茶師十段の前田文男氏がブレンドした特別仕様。

ゆったり心地よいシートで香り高い煎茶をいただく…これはうれしいですよね。

意外なメリット、
到着後の動きがスムーズに!?

「クラスJ」の座席は前方に備えつけられており、乗り降りがスムーズ。現地について飛行機を降りるとき、通路で待つ時間…あの微妙な時間が少なくて済むわけです。

ビジネスで訪れているなら、時間のムダはなるべく省きたいし、通路の待ち時間で気持ちがそがれてしまってはもったいない。旅のはじまりがスムーズにいけば、現地で過ごす時間も有意義なものなのでは?

はっきり言って、使わない手はない!

空港でコーヒーを飲んだり、ちょっとしたものを食べたりしていると、1,000円くらいあっという間に使ってしまいます。

そう考えると、ここまでグレードアップした体験ができる「クラスJ」を選択することは、決して贅沢ではないはずです。

イギリスのトーマス・クック航空が「Sleeper Seat」を販売します。5月13日から、エコノミークラスでも横になって寝れるようになるんです。3席を贅沢...
ファーストクラスに一度で良いから乗ってみたい!と思うのは、誰でもあるはず。そんな願いを叶えてくれるのがGod Save the Pointsというブログを...
ファーストクラスのアメニティを集めました。第三回はエミレーツ航空です。
ファーストクラスのアメニティを集めました。第一回はルフトハンザドイツ航空です。
2019年12月6日〜2020年3月2日、「d47 MUSEUM」にて「着る47展」開催。
ファーストクラスのアメニティを集めました。第六回はフィンエアーです。
カリフォルニア州へ行ったら、旅行目的のひとつとして楽しむことができるのが、「Pan Am Experience」のディナーサービス。パンアメリカン航空のボ...
ファーストクラスのアメニティを集めました。第五回はエールフランスです。
ファーストクラスのアメニティを集めました。第二回はANAです。
飛行機で長時間眠れない子どものために開発された「Fly Tot」。ふかふかのクッションですが、背もたれに使うわけでも、抱いて使うわけでもありません。
「LEMON by Lemonade Lemonica(レモン)」が渋谷駅西口に開業した「渋谷フクラス」1Fに12月5日、グランドオープン。
「ワールドエアポートアワード」で、7年連続1位に選ばれているシンガポール・チャンギ国際空港。東南アジアを結ぶハブ空港でのオススメは『Collin's (コ...
搭乗予定だった便が遅延していることをネットで知り、数時間遅れて空港へ行った3人の女性。到着してみると、他の乗客はみんな一足先に別の飛行機に乗ってしまったと...
いったいどこに座るのが正解なのか?座席指定がどんどん有料化されていく昨今。それくらい狙える場所を知っておくだけで、フライトの天国と地獄が分かれます。
「もう、死んでもいい…」もしかしたら、本当にそんな気分になっちゃうかもしれません。ファーストクラスよりも、はるかにこっちに乗ってみたい!そう思わせる極上ス...
旅行は楽しみだけど、飛行機の待ち時間は、少し憂鬱。そんなときはハイセンスなバーで一杯いかがでしょうか?今回は「oyster.com」にまとめられていた、世...
覆面アーティスト、バンクシーのデザインを採用したアートパネル型Bluetoothスピーカーが登場。高音質で音楽が楽しめるだけでなく、インテリアにもピッタリ。
昨年35,000 人が来場した日本最大級の文具の祭典「文具女子博」の今年のテーマは「文具浪漫」。ここでしか買えないアイテムを含む約50,000点を揃えるほ...
どれだけ胸が高鳴る海外旅行とはいえ、エコノミークラスの座席で10時間を超えるフライトは、やっぱりしんどい。でも、ビジネスクラスの金額は出せないけれど、横に...
大好きなことを仕事にできたら最高。でもそんなの夢のまた夢…とあきらめてしまうのはまだ早い!イギリスには、好きなことをSNSで発信しまくっていたら、今まで存...
先日、香港国際空港にできた「The Sanctuary by Pure Yoga」。キャセイパシフィック・ラウンジのひとつ「ザ・ピア」のビジネスクラスラウ...
ロンドン・ヒースロー空港での食事。制限区域内にある『キャビア ハウス アンド プルニエ シーフード バー』は「イギリスだから料理が不味い」の概念を覆します。
ファーストクラスのアメニティを集めました。第四回はスイス インターナショナル エアラインズです。
旅行したいなって思うけど、面倒なことが多いしお金もかかる。そんなあなたは、長期休暇がもらえたとしても、家でゴロゴロしてしまいがち?もっとストレスなく旅行を...