おウチでテイスティングコンテストのススメ 〜ネスプレッソが生む新たなコーヒー体験〜

お気に入りの専門店で購入した豆を自分で挽いたり、ドリップする道具にこだわったり。コーヒー好きにとって、家での楽しみ方にはさまざまな形があるもの。

本格的なコーヒーをボタン操作一つで手軽に楽しめる『ネスプレッソ』も、そんな選択肢の中のひとつ。そのブランド名や、映画のようにリッチな雰囲気のCMは知っているけれど、実際には飲んだことはない、という方も多いかもしれません。

ネスプレッソは「至福のコーヒー体験」をコンセプトに掲げています。ジョージ・クルーニーがCMの中で口にする「What else?(これ以外何があるの?=これ以外ないよ!)」という決め台詞にもそんな意味が込められているのでしょう。

いったい、ネスプレッソの何が、どのように、「至福のコーヒー体験」を提供しているのか?それを感じられるイベントがあるというので、今回お邪魔してきました。

コーヒーなのに「ブティック」?

ネスプレッソのカプセルコーヒー"グラン・クリュ”でできたクリスマスツリーが出迎えてくれたこの場所は「ネスプレッソブティック表参道」。ネスプレッソの直営店で、コーヒーやコーヒーメーカーの販売だけでなく、セミナーやレシピ会といった「体験」を提供しています。

コーヒーショップなのに「ブティック」と銘打つだけあり、このクリスマスツリーも含め、店内は洗練された空間となっています。こんなところから「至福の体験」は始まっているのかもしれません。

今回訪れたイベントは、「Nespresso Gold Capsule Contest 2016」のメディアデー。このコンテストは、ネスプレッソの24種類の"グラン・クリュ"の中から、7種類をテイスティングして、コク、香り、味を評価し、正確性をポイントで競うもの。

実際にはコンテストに応募した一般の方が参加するものですが、この日は特別にその内容を疑似体験できる+ネスプレッソの秘密を色々と教えてくれるという内容でした。

まるでダイアモンド。たった1-2%のグルメコーヒー

ネスプレッソは今から30年前の1986年にスイスで誕生しました。開発担当者がイタリアで飲んだエスプレッソに感動し、家庭でもバリスタが淹れたような「至福のコーヒー」を、という想いから生まれたそうです。

その想いを実現するため、ネスプレッソは「From cherry to cup(コーヒー豆からカップまで)」をコンセプトに、コーヒー豆の生産からすべての工程に携わっているんだとか。

そうなんです。ネスプレッソって、カプセルの中身は正真正銘、ブレンド・焙煎・粉砕されたコーヒーが詰まっているんですよ!それも、ネスプレッソのコーヒーとして選ばれるのは、世界のコーヒー総生産量のほんの1〜2%のみの高品質のコーヒー。その基準の厳しさたるや、まるでダイアモンドのようですね。

ちなみに解説してくれたのは、ネスプレッソのコーヒーアンバサダー・上野里佳さん。このコーヒーアンバサダーも、各国のネスプレッソに一人ずつ、現在全世界でたった20人しかいないんだそうです。

もちろん、持続可能性も追求している

ネスプレッソはコーヒーの品質にこだわるだけじゃなく、その品質を持続できるよう、コーヒー農園の環境や生産者の環境にまで目を配り、地球環境や社会に貢献する一杯のコーヒーを目指しています。取り組みの詳細は、ネスプレッソ「The Positive Cup」のページでご覧になれます。

ホームパーティでやったら盛り上がりそう!テイスティングコンテスト体験

さて、いよいよメインイベント「Gold Capsule Contest」体験です。このコンテストはもともと、ネスプレッソの社員がテイスティングの質を高めるために開催されたのが起源なんだそうです。

この日は、「ルンゴ」「エスプレッソ」「シングルオリジン」「インテンソ」の4つのカテゴリーで飲み比べをさせてもらいました。

それぞれのカテゴリーに分類された"グラン・クリュ"を、2種類ないしは3種類ずつ飲み比べ、上記のようなガイドブックを頼りに正しいコーヒーを当てていくワケですが…これがかなり難しくて面白いんです!

 

ポイントはアロマの特徴と味覚の特徴をいかに捉えるか。「甘くビスケットのような香り」「かすかに感じられるフルーティーな香り」「軽くトーストされた穀物の香り」「スパイシーなアロマ」「深いコクとココアのような香り」…

そう言われれば、全部そうとも感じられるし、アロマに集中していると「間違いなくコレのことだ!」と感じるものが得られたりもする。こんなに真剣にコーヒーと向き合うこと自体、なかなか味わえない体験です。

もしネスプレッソのコーヒーメーカーを持っていたら、例えばホームパーティーなんかで人が集まった時のゲームとして、こんな形でテイスティングコンテストをやると、いい盛り上がりが作れるのではないでしょうか?

これもまたネスプレッソの提供してくれる「至福のコーヒー体験」と言えそうです。

ちなみに、実際のコンテスト優勝者には、刻印入り「リヴィールグラス」と特製ボックスに入った"グラン・クリュ"の詰め合わせが贈られるそうです。

新しいコーヒー体験を求めるなら「ブティック」へ行こう

ここまで読んで、「どんな味だろう?」「どんな種類があるんだろう?」「コーヒーメーカーが見てみたい」と思った人、百聞は一飲にしかずです。気軽にブティックへ足を運んでテイスティングしてみては?

ネスプレッソのことを知り尽くしたスタッフが、些細なことでも丁寧に教えてくれるし、冒頭でも触れたとおり、アレンジコーヒーのレシピ会にも無料で参加できる※ので、新たなコーヒーの楽しみ方がきっと見つかりますよ。

※レシピ会はインターネットでの事前予約をおすすめします。

クラウドファンディングサイトKickstarterで、現在、資金調達中のサングラス「Ochis」。これ、ちょっと変わっていて、コーヒーの香りがするそうです。
あの、あま〜いベトナムコーヒーが焼酎になった!
シンプルなこの3つの工程に少し気をつかうだけで、家で飲むコーヒーに大きな違いが生まれます。少しでもおいしく淹れられるようになれば、今よりもっとコーヒーライ...
コーヒーに必要な道具一式をコンテナに詰めました。
結論から言うと、「ECOSIA」というドイツ発の検索エンジンを利用すれば、運営会社がアフリカや南米、東南アジアなどの森林伐採や砂漠化が進む地域に植樹をして...
一般的には常識外れな亜熱帯の台湾で造られるウイスキー「KAVALAN(カバラン)」。造り方とか調べると、けっこう“台湾としての個性”を感じさせる面白いお酒です。
一概に「この国のコーヒーはこの味だ」と決まっているわけではないけれど、生産国ごとの味の傾向を分かっていれば、よりコーヒーが楽しめますよね。国の名前と味の特...
「アウトドアでも淹れたてのおいしいコーヒーを楽しみたい!」というコーヒーファン&アウトドア好きにオススメのコーヒープレス、ドリッパースタンド、グラインダー...
カフェでバリスタが専用器具を使って一杯ずつ淹れてくれる本格ドリップコーヒーの「インスタント」版なんですよね。だからわたしは"ドリップ式"が好き。
シーンに合わせて選べるほど種類豊富なコーヒー。わたしの妄想フル回転で、時間と気分で飲みたいコーヒーをチョイスしてみました。
正直、そんな状態で働いていたことに驚きですが、一番ビックリしたのは当事者自身かもしれませんね。予想外の方法で空を飛んでしまったのだから……。
コーヒーを飲んだほうが仕事がはかどるけど、飲み過ぎはちょっと……と罪悪感を持っているみなさん!この「コーヒー狂」の偉人たちを知れば、むしろもっと飲んでもい...
コーヒーの苦さとアボカドのクリーミーさが絶妙にマッチ!味、想像できないでしょ?60秒でできちゃうから試してみて。
多国籍な国、シンガポール。そしてなぜかコーヒーが甘い国、シンガポール。そんなシンガポールにだんだんサードウェーブコーヒーの波が押し寄せていると聞き、遊びに...
誰が想像したでしょうか。きのこがモッサリ生えるコーヒーメーカーを。
パラオ政府は、2020年より、サンゴ礁に有害な物質を含む日焼け止めを禁止にする方針を明らかにしました。
シンプルなコーヒーをスパイシーかつ複雑な味に変えてくれる「シナモン」。水出しコーヒーに加えてひと晩寝かせれば、「魔法」のような味わいに!
かたまりの状態より、表面積が増えるのでミルクと溶け合い、コーヒーの味をより濃厚に感じられるんです。クラッシュしたコーヒーゼリーを使った、アレンジレシピをご...
メルボルンがカフェの街といわれるのは、コーヒーの質が高いということではなく、お店全体に広がる「おもてなし」の気持ちと、コーヒーにたっぷり注がれている愛情の...
奥渋にある「CAMELBACK sandwich&espresso」。コーヒー担当の鈴木啓太郎さんとサンドウィッチ担当の成瀬隼人さん(元寿司職人)のふたり...
イチゴにかけるだけじゃつまらない!練乳をクッキーづくりにアレンジして、ベトナム人が泣いて喜ぶ「ベトナムコーヒー風クッキー」を作ってみましょう。
ニューヨークで今もっとも影響力を持つ10人が、どのようにコーヒーを朝の生活に取り入れているか。お気に入りのコーヒーとともに紹介されています。最新のコーヒー...
ブラックコーヒーを飲んでいる人を見ると、なんだかとカッコよく見える気がする「マジック」。人は、どうしてこの魔法にかかってしまうのか。私なりに答えを導き出し...
みなさんは旅行へ行くとき、カフェやレストランなどを事前にリサーチするタイプですか?見知らぬ土地の食べ物や飲み物で冒険するのは、なかなか勇気がいることです。...