航空会社が「パパママに知ってもらいたい」と思っていること

子どもが大きくなるまでは、飛行機を使って遠出するのは難しいかも…と旅行や移動を諦める人も多いみたい。

たしかに幼い子どもは慣れない環境のなかでは落ち着きがなくなるもの。気持ちが高ぶって騒ぎ出してしまうこともあるでしょう。ゆえに、移動手段として飛行機を選ぶことに戸惑いを感じる人が多いようです。

でも実際は、フルサービスキャリアには、幼い子ども向けのサービスが充実しています。その中身について、JALの広報の方に聞いてみました。

チャイルドシートは、貸出や持ち込みが可能です。

JALでは座席を確保した3歳未満の子どもに対して、チャイルドシートの貸出を行っています。しかも無料で!(※)

※事前にご予約が必要、あるいは機材によっては一部ご用意ができないサービスがございます。

「フライト中ずっとお母様が抱っこされていることもありますが、それは大きな負担になってしまうのではないでしょうか。JALでは、貸出だけではなく、事前にご連絡いただければ手持ちのチャイルドシートを持ち込んでいただくことも可能です。座り慣れたシートなら、お子様もリラックスして過ごせるはずです」(※)

※事前にご予約が必要、あるいは機材によっては一部ご用意ができないサービスがございます。

機内の化粧室には、ちゃんとオムツ替え用のテーブルがあります。

コンパクトな機内のトイレ。でも、よく見るとちゃんとオムツ替えができるテーブルがついたトイレもあるんです。

「狭い化粧室の中では、オムツを替えるだけで一苦労ですよね。オムツ替え専用テーブルのスペースを確保してあるのは、そのためです。また、オムツの入った荷物を間違って預けてしまった、あるいは、用意していたオムツをすべて使い切ってしまったなどのトラブルに備えて、機内には予備もご用意しています」(※)

※事前にご予約が必要、あるいは機材によっては一部ご用意ができないサービスがございます。

客室乗務員は、ミルク作りのお手伝いもさせていただきます。

JALの機内では客室乗務員がミルク作りのお手伝いをしてくれます。たしかに、勝手知ったる自宅ならともかく、空の上ではミルクを作るのも大変そう。

「手間の面だけでなく、ミルクを作る際に、お子様から目を離すのに抵抗があるお母様は多いと思います。そんな時は是非客室乗務員にお声をおかけください。お湯や100%果汁ジュースも用意していますよ」(※)

※事前にご予約が必要、あるいは機材によっては一部ご用意ができないサービスがございます。

お子様との旅をあたたかくサポートすることを大切にしています。

なによりも、JALが大切にしているのは、子どもとの旅を丁寧にサポートすること。

「一昔前に比べても、空の旅を手軽に楽しんでもらえるようになっていると自負しています。そのなかで、機内でお子様を連れたお客様が困っている姿を見かけるのは珍しいことではありません。だからこそ、スタッフとしてはあたたかくサポートさせていただきたいと考えています。既存のサービス以外でも、なにか不安があれば予約時にお問い合わせいただければ幸いです」

JALならママも子どもも快適な旅ができる!

子どもを連れた旅行の移動手段としては、なんとなくハードルが高いように感じてしまう飛行機。でも、JALの飛行機なら機内サービスが充実しているので快適に過ごすことができそう。

実際、今回お話を伺って素敵だと思ったのが、「チャイルドシートの貸出だけじゃなくて、持ち込みもOK」「オムツ替えのテーブルがあるだけじゃなくて、オムツの予備も用意」「ミルク作りのサポートだけじゃなくて、ジュースも」といったように、“だけじゃない”サービスがとっても充実していること。

このあたりに、JALのサービス精神が見て取れました。

「妊娠しているときから、もっと夫にも子どもに興味を持ってほしい」。そうは思っても、実際にお腹に赤ちゃんを抱えていないパパにとっては、ママの大変さや気持ちを...
カナダに住むJustin Simardさんが、スーパー『Sobeys』の駐車場で思わぬ「男女差別」と出会った。それは、妊婦もしくは、赤ちゃんを連れたママ専...
息子がいるStåle Gerhardsenさんは、育児休暇中に起きたできごとを思い出に残そうと、息子との日々をイラストに描いている。描きためた絵は本になっ...
以前旦那にプレゼントしたシャッツ。せっかく気持ちを込めたものなのに、縮んだからもう着れないと捨てられそうなところを発見。娘のためにリメイクしてSNSに写真...
オックスフォード大学が運営をしている「Pitt Rivers Museum(ピットリバース博物館)」は、異なる文化に対する理解を深めるために、25人の難民...
薄い焼き菓子にチーズやクリームを挟んで食べるイタリアの伝統お菓子「チャルダ」専門店La Cialda〒152-0035 東京都目黒区 自由が丘1丁目25-...
海外旅行で本当に使えるサコッシュ「MAISON CANVVAS」の紹介です。
ママが出張で、パパと娘がお留守番。そう聞いて、そこはかとなく不安が漂ってしまうのは、どこの国でも同じなようです。とあるロシア人の父娘は「ママ、こっちは大丈...
生まれてから10週間しか経っていなかった赤ちゃんを背負い、旅に出たのは、看護士のカレンさん(31歳)。産休をつかって旦那さんと一緒に世界を周る旅に出た。案...
スヤスヤと眠る赤ちゃん。といえば微笑ましいものの、あまりに静かすぎて「ちゃんと息してるかな?」と心配になった経験はありませんか?気になってまったく眠れない...
着物の襟からおっぱいポロリしている女性のイラストが描かれた、“ちょっとエッチな日本酒”「ゆきおんな」。この冬限定で、12月15日から販売中。
「METAPHASE」という名の漫画がある。自閉症の息子、Ollie君のパパが自分で描いたものだ。理由は、既存のものを探しても「どうしても読ませたいと思う...
子育て中のママは、さまざまなことを一人で抱え込んでしまうことも。そんなとき、ちょっとしたパパの気づかいがあれば、いつまでもご夫婦が仲良くいられはずです。子...
バックパッカーなどの安旅好きなら知ってる人も多いだろう。とはいえ、なかにはお金がないけど、なんとか海外に行きたい!って人もいるはず。海外旅行の敷居が、今よ...
2015年6月23日に公開以来、1,700万回以上再生されているこちらの人気動画。「Pampers」が、マザーグースの子守唄『Hush,Little Ba...
毎日がまるでサーカスの一幕みたいな、赤ちゃんや小さい子どものいる家庭。パパもママもてんやわんやの大忙しのことでしょう。ここに紹介する写真もそんな場面の数々...
Samira Kazanさんは、栄養のバランスをしっかり考慮しつつ、遊び心を交えたレシピの研究をしています。
連休になると街中にあふれる旅行の広告。ついつい見てしまう素敵な写真と一緒に、目的地に向かいたくなる誘い文句が飛び交うのだけど「お金があれば行ってるよー!」...
妊娠ママのお腹と一緒にすくすく“成長する”本があります。タイトルは「MOTHER BOOK」、産まれてくる赤ちゃんに今の気持ちを書き残したり、妊娠記録とし...
わが家に二人目の子どもが生まれたとき、パートナーと同じくらいに僕が感謝したのは2歳年上の長男でした。なぜって、彼のときは日々の子育てがつねに手探りだったか...
一瞬見ただけで、思わず顔がほころんでしまった。フォトグラファーのGuy Vainerは1歳になる双子の父親なのだけど、自分の子どもたちを愛しすぎて彼のIn...
世界一、ビビリなパパを発見。どうやってもパパに爪を切らせてくれない彼女の名前は、マルセリーナちゃん。「Jukin Media」が紹介するこの動画のタイトル...
言葉で感情を伝えることのできない赤ちゃんは、泣くことでしか表現することができません。お腹がすいているのか、おむつを替えてほしいのか、もしかしたらどこか痛い...
目に入れても痛くない娘。同性だからこそわかる想いもあり、その思い入れはひと塩。反対に、同性だからこそライバルにもなり、ぶつかってしまうこともある。なんだか...