「恋はひとつじゃない」。そう思えたとき、あなたは失恋から立ち直って一歩を踏み出せる

あなたには、いつまでたっても忘れられない「恋人」はいますか?

気持ちは分かりますが、そのせいでなかなか前に進めないなんて、とてももったいないことです。残酷なことを言うようですが、「たったひとつの恋」というものは存在しないのです。

次の恋への切り替え方を知れば、きっとあなたも前へと進むことができますよ。

あの人しか
いなかったのに…

失恋したあと、友人に話を聞いてもらうのはよくあることですが、いつまでも別れた恋人のことを事細かに伝えていては、それを何年も引きずっていませんか?

「自分にはあの人しかいなかったのに…」と。

『若きウェルテルの悩み』

世界中の文学やメディアでは、「純愛」や「真実の愛」などと言って、失恋をドラマチックな悲劇として演出することもあります。ゲーテによって書かれた18世紀の小説『若きウェルテルの悩み』は、その代表格ともいえるでしょう。

若き青年ウェルテルは、可愛らしく美しいシャルロッテを情熱的に愛していました。一方で、シャルロッテは彼を友だちとしては好きでしたが、愛してはいませんでした。

なぜなら、彼女はすでに結婚をしていたからです。

叶わぬ想いにショックを受けたウェルテルは、悩みに悩み抜いて、結局自殺をしてしまいます。

そして、この物語は純粋な愛の物語と言われているのです。

失恋から立ち直るために

別れた人にいつまでも固執するのは、生涯を共にするパートナーを探すことを考えたら、あまりプラスだとは言えません。

どうしても忘れられないならともかく、失恋する自分に酔って、前の恋人に固執しているだけでは?

別れた恋人を忘れる方法。

まずは、別れた相手のどこが好きだったのかを、細かく箇条書きでノートに書き出してみましょう。

そして、そのメモから自分の「好みのタイプ」を客観的に整理してみましょう。

他の人にまったくそのタイプが当てはまらない!ということはまずない、ということに気付くでしょう。

そうやって心を切り替えれば、きっとまた、ロマンティックな恋ができるはず。

Licensed material used with permission by The School of Life