「シェア」で旅は楽しくなる!あのJALがやってるシェアリングサービスって?

いま世界中で話題の「シェアリング」。モノは「所有する」のではなく「共有する」というのが当たり前になってきました。

それは旅に出るときだって同じ。「今っぽい」旅行をするうえで、シェアリングサービスを活用することは欠かせません。

  1. スーツケースはシェアで調達

旅行のときに必要になるスーツケース。

普段、出張や旅行に行くことがない人にとって、その使用頻度は一年に数えるほどしかありません。しかも、旅行の日程や目的によって、最適なサイズが変わるので、大きさの違うものを2、3種類持っておくのが理想です。でも、保管に場所をとるスーツケースはあまり家においておきたくないのが本音。

そんなとき便利なのがスーツケースのシェアリングサービス。自分の希望に沿ったブランドやサイズのスーツケースを、必要な期間だけ借りることができます。「手持ちのスーツケースじゃサイズが合わない」「でも新しいものを置く場所はない」などといった悩みが解消されて、旅行の準備もはかどりそうです。

  1. ホテルではなく民泊という選択

旅行の際の宿泊先は、ホテルだけではありません。

世界的に有名な「Airbnb」をはじめ、ふつうの家やマンションを解放して民泊を行っているシェアリングサービスがあります。

その土地の暮らしに溶け込むような感覚で旅行ができる、なかなかできない体験です。ホームステイのようなかたちで泊まれる場所もあるので、新しい出会いから友だちの輪が広がることもあります。

  1. 旅先での「JALピッとGO」はとにかく楽

レンタカーを手配して、旅行先での移動手段を車にするという人も多いでしょう。ただ、空港から貸出店まで移動したり、書類にサインして手続きをしたり、せっかくの旅行で多くの時間をロスすることになってしまいます。

そのムダや手間を省くために使えるのが、タイムズカーレンタルの「ピッとGO」と「JALカード」が融合した「JALピッとGO」サービスです。

事前登録を行えば、対象のタイムズカーレンタル空港各店で、JALカードを専用端末にかざすだけで手続きが完了。飛行機の搭乗から現地でのレンタカー出発まで、カード一枚かざすだけですぐに車に乗り込んで目的地に移動することができてしまうんです。

この画期的なレンタカーサービス、現時点ではまだ主要空港のみで利用可能なようですが、これから順次拡大していく予定だそう。羽田空港と成田空港では、空港駐車場に予約した車を配車してくれたり、東京圏の店舗で乗り捨てができるサービスがあったりと、ますます便利なサービスも追加されています。これは楽チンですね。

  1. 旅先での体験もシェアする時代

今やモノだけでなく体験までシェアする時代。

旅先での過ごし方も、シェアリングサービスで決めることができます。現地で暮らす人々が、旅行者向けのプランを立てて、それをシェアしてくれるサービスがあるんです。

なかには、実際に現地の人がガイドをしてくれる場合もあります。メジャーな観光地や、定番のプランではできない体験がしたいなら、シェアリングサービスを使ってみるといいでしょう。

旅行も「シェアリング」が今っぽい

さまざまな分野で展開されているシェアリングサービスは、まさに時代の潮流にあったもの。シェアリングを活用することで、いつもの旅行がグッと「今っぽい」ものにグレードアップします。

さらに、便利さやおトクさも兼ね備えているのがシェアリングの大きな魅力です。旅行にシェアリングサービスを取り入れれば、今までにない新しくて楽しい体験ができるはず。

andmore
他の記事を見る
ここで紹介する『アイカサ』は、傘のシェアリングサービス。ゲリラ豪雨でも、台風でも、ビニール傘を買わなくて大丈夫なんです。
「Carstay」は、クルマで旅をしたいトラベラーと駐車場や空き地を貸して収益化したいホストをつなぐシェアリングサービス。アプリで現在地や目的地を入力し、...
「earnest」が2年間分のユーザー(匿名)のデータをみて、9種類のサービスの月収を、ランキング形式でまとめているのを発見。あくまでアメリカでの話で、日...
中国の都市部では自転車のシェアリングがみるみる広がっています。今夏、日本国内でも札幌でローンチされ話題となった『Mobike』のオレンジ自転車をはじめとし...
シンガポールでβテストが行われているシェアリングキックスケーター「Scootbee」の紹介です。
海外旅行で本当に使えるサコッシュ「MAISON CANVVAS」の紹介です。
アメリカでの「Black History Month」で、2月にはアフリカ系の人々に敬意を表するイベントやキャンペーンが多く行われていて、Nikeは毎年の...
ポルトガルでも、電動スクーターのシェアリングサービス「Lime」が人気を集めつつあります。彼らの発表によると、ダウンロード数も増えていて、トラベルカテゴリ...
旅行者が現地の人から使っていない部屋や空き家を借りることのできるサービス「Airbnb(エアビーアンドビー)」。知らない人を家にあげることに抵抗を示す人も...
動画メディア『The Infographics Show』が、1日10ドルで過ごせる国を、東南アジアを中心にまとめています。贅沢とは無縁でいいから、とにか...
語学留学のためカリフォルニアを訪れていたぼくは、キャンピングカーをレンタルして3泊4日の旅をすることに決めた。旅の目的地は、以前から憧れていたアリゾナ州の...
バックパッカーなどの安旅好きなら知ってる人も多いだろう。とはいえ、なかにはお金がないけど、なんとか海外に行きたい!って人もいるはず。海外旅行の敷居が、今よ...
ノルウェー企業が開発した「Podbike」は、小型自動車のような見た目をしているけど、電動アシスト自転車なんだとか。要するに、ペダルを漕いで初めて動き出す...
旅先から絵葉書を送るのって正直面倒。とはいえSNSで写真を送るだけって、どこか味気ない気がします。そんな人にぴったりなのが、SNSと絵葉書のいいとこ取りが...
スイスのホテルチェーン「Ibis Hotels」が、旅行を思う存分に楽しめるようにということで、インスタ代行サービス(Instagram Sitter)を...
ここで紹介する「Social Balconies」は、隣の部屋などとバルコニーをつなげて、いろんな人との会話が生まれるように設計されています。
「JoinMyWedding」は、式に参加して欲しいインド人ファミリーと、式に参加したい旅行者をマッチングするサービスです。
先にお金を払わずとも、旅行には行けてしまうわけです。
外国に行って複数の都市を豪華客船で巡る「海外クルーズ」をオーストラリアでしてきたんですが、思い出としては「ロイヤルな英国旅!?」をしてきたって感じ。
今や、東南アジアの移動手段で主流になっているのは『Grab』という、マレーシア人の起業家が開発した、ライドシェアサービスのアプリ。存在自体は知っていたけれ...