もう割らない!スマホは「液体ガラス」で強くする

なぜかいつもスマホの液晶がバッキバキの人っていますよね。注意しているつもりが、うっかり落としちゃって…。

気休め程度に保護シールを貼っていても完全に防ぐことはできませんし、最近では貼るタイプの液晶保護ガラスもたくさん販売していますが、貼り直しができないので失敗できなかったり。

ですが「INDIEGOGO」でクラウドファンディング中の「ProtectPax」は、簡単なのに強固で、お手頃価格なんです。一体どんな仕組み?

ハンマーもハサミも関係なし!
「アンチスクラッチ」

「ProtectPax」は酸化チタンナノ粒子が含まれていて、サファイアやルビーといった宝石に近い硬度9H(※国内は6Hまで)で、現在製造することができるなかでももっとも高い硬度だとか。

ハサミやカッターのような刃物でも傷つきにくく、最大6kgの衝撃にも耐えられるので、ハンマーを使っても割れにくくなるのだとか。

もちろん、地面に落としたくらいではほぼ無傷でしょう。

さらに、誤って水をこぼしてしまっても大丈夫。撥水効果もあるので、表面のコーティングが水を弾き、浸水を防ぎます。

使い方はとっても簡単

電源を切った状態でアクセサリー類をすべて外し、「ProtectPax」のクリーニングクロスで、細かい汚れを除去します。

次に保護したい面に液体ガラスを塗布して、シーリングクロスを使って均一に広げます。

10分ほど乾かしたあと、乾いた布で拭きあげたらおしまい!

簡単、長寿命、低価格がウリ

通常の保護シールは、貼るのに失敗して空気が入ってしまったり、内側が汚れて画面が見づらくなってしまうこともありますが、その心配はナシ。また、保護シールはタッチパネルの反応が悪くなるものもありますが、その心配もナシ。

さらに、スマホのカメラレンズ部に使うと、光学フィルターとしても機能して、写真や動画がよりキレイに撮れるんだそう。

一回の塗布で効果は約1年間。「INDIEGOGO」での値段は、Early Birdで1パック15ドル(約1,700円)からと、意外にリーズナブルなのも嬉しいところ。

スマホだけでなく、ノートパソコンやタブレット、時計、カメラ、メガネなどにも使えるそうですよ。これを使えばもう、スマホの液晶を割って修理にお金がかかってしまう心配はなさそうですよ。

※本記事では、一部誤解を生む表現があったため訂正を加えております(2017/03/06 13:00)

Licensed material used with permission by ProtectPax
他の記事を見る
必要最低限の機能しかないスマホがクラウドファンディング中です。電話、メッセージ、ナビゲーション、アラーム。これ以上ないくらいシンプルな佇まいで週末に使える...
4月に開催される世界最大規模のデザインの祭典「ミラノデザインウィーク」に、音の風景が展示される。
カレがなかなかスマホを触らせてくれないとなると、注意を払いたいところ。「Elite Daily」のElana Rubinさん曰く、触らせてくれない以外にも...
「Shell」はワンタッチでスマートウォッチからスマホに変形する特徴があります。2本のウィングが飛び出したら、通話の準備完了だそうです。
スマホを使ったことがある人なら、一度は落下させたことがあるはず。バンカーリングとかも流行ったけど、見た目が、ちょっとヤボったいし、スタイリッシュじゃない。...
無印良品の「フィルム石けん」は、想像以上に薄いです。シートじゃなく、フィルムと名がついている点にも納得できます。
現在クラウドファンディングサイト「Indiegogo」で、ChargeWriteというペンが大きな話題を集めています。これ、スマホに特化した「多機能ペン」...
実はこれ、すでに商品化されており、安価な上に使い方もビックリするほど簡単。汚れをふき取ってから特殊な液体の染み込んだシートで画面をサッと拭き、なじませるだ...
この記事を読もうとするときに、頭を下に向けて読んでいたら、あなたはスマホ首になっているかもしれません。MuscleWatching高稲トレーナーが紹介する...
まるで「海に漂うクラゲ」のようなガラスのアートを制作したのは、現在、イタリアのルッカを拠点に活躍するアーティストDaniela Forti。溶けたガラスの...
すぐれた住宅では、建築家たちはさまざまな設計の工夫をこらして、ガラスという素材の美しさとプライバシーをめぐる課題を克服しています。今回は、Houzzに掲載...
アメリカのアーティストであるKit Paulsonさんは、手作業によるガラス細工で繊細優美な作品を作って公開している。骨やレースといったものだけでなく、マ...
見ているだけでうっとりしてしまう、美しいスイーツの数々。でも実はこれ、食べられないんです。本物そっくりに作られたガラス細工のスイーツ、そこにはちょっと切な...
自撮りならカメラよりスマホが簡単。でもスマホだと、性能にはどうしても限界がありますよね。そんな欲張りなひとたちに、朗報です。この悩みを見事に解決した新アイ...
薄さやサイズの違うコップ、ガラス玉を通して見る世界。いつも見慣れた食材が、こんなふうに見えてしまう。
今や北京では、スーパーやショッピングモール、レストラン、カフェはもちろん、生花市場の中ですら、スマホ決済ができます。なかでも中華SNSアプリ『WeChat...
通信機能がついており、スマホとの距離が一定を超えるとアラートを送信してくれる。そんな「財布」が話題です。いつもうっかりモノを置き忘れちゃうあなたにとっては...
ついつい持ち忘れてしまいがちな、スマホの充電器。仕事先や旅行先に忘れてしまって、地味に痛い出費に悔しい思いをしながら新しいバッテリーを購入するのは、うっか...
SNSに1時間ほどでも滞在すると、睡眠の量や質には大きな影響が出る。スマートフォンなどの発するブルーライトもさることながら、24時間絶え間なく更新されるニ...
2014年に中国ではじめてリリースされた『Forest』は、スマホ依存症になることを防ぐためにつくられたアプリ。App Storeのランキングで1位になっ...