若くて青い人ほど観て欲しい『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』

誤解を恐れずにいえば、「変な」恋愛映画を観た。

何が変かというと、原作となったのは詩集なのだ。しかも、現代詩集として異例の27,000部の売上を記録しているそうだ。これだけでも、十分に変。でも、それだけじゃない。詩集の原作者は、最果タヒ(さいはてたひ)という。これまた変なペンネームだ。何か含みがあるのかと調べてみたら、本人曰く「無意味な語感と漢字変換のおもしろさだけで名前を決めた」らしい。じつに変な理由だ。

そんな彼女がつけた詩集タイトルが、そのまま映画タイトルになった。『夜空はいつでも最高密度の青色だ』。おそらく、その最終判断をしたのは『舟を編む』の石井裕也監督だろう。しかしながら、どう考えても変なタイトルだ。(けど、妙に心に残る)

不器用でぶっきらぼうな二人が
リアルで愛おしい

看護婦をしながら、夜はガールズバーで働く美香を演じたのは新人の石橋静河(いしばししずか)。左目に障害を持ちつつも、工事現場で日雇いの仕事をして東京で生き抜く慎二を演じたのは、日本映画界に欠かせない俳優の1人となった池松壮亮だ。

美香と慎二。大都会の片隅で暮らす不器用でぶっきらぼうな二人は、厳しい現実と向き合いながら、必死になって希望を見つけようともがく。不安や孤独を抱え、そして、様々な死と対面して、戸惑い、傷つき、諦めかけながらも真っ直ぐに生きようとする姿は、生々しくリアルに胸に迫ってくる。

恋愛映画といっても、ベッドシーンがあるわけでもなく、ただ冴えない男の子と女の子が、冴えない感じで近づいたり離れたりするだけ。やっぱり変な恋愛映画だ。だけど、二人の間のやりとりや、ある意味冷めた会話、それらによって醸し出される世界観は最高に密度が濃くて、リアリティを感じさせるのだ。愛おしくなるほどにー。

石井監督は、この映画のポイントを「若さ」と「青さ」だという。誰もがどこかで自分自身を二人に重ねることができるのはそのせいなんだろう。「あれも変だ、これも変だ」といってはみたが、そういう意味では、正攻法の恋愛映画なのかも知れない。

『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』
2017年5月13日(土)より新宿ピカデリー・ユーロスペースにて先行公開。5月27日(土)より全国ロードショー。公式サイトは、コチラ

Licensed material used with permission by 『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』
andmore
他の記事を見る
『エターナル・サンシャイン』で監督を務めたミシェル・ゴンドリー。彼がiPhone7のみで撮影した11分の短編映画「Détour」が、Apple社の公式Yo...
デヴィッド・リンチ。映画を愛する人なら、誰でも彼の作品を観たことがあるはずだ。本作品『デヴィッド・リンチ:アートライフ』では、彼のインタビューや家族の写真...
コロンビアに位置する世界で一番人口密度の高い島『イスロテ島(正式名称:サンタ・クルス・デル・イスロテ)』。野球場くらいの敷地面積に97軒もの住宅がひしめき...
コーヒーとチェリーパイと1枚の写真、下世話なテディベア、ドラッグ入りのミルク……。
映画「泳ぎすぎた夜」は、6歳の少年が雪が降り積もる街で迷子になる。ただ、それだけの何も起こらない物語だ。
自由と個性と愛とユーモア。明るい人生のヒントがこの映画のなかにあります。
2014年に始まり、これまでも森や川、岩場など、開催場所のシチュエーションを生かした映画鑑賞を開催してきた「夜空と交差する森の映画祭」。2016年は山梨県...
ポーランドを知るなら映画から入るのもアリでしょう。というのも、同国は古くから映画先進国だったから。そんなポーランドの映画に対する関心度の高さがわかるホテル...
逗子海岸映画祭に込められたメッセージ ~ Why we play with earth ~ 「逗子海岸映画祭」とは、国内外の優れた映画を、海岸という絶好の...
ネットフリックスが、10月31日、オンライン配信をする前に、オリジナルの新作映画を劇場で上映すると発表しました。
ハロウィンの時期も近づき、ホラー映画で恋人との距離を縮めるためにも、名作ホラー映画を一緒に鑑賞してみてはいかがだろうか。『エクソシスト』、『シャイニング』...
アウシュヴィッツ強制収容所でのホロコースト。もしも、加害者と犠牲者の孫世代が恋に落ちたら…。映画『ブルーム・オブ・イエスタディ』は、タブーの扉を開けた挑戦...
古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。Vol.57
今イギリスを中心に注目されている映画『The Moment』。内容が、というよりも表現方法が全く新しいからなんです。
愛犬と一緒に行ける映画館がないなら自分で作ってしまおう、という考えのもとできた「K9 Cinemas」。愛犬と一緒に映画鑑賞を楽しむことができる!
アレハンドロ・ホドロフスキー。カルト映画の巨匠とされるチリ出身の監督は、今年、88歳を迎えた。とはいえ、この年齢になっても精力的に映画をつくり続ける姿は、...
大事な場面のセリフを一字一句違わず記憶しているほど、お気に入りの映画。それくらい何度も見返した一本でも、ツンと空気の澄んだ「夜の森の中」で鑑賞すると、また...
万が一、映画観賞中にお腹が痛くなってしまっても安心です。壁じゃなく、床にスクリーンを設置しているところがポイント。
今回紹介するのは、会場ではなく上映する「作品」に、あるテーマを持たせたもの。なんでも、「食」にまつわる作品ばかりを、世界中からセレクトしているのだとか!
ジャケット写真も、出演者の情報もない。たったひとつのセリフだけをみて、心に刺さった作品を選んでみる。