“どこよりも濃いアメリカ”は、ここにあった

アメリカといえば、西海岸か東海岸でしょう?と思っている人にこそ知ってほしいのが、シカゴだ。コンパクトな街にギュギュギュ!と詰め込まれた、“最高濃度のアメリカ”を紹介させてほしい。

シカゴの魅力、それは、“濃度”

アメリカ中西部にあるイリノイ州の、北側に位置するシカゴ。街の東側には、五大湖のひとつであるミシガン湖が広がる。ニューヨーク、ロサンゼルスに次ぐ第三の都市だ。成田・羽田からの直行便だってもちろんある。

ビジネス街の印象が強いかもしれないが、実はとっても“濃いアメリカ”を象徴する、文化的で、人間的で、魅力的な都市なのだ。

LOOPエリアに密集する見どころ

Photo by ©Clayton Hauck

LOOP(ループ)エリアと呼ばれるダウンタウンが、シカゴの中心。ここには見るべきものがとにかく多い。中でも外せないのは「建築」だ。

実はニューヨークではなく、シカゴが「摩天楼」の発祥。近代建築を語るうえで外せない都市なのだ。連日満席という建築リバークルーズもオススメだけど、“アメリカっぽさ”を体感したいなら、ぜひあの"セグウェイ"に乗ってめぐる建築ツアーに参加してみてはどうだろうか!

映画『バッドマン・リターンズ』でウェイン・コーポレーション本社として使われた「シカゴ商品取引所」、全米第二の高さ「ウィリスタワー」、まっすぐに伸びる花崗岩の外壁が美しい「AONセンター」が目を引く。

そうそう、世界初の高架鉄道も必見。鉄道に興味がなくても、ほぼ90度に曲がる線路のカーブや木造板張りのプラットフォームには、きっと驚くはず。

街全体が美術館!
ワールドクラスのアートも密集

Photo by ©City of Chicago

街あるきをしていると、そこかしこに巨大な彫像があることに気付く。ピカソやミロ、シャガールによる、ワールドクラスのパブリック・アートが点在しているのだ!

少し東に足を伸ばしたところにあるミレニアム・パークは、大都市の中心とは思えないほど開けた美しい公園。ここでも「ビーン(豆)」の愛称で人気のアニッシュ・カプール作「クラウド・ゲート」や、ティファニー製の美しすぎるガラスドームを見ることができる。

「ビーン」の周りには、いつも人だかりが絶えない。とってもフォトジェニックなスポット/Photo by ©Abel Arciniega

ティファニー創業者の息子で、ガラス工芸家でもあったルイス・カムフォート・ティファニー作のガラスドーム。ミレニアム・パーク向かいのシカゴ文化センター内で見ることができる /Photo by ©Nick Ulvieiri

メトロポリタン美術館、ボストン美術館と並び「全米三大美術館」と言われいてるシカゴ美術館もコースに。門外不出と言われ、絶対にシカゴ美術館でないと見ることができない作品があるのだ。これだけでもシカゴに行くべき理由になりそう。

ざっと紹介したこれらのスポット、歩くだけなら約30分で制覇できちゃう密度感。シカゴ、濃すぎる!

音楽好きが
シカゴに行かないなんてアリ!?

Photo by ©Andrew Charles Miller
Photo by ©Abel Arciniega

シカゴを語るのに、音楽ナシでは無理でしょう。特にこれからの季節は、音楽好きならどこよりも先にシカゴ行きを検討するべし!

実はシカゴはアメリカの中でも独自の発展を遂げた音楽の街。シカゴ・ブルース、シカゴ・ジャズと呼ばれる系譜が根付いているのだ。市民が音楽を愛し、音楽とともに生きていることがよく分かるのが夏のフェス・シーズン。

「シカゴ・ブルース・フェスティバル」、「シカゴ・ジャズ・フェスティバル」、「グラント・パーク・ミュージック・フェスティバル」といった大規模フェスが、なんと無料で楽しめるのだ!周りの目なんて気にせず、ビール片手にグルーヴに身を任せる幸福感を、丸一日楽しめる。

Photo by ©Adam Alexander Photography

目当てのアーティストを狙っていくなら、「ラヴィニア・フェスティバル」や夜のライヴハウス巡りも◎。有名アーティストのライヴでも、ミュージック・チャージは10ドル前後のところがほとんど。日本では考えられない相場だ。夜のシカゴをハシゴするのも、たまらないたのしみ方だろう。

シカゴに行くなら、絶対、夏

喰い倒れシティ・シカゴ
絶対に食べるべきは・・・

Photo by ©Clayton Hauck

ディープディッシュのピザに、シカゴ・カットのステーキ!

ピザは約5センチもの深さがある生地に、ミートソースやオニオン、チーズがなみなみと注がれている。薄焼きピザには、もう戻れないかもしれない!「シカゴ・カット」と呼ばれる豪快なステーキも、絶対にトライしてみてほしい。霜降りではなく、赤身の肉感あふれるものがシカゴ流。やっぱり“濃い”のだ。

市内にはステーキハウスが40軒以上!迷ったら、「ベスト・ステーキ・レストラン」のようなグルメランキングを参考にしてみるのが良さそうだ。

Photo by ©Clayton Hauck

地元の人たちですら、食べきれないと分かっていても頼んでしまうのがシカゴ・グルメの魔力。ローカルレストランでは、マダムが「ちょっとコレ食べないかしら?」とピザを分けてくれる場面もしょっちゅうなんだとか。陽気でおせっかいなマダムとの交流も、アメリカっぽさを楽しむのにピッタリ。

余談だけど、実はシカゴと大阪市は友好姉妹都市。喰い倒れシティにおせっかいなおばちゃんの組み合わせは、必然的な方程式なのかもしれない。

“The Americana”
最もアメリカらしいアメリカがここに

Photo by ©Choose Chicago

“The Americana”

シカゴの人たちは、誇りを持って自らのことをそう呼ぶ。地理的にも、歴史的にも、アメリカの発展を支えてきた要衝であった、シカゴ。自分たちこそが、「最もアメリカらしいアメリカ」を守っていくんだという矜持があるのかもしれない。ともかく、シカゴには“最高濃度のアメリカ”が詰まっているのだ。

ほら、一度はシカゴに行ってみたくなったでしょう?

シカゴのことをもっと知りたくなったら、ぜひシカゴ・イリノイ州公式ウェブサイトもチェックしてみてほしい。もっとたくさんのシカゴの魅力に、気づいてしまうはず!

普段はカリフォルニアを拠点としているわたしですが、久しぶりに東へトリップしてきました。水に囲まれた街「シカゴ」は、日本から直行便で約12時間。1900年代...
世界第3位に輝くメキシカンサンドウィッチ=トルタをだすお店『TORTAS Frontera(トルタスフロンテア)』。シカゴのオヘア国際空港でオススメです。
「メイン州 観光」とネットで検索すれば、たくさん良いポイントがヒットするのですが、メイン州政府はまだまだ満足していない様子。
誰も踏み入れていない地をあえて散策することに、意味があると思うんです。だから春休みにどこに行こうか迷っているのなら、みんなが選ばない都会や文化をあえて探っ...
モデルの鈴木えみさんのほか、「幸也飯」で話題になった料理研究家・寺井幸也さんのケータリングや、生演奏も。
ロシア・ウラジオストクのランドマークである長さ約1300mにもわたる「ゾロトイ橋」。11月某日、どう見ても様子が異なる集団が、車両専用のこの橋を渡ろうとし...
ルート66は、アメリカで一番古いインターステーツ(州間高速自動車道)だ。1926年に開通したこの道は、アメリカ初の国道として創設された。別名は、マザー・ロ...
語学留学のためカリフォルニアを訪れていたぼくは、キャンピングカーをレンタルして3泊4日の旅をすることに決めた。旅の目的地は、以前から憧れていたアリゾナ州の...
ジャズ羊羹というピアノの鍵盤をデザインしたこの商品、一見よくあるインスタ映え狙いのスイーツだと思ったら、その背景に意外な思いが込められていた。この商品を作...
ジャズの生演奏はライブハウスよりも、小さなバーなどで行われることが多いですが、そのルーツは、ジャズの歴史にあるのです。今回はちょっと変わった成り立ちをもつ...
1982年から建築写真家として活躍しているREINHARD GÖRNERさんは、図書館の空間美を紹介しているフォトグラファー。彼の写真は、図書館に興味がな...
「死の体験旅行」は、アメリカが発祥と言われているプログラム。体調が悪くなり、病院で検査を受け、病気を告知され、治療から緩和ケアへと移り、そして亡くなってい...
「Epic」の社員には、5年に一度、旅を目的とした4週間の特別有給休暇が付与される。
くら寿司のアメリカ展開店舗「KURA REVOLVING SUSHI BAR」。日本では食べられないローカルメニューベスト3を紹介します。
正直、そんな状態で働いていたことに驚きですが、一番ビックリしたのは当事者自身かもしれませんね。予想外の方法で空を飛んでしまったのだから……。
仲の悪い関係が続いているラッパーの50セント(50 Cent)とジャ・ルール(Ja Rule)。彼らのビーフはアメリカのメディアで度々取り上げられるのです...
 ローコスト・トラベル(LCT)の時代がいま、幕を開けた。旅行の費用はあり得ないぐらいに安くなっている。LCCで海外に飛び、Airbnbで泊まるところを見...
ロードトリップに欠かせないのが、道路沿いにあって素泊まりできるモーテル。と言いたいところですが存在感は薄れてきているようです。サンノゼ州立大学の教授And...
賑やかなジャズの生演奏に、フランスやスペイン植民地時代の名残を残す建築、バーガーやピザとはまったく異なる独特の食文化といった、ユニークな文化要素で有名なア...
異国情緒を感じながらその土地にどれだけ浸透するか。バックパッカーやひとり旅の楽しみ方といえばこれ。だけど、風の向くまま気の向くまま、とはいかない期限付きの...
「Hound Labs」はカリフォルニアの企業が開発したブレスチェッカー。アルコールを検知するだけでなく、吐き出された息に含まれるマリファナ成分も発見できます。
バックパッカーなどの安旅好きなら知ってる人も多いだろう。とはいえ、なかにはお金がないけど、なんとか海外に行きたい!って人もいるはず。海外旅行の敷居が、今よ...
エンターテイメント大国のアメリカでは、各地で様々な野外フェスが開催されているのだ。その筆頭ともいうべきなのが「Imagine Music Festival...
日々の子育てのドタバタから非日常の世界へ旅立つことで心もリフレッシュ。ちょっとした工夫が旅をグッと楽しく、そして気軽なものにしてくれました。経験から伝えた...