Amazonの新たなインフルエンサー・マーケティングが見せる未来は、明るい?それとも…

今や誰でも一夜、時には一瞬にして有名人になれる時代。Youtuberや人気ブロガー、読者モデル、ネットアイドル、ツイッタラー…顔を出そうが出さまいが、そこらじゅう、様々なジャンルに「インフルエンサー」があふれる世界がやってきました。

「Inc.」に寄稿されたNicolas Coleさんの記事によると、これを利用してAmazonは新しい事業分野に足を踏み出そうとしているのだとか。

Amazonがひっそりと検討している新たなプランは、今までのものより遥かにターゲットを絞った、そしてよりよく機能するバージョンの商法。これはインフルエンサーに特化して設計されたもので、彼らを巧みに活用して物を売る、「インフルエンサー・マーケティング」の新形態だ。

これを利用すればインフルエンサーもAmazonもお互いWin-Winの関係になるというのですが、果たして?

インフルエンサーの悩みは
「影響力」でどうお金を稼ぐか

758164e3a63df478ff0e2a2fa3aa96b23cbbee91

有名人になったら「自分の影響力を利用してお金を稼げないか」と多くの人が考えるはず。例えばあなたのTwitterにフォロワーが100万人いたら、かなりパワフルなインフルエンサー。何処かの会社に頼まれて、「このドリンク、美味しいし健康にいいし最高。毎日飲んでます」などど呟いてリンクを貼ればお金をもらえたりもします。

今の時代、パワフルなインフルエンサーが直面する一番大きな問題は、自らの影響力でどのようにお金を稼ぐか、ということだ。

そしてあるインフルエンサーは会社と契約して商品を自分のファンに勧めたり、またある人は自ら起業してブランドや製品をつくるようになります。前者はYoutuber、後者は読者モデルなどをイメージすればわかりやすいかもしれません。

でも、そこにはリスクや手間がいつもつきまといます。自分で契約を確保しないといけないし、失敗する危険や、商品開発のお金も問題。実はこれがAmazonが目をつけた点なのだそう。

Amazonでお店を持てば
リスクを背負う必要がない

2fb99c43942da7fac9cf281506b23351e5c0d7c7

Amazonは以前から人気ブロガーのウェブサイトなどに宣伝やリンク、商品紹介を置き、そこからリンクを踏んで買い物をした顧客の売り上げの数パーセントをブロガーたちに還元するというビジネスをしてきました。それをよりインフルエンサーに特化したものとして、彼らにAmazonストアを与えることを検討中なのだとか。

つまり、Amazonと契約したインフルエンサーはオンライン上でAmazonストアを持ち、大きなリスクも無く簡単に自分のセレクトショップを開くことができるということ。

彼らは他のインフルエンサーがしなきゃならないような、自分の店やウェブサイトを始めるとか、自分の製品を作るとかいう手間を全て省くことができる。

そしてインフルエンサーの支持者たちはオンラインで彼らのおすすめの製品をチェックし、自由に買い物をします。その売り上げの一部をインフルエンサーが受け取れるというわけです。

欲しいのは、お金?安全?

ただし、やはり世の中、美味しいだけの話なんてそうそうありません。この契約をしたインフルエンサーは、売り上げの大部分をAmazonに渡すことになります。自身に返ってくる稼ぎはほんの数パーセントというのもあり得ます。

とはいえ、起業して失敗するリスクや手間、ショップを始めるまでのお金を考えれば、安心・安全からこのプランを選ぶインフルエンサーの数も多くなることは間違いないでしょう。

契約するインフルエンサーは、売り上げの大半を犠牲にすることで、あらゆるリスクから逃れられるのだ。

リスクを冒して全ての利益を手に入れるか、安全をとって一定の搾取を甘受するか、なのです。

「信用できる人」から勧めさせ
確実な収益アップを狙う

1b3f05289252ca998bb6c06103eb1cf80dce21fd

ところで、どうしてAmazonはインフルエンサーに目をつけたのでしょう?Nicolasさんはこのように分析しています。

Amazonはリンクバックや広告収入による収益で一定の成果を得た。そのため、この新しい取り組みは論理的に言っても妥当な第2のステップと言える。しかし大切なのは、もっと大きなポイントが今までのビジネスで浮き彫りになったということだ。

そしてこの、もっと大きなポイントというのが人は信用できる人の言葉を受けてものを買う」ということ。

一見当たり前のことに思えるかもしれませんが、逆にいえば、Amazonが自身の製品やサービスを広告を出してわざわざ勧めなくても、インフルエンサーにショップを開かせればある程度確実に物が売れるということなのです。インフルエンサーは、言うなれば生きたブランドであり、広告。ファン層もはっきりしている分ターゲットも絞りやすいので、時にはそれ以上の力を持って自分の支持者の購買意欲を左右します。そのパワーを最大限利用するのが検討中のこのプランなのです。

あなたも気づかないうちに
支配される日がくるかも?

9ec5f661cb6401eef29de2ae5655cbd0c14754f2

このプランはあくまでまだ検討段階だが、どのように花開いていくのかは大いに注目に値する。

とNicolasさんは言います。

そのうち、自分は「信用できる人が勧めてる」ものを、心からいいなと思って自分の意思で買ってるように思っていても、裏では企業がその「インフルエンサー」を操作して需要を調整している…という未来もあり得るかもしれませんね。SNSなどで消費者間の交流が激しくなって、「口コミ」の影響力がどんどん大きくなってきた今の時代を逆手に取った巧みな発想と言えるでしょう。

この強大なパワーを企業はどう利用していくのか、そしてその果てにはどんな変化が待ち受けているのか。SFみたいな本当の話にゾッとしつつも胸が躍ります。

Licensed material used with permission by Nicolas Cole
未来では、性別で人を区別することなく、すべての人をありのまま受け入れる世界が広がっている。そう強く訴えるのは「Wildfang」が制作した動画。今、未来、...
世界には年収1000万円以上を稼ぐフリーランスがごろごろいます。そこで「Six-Figures」と呼ばれる彼らにインタビューを敢行。vol.5はライターで...
AppleのARkitに対応した「TweetReality」では、現実世界に合計25枚のツイートを表示することができます。イメージは、SF映画に出てくるよ...
成功をしている人たちは失敗ばかりしている、全知全能であって、天性のリーダーシップがあるなど、は誤解であり、そのように信じていることが、自分の成功の機会へ遠...
創作寿司の可能性って、まだまだありそうですね。
栃木県小山市民を中心に老若男女に愛され、2005年に惜しまれつつ閉園した「小山ゆうえんち」。遊園地が開園中に活躍していた2層式アンティークのメリーゴーラン...
人生にはいくつもの分岐点があり、意思決定を迫られるシーンが何度も訪れます。もちろんビジネスにおいても、そう。そこで、Amazonの創業者であるジェフ・ベゾ...
10年後、僕たちの働き方はどう変わっていると思いますか?
アメリカ西海岸の街・シアトルは、家賃とグルメレベルが連動するように高騰中。食いしん坊にはますます魅力的な街へと変貌を遂げています。そんなシアトルは今、フー...
起業家大国とも言われているイスラエル。会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが、日本においての女性起業家10名のうちの1人として選ばれ、イ...
台湾の桃園国際空港でLCC利用者が使うのは第1ターミナル。乗り継ぎ利用だって格安。安く賢い旅をするなら、夜市のようなフードコートで食い倒れるのが台湾を利用...
人口が増え続ける世界では、いずれ食糧危機が訪れることは免れません。しかし、省スペース、省エネ、オートマチックでたくさんの野菜が収穫できるこんな家庭菜園があ...
さて前回は、「働く時間を減らすためにITを最大限活用しよう」という話をしました。 今回は仕事の内容について、【好き】を仕事にするのはどうすればいいのか、ど...
元エンジニアが、たった一人で切り盛りする東京・神保町の食堂が話題を呼んでいる。ここが、行列の絶えない人気店かといえば、さにあらず。ところが、昼時のピークに...
最近よく問題視されているのが、自動化やAIにより、失われて行く職業だが、逆に、新たにできる職業はどういうものなのだろうと考えたことありませんか?今はないけ...
成功している人たちには、絶対に守っている独自の習慣があります。体に染みつき、それをすることが当たり前になっていること。ここで紹介するのは「Inc」のライタ...
2015年11月3日、Amazonが米シアトルに書店をオープンしました。20年以上オンラインストアを運営してきた同社がリアル店舗を持つのは初の試み。何年も...
マリ共和国特産のゴマを、はちみつとバターで加熱して冷やし固めたシンプルなお菓子の紹介です。
仕事を成功させる秘訣とはもしかしたら、自分の一生だけじゃなく、次の世代やそのまた次の世代へと引き継がれていくような長く愛し愛される働き方をすることが一番の...
AIの進化によって、数多くの職業が失われるという説があります。今でもすでに、機械化によって職を追われる人々が出てきている状況です。しかし「Inc.com」...
前篇では、GoogleやWeWorkといった企業の事例を交えながら、これまでは趣味・娯楽としての側面が強かったアートがビジネスにおける必須科目となりつつあ...
いま、欧米ではビジネスの場においてアートが注目されています。私自身もGoogleやWeWorkといった企業にアーティストとして呼ばれることも。なぜか?アー...
  001 『未来を変える80人』への、世界放浪 本村さんは旅を経て起業された訳ですが、なぜ起業をしようと思ったのですか?アメリカで社会学を勉強していた時...
「プライベートでの成功が仕事の成功を生み出す」ライターMARCEL SCHWANTES氏の主張を簡潔にまとめるならば、そういうこと。成功を収めた起業家は、...