「覚めない恋心」を大切にしたい13の理由

たとえ、どんなに時が経っても、なかなか忘れられない愛しの君。いつか、この人と結ばれるんじゃないか、なんて淡い期待がずっと胸の内に残っている。こんな経験はありますよね。初恋の人、片思いの人、または別れた恋人だったり。

Lasstray」のライターShaliniさんが紹介するのはこんな人物。Lifelong Crush。コレ、英語的な表現すぎてわかりにくいでしょうが、あえて訳すならば自分が未だに恋心を抱く人、の意。

自分に置き換えて考えてみてください。ほら、思い当たるヒトがいるでしょ。

ふと、思い出す
ずっと好きな人

多くの人に、忘れられない片思いの人がいるはずです。自分がどのような状況になっていたとしても、やっぱり「あの人」がまだ好きなのかもしれない…この気持ちを抑えようにも、ようやく忘れそうな頃になると、当時の感情がぶり返し、また気持ちがたかぶってきたり。

無理して否定していると、気持ちが収まらなくなる。それよりも、自分の気持ちに正直に、まだどこかに存在があること認めれば、ちょっとは楽になると思います。そんな同じような体験をしている人たちに向けて。

01.
いまだにドキドキする

未だに、彼と同じ部屋にいると緊張しませんか。ものすごく好きだった当時の感情まではいかないかもしれないけど、吹っ切れない思いや、胸の内に潜んでいたものは、意図せぬときほど顔を覗かせるものなんじゃないでしょうか。

02.
人混みのなかに探してしまう

バカげたことかもしれない。でも人混みで彼(彼女)の存在を、無意識的に探してはいませんか?どんなに、離れ離れに生活していたとしても。

03.
「好き」がなくならない

すごく好きだったというのはまぎれもない事実。たぶん、自分がその気持ちに気づくよりもっと前から、思いを寄せてたんでしょう。だからどんなに否定しようとしても、その気持ちは簡単に消えることはないのです。

04.
思い出がフラッシュバックする

ふと、彼(彼女)を思い出してしまう瞬間がありませんか。例えば、一緒によく聴いた曲だったり、一緒に出かけた場所だったり…。その曲が耳に届き、その地を訪れたりすると、思い出が瞬間的にフラッシュバックする。そして、笑顔になったり。

05.
素直に応援できない

気になる相手が他の人と付き合ったって知った時、ついつい応援するふりをしてしまい、たまにヤキモチを焼いてしまいます。

06.
気づけば、ネットストーキング

認めたくなくたって…つい、ネットストーキングしてませんか?ステータスが変わったことにすぐ気づいてしまうのも、すべて知りたいって気持ちがあるからでは?

07.
無意識のうちにする「比較」

密かに今の恋人とアノ人を比べていませんか?同じように、アノ人の恋人まで自分と比べてみたり…。

08.
どこかで、諦められない

自分や彼(彼女)がどんな交際していても、好きだったことに変わりはありません。だから、彼(彼女)の恋人を何人も見てきても、あなたにはまだ「好き」という気持ちがあるのですから。

09.
「特別な日」が今もトクベツ

アノ人の「誕生日」やふたりの「特別な日」、その日が来ると思い出してしまいませんか?その日に限って連絡をしてみたり、声をかけてみたり。

10.
考えるだけで笑顔

彼(彼女)を思うと、思わず笑顔になりませんか。なぜか?よくも悪くも、叶わない夢のままに終わってしまっているからです。叶わなかったかもしれないけれど、考えるだけで笑顔になる、こういう気持ちは一生残るもの。

11.
名前だけで
聞き耳を立ててしまう

名前が聞こえてくると、ふいに耳をそば立てて聞いてしまいますよね。他の人たちが彼(彼女)の話をしていると、ね。

12.
正直に言えば、
未だにどっかで…

共通の友人たちにも誰にも、まだアノ人のことが好きと気づかれたくないのでしょう。だから彼の名前が出てきても、思わず気にしないフリをしてしまいませんか。

13.
いつか、きっと…
と思えて仕方ない

ときどきこんなことを思いませんか?いつか、彼(彼女)と結ばれるかもしれない。本当は、そんな可能性ないに等しかったとしても。

Licensed material used with permission by Lasstray
職場での片思いの相手に失恋…。普通の失恋よりもダメージが大きいことは想像に難くないはずです。なんせ、この先も(下手すると毎日)顔を合わせなくてはなりません...
「好きな人に既に恋人がいた」「告白したけど断られてしまった」など、片思いのまま失恋してしまうこともあると思います。まだ片思いの段階だったとはいえ、一つの恋...
失恋って、精神的な「死」だと思う。
失恋が、あなたの人生にどんな影響を及ぼすのかーー。今回紹介したいのは、そんな記事です。「Elite Daily」で数々の恋愛コンテンツをヒットさせているP...
カナダ・バンクーバー出身のアーティストDaniel Nelsonさんが手がけたスケートボードデッキ。流木と水色のUVレジンからできていて、川の水面をそのま...
代々木上原で話題!体に優しくて、美味しい。 フラワーショップ併設のオーガニック・レストランbotanical table Offf 〒151-0066 東...
片思いは楽しくも辛いもの。片思いが報われないという諦めも必要です。そのために、相手が本当に自分のこと好きなのか確かめたいものです。あなたにそんなに興味のな...
どんな別れも、何かしらの痛みを伴うもの。「Elite Daily」のPaul Hudsonさんは、つらい恋愛経験を乗り越えて「13の貴重な学び」を得たと言...
片思いの相手に勇気を振り絞って告白。そして撃沈!そんなときは誰だって落ち込みます、ちょっとまって!まだ、その恋は終わっていないかも。すぐに諦めてしまわずに...
失恋さえなければ、人生は随分とラクだと思うんです。でも、一度も失恋をせずに一生を終えることなんて、ほとんどの人ができない。だったらせめて、乗り越える術だけ...
アムステルダム国立美術館の前に設置されていた巨大な「I amsterdam」の文字が、12月3日の朝に解体されちゃいました。記念写真を撮影しようと思ってい...
辛い恋人との別れ。できるなら経験したくないことですが、始まりがあることには終わりもあるのが世の常です。そんな悲しい精神状態の時、私たちの脳内では何が起きて...
片思いをしていると、相手に幻想を抱いてしまいがちです。よく知らない人に恋をして「なんて素晴らしい人なんだろう。付き合えば幸せになれるに違いない」なんて期待...
失恋は怖い。ふる方もふられる方も。けれど、そこから得られる学びは数知れません。女性ブロガーLindsay Tigarさんが「Your Tango」に書いた...
「ラブランゲージ」とは、愛する人へしっかり愛を伝えるために、知っておいた方が良いコミュニケーションの仕方。もともとは、30年以上、カップルのカウンセリング...
恋愛に別れはつきものだなんて知っているけれど、実際に直面すれば、やっぱり胸が引き裂かれそうになる。多くの人たちが、過去にこんな痛みを乗り越えたのかと思うと...
北モンゴルのタイガの森で暮らすトナカイの遊牧民「ツァータン」の家に宿泊できるAirbnbプラン。ローカルフードも食べられてカルチャー体験もできる濃いプラン。
「思いを告げる前に好きな人が引っ越してしまった」「一目惚れした人が遠方住みだった」などの理由で、片思いなのに遠距離恋愛になってしまったという方もいらっしゃ...
恋人に好意を抱けば抱くほど感じてしまう、やきもちや嫉妬心。何となく、女性の方が嫉妬するイメージが強いですが、なにもやきもちをやくのは女性ばかりではありませ...
アメリカの研究によれば、別れを告げるときは、必要最低限の優しさ、且つストレートに言うのが、相手を傷つけるリスクが低いそうです。ここでは、言うべき具体例を含...
失恋によって自暴自棄になったり、家の中に閉じこもったりしていても、やり場のない大きな悲しみはなかなか癒えることがありません。しかし、生きている限り、あなた...
学生時代の恋愛では、なかなか気づけなかったこと。
50%が1年未満で別れてしまう厳しい遠距離恋愛。結婚に至るケースは全体の13.5%でしかありません。1度別れた遠距離恋愛を復縁する前に、よく考えておかなけ...
Elizabeth Stoneは、恋愛依存体質の女性に対して、しばらくは独りを楽しんだらどう?とオススメしています。モテてる感じがして気持ちいいかもしれな...