クラブのトイレに置かれた「1ドル札と白い粉」の正体。

コカインをナイフで細かく砕いて粉にして、鼻から一気に吸い込むスニッフィング。映画やテレビ番組でよく見かけるように、メジャーなのは机の上にラインを作って、丸めた$1札で吸う方法なのかもしれません。少し前のある調査によれば、アメリカのドル紙幣の約90%から、コカイン吸引の痕跡が発見されたとか。

と、こんな前置きをしたのは、ある日、アメリカの主要都市のバーやクラブのトイレに、$1札と白い粉を上手く利用した広告が登場したから。

ちょっと過激?
麻薬を利用した宣伝方法

貼られているシールには、こう書いてあります。

「もしも今が90年代だったら?おそらく80%の確率で、この粉はカリ・カルテルから密輸されたモノだよ」

そして、左下には「Narcos」という文字が。

もうお気づきの人もいるでしょう、これはNetflixオリジナルでお馴染みのコロンビアの麻薬組織を描くドラマの宣伝。9月1日より始まったシーズン3の配信にあわせて制作されたものです。

でも、なぜトイレ?

シーズン3の題材となる「カリ・カルテル」は、パブロ・エスコバルの死後、コカイン市場を席巻したコロンビアの麻薬組織。最盛期には、世界で取引される80%を彼らが占めていたのだとか。その利益を計算すると、3時間ごとに約1億円(917,000ドル)。さらに、1995年には、同年の「フォーチュン500(アメリカの収入が多い上位500企業のこと)」の総収入よりも稼いでいたようです。

この組織からアメリカに密輸されたコカインは、トイレで吸われることが多々あるそう。実際に、クラブのトイレに「ここで吸引するのはやめてください」という注意書きを見かけることも。 

日本ではちょっと過激とも思える、『Narcos』の宣伝方法。クリエイティブを手がけたDonerLAは、その反響についてこう教えてくれました。

「目を引くこの広告は、始めてから数日ですぐに話題になりました。人気がありすぎて、多くのトイレからシールが盗まれていたほどです」

Client: Netflix
Show: Narcos, Season Three
Agency: DonerLA

Jason Gaboriau - EVP, Chief Creative Officer
Drew Brooks - Design Director, Creative Director
Michael Cessario - Creative Director
Nomin Boutchard - Art Director
Lucas Nelson - Copywriter
Sara Schwartz - VP, Brand Leader
Matt Phillips - Brand Leader
Britta Couris - Producer
Doug Thompson - Print Production Supervisor
Kathryn Lyons-Urbanek - Art Production Supervisor

Licensed material used with permission by DonerLA
他の記事を見る
いつ誰がドラッグを隠したのかは分かっておらず、アメリカの麻薬取締局は今でも捜査を続けているそう。
ディープな英語を学べる「麻薬の隠語リスト」。アメリカの麻薬取締局「DEA」が毎年アップデートしています。
ロンドンをベースにするアーティストScott Conrad Kellyが、100箇所以上のトイレの落書きから、男女が描く内容の違いを解析したプロジェクト「...
トイレ掃除専用ロボット「SpinX」は全自動トイレ掃除ロボット。便器内だけでなく便座部分の洗浄と乾燥も行う。しかも既存のトイレに簡単に取り付けつことができ...
スウェーデン・ストックホルムに拠点を置く広告制作会社「Clear Channel」は、2018年11月にホームレスの人々に向けたプロジェクトを実施。
2018年12月8日から2019年1月6日にかけて、ロンドンにあるヴィクトリア&アルバート博物館では、ジンジャーブレッドを使ってつくられた街が展示されてい...
2019年1月31日からニューヨーク発ボストン、ダラス行きで運行が開始される、デルタ航空のエアバスA220-100型機。トイレに窓があり、快適な空の旅が楽...
2019年1月1日から、アメリカ・ニューヨーク州にて、男女のトイレにオムツ交換台を設置することが義務化されました。これから新しく建てられたり改築されたりす...
トイレの夢を見て目を覚ましたことはあるでしょうか。目覚めとしては決して良いものではありませんが、昔からトイレの夢は吉夢として伝わっています。トイレは日々の...
毎日使う場所だからこそ、汚れやすいトイレ。しかし、トイレには便器や換気扇など、様々な設備がついているだけに、掃除も一筋縄ではいきません。意外と知られていな...
 ライターのTERUHAです。海外旅行は年1,2回だけ。トラベラーを名乗るにはあまりにフツーの旅行好き。武器はゆたかな想像力という名の妄想力! そんな私が...
面白いと話題になったベルリンのトイレ。多数のスクリーンが設置され、3D映像や音が流れたり。用を足しにきた人が落ち着ける空間を追求したとのこと。
ミスターフレンドリー。(どのあたりがフレンドリーなのかはちょっとわからない)この便器たち、男性が用を足している約40秒のあいだ、ディスプレイに広告を流して...
海外旅行に行くとき、どうしても気になるトイレ事情。日本のトイレは世界一とも言われますが、海外ではそもそも無料でトイレに行ける場所が限られていたり、日本のよ...
毎日疲れて帰っても、とびっきりのかわいさで癒してくれる、愛犬。でも、室内でのウンチやオシッコの始末は、悩みの種。トイレの場所を教えておいても、時間が経つと...
トイレで「小」をする時、男性は手で大事なトコを触るもの。でも、手のひらには無数の細菌が潜んでいるから要注意。これが、原因で病気になってしまうケースも多くあ...
シャネルが、ファンデーション、アイブロウ・ペンシル、マットな仕上がりの保湿リップクリームの、3つの製品で構成される「ボーイ ドゥ シャネル」を立ち上げまし...
家の中でいちばんプライベートな空間、それはトイレと答える人は多いのではないでしょうか?Houzzの写真を見ていると、トイレに求めるものは人それぞれであるこ...
先日、パリの街角に赤色の簡易トイレ「Uritrottoir」が設置されました。トイレの排泄物がたまったら、土を混ぜてそのま養土となります。
トイレを流すとき、一体何リットルの水を使ってると思う?一度トイレを利用しただけで、どれくらいの水が使われているか知っているだろうか。その量なんと、約6リッ...
万が一、映画観賞中にお腹が痛くなってしまっても安心です。壁じゃなく、床にスクリーンを設置しているところがポイント。
普段はライバルであるはずのNetflixとHulu。その両者のやりとりが、なんか素敵!
公衆トイレを使用する際、便座の汚れが気になって仕方ない!という人、多いかもしれません。中にはトイレットペーパーを敷いたり、事前に便座をふいたりする人もいる...
つい先日、世界各地の1ドルで飲めるビールの量を公開されました。