この悲しみ受けてみよ!「涙」でできた弾丸を。

あまりにも理不尽で辛いことがあった時、どんな相手であっても勇気をふり絞って戦う。自分よりも強い立場の人々に、どれだけの人が気持ちを正面からぶつけることができるんだろう。

昨年、オランダで開催された「DUTCH DESIGN WEEK」に出展されたYi Fei Chenの「Tear Gun」。涙を凍結して、弾丸をつくるというものなんだけど、どうして彼女はこんなものを作ったのだろうか?

抑え込んだ「感情」を解き放つ

B15353025479cbeb5f1dcf76afb69531b4e1f58e

Yi Fei Chenがこの弾丸を思いついたキッカケは、教師に対しても毅然とした態度で権力に屈することもなく、疑問を投げかけ続けるオランダの教育風景を目の当たりにしたことから。

台湾出身の彼女が育った環境では、どんなことがあっても教師の前では従順でなけらばならないといった文化があったようだ。だから、オランダの生徒たちの行動や態度は衝撃的だったとのこと。

異なるカルチャーに刺激を受けたことにより、次に圧力に負けそうになったら相手に向かって“涙の弾丸”を放ちたい。そんな気持ちから、「Yi Fei ChenによるTear Gunが生まれた」ということを制作に協力したYen-An Chenが公開したvimeoに綴られている。

あなたなら、
どんな時に撃つ?

9b9e31185a00c8806d9540ccd7ff80aa7e564e09

Yi Fei Chenの個人的な思いから生み出された弾丸だけど、もしも自分だったらどんな時に涙を弾に込めようと思うのか…。

私だったら、言葉にできないくらい悔しかったり、悲しかったり。心から叫び出したい時に弾を込めると思う。実際に放たなくても、自ら流した涙を攻撃をイメージさせる「弾丸」に変えることで、やり場のない気持ちを少しだけ整理することができそうだ。

でも、自分じゃない誰かがそんな思いをしてまで、涙の弾丸を作ることがあったなら。そう考えると、少しだけ周りに優しくなれる気がしませんか?

Licensed material used with permission by Yi Fei Chen, Yen-An Chen
この絵を見たとき、なんだかとても悲しくなった。なぜかというと、笑顔の下で泣いている彼女の気持ちが、少しだけわかるような気がしたから。作者であるvinci....
あなたが涙を流すのは、どんなときでしょうか。嬉し涙もあるでしょうし、抱えている悲しみやつらさが極限に達して、こらえきれないとき、ここで泣くのはイヤだとぐっ...
涙には、ストレスを体から追い出す効果があります。ストレスを溜め込むと病気の原因にもなるので、その効果は絶大なんです。涙についての研究を進める神経科学者、ウ...
ニュージーランドのウェリントンは、コーヒーも有名だけど、クラフトビールだって有名なんです。この記事では、地元で人気のクラフトビールブランドのオーナーがおす...
カリブ海に浮かぶ小国ハイチ。フランス領だったこの土地は、食の影響も多分に受けているようですが、この味だけはローカル(クレオール料理)かも。
痛いわけでもないし悲しいわけでもないのに、SEXによって溢れてくる涙があるのです。調査によると、46%の女性が「行為によって、なぜか泣いたことがある」と答...
夢の中の自分が泣いていた…。何か不幸の予感のように思えますよね。ところが、実際はその逆でなく夢は「吉夢」、つまり幸運の予兆。夢の中の涙の意味を解明していき...
玉ねぎを切ると、涙が出てくるのは周知の事実。では、みなさんはそれをどう回避していますか?「包丁と玉ねぎをよく冷やしておく」「割り箸を口にくわえる」など、“...
無意識に「泣くこと」を、我慢したり避けたりしていませんか?「Elite Daily」の女性ライター、Candice Jaliliさんも、そんな涙を見せるの...
近しい人を亡くすと、悲しみから逃れない気持ちになってしまいます。でもこの名言集は、悲しみに向き合い、前向きになれるように紹介しています。
「泣き虫ほど、本当は精神的に強い人間」。まるで子供向けアニメの主人公のような、逆説的視点から、涙と感情の相関関係を解説した「Power of Positi...
失恋の痛手を治すのは、思いっきり泣くことだ。そんな話を聞いたことがある。現実世界に目を向けるのは、あまりにも酷なことだから。泣くことで、悪い感情が吐き出さ...
英・ウェールズの北西にあるカーナーヴォン城で、あるインスタレーションの展示が行われました。なんと、キャンバスに選ばれたのはお城そのもの。ひとつの窓から何千...
背中や肩に絵がれたスカル、蛇、バラの花…タトゥーに好んで用いられるこれらのデザイン。それを3Dで表現してみたら……。イギリス在のアーティストBilly B...
今までに自分たちが味わった「苦しみ」を絵や詩で表現して集めた『Forward Together』というサイトがある。これは、トランスジェンダーであることに...
生まれつき耳が聞こえないCharlyちゃんは、ある日補聴器を付けて、初めて「音」や「声」を聞くことに。「こんにちわ」「愛しているわ」というお母さんの呼びか...
ここで紹介するのは、2017年にオランダのコメディー番組が制作した風刺動画。極端な論調ではありますが、厳しく銃規制がされている日本に暮らす人が見たら、ナレ...
「男は泣くものじゃない」男女平等とは言っても、長い間に培われた文化は、なかなか消えないもの。自分の中にもそんな思い込み、ありませんか?写真家のMaud F...
この赤ちゃんにとって、絵本を閉じることほど「この世に悲しいものはない」のかもしれません。絵本を読んでくれるママの「お〜しまい」を聞くのがイヤでイヤでしょう...
ドクロや兎、鹿を型どったキャンドル&ホルダーが話題になっています。その理由は、火を灯すと、まるで泣いているように見えるから。演出するのは「切ない」雰囲気!...
フランスに拠点を置くデジタルラボTHÉORIZ Studioが最近公開した、話題の動画を紹介します。仮想現実をよりリアルに体験するテクノロジーを応用したも...
まるでiPhoneがそのまま車になったかのようなデザイン。Appleでは、密かに自律運転車両の開発が行われている…。と、多くのメディアが報じていましたが、...