ソニーの提案する「暮らしの空間」が支持される理由。

インテリアの趣味は人それぞれですが、“素敵だな〜”と憧れるようなリビングやベッドルームには、ある共通点があります。

それは「家電がないこと」。

想像してみてください。

一昔前はリビングのレイアウトを決める時、テレビやオーディオ機器を中心に考えるのが一般的でした。でも、今はソファやグリーン、あるいは陽の光といったところから考える人が多いはずです。

今、この事実に向き合い、新たなコンセプトを打ち出しているのが、ソニーです。

中心にあるのは、
家電ではなく暮らし。

ソニーが2014年に発表した「Life Space UX」

そのコンセプトは、“居住空間を生かした新しい体験をテクノロジーによって生み出す”というもの。つまり、中心にあるのは、家電ではなく暮らしだという考え方です。

すでにスピーカーやテレビなどの音/映像機器としてもブランドを確立しているソニーがこういったコンセプトを打ち出していると考えるとかなり斬新ですが、すでに「Life Space UX」は、そのプロダクトを通して、消費者から支持を集めています。

そのラインナップは、いずれも部屋のインテリアを選ぶのと同じ目線で“欲しい!”と思えるプロダクトばかり。生活空間をもっとお洒落にしたいと思っている人、もっと楽しめるものにしたいと思っている人は、「Life Space UX」に注目です。

例えば、
インテリアとして機能する
「スピーカー」。

「Life Space UX」の世界観を象徴するプロダクトのひとつが、この「グラスサウンドスピーカー(LSPX-S1)」です。

生活空間に馴染むスタイリッシュなデザインは、これまでの音響機器の常識を覆すもの。加えて、クリアな音色を360度リスニングポイントを限定せずに楽しむことができるので、レイアウトの自由度も高くなっています。

外見的に洒落ているだけでなく、音響機器メーカーとしての技術力があってこそ。まさに、ソニーならではのプロダクトと言えます。

例えば、
家族誰もが楽しめる
「ポータブル超短焦点プロジェクター」。

家庭用プロジェクターやホームシアターというと、天井に設置する工事やスクリーンが必要だったり、配線が大変だったりといったイメージがありますが、「ポータブル超短焦点プロジェクター(LSPX-P1)」はちょっと違います。

この商品は、写真にあるようにプロジェクターを壁の前に置くだけで、映画やテレビ番組を楽しめます。

本体の向きを変えるとテーブルの上にも映すことが可能。本体サイズもコンパクトで、置き場に悩むこともありません。

スペースやシーンを問わず、家族みんなで楽しめるプロジェクター。これもまた、ソニーならではのプロダクトです。

その他にも生活空間に明かりと音を溶け込ませることをテーマに開発された「LED電球スピーカー(LSPX-103E26)」、壁際に設置するだけで147インチという大画面を壁に映し出せるというハイスペックな「4K超短焦点プロジェクター(LSPX-W1S)」もあります。

住空間にこだわるなら、ソニーの「Life Space UX」に注目です!

ソニーの「ポータブル超短焦点プロジェクター『LSPX-P1』」は、好きな映画や写真などを、家中のさまざまなところに投写できる画期的な商品。持ち運びやすい小...
写真で見るだけでも、どこまでが壁なんだかがわからない……建物の中ということを忘れてしまいそうな空間です。
スウェーデンには「lagom(ラーゴム)」と呼ばれる概念があります。「多すぎず少なすぎず、ちょうどよい」という意味で、物質主義や消費主義とは反対の、適度で...
「断捨離」や「ミニマリスト」が流行りだけれど、物が多いことに幸せを感じる人だっている。インテリアに凝ったり積ん読しちゃったりするのも、自分の幸せに繋がるん...
パリ発の総合美容薬局「L'OFFICINE UNIVERSELLE BULY(オフィシーヌ ユニヴェルセル ビュリー)」のハンド&フットクリーム「Pomm...
保護性もデザイン性も機能性も大事だけど、カスタムして遊ぶっていう感覚もアリだと思います。
ひとり暮らしは、自由の象徴。全裸で踊り狂ったって誰もあなたを咎めません。ただその分、責任も発生します。「Elite Daily」のライター、Laura A...
自身が経験した自由気ままな暮らしっぷりを描く,イラストレーターのYaoyao Ma Van As。快適でのびのびとした「自分の城」でくつろぐ女性たちのイラ...
今回訪ねたのは、山梨県笛吹市芦川町にある1日1組限定の貸し切り古民家宿「LOOF」。兜作りの屋根が特徴の「澤之家」と、瓦屋根の昭和建築「坂之家」の2棟から...
「Airlander 10」は最大5日間も空を飛び回れる航空機です。
「Apollo Peak」のCat Wine(キャットワイン)は、アルコールフリーの猫用ワイン!一人でお酒を嗜むのもいいけれど、愛猫と一緒ならもっと充実し...
肩にのせることで手軽に映画やライブ映像、ゲームを臨場感あふれるサウンドで楽しめるウェアラブルネックスピーカー『SRS-WS1』がソニーから登場。スピーカー...
一人暮らしをはじめて、「丁寧な暮らし」に憧れていても、何をすれば理想の生活に近づけるのか、わからない人もいるでしょう。そこで、一人暮らしで実践しやすい丁寧...
「花屋に行くのを習慣化する」ってなかなかハードルが高い。そんなハードルを取り除いてくれるのが、「霽れと褻(ハレとケ)」っていうオンラインサービスです。
統一感がない、素人っぽい微妙な部屋になっていない?この3視点からの部屋の風景を完璧にすれば、おのずと洗練された空間になるんです。
正直、そんな状態で働いていたことに驚きですが、一番ビックリしたのは当事者自身かもしれませんね。予想外の方法で空を飛んでしまったのだから……。
女性が【共感脳】で、男性が【目的脳】だから。そもそも脳のつくりからして違うのが理由だ、ということは、すでに知っている人も多いでしょう。でも、それだけではな...
丁寧な暮らし、つまり心が豊かになるような生活は、無理な節約をしていると叶いません。節約をするにしても、無理やりするのではなく、できることなら楽しみながら行...
動画メディア「Cut」が支持政党が違う若者3人を呼び、マリファナを吸って彼らにアメリカの「政治」の現状を語らせた。初めは民主党派と共和党派で揉めていたが、...
クローゼットの中身をのぞき見しているようで、ちょっぴりドキドキ、後ろめたさも。だから気になって仕方ないのかも。
東京都杉並区でユニークな家を発見しました。びっくりするくらいにうすいんです!この住宅を設計した水石浩太建築設計室に連絡をすると、その理由が分かりました。な...
リーデルは、オーストリアのワイングラスやシャンパングラスを扱うガラスメーカー。ソムリエからも圧倒的な支持を受けている世界最高のグラスだ。
北欧スタイルといえば、白い部屋、自然あふれる暮らし、ヒュッゲなライフスタイルを思い浮かべる人も多いのでは。でもそのイメージ、実はズレてるかも。そこでハウズ...
誰の目も気にすることなく、のんびりと生活できる「ひとり暮らし」。頼れる家族やルームメイトから離れ、すべてひとりでこなしていくのはちょっと不安かもしれません...