これは「日本の空気を変える」挑戦だ。

『社会運動はどうやって起こすか』というTEDの有名なスピーチを聞いたことがあるだろうか?

人々を巻き込む社会的なムーブメントが生まれる時、そこには最初に声を上げた1人目の行動者がいる。だがよく観察してみると、言い出しっぺを最初期にフォローした“2人目”こそが、ムーブメント作りに重要な役割を果たしていた、というエピソードだ。

74ec516bb75b938e2ca89bdb3051a14900766ee9

“2人目”のフォロワーが追随の姿勢を周囲に見せていくことで、ただのクレイジーな行動者はリーダーとなり、輪は広がり、ムーブメントになっていく……。確かに始めたのは1人目だったけれど、この“2人目”こそが、真のムーブメントメーカーだとも言えるだろう。

いまここに
クレイジーな“1人目”がいる

“1人目”といっても4人組。クレイジーというよりは熱血漢。それが、『シクラメン』という男性ポップスグループだ。

9f91bb19cf2b99e76dcadba285ec6a7e580d77e2B935d60917d1c2a0b805fe519bc36965899f2274

公開したMVは【未完成】

12月6日に公開されたばかりのこのミュージックビデオは、なんとまだ【未完成】だという。彼らの出身地、東京・蒲田で撮影された映像で始まったかと思いきや、いきなり変顔とともに「皆の『地元の自慢』を送って!」とお願いメッセージが流れてくる。

自分たちの映像だけでは完成とは言えず、日本全国から寄せられた『地元自慢』とともに、このミュージックビデオを完成させたい!ということらしい。

そして、実は影なる“1人目”がいることもお伝えしなくてはいけない。最後まで見てくれた人はお分かりになっただろう。シクラメンとエステー社が手を組んで、このクレイジーな企画を仕掛けようとしているのだ。

9ea49d44ce86ad21b1f13fb2b94c42d8483ffb0b

インタビューに応じてくれたリーダーのDEppaさん(右)

DEppa:「エステーさんの『ドライペット』のCMで僕たちカッパになったんですけど(笑)、すごく良い反響を頂いたみたいで。『ドライペット』のCMソングを、なんとしてもフルバージョンで作って、ファンの皆とライブで楽しめる曲にしたかったんですよ。そんなことを考えながらちょうど全国ツアーを回っていて、気付いたんです。日本、スゲェ、面白いって。それで、日本をテーマにした『あっぱれニッポン!!』なんていうストレートな曲を作ったわけです」

4029333887bd3d9e5ea7116700e22c0241c29ef4

DEppa:「でもそしたら、ライブで歌うだけじゃもったいない!って気分になっちゃったんですよ。これは日本全国の皆さんの歌にしてほしい!日本中の商店街で流れてほしい!って。だからエステーさんにこの企画を持ちかけてもらった時、これだ!って思いましたね」

「歌詞に意味なんてなくても
ほとばしるリスペクトは詰まってる」

DEppa:「日本って魅力が多すぎるんですよ、本当に。全部詰め込みたい!と思ったら歌詞の意味がなくなっちゃったけど(笑)、だからこそ“全部入り”なMVを全国の皆さんと作ることに意味があると思っていて。僕たちもまだ知らないような日本の面白いトコロを、ぜひ教えてほしいんです!」

8bea494666eb56a72fdfd76bb85a8ee30822fca9

カッパ姿のCMから日本のアンセムが生まれるとは、誰も想像しなかったのではないだろうか。3回聞いたら耳から離れないスルメサウンド、無鉄砲なまでに真っ直ぐな情熱……こんなクレイジーな1人目に、あなたはどうやって追随したい?

私たちをとりまく社会に様々な事が起こっているいま、「日本はいいとこ多すぎる!」と、いつからストレートに言えなくなっただろう。いつから明るい話題よりも暗いニュースを好むようになってしまったのだろう。この曲を全国に届けることで、まさに日本の空気を変えようとしている彼ら。『ドライペット』から始まっただけに、じめじめした日本の“除湿ソング”とも言えるような気がしている。

あなたの“2人目”としての参加こそが、日本の空気を変える大きなムーブメントを起こすキッカケになるかもしれない。必要なのは、いま手元にあるスマホと、地元の魅力を伝えたい!という想いだけ。

※参加応募は締め切りました。(2017年12月20日)

そして遂に、MVが【完成】

予想をはるかに超える応募をいただき、紹介できる写真や動画が限られてしまったが、間違いなく47都道府県、全国の皆さんの力を集結して作った作品がここに完成した。シクラメンの人懐っこさや、シクラメンを愛するファンの思い、そして日本を、地元を愛する参加者の楽しげな様子が伝わってくる。

そうだ、これでこそ、シクラメンとエステーが作りたかったミュージックビデオの【完成】だ!

撮影風景のオフショットを
ちょっとだけ公開

このプロジェクトは、何よりシクラメン4人の「人間らしさ」や「愛らしさ」なくては始まらなかった企画だ。想いのままに全部詰め込みすぎて、歌詞の意味がなくなっちゃった、なんていう真っ直ぐさすら、彼らを表すエピソードそのものなのだと思う。そんな彼らのひととなりが伝わる撮影メイキングを、最後に少しだけ紹介したい。

0fc0cb5406c9ec0811e0e0acc9d548d0808b0755

蒲田で大人気の餃子をほおばる!

B5d57acfed1aac1ce1b9edd8f398565b7807d015

こちらは駅ビルの屋上にあるレトロな遊園地。こんなところが蒲田にあるなんて知らなかった!

43e85d4519459690525b1fa1fd0b04bf49155e06

蒲田は商店街もディープで最高なんです。

9c8b7779fbd3c1fba85536b7a9b8cdc6a8b9e6b8

渋い蒲田温泉にてキメポーズ。

Cc2f291fbd54face27d7435858e3cf747c81c395
Reference:TED.com
忙しない一週間を終えて、ホッとひと息つきたい週末。一旦アタマをからっぽにして、イギリスのラジオ局「Radio X」が選んだ“おバカ”なミュージックビデオで...
官能的で、エロティックで、そして何よりロマンチック――。そんなキスシーンが印象的なミュージックビデオをセレクトしてみました。夏は終わってしまったけれど、こ...
激しくも心がジーンと温まるすばらしい出来栄えとなった、奈良の3人組バンド・LOSTAGE(ロストエイジ)の最新作『In Dreams』。早くも名盤との呼び...
YouTubeが2017年上半期に日本国内で注目を集めた音楽動画トップ50を発表。これは2016年12月1日以降にYouTubeで公開されたMV(ミュージ...
『Science Vs. Music(科学VS音楽)』 と銘打たれたミュージックビデオは、サウンドを可視化した斬新な映像作品だ。特定の周波数が生み出す音の...
「Never Ending Voyage」で、世界中を旅してまわるカップルが、日本を旅行している時に感じた72のことを書いています。海外を旅行した時、現地...
「INDUSTRIAL JP」というプロジェクトがある。日本の町工場をレーベル化する計画だ。つまり、工場内に繰り返し鳴り響く機械音を再編集し、映像と掛け合...
原宿を彷彿とさせるポップな色彩に、キュートな電子音。さながら日本のミュージックビデオみたいですが、実はこれ、ロサンゼルスの地下鉄会社が作ったマナー啓発動画...
映画を学ぶために12歳で単身渡英した後、ロンドンで暮らしながら海外アーティストのミュージックビデオ制作などで活躍するようになった映画監督・木村太一。自主制...
BGVとは何かって?バックグラウンドビデオのことさ!カフェやバーで流れていることもある。映画やミュージックビデオとなんでもよく、音がなくてもいい。ぼんやり...
人気トラベルブロガーのCyrielleさんが「travelettes」で、日本に住んでとても気に入った10のことを紹介していました。日本人にとっては当たり...
音楽史に燦然と輝くスタンダードナンバー、その知られざるカバーバージョンをディグりまくる連載企画「disCOVER!」。今回ピックアップしたのは、“キング・...
2011年に結成したお茶目なロサンゼルスのバンド「Vulfpeck(ヴルフペック)」が、3月2日にアルバム『The Beautiful Game』の日本盤...
関根光才/Kosai Sekine映像作家。CM、ミュージックビデオ、映画などをベースとした映像の演出を手がけ、日本人監督らしからぬインターナショナルなレ...
「日本」と聞いて、まず初めに思い浮かぶのはなんでしょうか。京都みたいな伝統の残る場所?それとも東京都心の様子?着物や日本食?それとも田舎の風景?人によって...
紀里谷 和明/Kazuaki Kiriya映画監督・演出家・写真家1968年熊本県生まれ。83年15歳で渡米、マサチューセッツ州ケンブリッジ高校卒業後、パ...
2015年12月、浅草にオープンした「BUNKA HOSTEL TOKYO」は、築30年の商業ビルをリノベーションしたホステル。日本の暮らしの中でふと感じ...
挑戦の数だけ、成功があります。偉人と呼ばれる人たちは、この「挑戦」を誰よりも多くしてきた人です。彼らは、どうして挑戦し続けることができたのでしょう?経営コ...
福井県吉田郡永平寺町にある日本酒蔵「吉田酒造有限会社」。その酒造りを今年から取り仕切る杜氏が吉田真子さん。弱冠24歳の、日本最年少女性杜氏です。彼女がつく...
ビースティ・ボーイズを代表する1曲といえば、『サボタージュ(Sabotage)』。今でもジャンルを超えて、様々なアーティストやバンドにカバーされているほど...