社会に出ると、もう学生に戻らない日本っておかしくない?

社会人のみなさん、働き始めるようになって、大学時代に学んだことってどのくらい活きていますか?

今年の3月に大学を卒業し、4月から働き始めた私が感じることは、全く活かせていないわけではないけれど、学んだことが仕事と直結しているとも言い難い。ということ。

専攻と関係のない「恋愛心理学」の授業に潜入した経験すらも、ライターになった私のアイディアになってくれているのだから、大学の授業に意味がなかったなんて思わない。でも、今の自分が入学時に戻ったら、選択する授業はちがう。

だって社会人になって置かれる環境や考えが変われば、学びたいと思う分野も変化するから。これって、ものすごく普通のこと。だけど日本では、学生に戻ることが特殊みたいに思われてしまう。

内閣府の調査でも、教育機関で学びたいと考えている人は約80%もいるのに、25歳以上の大学入学者は2%しかいない。

興味は変わりつづけるのに、
学生には戻らない日本人

Eeff23fdf557ba9f7d2a105c934426c1339ec387

海外に行くと、30代40代の人でも普通に「大学に通ってるよ〜」って答える人がいるけれど、私は30代以上の大学生と、日本で出会ったことがない(笑)。

就職してから大学に戻るのはリスキーだと感じるし、一般的に医学生や大学院生でもなければ、20代後半だって「まだ大学生してるの?」という目を向けられてしまうだろう。そもそも、大学生というステータスに対して抱く感情が、日本では特殊なのだと思う。

学びを深めたいという思いは、年齢に関係なく芽生えるものなのだから、本来なら何歳の学生がいたって不思議ではないはず。

他国に比べると、かなり考えが偏っているのだなと改めて感じたのが、OECDが毎年発表している、『世界各国の大学・大学院の平均進学年齢』の調査結果を見たときだった。

入学平均年齢が<18歳>なのは、日本だけ。

Ad4ab05886dbb44d1d6b2c5f6f66d2e8def7c2f1

OECD先進国のなかで、日本は大学入学平均年齢が最年少の18歳だった。教育制度に大きな変化がないから、ずっと前からこの数字は変わっていない。

一方で、スイスの入学平均年齢は24.8歳。卒業するときには、大体がアラサーになっている。デンマークも23.9歳で、北欧諸国は基本的に年齢が高い。

大学院の入学年齢も、修士課程で30歳前後。博士課程になると30歳超えの国がふつうだ。社会人経験をしてから、もう一度学びを深めるために選択をする人が多いことが、この結果からわかる。

日本の入学平均年齢は、世界から見ると想像以上に若かった……。

もう一度学びを深めることにコミットしたいと思っても、会社の所属年数が長いほど給料に反映されるし、教育を受けるために、一定期間有給で職場を離れることを認める『有給教育訓練休暇』だって、導入されている企業は一握り。(ヨーロッパではすでに法制化されている)

学生に戻るならいっそ、海外に出た方が気持ち的にもラクだろうなぁ。

学びたいという思いを行動に移すだけで、ちょっと日本はハードルが高すぎない?

Reference:ODEC
社会人と学生の違いが鮮明に描かれた漫画。ライフスタイルや人間関係など、読んでいるとおもわず頷いてしまう内容だ。ジョークもすべて英語で書かれているため、わか...
「The School of Life」のこの動画、一見の価値ありです。学校教育の問題点さえ理解すれば、大人になっての矛盾に対応できるそう。って、もう遅い...
インターネットで性の知識をつける。そうした若者が増えた結果、誤ったネット情報を頭から信じている学生もいることを、女性の人権や生命倫理、人口問題などを専門と...
すりおろしたチーズ、スプーンいっぱいのサワークリーム、そしてピリッとしたシャープさを加えてくれる玉ねぎのピクルスを添えて。
今イギリスを中心に注目されている映画『The Moment』。内容が、というよりも表現方法が全く新しいからなんです。
世界へ飛び出して仕事をしてみたい、と考えている人がいるでしょう。しかし、海外在住の人たちがどのように生活しているか…現実は情報も少なく、イメージが湧きにく...
「ブラック校則」について議論されている今日、社会人の数人に学生時代の校則についてインタビューしました。思い返してみても謎なものから、ちょっと厳しすぎじゃい...
福祉国家として有名な北欧の国、デンマーク。消費税率25%、国民負担率約70%(日本は約40%)と、かなりの高納税国である。その一方で、医療費無料、出産費無...
01:料理のスキル「美味しい肉じゃが」は、国際社会で武器になる海外、とくに欧米では、ホームパーティーが一般的。それは学生でも社会人も同じで、日本在住の方々...
ドヤったはずが、大間違い。社会人として知っておきたい「日本語」
ある意味、好きな人にだけとどけばいい。
本当の豊かさを追い求め、夫婦二人で2年間の世界一周の旅に出る。インドで人々と深く関わる中で、ひょんなことから小学校に机と椅子を贈るプロジェクトを実施し、そ...
あなたは、「学生」から「社会人」へとスタートを切った日のことを覚えていますか?そのあとの1年が充実していた人も、多忙で当時の記憶がほとんどない人も、それは...
学歴社会では「社会が頭の良い大学に行くと、人生が上手くいく」というイメージを植えつけますが、実際にどれくらいの弊害が生まれているのでしょうか。この疑問を人...
人気トラベルブロガーのCyrielleさんが「travelettes」で、日本に住んでとても気に入った10のことを紹介していました。日本人にとっては当たり...
この「Arranged」という名のゲーム。いわば、すごろくです。遊びながら南アジアの女性問題、結婚問題を実感させるボードゲーム。いったい、どんなものなので...
日本の木工技術に海外が注目しているようです。「継手」とは大工さんが2本の木材を繋ぐ時に使う技術です。直線だけでなく角度を持たせて組み立てる「仕口」という技...
、生活の場が飲食店という幼少期の実体験から学んだ人生観がおもしろい!飲食店におけるルールなれど、どんな仕事にも通づる大切にすべきことがあります。
森美知典さんの著書『日本を飛び出して世界で見つけた 僕らが本当にやりたかったこと』(実務教育出版)では、海外で活躍している日本人の元へ取材に出向き、その略...
学校ではみんな国語・算数・理科・社会など、各科目ごとに授業を受けたものですよね。でも、教育水準の高さで知られている北欧では、そんな科目ごとの授業には重きを...
ちょっとした皮肉とユーモア混じるChris Hallbeckが描いた“社会人マンガ”を読んだら、何だか心が和んでしまった。もう、立派な大人なのだけど、無邪...
Be inspired!東京・NY・ストックホルムを拠点に2015年1月に創設。「社会問題を解決する“遊び心のあるアイデア”」を提供しています。また、世界...
人間の本性は善であり、成長するうちに悪を知ってしまうという「性善説」。一方で人の本性は悪であり、生きていく中で善を学ぶというのが「性悪説」です。「The ...
現在、日本には200万人以上の「若年無業者」が存在する若者が仕事を失いやすく、誰もが無業(無職)になる可能性がある。そして、若者が働けないのは、個人に問題...