「何もない」からこそ、また訪れたくなる南の島

ビーチリゾートっていうと、たいていの人が思い浮かべるのがハワイ、国内なら沖縄もいいですよね〜。バリやセブも捨てがたい。

どこも素敵だけれど、ここで推したいのは北マリアナ諸島にあるサイパンです。

それなりに有名ではあるけれど、ハワイなどの超ビッグネームに比べて、どこがどうスゴイのか、知ってる人は少ないはず。

サイパンの魅力をひと言で言うと「田舎」ってこと。余計なものがなにもない。似たり寄ったりの開発がされた観光地とはひと味違う、その素朴さにはまります。昔ながらの懐かしい田舎の風景は、「南の島に来たんだなあ」って気分に心からさせてくれるんです。日本の人混みなんてまるで嘘のよう、とにかくのんびりゆっくりできます。

しかも、直行便でなら日本からわずか3時間半と、気軽に行けるんです。そんなサイパンの魅力を紹介していきましょう!

「もしかして、このビーチをひとりじめ?」
ということもあり得ます。

オブジャンビーチ ©Junji Takasago/MVA

年間約50万人の観光客が訪れるビーチリゾート、サイパン。それなのに、実は結構ビーチが空いているんです。その理由はふたつ。まず、サイパンにはビーチがたくさんあること、人口がたった5万人弱しかいない小さな島だということ。世界中から観光客がやってきても、大半のビーチはいつも空いているんです。

そりゃメジャーなマニャガハ島なんかは賑やかだけれど、それでも江の島やワイキキビーチのような混雑ぶりではありません。ちょっと離れたビーチに行くとひとり占めできるぐらい空いていることも。

まあ、それぐらいノンビリしているんですね。海外の人気ビーチや国内のビーチでは絶対に体験できないような、ゆるやかな時間が流れています。

日々の疲れを癒やしたい人、誰にも邪魔されたくないカップル、思いっきり子どもたちを遊ばせたいというファミリー。サイパンは、いいですよ〜。

「星が……」
言葉が出ないほどです。

スターゲイジング ©Junji Takasago/MVA

サイパンの見どころは海だけじゃありません。じつは、星空もスゴイんです。

というのも、上空を太平洋上を横切る気流が1年中吹き抜けているために塵がたまらず、空が澄んでいるそうです。しかも、他の有名リゾートと違って、大きな街などが近くにあるわけではないので、地上の明かりが少ない。ゆえに、肉眼でも空いっぱいの星を確認することができます。

現地では、観測ツアーも盛んなので、写真のような星空を誰でも楽しむことができるというわけです。

サイパンの星空については、コチラの記事でも取り上げているので、興味がある人はチェックを!

「ダイビング初めてなのに!」
簡単に楽しめます。

ダイビング ©Junji Takasago/MVA

知ってるようで知らないサイパンですが、ダイバーの間では違います。その透明度、青の深さ、地形の秀逸さと、とにかく魅力満載。世界中のダイバーから愛されています。

そして、ここが大事なんですが、サイパンのダイビングは、とってもハードルが低いんです。

もちろん、ダイビングスポットもいろいろなので、初心者が行けないようなところもあります。でも、ボートに乗らず、ビーチエントリーできるダイビングスポットもあるし、お値段も1ダイブ(所要約3時間)で40ドル〜55ドル程度。水深わずか10mぐらいのスポットでもウミガメやアジ玉(アジの群れ!)に遭遇することも!

初めての人や家族連れでダイビングを楽しみたいって人は、迷わずサイパンですね。

「サイパンだけじゃないんだ」
テニアン、ロタもあります。

テニアン島/タガビーチ ©Junji Takasago/MVA
テニアン島/ブロー・ホール ©マリアナ政府観光局/MVA
ロタ島/千本ヤシ ©マリアナ政府観光局/MVA
ロタ島/テテトビーチ ©Junji Takasago/MVA

サイパン島は14の島々から成る北マリアナ諸島のひとつ。サイパン島以外にも、テニアン島とロタ島という島があり、秘境のような雰囲気を残しつつも観光で訪れることができるんです。

テニアン島は、サイパンから小型飛行機でわずか15分というロケーション。あまりの美しさに日本のCM撮影のロケ地としてよく使われる「タガビーチ」や、「ブローホール」と呼ばれる潮吹き穴などの見どころも。よりのんびりとしたリゾート気分を味わえる島として人気があります。

一方、ロタ島もサイパンから小型飛行機で30分程度。ダイバーの聖地として知られた島ですが、ここは北マリアナ諸島のなかでもとくに海の透明度が高く、その青さは「ロタブルー」と呼ばれています。また、ジャングルのような原生林が残っており、バードサンクチュアリでの野鳥観察も人気となっています。

さて、最後にサイパンを訪れる人の間で人気なのが、マニャガハ島。サイパンから船で約10分の距離にある無人島で、眩しすぎるほどのターコイズブルーの海が広がります。ここに来たら、ボートシュノーケリングは必須。透明すぎる海の中はまるで遮るものが何もないくらいクリアに見ることができます。たくさんの熱帯魚や亀も、手を伸ばせば届きそうな距離を普通に泳いでいたりします。周囲1.5kmの小さな島なのでのんびりと散歩するのもアリ。マニャガハは現地の言葉で「ひと休み」と言う意味。シュノーケリングと散歩で疲れたら、ランチをとって、あとはビーチでお昼寝なんて最高ですよね。

マニャガハ島 ©Junji Takasago/MVA

こんな楽園の島まで
直行便でならたったの3時間半

サイパン島へは、国内の主要都市からハイシーズン時に運航されるチャーター直行便で、たったの3時間半という距離。または経由便を利用して、グアムまたは仁川乗継で行くことも可能です。

忙しい日常から抜け出して、ゆっくりと流れる島時間に身を委ねながら、ビーチでぼーっとしたり、熱帯魚と一緒に泳いだり、降ってきそうな星を眺めたり。ショッピングや観光よりも、とにかく海で遊びたい、のんびりしたいという人には間違いないリゾートアイランドです。

次の休みには、サイパンで癒し旅なんていいかもしれませんね!

Top photo: マイクロビーチ ©Junji Takasago/MVA
海外旅行で本当に使えるサコッシュ「MAISON CANVVAS」の紹介です。
「星のや竹富島」に泊まってみて、実際に感じたことを書いていく。
動画メディア『The Infographics Show』が、1日10ドルで過ごせる国を、東南アジアを中心にまとめています。贅沢とは無縁でいいから、とにか...
今年は、世界各地で記録的な寒波が来襲しているようです。こんな時には、暖かいビーチリゾートへと逃げ出したい!それは、どうやら世界共通の願いのようです。
万が一、映画観賞中にお腹が痛くなってしまっても安心です。壁じゃなく、床にスクリーンを設置しているところがポイント。
看板メニューは「ゴルゴンゾーラ・エスプーマ」 10種類のソースでムール貝を楽しめる、中目黒のフレンチビストロムール&ビストロ massa〒153-0051...
バックパッカーなどの安旅好きなら知ってる人も多いだろう。とはいえ、なかにはお金がないけど、なんとか海外に行きたい!って人もいるはず。海外旅行の敷居が、今よ...
飛行機で隣になった旅行好きに教えてもらって以来、海外旅行のたびに重宝しているサイトがある。その名も「The Basetrip」。旅に必要な基礎情報が一気に...
ニュージーランドのワイヘケ島は、オークランドから40分でいける島。ワイナリーと海が有名で、景色が最高に綺麗なんです。島の人たちも優しくて、疲れた心を癒して...
「死の体験旅行」は、アメリカが発祥と言われているプログラム。体調が悪くなり、病院で検査を受け、病気を告知され、治療から緩和ケアへと移り、そして亡くなってい...
ヨーロッパやカナダで販売されているお菓子、ワインガム。ガムというよりも、グミみたいな食感で、国によってはかなりメジャーな存在です。
海外旅行が好きだけど、どうしても定番のところばかりに…。確かにガイドブックに掲載されるたくさんの観光スポットは、ハズレもなさそう。でも、たまには人と違う旅...
「何にもない」。地方出身者なら、地元のことを一度はこんな風に思ったことがあるんじゃないでしょうか。かくいう私もその一人。だから、福岡県宗像市の大島にある「...
「オペア」留学は海外の子どものいる家庭に家族の一員としてホームステイし、ベビーシッターとして働く留学制度。海外での生活費がかからず、ビザの心配もなく、合法...
誰も踏み入れていない地をあえて散策することに、意味があると思うんです。だから春休みにどこに行こうか迷っているのなら、みんなが選ばない都会や文化をあえて探っ...
チェックしない日はないほど、生活に浸透したSNS。もし、インターネットがない時代に、これらのサービスが生まれていたとしたら……。
ハワイ・オアフ島には、地元のロコしか知らないビーチがまだまだたくさん。そのひとつがここ。金曜日のお昼から週末限定でオープンする、隠れ家的スポット。ため息が...
より多くの人により多くのビーチを楽しんでもらうために考えられたのが「Beach Colors ®」です。
「校則」って何だろう?何のためにあるのだろう?この疑問を解消するため、何度かにわけて違う角度から校則にアプローチしていく企画。第二弾は、海外の校則についてです。
少しずつ暖かくなってきた3月は、卒業旅行シーズン。5月にはお待ちかねのゴールデンウィークもあって、春は海外旅行を計画する人も多い季節。かくいう私もその一人...
Virgin Holidaysのパッケージツアーを申し込んでいれば、誰でも無料で遊び放題です。
どうやら、週末に離島へ行けるツアーがあるようだ。東京近郊、離島、ツアーなどのいくつかの条件で調べてみた結果、僕がたどり着いたのは「プラネタリウムアイランド...
使い方はカンタン。あなたが今まで訪れたことのある国や都市をピンするだけ。実際にやってみて思ったのは、世界地図を見ながらやると旅の記憶が鮮明に蘇ってくるとい...
サンゴのかけらでできた奇跡の島。「バラス島」にあるのは、真っ白な砂浜とエメラルドグリーンの海だけです。その光景は、まさに非日常そのもの。日本地図に載ってい...