知ってるようで知らない「サイパンって実はこんなところ」

ビーチリゾートっていうと、たいていの人が思い浮かべるのがハワイ、国内なら沖縄もいいですよね〜。バリやセブも捨てがたい。

どこも素敵だけれど、ここで推したいのは北マリアナ諸島にあるサイパンです。

それなりに有名ではあるけれど、ハワイなどの超ビッグネームに比べて、どこがどうスゴイのか、知ってる人は少ないはず。

サイパンの魅力をひと言で言うと「田舎」ってこと。余計なものがなにもない。似たり寄ったりの開発がされた観光地とはひと味違う、その素朴さにはまります。昔ながらの懐かしい田舎の風景は、「南の島に来たんだなあ」って気分に心からさせてくれるんです。日本の人混みなんてまるで嘘のよう、とにかくのんびりゆっくりできます。

しかも、直行便でなら日本からわずか3時間半と、気軽に行けるんです。そんなサイパンの魅力を紹介していきましょう!

「もしかして、このビーチをひとりじめ?」
ということもあり得ます。

6553262996062208
オブジャンビーチ ©Junji Takasago/MVA

年間約50万人の観光客が訪れるビーチリゾート、サイパン。それなのに、実は結構ビーチが空いているんです。その理由はふたつ。まず、サイパンにはビーチがたくさんあること、人口がたった5万人弱しかいない小さな島だということ。世界中から観光客がやってきても、大半のビーチはいつも空いているんです。

そりゃメジャーなマニャガハ島なんかは賑やかだけれど、それでも江の島やワイキキビーチのような混雑ぶりではありません。ちょっと離れたビーチに行くとひとり占めできるぐらい空いていることも。

まあ、それぐらいノンビリしているんですね。海外の人気ビーチや国内のビーチでは絶対に体験できないような、ゆるやかな時間が流れています。

日々の疲れを癒やしたい人、誰にも邪魔されたくないカップル、思いっきり子どもたちを遊ばせたいというファミリー。サイパンは、いいですよ〜。

「星が……」
言葉が出ないほどです。

6224049239752704
スターゲイジング ©Junji Takasago/MVA

サイパンの見どころは海だけじゃありません。じつは、星空もスゴイんです。

というのも、上空を太平洋上を横切る気流が1年中吹き抜けているために塵がたまらず、空が澄んでいるそうです。しかも、他の有名リゾートと違って、大きな街などが近くにあるわけではないので、地上の明かりが少ない。ゆえに、肉眼でも空いっぱいの星を確認することができます。

現地では、観測ツアーも盛んなので、写真のような星空を誰でも楽しむことができるというわけです。

サイパンの星空については、コチラの記事でも取り上げているので、興味がある人はチェックを!

「ダイビング初めてなのに!」
簡単に楽しめます。

5569840441982976
ダイビング ©Junji Takasago/MVA

知ってるようで知らないサイパンですが、ダイバーの間では違います。その透明度、青の深さ、地形の秀逸さと、とにかく魅力満載。世界中のダイバーから愛されています。

そして、ここが大事なんですが、サイパンのダイビングは、とってもハードルが低いんです。

もちろん、ダイビングスポットもいろいろなので、初心者が行けないようなところもあります。でも、ボートに乗らず、ビーチエントリーできるダイビングスポットもあるし、お値段も1ダイブ(所要約3時間)で40ドル〜55ドル程度。水深わずか10mぐらいのスポットでもウミガメやアジ玉(アジの群れ!)に遭遇することも!

初めての人や家族連れでダイビングを楽しみたいって人は、迷わずサイパンですね。

「サイパンだけじゃないんだ」
テニアン、ロタもあります。

6559394145763328
テニアン島/タガビーチ ©Junji Takasago/MVA
6751406530756608
テニアン島/ブロー・ホール ©マリアナ政府観光局/MVA
4792038222462976
ロタ島/千本ヤシ ©マリアナ政府観光局/MVA
5044696350982144
ロタ島/テテトビーチ ©Junji Takasago/MVA

サイパン島は14の島々から成る北マリアナ諸島のひとつ。サイパン島以外にも、テニアン島とロタ島という島があり、秘境のような雰囲気を残しつつも観光で訪れることができるんです。

テニアン島は、サイパンから小型飛行機でわずか15分というロケーション。あまりの美しさに日本のCM撮影のロケ地としてよく使われる「タガビーチ」や、「ブローホール」と呼ばれる潮吹き穴などの見どころも。よりのんびりとしたリゾート気分を味わえる島として人気があります。

一方、ロタ島もサイパンから小型飛行機で30分程度。ダイバーの聖地として知られた島ですが、ここは北マリアナ諸島のなかでもとくに海の透明度が高く、その青さは「ロタブルー」と呼ばれています。また、ジャングルのような原生林が残っており、バードサンクチュアリでの野鳥観察も人気となっています。

さて、最後にサイパンを訪れる人の間で人気なのが、マニャガハ島。サイパンから船で約10分の距離にある無人島で、眩しすぎるほどのターコイズブルーの海が広がります。ここに来たら、ボートシュノーケリングは必須。透明すぎる海の中はまるで遮るものが何もないくらいクリアに見ることができます。たくさんの熱帯魚や亀も、手を伸ばせば届きそうな距離を普通に泳いでいたりします。周囲1.5kmの小さな島なのでのんびりと散歩するのもアリ。マニャガハは現地の言葉で「ひと休み」と言う意味。シュノーケリングと散歩で疲れたら、ランチをとって、あとはビーチでお昼寝なんて最高ですよね。

4513147037679616
マニャガハ島 ©Junji Takasago/MVA

こんな楽園の島まで
直行便でならたったの3時間半

サイパン島へは、国内の主要都市からハイシーズン時に運航されるチャーター直行便で、たったの3時間半という距離。または経由便を利用して、グアムまたは仁川乗継で行くことも可能です。

忙しい日常から抜け出して、ゆっくりと流れる島時間に身を委ねながら、ビーチでぼーっとしたり、熱帯魚と一緒に泳いだり、降ってきそうな星を眺めたり。ショッピングや観光よりも、とにかく海で遊びたい、のんびりしたいという人には間違いないリゾートアイランドです。

次の休みには、サイパンで癒し旅なんていいかもしれませんね!

5969228830081024
Top photo: マイクロビーチ ©Junji Takasago/MVA
バックパッカーなどの安旅好きなら知ってる人も多いだろう。とはいえ、なかにはお金がないけど、なんとか海外に行きたい!って人もいるはず。海外旅行の敷居が、今よ...
飛行機で隣になった旅行好きに教えてもらって以来、海外旅行のたびに重宝しているサイトがある。その名も「The Basetrip」。旅に必要な基礎情報が一気に...
動画メディア『The Infographics Show』が、1日10ドルで過ごせる国を、東南アジアを中心にまとめています。贅沢とは無縁でいいから、とにか...
今年は、世界各地で記録的な寒波が来襲しているようです。こんな時には、暖かいビーチリゾートへと逃げ出したい!それは、どうやら世界共通の願いのようです。
チェコにできたキャッシュレスマーケット。クラフトビールからアパレルショップまで様々なものが売られています。
マンダリン・オリエンタルホテルグループは、XOJETというプライベートジェットのチャーターを専門にする企業とタッグを組んで、リッチなサービスを展開。
「死の体験旅行」は、アメリカが発祥と言われているプログラム。体調が悪くなり、病院で検査を受け、病気を告知され、治療から緩和ケアへと移り、そして亡くなってい...
より多くの人により多くのビーチを楽しんでもらうために考えられたのが「Beach Colors ®」です。
誰も踏み入れていない地をあえて散策することに、意味があると思うんです。だから春休みにどこに行こうか迷っているのなら、みんなが選ばない都会や文化をあえて探っ...
全12回にわたってお届けしてきた、ちょっとディープな台湾ガイド。最終回は、これから台湾を旅する人のために、意外と知られていない常識を紹介。
平成の終わりとともに迎えた、平成ポップカルチャーを支えた5人の解散。「終わり」というものを、きっといろんな人が、様々なかたちで意識した。
海外旅行中に行くなら、スーパーマーケットよりも「セブンイレブン」の方がおもしろい。日本で使い慣れているからこそ値段や味、デザインの比較がしやすくて、疑問や...
少しずつ暖かくなってきた3月は、卒業旅行シーズン。5月にはお待ちかねのゴールデンウィークもあって、春は海外旅行を計画する人も多い季節。かくいう私もその一人...
あの子が「料理上手」なワケは、このポイントを抑えているから。知ってるのと知らないのとでは、雲泥の差。今日から使える料理知識をまとめてみました。
 ローコスト・トラベル(LCT)の時代がいま、幕を開けた。旅行の費用はあり得ないぐらいに安くなっている。LCCで海外に飛び、Airbnbで泊まるところを見...
ユニークな福利厚生の紹介です。
未知の言葉や表現に出会ったとき、まずは知らないことを恥じます。そして、その意味を知ると、「ちゃんと自分のものにして、いつかどこかで使ってやるぞ」って思うん...
未知の言葉や表現に出会ったとき、まずは知らないことを恥じます。そして、その意味を知ると、「ちゃんと自分のものにして、いつかどこかで使ってやるぞ」って思うん...
京都は魅力ある街なので「どこに行くべきか」と、悩みは尽きませんよね。ここでは、頭を抱えがちな「観光スポット」について押さえておきたいポイントを紹介します。...
海外から帰ってくると、多かれ少なかれ手元に外貨が残るはず。それを、毎度律儀に両替し直すのは、思いの外ハードルが高い。そもそも硬貨に関しては、両替所でも銀行...
ハワイ・オアフ島には、地元のロコしか知らないビーチがまだまだたくさん。そのひとつがここ。金曜日のお昼から週末限定でオープンする、隠れ家的スポット。ため息が...
先にお金を払わずとも、旅行には行けてしまうわけです。
未知の言葉や表現に出会ったとき、まずは知らないことを恥じます。そして、その意味を知ると、「ちゃんと自分のものにして、いつかどこかで使ってやるぞ」って思うん...
旅行へ行くとスッキリする、行く前に比べて自分の中で変化がある気がする、なんて事を経験したことがある人は多いのでは?この記事では、研究や調査結果を通して「な...