世界から注目される、日本の「4つの島」

白い砂浜にコバルトブルーの海、そこに照り付ける眩しい太陽。南の島と聞けばそんな風景が思い浮かぶかも知れません。そんな南国らしい風景とは別の理由で、今世界から注目される日本の南の島々をご存知でしょうか。

世界が注目する「奄美・琉球」

鹿児島県の奄美大島、徳之島、沖縄県の沖縄島北部、西表島は世界自然遺産の候補地として選定されており、早ければ今年の夏ごろに登録が予定されています。この4つの島々は、大陸から小さな島々が分離・成立する過程で、独自の生物進化を遂げ、現在も手つかずの自然が残り、絶滅危惧種や固有種など多種多様な動植物が生息しています。

森に入る際にはガイドツアーに参加するのがおすすめ。見過ごしてしまいそうな小さな生き物や希少な植物などについて解説があり、より一層それぞれの島の個性について知ることができます。

長い年月、守られてきた自然と文化。

東洋のガラパゴスと呼ばれる奄美大島の中腹にある、神秘の森「金作原原生林」。雨の恵みをたっぷり受けて青々と伸びるシダ植物、その傘からやわらかい太陽の光が降り注ぎます。生きた化石といわれる巨大なヒカゲヘゴなどの亜熱帯植物が茂り、国指定天然記念物のルリカケスやキノボリトカゲなど、希少な生物も生息しています。

そんな奄美大島で1300年続いてきた「大島紬」は絹織物の最高級品。生産工程が複雑なため、熟練の職人の手がかかっているだけではなく、世界でも珍しい「泥染め」はこの土地ならではの究極のモノづくり。今は高級品ですが、昔は普段着として着用されていました。鉄分を多く含む奄美大島の土壌と島に自生する車輪梅(テーチ木)から抽出した染料で染める、まさにこの土地で育まれた奄美大島らしい民芸品です。

ここでしか会えない景色に圧倒される。

奄美大島からさらに南、約1万人が暮らす徳之島にある「金見崎ソテツトンネル」はソテツの群生がアーチ状に生えてでできたトンネル。くぐりにくい場所もあり、ちょっとした冒険気分を味わえます。樹齢350年以上のソテツが約200mも続くトンネルを抜けると、先に待っているのは息を呑む景色。展望台からは東シナ海と太平洋を同時に望むことができます。

徳之島の自然に負けない強さを感じられるのが、牛同士が激しくぶつかり合う「闘牛」。昔から島の娯楽として楽しまれてきた行事で、年に数回の地方場所と1月、5月、10月に全島大会が開かれ、全国から多くのファンが詰めかけるほど。リング内を所狭しと力強くぶつかり合う牛同士はもちろん、応援団、観客の視線がその奮闘に注がれ、熱気に包まれた会場 に一度は足を運んでほしい。

自然をもっと楽しむ、アクティビティと島グルメ。

沖縄島北部「やんばる」の東村に広がる 慶佐次湾(げさしわん)のヒルギ林 。ここではカヌーを借りてマングローブ林を探検することができます。パドリングも慣れてしまえば楽しいもの。疲れたら、ゆらりゆらりと水の流れに身を委ね、広い空を仰ぐと島時間を感じることができるはず。

そんなジャングルが生い茂る沖縄島北部は、実は 日本一のパイナップル生産量 を誇ります。7〜10月には収穫前のパイナップルが一面に広がる畑を見ることができるかも。自然を満喫した後は島で採れたフルーツやご当地スイーツを食べるのも楽しみのひとつ。

全身で感じるからこそ、感動できるもの。

沖縄本島からさらに南、西表島はなんと島の約90%を森が占めています。ここではジャングルトレッキングが絶対におすすめ。この島でしか出会うことのできない生き物や、頂上からは雄大な景色が待っています。また浦内川には、400種類以上の生き物が生息し、その数は日本一!日本とは思えないスケール感に感動すること、間違いなしです。

そんな西表島は夜も最高。西表島のある八重山諸島は、星空保護区に申請しているほど星空が美しく、天気の良い日は暗闇を裂くほどハッキリとした天の川も見ることができます。季節によって日本一小さいヤエヤマヒメボタルをはじめとした、様々なホタルにも出会うことができるかも!

4つの島をぐるっと周遊するなら

手付かずの自然と独特な文化が残る奄美大島、徳之島、沖縄島北部、西表島。島から島へのアクセスも可能です。初めて訪れる方には、主要空港から便数の多い「奄美大島 × 沖縄島北部」コースがおすすめ。今後、各島へのアクセスがより充実する予定になっているそう。

奄美大島⇔徳之島 飛行機で約35分、フェリー約3時間20分

奄美大島⇔那覇空港(沖縄島北部) 飛行機で約1時間10分

那覇空港⇔石垣空港 飛行機で約1時間

石垣島⇔西表島 フェリーで約45分

世界自然遺産に登録されると一気に注目度が高まるため、是非今のうちに各島へ出かけてみてはいかがでしょうか。

日本エアコミューターより、奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島の世界自然遺産候補地と国立公園指定地区の奄美群島5島(※)を結ぶ『奄美群島アイランドホッピングルート』が7月1日に航行開始。

※奄美大島、喜界島、徳之島、沖永良部島、与論島

「日本遺産」って聞いたことありますか? 世界遺産ではありませんよ。JAPAN HERITAGE、そう、日本遺産です。世界遺産の縮小版かな、なんて思ったとし...
沖縄の西表島は、第二次世界大戦の頃までマラリアが蔓延する島であった。1961年に根絶してマラリア問題が解決したあとも、口にすれば死を招く植物はいまだに多い...
果報バンタ、フクギ並木、古宇利大橋、大石林山、あがいてぃだばし、ター滝、ワルミ大橋など、沖縄本島の車で行ける絶景スポットを集めました。ゴールデンウィークや...
ミシュランガイドに載るほど外国人人気が高いという島根の世界遺産・石見銀山。今年で世界遺産登録10周年を迎え、日本の産業を支えた重要な世界遺産でありながら、...
スパイシーなコロッケ×8種の野菜×ピタパン中目黒にオープンした、ファラフェルサンド専門店Ballon〒153-0061 東京都目黒区中目黒3丁目2-19 ...
薪木でグリルしたステーキ、スモア、フォンデュが楽しめる。 日本初!キャンプファイヤー料理店Campfired Grill & Cafe THE BANFF...
沖縄の南城市にある「斎場御嶽(せーふぁうたき)」は、世界遺産(文化遺産)であるにもかかわらず正しく読むことすらできず……。さいじょうおんたけ? 琉球王国に...
Googleマップで検索すると、ハートの形をしている沖縄県南城市。ここには、海や自然を満喫できるところだけでなく、沖縄の神話にまつわるスポットもたくさんあ...
福岡県・宗像市にある上陸できない世界遺産「沖ノ島」を最も実感できるものに出会いました。その名も「沖ノ島朱(おきのしまあか)」。沖ノ島朱は、偶然と偶然が重な...
学生時代からこれまで53カ国をまわり、独立した現在も仕事をしながら国内外を飛び回っている筆者。忘却の彼方にあった旅の記憶をひっぱり出して、様々なテーマで「...
ワイングラスをモチーフにしてつくられた椅子『MERLOT』。丸みを帯びたグラスの曲線部分が背もたれになっていて、椅子の脚の部分はグラスのステム部分となって...
沖縄の西表島は、試される島だと思う。今回は、なかでも秘境のルートと呼ばれる「ナーラの滝」へ出かけよう。もっとも有名な「ピナイサーラの滝」へのルートもオスス...
今年、固有種や絶滅危惧種などの生息地にもなっている梵浄山が、世界自然遺産に登録されました。これにより中国はオーストラリアとアメリカを抜いて世界自然遺産の数...
「星のや竹富島」に泊まってみて、実際に感じたことを書いていく。
2016年3月、マリーナベイ・サンズのアートサイエンス・ミュージアムに、1,500平米もの巨大な常設展示「FUTURE WORLD: WHERE ART ...
世界のベストスイーツTOP10に選ばれた台湾で人気NO.1の新食感かき氷 ICE MONSTER〒150-0001 東京都渋谷区神宮前6丁目3-7http...
サンゴのかけらでできた奇跡の島。「バラス島」にあるのは、真っ白な砂浜とエメラルドグリーンの海だけです。その光景は、まさに非日常そのもの。日本地図に載ってい...
この島では1929年から1944年、あるいは1945年の終戦まで、日本人によって化学兵器「毒ガス」が製造されていた。国際法で禁止されため、製造を隠すために...
学生時代からこれまで53カ国をまわり、独立した現在も仕事をしながら国内外を飛び回っている筆者。忘却の彼方にあった旅の記憶をひっぱり出して、様々なテーマで「...
「何にもない」。地方出身者なら、地元のことを一度はこんな風に思ったことがあるんじゃないでしょうか。かくいう私もその一人。だから、福岡県宗像市の大島にある「...
米旅行情報誌『Condé Nast Traveler』が主催する「世界最高の島」。およそ77,000人の読者から選ばれた、2015年最も美しい島が決定した...
世界有数の珊瑚礁に囲まれた沖縄県八重山郡の小浜島。そこは「沖縄でもっともロマンチックなリゾート」と形容されている島でもあります。そんな小浜島にある「星野リ...
青森県と秋田県にまたがる「白神山地」。21年前に日本初の世界自然遺産に登録された、言わずとしれた日本が世界に誇るブナ原生林がそこにある。8千年前の縄文時代...
日本にも「茶柱が立つ」「朝のクモ」のように、縁起がいいと言われる出来事がいくつかあります。世界でも同じく「幸せのしるし」と信じられているものがあり、ときに...