これ買っちゃえば?そしたら絶対走るから

今年こそは走るぞ!と意気込んでいたのに、結局一歩も走らなかったなんてことが毎年続いているあなた。私もその一人です。部活動で着ていたウェアだと人前では走れないとか、どうせ走るならかわいいカッコじゃないととか、自分に言い訳を重ねて、結局始めることすらも面倒臭くなってしまいますよね。

それでもやっぱりランニングを始めたいなら、自分のテンションが最高に上がるウェアやアイテムに身を包むことで、重い腰を上げることが第一歩だと思います。何事も気持ちが大切ですから。

最高にテンションがアガる
カッコかわいいウェアを揃える

5008881256235008

形から入るってやっぱり大切。走ることは置いておいて、とにかく「これを着た姿をインスタにあげたい!」と思えるようなカッコかわいいウェアを揃えることから始めてみるのだって全然アリ。

それでも、ようやく重い腰をあげてウェアを探しに行ったのに何から買えばいいのかわからないというあなたの為に、最近はその機能性に加え、ファッション性に注目が集まっているアンダーアーマーから、思わず走りたくなっちゃうようなコーディネートをご紹介します。

01.
ちょっとだけ“走ってますよ感”をアピール!
限りなく普段着に近いスタイル

6491440616046592499056926051532859558432960675845243751005945856

とりあえず軽いジョギングだけでOKなあなたには、こちらのスタイルがおすすめ。少しだけ “走ってますよ感” を出すためにスポーツブラをインナーに、その上からデザインが可愛いトップスを。脇下が広めのトップスから、スポーツブラがちょい見えする感じが、普通のTシャツ1枚だけでは出せない “こなれ感” を演出してくれます。ボトムスは比較的ゆったりめを合わせて、可愛くなりすぎないようにバランスをとるのがコツ。

いざ走るとなっても、このボトムスはストレッチ性がある走りやすいデザインになっています。スポーツブラもきつ過ぎず肌触りもソフト。海外で流行中の、スポーツウェアを日常着として取り入れるアスレジャーファッションとして、そのままカフェや買い物に行ってもカッコよくキマること間違いなし!

5392893342646272

02.
着るだけで海外ランナー気分!
絶対にキマるレギンススタイル

61347811630776325863446067281920599885940680294462891687285882885067107590995968

せっかく走るのだから、普段着に近いよりはもう少しランナー気分を醸し出してくれるウェアがいい!しかもカッコよく!というあなたにはこちら。海外では当たり前のレギンススタイルは、どこからどう見ても走り慣れたおしゃれなランナーにしか見えません。海外ランナーになりきるなら、シンプルなボトムスには、柄や色、バックスタイルが特徴的なトップスを合わせること。元気なイエロー系をポイントにしてもいいし、今年の流行カラーであるミントグリーンを合わせたり、トップスでおしゃれを楽しんで。

海外で人気といえば、ヘアバンド。太めよりも、細めを2本重ねて小洒落た感じにするのがコツです。ヘアバンドをするだけで、ハチマキのようにちょっと気合いが入った気分になるかも。

レギンスは走っているときに蒸れないよう、通気性のいいものがグッド!お尻が気になる方は、ジャケットを腰に巻いたり、長めのトップスで隠したりできるので、ぜひチャレンジしてみて。

6518793249488896

※一部着用アイテムは3月下旬発売予定です。

03.
せっかくなら“大会も出てます感”を!
形から入るガチランナースタイル

6410318615937024639898755268608049416612599562246011895303634944

ストリートな感じも、海外ランナーのおしゃれな感じもいいけれど、せっかく走るなら見た目だって “毎日走ってます感” が出るガチランナースタイルはいかがでしょう。スポーツブラとショートパンツにジャケットを羽織るだけのスタイルは、大会にも出るような本気ランナースタイルです。ここでも、パンツが黒ならスポーツブラは柄や色に特徴のあるものを合わせることで、よりおしゃれになります。

ガチランナー向けだけあって、何時間も安定して走ることができるハイサポートのスポーツブラは、メッシュ素材が部分的に使われており、通気性にも優れています。近くで見ると、他のスポーツブラと明らかに違うので、「あ、この人ガチで走ってるな」と思われるはず。

ショートパンツの特徴はフロントポケット。走っている時でもスマホを手放せない人も多いはず。このフロントポケットにはスマホがぴったり入り固定されるので、走っている最中も全然邪魔になりません。ランニングの途中に出会う素敵な景色や、走ってますよ感をアピールする写真だって、思いついたらすぐに撮ることができます。

5683551898959872

※一部着用アイテムは3月下旬発売予定です。

お気に入りのウェアを揃えたら
次は「どこ」を走るか

これだけ揃えたら、さすがに一回はそれを着て走ろう!という気持ちになるはず。せっかくだったら、その一回を楽しく走りきって、今後に続けたいですよね。走らなきゃと思ってしまうと苦でしかないランニング。それだったら、せっかく揃えたウェアを着て「どこに行きたいか」「誰に見せたいか」を目的に走るのだって全然アリ!例えば・・・

気になっていたあの壁まで!
#ランニング  #ジェニックウォール #ザ壁部

643328810103603247020198015795204994281051783168

国内外様々な場所にある、インスタ映えしそうな壁 “ジェニックウォール” を目指してランニング!ジェニックウォールってインスタで見かける度に「今度行こう」と思っているものの、なかなか行かない場所にあったりして、行く機会を逃すことって多いですよね。だからこそ、せっかく揃えたおしゃれなウェアを来て、友達と合流し、ジェニックウォールで写真を撮る為に走るのだって、立派なランニングです。

行ってみたかったあのカフェまで!
#ランニング #カフェ巡り #ブランチ

6610494425137152

以前からチェックしていたカフェにも、揃えたおしゃれなウェアを着てランニング!海外では当たり前の光景ですが、ランニングウェアでカフェに来る人ってやっぱりカッコいいもの。「あ、あの人走ってきたんだ〜すごい〜」という視線を浴びること間違いなしです。コーヒーだけでもいいですし、たまにはブランチを目指してランニングするのもいいかも。もちろん食べた後のランニングは辛いので、帰りは電車で帰ったりしてもOKなど、自分の中でルールを決めて、負担にならないように走りましょう。

ジェニックウォールやカフェだけでなく、行きたかったショップや、これからの季節ビーチなんか目指しても楽しいかもですね。新しいファションを楽しみ、行きたかった場所にも行け、ランニングもできるなんて一石三鳥です。

友達と遊びに出かける感覚で

おしゃれなウェアや走る+αの目的を持つことで、うんと楽しく走ることができるランニング。もっと長続きさせるには、友達と走ること。友達とウェアを見せ合ったり、カフェでランニング後のお茶をしたりと、ひとりだと続かないことでも続けられるはず。

今では様々なランニングクラブもあり、せっかく揃えったおしゃれなウェアを着てジョインしてみるのもいいですね!新しい出会いも、あるかも!

6369650912788480
舗装されていない登山道や林道などを駆け抜けるスポーツ、トレイルランニング。始めている人も増えてきてやってみようかな?と思っているあなたに、その魅力やはじめ...
女優・高山都さんがランニングを始めたのは、2011年頃。スポーツサイトの企画で香川丸亀国際ハーフマラソンに出場したことがきっかけだったという。高山さんは、...
立派な門構えから一歩足を踏み入れると、緑あふれる自然に歓迎された。その向こうには大きな日本家屋の屋根が見える。千葉の房総、長南町(ちょうなんまち)で現代に...
あんなに小さいのに、こんなに「よくできていた」んだね。
走ることは、もっともシンプルな運動のひとつ。どんな場面にも必要とされる根源的なもので、スポーツでもあり、目標にたどり着くための手段や、考え方でもあります。...
一家に一台クルマがあり、電車やバスでどこにでも行ける時代かもしれませんが、こうした効率重視の現代社会が、走る必要のないライフスタイルを作り上げています。理...
どうやったら痩せるかを頭をひねって考えて、ノルマのように自分に課題を課すことも良いかも知れないけど、それよりも友達と楽しんで身体を動かした方が絶対楽しいし...
なかなか時間がとれず、日課だったジョギングをサボっている…なんて人もいるのではないでしょうか。仕事が忙しいから走らない?いやいや、仕事のレベルを向上するた...
AppleとNike。世界でもっとも革新的なブランド2つが、長いあいだ一緒に走り続けてきたからこそ生まれた最新モデルがこの「Apple Watch Nik...
人が美しいと感じる自然、もしかしたらそれは誰かが手を入れた人工的なものなのかもしれません。
ランニングを日課にしようとする人が、つい陥りがちな間違った思い込み。こんなことでやせる効果が半減したり、せっかくのやる気が削がれてしまうのはもったいない!...
「買う」だけでなく「借りる」こともできるんだって。
30代、独身、彼氏なし、貯金はわずか。そんな独身女子が、女ひとりでマンションを買ってみて、絶対に知っておいた方がいいと思ったことを5つご紹介します。
理学療法士・重森健太さんの著書『走れば脳は強くなる』では、走ることで脳機能のパフォーマンスがアップし、たくさんのメリットが生まれると紹介されています。でも...
どのような食生活が合うかは人それぞれですが、Vlad Ixelさんにとってのそれは「ヴィーガン」だったそう。過去5年怪我なく走り続けている彼のスタイルを、...
「Elite Daily」で紹介されていた記事には、なんと走ることなく「ランナーズ・ハイ」になる方法があると書かれていた。高揚感に浸ることができれば、ラン...
一見すればコンクリートや石の質感。ところが、パリパリとひび割れて中から顔を出すのは、とろ〜りクリームやムース。
「運動嫌いの文系女子」だった、女優の高山都さん。ランニングを始めたことが、人生に大きな影響を与えたという。なかなか続けられないランニングだって、恋愛と同じ...
週に2~3日走ろうと決意をしても、「やっぱり面倒だな」「続けられる自信がない」と、マイナスなイメージが頭をよぎる人もいるでしょう。理学療法士・重森健太さん...
スニーカーはファッションとしてもギアとしても好きで、だいたい50足ぐらいを所有しています。街履き用、山用、自転車用、ランニング用など、フィールドやアクティ...
「走ってやせよう!」と決心したら、まずは1ヵ月続けてみましょう。ここでは、中野ジェームズ修一さんの著書『世界一やせる走り方』より、1週間のランニングメニュ...
トレイルランニングをベースにしている〈Mountain Martial Arts(マウンテンマーシャルアーツ)〉。「MMA Denim Run Pants...
これは傑作、と思わず繰り返して見てしまいました。わずか1ヶ月あまりで1,100万回再生されたショートムービーを紹介します。セリフは一切ありませんが、ぜひ動...