まっすぐがんばりたくなる話

まっすぐな人を見ると、ああ自分もこうありたかったんだ、と思い出す。鋤田正義(すきた まさよし)さんは、まさにそういう人物だった。

5月19日から公開されている映画『SUKITA 刻まれたアーティストたちの一瞬』は、デヴィッド・ボウイや、イギー・ポップ、マーク・ボラン、ジム・ジャームッシュ、寺山修司、YMO、忌野清志郎などなど、そうそうたる面々を撮ってきた写真家、鋤田正義さんを追ったドキュメンタリー。

ポートレート写真を中心に、当時交わしていたやり取りや制作現場の様子が、本人と関係者によって語られる。彼の写真に対するこだわりや、その仕事を信頼する人々のコメントはどれも熱狂的だが、本人のテンションはしごく静かでおだやかだ。

この5月に80歳を迎えた鋤田さんは、初日の舞台挨拶で、撮る側から撮られる側になったことについて、恥ずかしいというかなんというか……、と照れくさそうに話していた。

 

「信念としては、人を撮るときはフィフティ・フィフティというか、同じ目線で、上からでも下からでもいやだと密かに思ってるんです。だから、写真は多くの人に見てもらいたいので展示をいろんなところでするんですけど、あんまり有名になりたくないっていう気持ちが一方ではあるんです。映画になったら巨匠とか言われちゃうでしょう? そうなると、ポートレートをやりにくくなるもので。ちょっと違ってくるなあって。風景でもやろうかなあ……」

 

ジム・ジャームッシュ監督は、初めてのカラー作品『ミステリートレイン』以外の作品でスチール写真集をつくらなかった理由について、鋤田さんが撮った写真以上のものができないからだと言っていた。無知で恐縮ながら、日本人が撮っていたのか、と驚いた。作中では、写真撮影のためだけにテイクを重ねていた背景などが紹介される。ほかにも、これを撮った人なのか!と、著名な作品の多さに驚く。

過去のエピソードを見ると、制作現場での体当たりな工夫などもあり、そのアイデアにハッとさせられる。彼自身、もっとすき間をつくらなければと反省した、過去の作品のこだわりようも必見だ。彼の「あまり有名になりたくない」という言葉は、良い写真を撮りたいという一心を表すひと言だろう。時代の寵児と呼ばれるようなひと癖もふた癖もある偉人たちが鋤田さんを信頼していたのは、この実直な姿勢が理由だったに違いない。

Licensed material used with permission by パラダイス・カフェ フィルムズ
Top Photo by ©2018 「SUKITA」パートナーズ 
2017年1月10日は、「20世紀で最も影響力のあるアーティスト」と評されたデヴィッド・ボウイが亡くなってからちょうど1年が経つ日。彼は、なりたい自分にな...
古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。Vol.50
なんせボウイは時代時代で、めまぐるしく変化するタイプのミュージシャンだ。捉えどころがないと言えばその通り。
「Change.org」で、あるキャンペーンが始まった。発起人Simon Mitchell氏の主張はこうだ。「来る新しい20ポンド紙幣の顔は、デヴィッド・...
チェックしない日はないほど、生活に浸透したSNS。もし、インターネットがない時代に、これらのサービスが生まれていたとしたら……。
看板メニューは「ゴルゴンゾーラ・エスプーマ」 10種類のソースでムール貝を楽しめる、中目黒のフレンチビストロムール&ビストロ massa〒153-0051...
古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。Vol.51
訃報が報じられてから、たくさんのエピソードがそこかしこで語られている。これはそのうちのひとつ。たまたま訪れていた京都の飲み屋で、そこにいた京大生と話をした...
この物語には、ドラマチックな出来事は何一つ起きない。パターソンという小さな町で、バスの運転手として生きる主人公パターソンの7日間を淡々と描写しただけのシン...
画家ゴーギャンが「古城のよう」と表現したことで知られるポリネシア、モーレア島を拠点に活動する写真家夫婦ヴィルジニさんとサミュエルさんは、10年ものあいだポ...
ヨーロッパやカナダで販売されているお菓子、ワインガム。ガムというよりも、グミみたいな食感で、国によってはかなりメジャーな存在です。
11月に「Festival de FRUE 2018」へ出演するふたりが、それぞれのオススメのアーティストやお気に入りの楽曲をメールでやり取り!セレクトが...
デヴィッド・リンチ。映画を愛する人なら、誰でも彼の作品を観たことがあるはずだ。本作品『デヴィッド・リンチ:アートライフ』では、彼のインタビューや家族の写真...
メルローズアベニューのポールスミスの壁に「Go Fuck Ur Selfie」という落書きがされてしまいました。
ジェフの勝手にカルチャー論 Vol.28 「私立探偵 濱マイク」 「俺の名前は、濱マイク。探偵だ」横浜の黄金町を舞台にして活動する探偵を主人公にしたハード...
ミレニアル世代をターゲットにしている航空会社「Joon」。年々増える子持ちのミレニアルズを考慮してか、Cosy Joonという新サービスを開始です。
アメリカ合衆国の北フィラデルフィアのに位置する、ケンジントン。そこは、バッドランドとも呼ばれ、薬物中毒者が集まる場所。あまり口にされることのない、闇に包ま...
NHK大河ドラマ『平清盛』やJR東日本『JR SKISKI』などの広告写真から雑誌撮影まで、幅広く活躍する写真家、鈴木心。彼は、写真の楽しさを多くの人に知...
映画のワンシーンを彷彿とさせる写真の数々。「CINEMATIC NYC」と題されたシリーズ作品を撮影したのは、アムスルダムを拠点とするフォトグラファーのS...
イギー・ポップとザ・ストゥージズ。'67年に結成したこのバンドを知っているだろうか?正直、僕はそれほど知らなかった。3枚のアルバムを発表したのだが、過激で...
ミックさんは外国人ではなく、日本人のフォトグラファー。四十路の関西人だ。
これ、何がスゴいかって、動画を印刷できるんです。だから、『ハリー・ポッター』で見たような“魔法の写真”を手に入れることができます。
この映画のタイトルにある「ふたつの正義の物語」という言葉が気になった。撮影に同行したジャーナリストの知人にどんな映画なのかを聞いてみたら、一言で説明するの...
オール・タイム・フェイバリットなものを紹介していただく週替わり連載企画。今週は、東京・赤羽にある R&B 喫茶店のオーナーにお話をききました!気になる3つ...