『あなたがうまれたせかい』

「あなたがうまれたせかい」
ぶん ウィリアム・ホール え ロジャー・デュボアザン
やく ほしかわなつよ

 

世界はだれにも態度を変えない。どんなに浮かばれない自分にも、人生でいちばんいいことがあったあの人にも、あとどのくらい生きられるのか教えられた犬にも、あしたあたり、この世界にうまれてくる赤ちゃんにも。

雨はすべてを濡らし、陽のひかりは満ち、暑さや寒さがおとずれる。そして毎日、月と太陽はまわり、朝と夜につつまれ、季節がめぐる。今朝、スープをすくったスプーンに反射したひかりだって、本当にきれいだった。

あしたも、雨がふるらしい。きっと気持ちのいい夏の雨だ。この世界はすばらしい、なんてべつに大きく讃える必要はない。ただ、自分がうまれたこの世界は「わるくない」かもしれない、そんなことを思って、この絵本はおしまい。

 

それでは、おやすみなさい。

 

『あなたがうまれたせかい』ぶん ウィリアム・ホール / え ロジャー・デュボアザン / やく ほしかわなつよ

ロジャー・デュボアザンの絵とウィリアム・ホールの言葉が、この世の中の素晴らしさを教えてくれる絵本。子どもだけじゃなく、大人への贈り物としても選びたい1冊。

Top image: © 2018 TABI LABO
自分がない、そんな恋をしていたひとに。
自分も「明日はだれかにやさしくしたい」って思っちゃう。
自分が「どう見られているか」、どうでもよくなっちゃう。
いつでもそばにいてくれた、「母」という存在の偉大さに気づくのは、いつも『別れ』を意識する瞬間ばかりだと思っていた。だけど山川咲の『うまれる。』には、それと...
イケメンと動物の最高ショットはもちろんのこと、今年も売り上げは野生動物保護のために寄付される予定!
薪木でグリルしたステーキ、スモア、フォンデュが楽しめる。 日本初!キャンプファイヤー料理店Campfired Grill & Cafe THE BANFF...
自分が生まれてきた意味「みたいなもの」を、ちょっとだけ考えちゃう。
南インド・チェンナイにある出版社「タラブックス」。『夜の木』は、日本語だけでなく、フランス語、ドイツ語、韓国語、スペイン語、イタリア語にも翻訳され、タラブ...
ハンドメイドの絵本がミリオンセラーになり、数々の賞を受賞しているインド・チェンマイの出版社「タラブックス」。彼らが世界中から賞賛を浴びているのは、なぜなの...
自分だけの「本当のことば」を、さがしちゃう。
アメリカ・フロリダ州を拠点にするカトリック教徒のグループFundación Ramón Panéが、ポケモンGOに似たアプリを開発しました。その名も『Fo...
できるだけ記憶が鮮明なうちに。
文学作家のドクター・スースは、彼の本を読んだことがないアメリカ人はいないと言われるほど著名な人物。児童文学会への多大なる貢献が認められたピューリッツァー賞...
ちょっと冷めている大人たちの心を熱くさせるのは、ブラジルの書籍チェーン『Saraiva』が提供するオーディオブック。中身は、赤ずきんちゃんやドラキュラなど...
嫌なことが何度あったとしても、今日もまた、必要とされている場所へ向かっている。あなたはいつだって、強い人だ。
「Apollo Peak」のCat Wine(キャットワイン)は、アルコールフリーの猫用ワイン!一人でお酒を嗜むのもいいけれど、愛猫と一緒ならもっと充実し...
「Pinhole Pro」は、デジタル一眼レフ用のレンズ。これを使えば、簡単にピンホール風の写真を撮ることができるのだそう。ピンホール写真は露出の操作がポ...
シンプルに結論から入りましょう。ずばり、子どもの身長に合わせて壁に貼るだけで、自宅が写真館に早変わり。もちろん、この写真館でのカメラマンはあなた。笑顔を引...
『光の館』は、新潟県十日町市で3年に一度だけ開催されている世界最大級の屋外芸術祭「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」に展示されている作品のひとつです。
絵本の中の女の子たちは、昔から王子様が迎えに来てくれるのを待つプリンセスばかり。「女の子が自分の手で夢を掴む絵本を作りたい」という思いから作られたのが「G...
あなたは「哲学」と聞いてどんなイメージを浮かべますか?堅苦しくて、役に立たない、頭の良い人たちが勉強しているもの…様々な意見があると思いますが、共通して言...
古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。Vol.46
自分にとって最高の家族の生前を子孫へと受け継ぐために、亡くなった人の人生を絵本にすることを思いついたJuliette Eame。彼女の場合は、小さい頃によ...
さくら剛さん著『(推定3000歳の)ゾンビの哲学に救われた僕(底辺)は、クソッタレな世界をもう一度、生きることにした。』は、青年ひろが、とっつきにくくて分...