高山都さんのパーフェクトな1週間、秘訣は「コーヒーメーカー」だった?

コーヒーをちゃんと淹れると、大人になった気がして嬉しくなる。忙しい毎日だけど、きちんと暮らせている気がして。欲を言えばブラックコーヒーだけじゃなくて、カフェのような本格的なミルクメニューも作れたらパーフェクト。そんな人に、デロンギの全自動コーヒーメーカーをオススメします。正直、安いものではありません。でも、確実にあなたのライフスタイルのクオリティを上げてくれます。例えばこちらの高山都さんのように——。

パーフェクトな全自動コーヒーメーカーと
高山都さんのリアルライフスタイルが
ムービーに

©2018 TABI LABO
©2018 TABI LABO

高山都さんといえば、モデルや女優として活躍する傍ら、趣味の料理もプロ並み。インスタで見せる仕事もプライベートも自分のこだわりを大切にし、そしてとことん楽しむ、現代女性の憧れの存在。今回、そんな彼女のコーヒーがある1週間に密着したデロンギのムービーが公開されました。

舞台となったのは実際に高山さんの自宅、そこに映っているインテリアやテーブルウェアだって彼女自身のコレクション。もちろん料理のシーンでは彼女が自宅のキッチンで作った料理がテーブルに並びます。そう言う意味で、この動画は彼女のリアルライフスタイルを切り取ったもの。高山さんのインスタアカウントをチェックすれば、そのリアルさを感じられるはずです。

働く女性の何気ないワンシーンを、特別なものに変えてくれるデロンギの全自動コーヒーメーカー。毎日を「パーフェクト」にしてくれる機能を見てみましょう。

忙しい朝に
ワンプレート朝ごはんを完成させる余裕を

©2018 TABI LABO
©2018 TABI LABO

眠い目をこすって迎える1日の始まり。朝食とコーヒーは、意識を覚醒するスイッチみたいなもの。とはいえ、メイクもヘアセットもあるし、朝は時間との勝負。トーストしている間にドリップ?いや、コーヒーはデロンギに任せて、ワンプレート朝ごはんを作りましょう。

寝ぼけながらでも、ワンプッシュで挽きたてのコーヒーが飲める。芳醇な香りに満ちた部屋でしっかりした朝ごはんを食べれば、不思議といい1日になりそうな予感がしてきます。

本格的なラテメニューが
手作りスイーツを引き立てる

©2018 TABI LABO
©2018 TABI LABO

「スイーツも旬なフルーツを添えて、パパっと簡単なスイーツボウルも」(高山さん)

ちょっとしたアイドルタイムにスイーツを作ったら、コーヒーメニューとのペアリングだって愉しめる。このデロンギの全自動コーヒーメーカーなら、カプチーノやラテといったバリスタが作るようなミルクメニューだってワンプッシュ。ミルクがもっとも甘くなる60~65℃の抽出温度、ミルクと泡が美味しい黄金比2:3の実現…。そういう細やかな機能ひとつひとつが、パーフェクトな時間を演出してくれるんです。

たとえスイーツが手作りじゃなくたって、ふわふわミルク泡のカプチーノを淹れられたら、それだけで気分がアガります。

©2018 TABI LABO

お気に入りのコーヒー豆が使える

©2018 TABI LABO

デロンギの全自動コーヒーメーカーは、市販のコーヒーカプセルを使うワケじゃありません。つまり、お気に入りのお店で手に入れたこだわりの豆を使えるってこと。もちろん必要な操作はワンプッシュのみ。あとは自動でコーヒーメーカーにお任せを。内蔵されたミル(グラインダー)が豆を丁寧に低速回転で挽くから、摩擦熱が発生しにくい。こうすることでコーヒーのアロマを逃さないのだとか。

「今日はちょっと疲れたな…」そんな時に、大好きな豆の香りがふわーっと部屋に広がって、コーヒーがカップに注がれていく。自分のために動くコーヒーメーカーをぼーっと眺めているだけで、ちょっと癒されてしまいます。

©2018 TABI LABO

ホームパーティーで
ゲストの好みに合わせた「おもてなし」も

©2018 TABI LABO
©2018 TABI LABO

ホームパーティーでゲストを笑顔にするのは、さりげなく気の利いた飲み物。デロンギなら、本格的なエスプレッソやハンドドリップ風、カプチーノ、フラットホワイトなど多彩なメニューが1台で楽しめます。

ゲストの好みに合わせたおもてなしができるし、用意に手間取って会話を妨げることもありません。週末の大切な時間を共有する、大切な人への心遣い。「また来たい」と思ってもらえれば、それでパーフェクト。

©2018 TABI LABO

インテリアに溶け込むデザイン

©2018 TABI LABO

見た目よりも中身で勝負?いいえ、ルックスだって重要です。毎日使うなら、視界に入って気分の上がるものがいいから。据え置きしてサマになるのって、家電選びの大事なポイントです。その点でもデロンギは完璧。イタリアブランドならではのスタイッリッシュさで、キッチンの生活感すら意味ありげなものにしてくれるんです。

マシンの掃除まで「パーフェクト全自動」

©2018 TABI LABO

色んなメニューを試してお気に入りを見つけたら、マシンに設定しておきましょう。好みの濃さや温度まで、いつでもワンプッシュで再現してくれます。しかも、掃除まで全自動。自動内部洗浄機能で、日々のお手入れはカス受けに溜まったカスをゴミ箱に捨てるだけ。最初から最後まで、完璧に仕事をこなしてくれます。

デロンギの全自動コーヒーメーカーがもたらしてくれるのは、日々の小さなときめきと幸せ。自分へのご褒美にコーヒーメーカーという選択はとてもスマートな気がします。ライフスタイルに変化が欲しいと思ったとき、コーヒーが気軽に試飲できる「デロンギ表参道」に体験しに行ってみてください。

Top image: © 2018 TABI LABO
他の記事を見る
誰が想像したでしょうか。きのこがモッサリ生えるコーヒーメーカーを。
シーンに合わせて選べるほど種類豊富なコーヒー。わたしの妄想フル回転で、時間と気分で飲みたいコーヒーをチョイスしてみました。
安定して手軽においしいコーヒーを自宅でも楽しみたい人向けに開発されたコーヒーメーカー「GINA」は、アプリが分量や蒸らし時間をすべて計算して手助けしてくれます。
コーヒーメーカーで作った料理を紹介するYouTubeチャンネル。タコスやピザ、スイーツまで。見るとだんだん中毒になっていく……!
「押すだけで、最高のコーヒーと紅茶を淹れる」。コーヒー好きにとってはそんな夢のような話をモットーに作られた"FLASK"。このフラスコ型のコーヒー&ティー...
高山都さんも20代前半は心にだいぶムリをしていたそうです。転機は「走る」ことと出会ってから。細かいルールは決めずに、とにかく毎日、それを続ける。近著『高山...
カプチーノとラテ、あなたはどちらが好きですか? そもそも両者の違いをはっきりと説明できますか?これだけコーヒー文化が定着した現在、いまさら聞けないその違い...
シンプルなこの3つの工程に少し気をつかうだけで、家で飲むコーヒーに大きな違いが生まれます。少しでもおいしく淹れられるようになれば、今よりもっとコーヒーライ...
コーヒーに必要な道具一式をコンテナに詰めました。
メルボルンがカフェの街といわれるのは、コーヒーの質が高いということではなく、お店全体に広がる「おもてなし」の気持ちと、コーヒーにたっぷり注がれている愛情の...
アメリカのデザインスタジオMontaagが手がけた、コンクリート造りのエスプレッソマシン「AnZa」。レバーや注ぎ口は、白く化粧された人工大理石に真鍮を使...
あの、あま〜いベトナムコーヒーが焼酎になった!
スターバックスの発祥地シアトルに拠点を置くスタートアップ「Atomo」は、コーヒー豆を使わないで同じような味を再現することに成功しました。
コーヒーを飲んだほうが仕事がはかどるけど、飲み過ぎはちょっと……と罪悪感を持っているみなさん!この「コーヒー狂」の偉人たちを知れば、むしろもっと飲んでもい...
クラウドファンディングサイトKickstarterで、現在、資金調達中のサングラス「Ochis」。これ、ちょっと変わっていて、コーヒーの香りがするそうです。
一概に「この国のコーヒーはこの味だ」と決まっているわけではないけれど、生産国ごとの味の傾向を分かっていれば、よりコーヒーが楽しめますよね。国の名前と味の特...
奥渋にある「CAMELBACK sandwich&espresso」。コーヒー担当の鈴木啓太郎さんとサンドウィッチ担当の成瀬隼人さん(元寿司職人)のふたり...
カフェでバリスタが専用器具を使って一杯ずつ淹れてくれる本格ドリップコーヒーの「インスタント」版なんですよね。だからわたしは"ドリップ式"が好き。
ブラックコーヒーを飲んでいる人を見ると、なんだかとカッコよく見える気がする「マジック」。人は、どうしてこの魔法にかかってしまうのか。私なりに答えを導き出し...