地球の「内部」を探検する。沖永良部島「ケイビング」の魅力

沖永良部島」を知っていますか? 奄美大島と沖縄本島の中間にある沖永良部島には、海を見下ろす田皆岬、ダイビングスポットとして有名なウジジ浜、白い砂浜が美しいワンジョビーチなど見どころがたくさん。

でも実は……この島一番の魅力は、「洞窟」なのです。

世界で注目されるアクティビティ
「ケイビング」

©MSD株式会社


今、世界の旅人が注目している「ケイビング」。手付かずの自然の洞窟内を、ヘルメットやヘッドライトを装着して未知の世界へ進んでいく探検のこと。日本では、「洞窟探検」と呼ばれています。

明確なゴールもなければ、進んでいくのは道なき道……。しかしそれこそが、ケイビングの大きな魅力。行き止まりにぶつかってしまうこともあれば、息を飲むほどの絶景に出会うことも。旅の本質をつくような「神秘性」こそが、旅人の心をかき立てるのかもしれません。

ケイビングには様々なレベルがあり、観光者向けに整備された洞窟から、本格的な装備を必要としたプロフェショナルのための洞窟探検まで、その範囲は幅広いのだそう。つまり、初心者や子どもまで、安心して楽しめるのです。

このケイビングを、世界的にも注目されるレベルで体験できてしまうのが冒頭で紹介した沖永良部島なのです。

奥へ進むと未知なる秘境を発見できる、
大山水鏡洞

©MSD株式会社

ちなみに、沖永良部島にある洞窟の数は、わかっているだけでも300以上!プロによるケイビングは、洞窟の入り口を発見するところから始まることも。

洞窟は、いわば地球の長い歴史の結晶。つららのような鍾乳石は、1センチ伸びるのに20〜30年、長ければ約100年もかかり、中心はストローのように空洞になっているものも多いのだそう。フローストーン(まだら状の模様になっている壁面の石)の間を注意深くくぐり抜け進んでいくと、ケイブパール(※)など非常に珍しいものを発見できることも。

ようやくたどり着いた最深部で見られるのは、世にも神秘的な光景、リムストーンプール! 島の地底にひろがる幻想的で美しい海のような光景は、たくさんの人たちを魅了してきました。

※ 鍾乳洞の中でカルシウム炭酸塩が沈着して生成する洞窟生成物の一種。 様々な形状のものがあるが、いずれも細かな層が同心円状に重なってできている。サイズは、ほとんどが直径1cm以下。

沖永良部島ケイビングの魅力が詰まった
製薬会社のブランディング・ムービー

そんなリムストーンプールが、どうやら製薬会社のブランディング・ムービーの舞台になっているらしい。ケイビングの話の途中ではありますが、ここでまず、その映像をご覧ください。

ご覧のとおり、大山水鏡洞を舞台にケイビングの魅力に溢れた映像となっています。洞窟探検の第1人者の吉田勝次氏の監修のもと、洞窟の美しいロケーションを余すことなく撮影されています。

このムービーを制作した「MSD株式会社(以下、MSD)」は、がんや感染症領域などの新薬や、ワクチンの開発、製造、販売を行うグローバル製薬会社。その歴史は、なんと125年以上。

さて、「なぜ製薬会社のブランディング・ムービーにケイビング?」と思うでしょう。そこには、MSDのこんな思惑があります。

「新薬開発」と「ケイビング」は、
本質的にとても似ている

ゴールが見えない道を進み、時には行き止まり、また出発点に戻ることもしばしば。しかし、決してあきらめないで挑み続けた結果、ある時思ってもみなかった絶景に出会える。ケイビングという探検、調査は、成功率が低く困難な新薬開発にとてもよく似ているそうです。

地球という生命体を冒険し、調査するという点では、たしかに大きく重なる部分がありますよね。秘境を人間の身体に例えるならば、ケイビングはまさに「地球の内部の調査」とも言えるでしょう。地球の神秘的な美しさと、未知なる生命の奥深さに想いを馳せてみてください。

Top photo: ©MSD株式会社

地中に埋め込まれた巨大な宝石!?と言われても信じちゃいそうなほど輝きが眩しいのがこの「銀水洞」。場所は沖縄本島と奄美大島の間、沖永良部島(おきのえらぶじま...
沖縄の西表島は、第二次世界大戦の頃までマラリアが蔓延する島であった。1961年に根絶してマラリア問題が解決したあとも、口にすれば死を招く植物はいまだに多い...
沖縄の西表島は、試される島だと思う。今回は、なかでも秘境のルートと呼ばれる「ナーラの滝」へ出かけよう。もっとも有名な「ピナイサーラの滝」へのルートもオスス...
聞きなれないかもしれないが、「多島美(たとうび)」とは、瀬戸内海など内海に浮かぶ、小さな島々が連なる様子を形容した言葉だ。連なる島々にはそれぞれ魅力がある...
山梨県で誕生したクラフトビール「青い富士山ビール」。天然色素のスピルナで青い山肌を、泡で山頂に積もる白い雪を表現。SNSで話題となった「青い富士山カレー」...
7月13日にアメリカ地質調査所は、この火山活動により新たな島がつくられたと発表しました。
ここに紹介するのは、観光地としての知名度はほどんどない鹿児島県トカラ列島のひとつ、「小宝島」。Instagramで検索すると隣の宝島が9,000件以上なの...
西表島の豊かな自然と文化を次世代に継承するために、私たちツーリスト、一人ひとりにもできることがあるのでは?そんな思いで、2019年4月に「Us 4 IRI...
鹿児島県の小さな離島、上甑島(かみこしきじま)。さまざまなテレビの撮影地としても話題に上がることが多いこの島は、四方を海に囲まれていて漁業が盛ん。そして秋...
新潟県の離島、佐渡島。国際保護鳥のトキ、史跡である佐渡金山、湾内を巡る伝統のたらい舟、酒造見学、海釣り、ダイビング……ざっと考えただけでも行くべきところ、...
子どもの仕事体験施設「キッザニア東京」で開催される「KIDZANIA AWARD PROGRAM 2020/スニーカーデザインコンテスト」が、10月20日...
サンゴのかけらでできた奇跡の島。「バラス島」にあるのは、真っ白な砂浜とエメラルドグリーンの海だけです。その光景は、まさに非日常そのもの。日本地図に載ってい...
わざわざ新潟県の離島、佐渡島へと出向き、あたり一面まっ暗になった夜のバスツアーに参加する人が増えているという。それも、到着するまで目的地不明のミステリーツ...
例えば、もしあなたが喧噪とした今の生活を離れて、島で暮らすとしたらどうだろう? そんな夢想をしたことがあるだろうか?「島」ということばを聞くと、無性に心が...
沖縄県宮古島を拠点にドローン空撮を提供する「Cine Aerial」が、空からしか分からない宮古島の魅力を動画にしました。美しいサンゴ礁、どこまでも続く白...
ここで紹介するのは、Airbnbで体験できる島旅の中から3つピックアップしたもの。「のんびり、ゆったり、まったり」。波の音でも聞きながら、ビール片手に、い...
塊根植物ブームを世に巻き起こした、エキゾチックプランツショップ「BOTANIZE」の代表・横町健さんに「オススメの塊根植物」を聞いた。
青森県が今月19日から県内にある「まるで海外」な絶景スポットを紹介するスペシャルCMを公開中。青森は“今ちょうどいい旅先”かもしれない。
ノルウェーのSommarøyという島で、ちょっと興味深いムーブメントが起きています。彼らは「時間」を廃止しようとしているんです。
1860年代よりディーン家が所有していた島「Pebble Island」。管理が困難になり、売りに出されて話題となりました。島にはアザラシやペンギンなど多...
新潟・佐渡島は、米、魚、日本酒、野菜、果物とおいしい食材に恵まれた場所。特に農産物は、日照時間や季節による温度差がほどよく、”なんでもよくできる”といわれ...
じっくり人の流れから離れながら、優雅に心の浄化旅をできる「春先の石垣島」をオススメ。自然はキレイだし、リゾートとして少し都会。保守的な人も安心できる癒しの...
東洋の真珠と謳われるマレーシア・ペナン島。東南アジア有数のリゾートアイランド南部に人工島造成の計画が。
この島では1929年から1944年、あるいは1945年の終戦まで、日本人によって化学兵器「毒ガス」が製造されていた。国際法で禁止されため、製造を隠すために...