気球も恋も、風まかせ。栃木・小山の上空で知ったこと

人には翼がありません。

だから人は、鳥のようには空を飛べないのです。

 

でもね、鳥と同じ目線で、まるで鳥になったかのように飛ぶことができました。栃木県小山市にある渡良瀬遊水地で、気球に乗ったんです。

 

気球と聞くと、「一生に一度は乗ってみたいよね」なんて言いがちでしょ。でも、もし友達からそんな言葉が聞かれたら、今ならこう言ってしまうと思います。



「一生に一度じゃ、足りないよ」

 

 

前髪、乱れるじゃん…

©2019 ETSU MORIYAMA

気球に乗るのってどんな感じだと思いますか?

 

「すごく揺れる」

「耳がキーンってなる」

「おなかの下あたりがヒューヒューする」

「寒い」「遅い」「わからない」

 

とまあみんなに聞くと、だいたいこんな答え。風船一つに命預けてる気がしてこわい、なんて声も。私のイメージはこれ。

 

「強風で前髪乱れそうだな……」

 

それがですね、気球って風とともに移動する乗り物だから、風の感覚がほぼなくてびっくり。だからスピードも感じなくて、遅いのか速いのかもイマイチわからないし、冬でもあまり寒くもないし、とにかく色々とっても不思議。もちろん前髪だって乱れません。不思議!

ワンボックスカーから現れた
しわしわの物体

©ETSU MORIYAMA

最大の心配事は、集合時間がえらく早いことぐらい。今回は、栃木県小山市で活動する小山バルーンクラブの皆さんの気球に乗せてもらうため、道の駅思川の駐車場に朝6時に集合しました(ちなみに私はダンスの次に早起きが苦手です)。実はこの渡良瀬遊水地上空での気球遊覧飛行、小山市のふるさと納税の返礼品になっているもの。1日1組限定で、年間で30組しか申し込めないというとってもレアな返礼品。貴重な経験をさせてもらえることになったのです。

→気になる方はコチラ
©2019 ETSU MORIYAMA

まだ夜明け前の薄暗がりの中、フライト場所まで移動して、準備スタート。まずは小山バルーンクラブのみなさんが乗っていたワンボックスカーのバックドアが開き、中から人が数人乗れるほどのバスケットが登場しました。同時に袋に詰められたしわしわの物体が引きずり出されていったのですが、これがつまり気球。参加者みんなで引っ張って縦に伸ばし、バスケットにセットしたガスバーナーに着火して、気球を膨らませていきます。

©2019 ETSU MORIYAMA
©2019 ETSU MORIYAMA

気球と共に大きく膨らんでいく期待。膨らませている間は特別することはないのですが、なんだか落ち着かなくて気球の周りをウロウロしていました。

そして、いよいよその時が近づいて……。

©2019 ETSU MORIYAMA
©2019 ETSU MORIYAMA

アイ・キャン・フラーーーイ !!!!!!!!!!

©2019 TABI LABO

気づいた時は、もう上空100メートルほどの所でした。びっくりするほどにあっという間で、地上の人たちに手を振るのも忘れたくらいです。ほとんど揺れもしないし、耳は少しだけキーンとしたけれど、同乗者は気がつかなかったと言っていたのでその程度。はっとしたら空の上なので、こわいと感じるヒマもないかも。

©2019 ETSU MORIYAMA

さてさて、気球の上からはどんなものが見えるのか?

飛行機とも、ヘリコプターとも違っていて、気球には、気球にしかない感覚と、見えるものがあります。風にまかせて飛ぶため、日によって航路が違い、見える景色も変わります。私たちが試乗した日に見ることができたのは、なんと、こんな小山のスペシャルフルセット。

→飛んでみたい方はコチラ

朝焼け、日本のシンボル、
ふしぎな影に、天然記念物まで

©2019 ETSU MORIYAMA

まずは、とっても綺麗な「朝焼け」から。早起きは苦手だけれど、こういった光景に出会うと、頑張ってよかったなあと思うものです。

こんな、日本のシンボルも顔を見せてくれましたよ。

©2019 ETSU MORIYAMA

富士山。この日本一の山は、どんな場所から見ても、思わず「おぉ〜」と言ってしまうから不思議です。スカイツリーも見えましたよ!

でも、この日の気象条件が作り出した特別な絶景も、富士山と同じかそれ以上に「おぉ〜」な光景でした。

©2019 ETSU MORIYAMA

霧の中に沈む小山の街です。

気球は、例えば風なら地上ののぼり旗がパタパタ揺れていたらダメとか、雨や雪は濡れて機体が重くなるし視界も悪くなるのでダメとか、飛ばすことの出来る条件が色々とある繊細な乗り物。この日も、朝方は霧がかなり出ていたので、ギリギリまで決行の判断がつかなかったくらい(状況次第では、当日の朝に順延判断が出ることもあるそうです)。無事フライトが決まって上空に上がると、まだ下に出ていた霧がこんなに素敵な風景を作り出してくれていました。

©2019 ETSU MORIYAMA

霧の贈り物と言えばこれも。

「ブロッケン現象」です。ご存知ですか?

背後から差した太陽の光が、霧や雲の粒子で散乱して、影の周りに虹のリングが出来ること。この日も、自分たちの乗る気球の影が映っているのが見えてはしゃいでいたら、パイロットの方に、ブロッケン現象も出ているよと教えていただきました。うっすらですが、バスケット部分の影の周りに、虹のわっか!(見えるかな?)

©2019 ETSU MORIYAMA

また、今回フライトした渡良瀬遊水地は、ラムサール条約湿地に登録された本州以南最大の湿地。絶滅危惧種や貴重な動植物も多く生息しているので、そういった生き物たちが見せてくれる様々なシーンもまた楽しいのです。サバンナ感がすごい! 思わず、ヌーの大群を探してしまいそうになりました。

©2019 ETSU MORIYAMA

残念ながらヌーの大群は見つかりませんでしたが、なんと、幸運にもスペシャルなゲストが登場してくれましたよ。

©2019 ETSU MORIYAMA

コウノトリのひかるくん!

(あっという間に行ってしまった天然記念物!)

上空300メートルの場所で
出来る意外なコト

©2019 ETSU MORIYAMA

実は気球の搭乗体験前、「気球の上ではすることがないから結構ヒマだ」というウワサを聞いていたんです。なもので、あれやこれやとヒマつぶしを用意して行きました。

 

実際、上空で出来ることって結構あります。飲食は、こぼしたり撒き散らしたりしないものであれば可能だし、腕を出して下にいる仲間に手を振ることだって出来ます。携帯電話も繋がるので、上司に「今日会社休みます」って連絡だって出来ますよ。ただトイレは我慢しなければいけないので、事前に済ませて置くことがマスト。もちろん、火の気のあるものや、危険物の持ち込みも禁止です。

 

まずは気球の上で、おやつを食べました。小山産のとちおとめ!

©2019 ETSU MORIYAMA

上空300メートルで、絶景を眺めながら食べたいちごの味は、なぜかいつもとは違ったマーヴェラスな味。

 

こんなことも可能ですよ。

©2019 ETSU MORIYAMA

シャボン玉をプー。風の影響が少ないので結構綺麗に飛ばせます。

 

他にも、双眼鏡で自分の家を探してみたり、ダンベルを持ち込んで筋トレなんかもしてみたり。どれも悪くないけれど、正直なところ、搭乗中の30分間は見るものが多くて何もいらないかもしれません。むしろ何も持っていくべきじゃないのかも。ボーーーーっとすることこそが、最高のアクティビティなのかも。

 

でも、これは敢えてオススメしておきます。地上からこの光景を見たスタッフが、

 

「これをされたら嬉しくてはしゃいじゃうかも」

 

と絶賛していましたから。

©2019 TABI LABO

 

「す、き」

©2019 ETSU MORIYAMA

小山でしか見えないもの

©2019 ETSU MORIYAMA

搭乗体験の後は、小山バルーンクラブのみなさんと気球の後片付け。最初に入っていた袋に気球を収納するために、みんなで上に座って空気を抜きます。これがまた、ただ座っているだけのようでいて、実はとってもいい時間。映画鑑賞でいうと、エンドロールをボーッと見ながら本編のハイライトを回想する時間といったところ。実際の搭乗体験の時も、準備から後片付けまで体験出来るのですが、気球が上がる仕組みがわかるしおもしろかったですよ。

 

搭乗体験を終えた後、とっても穏やかな気持ちになっている自分に気がつきました。小山ならではの絶景が見られたからなのかもしれないし、単純に高い所に上ったからなのかもしれません。でも、

 

「結局、最後は風まかせなんだよ」

 

上空で聞いた、パイロットのこんな一言を思い出しながら、小山バルーンクラブのみなさんと一緒に気球の片付けをしていたら、なんとなく、この人たちと一緒にこの小山の空を飛んだからなのかもしれないなあ、そんなふうにも思いました。

 

ちなみに搭乗体験を終えた後、もし小山バルーンクラブに入りたくなったら入会も可能だとか。気球が好きで、小山に移住した人もいるんだそうです。いいなあ、私も入りたくなったけど、毎週末朝6時集合とな。早起き、だけが問題だなあぁ〜。

©2019 ETSU MORIYAMA
→今すぐチェック!

栃木県・小山市の「ふるさと納税」はコチラから。

取材協力:小山バルーンクラブ
Top image: © 2019 ETSU MORIYAMA

こちらの記事もおすすめ

東京駅から約80kmのところにある、栃木県小山市。「小山(おやま)ってどこにあるの?」という人のために、渡良瀬遊水地や城山公園などの定番スポットから、ナマ...
今回、栃木県小山市で見つけた行列の先にあったもの、それは、「おとん」のメンチカツ。ちなみにその「おとん」ってのは、お父さんのことではありませんよ。小山のブ...
栃木県小山市民を中心に老若男女に愛され、2005年に惜しまれつつ閉園した「小山ゆうえんち」。遊園地が開園中に活躍していた2層式アンティークのメリーゴーラン...
チャンスがないと食べないもの。たぶん「ナマズ」もその類。クセがあるんじゃないかって? みんながモジモジしているうちにお先にいただきましたよ! しかも、栃木...
まるでサバンナのような場所が、炎でどんどん焼かれていくのを見ました。火事の話じゃないですよ。栃木県小山市にある「渡良瀬遊水地」での、ヨシ焼きの時のお話です...
桃好きのみんな、このリキュール、絶対飲んだ方がいいよ。なぜかってまずは果肉。果肉がすごい。「飲んでる時に、邪魔だなって思うくらい果肉入ってますよ」って栃木...
ちょっと一服。愛煙家ではありませんが、お茶を飲んでひと休みする時は、昔からこの表現が一番しっくりくる気がします。栃木県小山市の駅前で、この、ちょっと一服を...
栃木県小山市には、ユネスコ無形文化遺産に登録されている「結城紬(ゆうきつむぎ)」という伝統工芸があります。小山で本場結城紬の技術を学んでいる「紬織士」の方...
栃木県小山市で予約の取れない焼肉店「うしやのせがれ」をご紹介。牛農家の息子が厳選する、おやま和牛を中心としたその日一番いい肉の盛り合わせや、名物の赤身肉3...
レーズンバターサンド“ラ”。素敵でしょ、このギリギリな感じ。北海道じゃなくて、栃木県小山市にある「ドラヤキワダヤ」さんというお店で見つけました。まるであの...
栃木・小山市「小山駅」西口の大通りから一本脇。焼き鳥、鳥わさ、鳥刺しなどなど「いつもの処」は鳥料理がメインの居酒屋さん。「なんで栄えてるのかってのは、行け...
栃木・小山のどら焼き専門店「ドラヤキワダヤ」が、新商品のスイカ味を発売。スイカ果汁入りの餡に、ダークショコラチップをトッピング。爽やかな甘さとヒマラヤピン...
関東地方にある「国立公園」の注目ポイントは、ずばり「山」です。美しい山々を前に景観を楽しむも良し、ハイキングで汗を流すも良し。東京近郊にありながら、「山の...
岐阜県との県境に位置する、愛知県瀬戸市。愛知県の県庁所在地・名古屋市から北東に約20kmと、アクセスの良いところにある瀬戸への行き方、観光スポット、旨い店...
栃木県益子町の田町地区、そのさらに一部の家庭で夏になると食べられるソウルフードがあります。その名も「ビルマ汁」。誕生したのは1945年。太平洋戦争でビルマ...
東京・品川の武蔵小山でジャマイカのソウルフード「ジャークチキン」を食べてきました。東急目黒線、武蔵小山駅の東口にあるパルム商店街の路地裏に佇んでいるのが、...
トーストは全部で15種類武蔵小山にある食パンだけを作るベーカリーLeBRESSO〒152-0002 東京都目黒区目黒本町3丁目5-6http://lebr...
「うなぎの聖地」と言われる浜松には、関東風と関西風のお店がちょうど半分ずつあるそうです。なかでも明治25年(1892年)に浜名湖産うなぎの行商から始まった...
Googleマップで検索すると、ハートの形をしている沖縄県南城市。ここには、海や自然を満喫できるところだけでなく、沖縄の神話にまつわるスポットもたくさんあ...
阿蘇の雄大な自然を満喫できるアクティビティを紹介します。パラグライダー、サイクリング、ボルダリング、熱気球、ホーストレッキング、そのほかロープウェーなど。...