本日開店「牛脂食堂」。栃木・小山から届く和牛の贈り物で作る絶品ごはん

モヤシ炒めさんは、夢見ているかもしれません。

 

食べてくれた人に「なにこれ、めっちゃ美味しい……」って感動される日を。そしていよいよ、その時がやって来たかもしれません。あるものを使ったら、スーパーで買ったフツーのモヤシが、人気店さながらの料理に変身したのです。

 

使ったものは、これ。

©2019 ETSU MORIYAMA

ホワイトチョコブラウニーです。間違えました。「牛脂」です。栃木県小山市の、ふるさと納税の返礼品として手に入れられるこの牛脂、ただのアブラとあなどるなかれ。A5ランクのおやま和牛のもの、というだけでなく、ある人によってこだわり抜いて選ばれた、ワンランク上の牛脂なのです。

 

これを使えばもしや……

という私たち食いしん坊の、美味しい予感はあっていました。いろいろ試したら、ただのモヤシだけじゃなく、ただの食パンも、ただのジャガイモも、あらゆるただの食材が、ただごとじゃない料理になったのです。これすごい。

 

思いがけず、小山の牛脂が巻き起こしたグランドスウェルをご覧ください。

(グランドスウェルはサーフィン用語で「大型のうねり、滅多にないビックウェイブ」のことだよ)

→さっそくチェックしてみる

さあ、牛脂パーティを始めよう

©2019 ETSU MORIYAMA

この牛脂の可能性に期待して、今回の料理に使う材料は「普通」であることを条件としました。高級食材は一つもありません。料理のウデも、ほとんどいらないと思います。

なのにどれも美味しくて、料理が出来上がって食べるたびにいちいち盛り上がります。さらにスバラシイのは、油を使った料理であるにも関わらず、変な胃のもたれ感がないこと。さすが、A5ランクのおやま和牛。

牛脂レシピ、安い!簡単! ウマイ! 

©2019 ETSU MORIYAMA

〜誰でもできるよ 初級編〜

1.牛脂ごはん

©2019 ETSU MORIYAMA

このごはん、牛脂を炒めてかけただけなのに、めまいがするほど美味しかったですよ。バター醤油ごはんの進化系。目が一段大きくなる系。

 

(レシピ)
牛脂を刻み、中火のフライパンでカリカリになるまで炒めます(小さじ1杯分ほど)。茶碗にごはんを盛り付けて、その上に炒めた牛脂を溶け出た油分ごとかけ、最後に醤油を少したらせば出来上がり。

2.牛脂ブレッド

©2019 ETSU MORIYAMA

イギリスには、朝食でベーコンを焼いた後に出た油でパンを焼く「フライドブレッド」なる料理があるとかで。牛脂版フライドブレッドは、バターで焼くよりも歯切れよくサクサクに仕上がります。

 

(レシピ)
小さじ1杯ほどの牛脂を、油が溶け出すまで中火のフライパンで炒め、そこに食パンを入れて、弱火で両面を焼いたら出来上がり。

〜ちょっとがんばる 中級編〜

3.モヤシ炒め

©2019 ETSU MORIYAMA

ビンボー飯どころの話ではなく、この料理は、世の中のモヤシLOVERS界隈が震えると思います。カリカリにした牛脂もアクセント。

 

(作り方)
中火のフライパンで、刻んだ牛脂(小さじ1杯分ほど)を炒めてカリカリにします。そこにモヤシを投入し、さっと炒めて塩コショウ、醤油少々で味を整え完成です。

4.きんぴら

©2019 ETSU MORIYAMA

ごはんもお酒も止まらなくなるきんぴらを作ってしまいました。唐辛子も一緒に炒めてピリ辛にすると、A5ランクのオトナの味。

 

(作り方)
ニンジンとごぼうは皮を向いたら細切りにし、ごぼうは軽く水にさらしておきます。中火のフライパンで刻んだ牛脂(小さじ1杯ほど)をカリカリになるまで炒め、さらにニンジンとごぼう、酒、みりん、醤油を入れてサッと炒めたら、最後に白ごまを振って完成です。

〜極めれば 上級編〜

5.ペペロンチーノ

©2019 ETSU MORIYAMA

上級編と言ってもこちらも簡単な料理。牛脂版ただのペペロンチーノです。なのにどうしてこんなに美味しいのやら。

 

(作り方)
刻んだ牛脂を中火のフライパンで炒め、カリカリにして油を出します。スライスしたニンニクをキツネ色になるまで炒め、次いで唐辛子を入れて炒めます(唐辛子はすぐ焦げるから気をつける)。同時に鍋にたっぷりのお湯を沸騰させ、塩をひとつまみ入れてパスタを茹でておきます。アルデンテに茹でたパスタを、先ほどのフライパンに入れて和えたら出来上がり。

6.ハッセルバックポテト

©2019 ETSU MORIYAMA

シンプルな材料で簡単なのに、仕上がりはおもてなし料理さながら。イモムシじゃないよ。甘くて美味しい……!

 

(作り方)
よく洗ったジャガイモを、底の部分を少し残して繋がるよう、等間隔にスライスします。フライパンで炒めて溶かした牛脂を上からかけ(大さじ1杯分ほど)、ラップをしたらレンジで5分温めます。取り出して、最後に上から塩コショウを適量かけて完成です。

【 使用した、各材料の値段 】
 
■牛脂ごはん
 ごはん(約1合)……75円くらい
■牛脂ブレッド
 食パン(6枚入)……159円
■モヤシ炒め
 緑豆モヤシ(1袋)……28円
■きんぴら
 泥つきゴボウ(1本)……178円
 ニンジン(3本)188円
 白いりごま(90グラム)…189円
■ペペロンチーノ
 パスタ(500グラム)……198円
 ニンニク(1個)……98円
 鷹の爪(1袋7グラム)……118円
■ハッセルバックポテト
 ジャガイモ(男爵4個入)……198円
 
合計 1429円!!!
 
 
→これは食べてみたい!

牛脂がこんなにウマイなら
どうなんだシャトーブリアンよ

©2019 ETSU MORIYAMA

ありがとう、おやま和牛の牛脂よ。

こんなにも私たちを楽しませてくれるなんて。

でもやっぱりお肉も食べたいよね。だって牛脂がこれだけ美味しいということは、お肉も絶対に美味しいはずだから……。

©2019 ETSU MORIYAMA

はい、最高でした。表にする側に塩コショウをし、フライパンに牛脂をなじませてから強火で少し焼いただけなのに、美味しくて泣きそうでした。シャトーブリアンもありがとう。

 

「業界では、『雌は松阪、ぬき(去勢雄)は栃木』と言われているほど、おやま和牛をはじめとした栃木の雄牛の肉は評価が高いんですよ」

 

とは、このシャトーブリアンと牛脂を目利きした、「和牛マエストロの店あいざわ」の店長・相沢英之さん。相沢商店は、栃木県小山市にある昭和三十年(1955年)創業の精肉店です。

©2019 ETSU MORIYAMA

去勢雄の方が霜降りになりやすいのだそうで、確かにナイフがいらないほど柔らかくてジューシーなお肉でした。

 

「でもお肉って、一頭一頭違うんです。血統や作り手、保存状態によっても味だったり柔らかさだったり、香りも違います。切り方によっても変わるんですよ。一番美味しく食べてもらえる厚さを、それぞれのお肉と対話しながら決めています」

©2019 ETSU MORIYAMA

牛脂の方がむしろメチャクチャ
厳選してしまう……

©2019 ETSU MORIYAMA

そんな相沢店長の、愛溢れる目利きで選ばれた美味しい牛の美味しい脂。そりゃ今回の牛脂料理も美味しくなったわけだ。

 

「なんか、お肉よりむしろ気を遣っちゃいますよね。いいところのものしか送りたくない、みたいな(笑)。脂も場所によって美味しさが違うんです。背脂が一番透明度が高くて、不純物が少ないので、美味しいんですよ」

©2019 ETSU MORIYAMA

ちなみに相沢店長の趣味はサーフィンと筋トレ。私たちの牛脂のレシピもサイコーだけど、トレーニーの皆さんへオススメのお肉も伺ってみました。

 

「おやま和牛のモモ肉が、低カロリー高タンパク、アミノ酸たっぷりで、オススメです。柔らかいのが好きな人はヒレがいいけど、動いてる筋肉の方が肉本来の味があって美味しいから、僕は赤身が好きです。だからお肉の味を楽しみたいという人にも、赤身がオススメですよ」

 

トレーニーのみなさん、トレーニングした日に行けば、その日に食べるべきオススメのお肉もアドバイスしてくれるそうですよ。お肉は天然のプロテイン!

 

では最後に。

相沢店長の好きな筋トレはなんですか?

 

「高重量のフルスクワットです」

 

20キロの肩ロースはバーベル代わり!?

©2019 ETSU MORIYAMA
→栃木県・小山市の「ふるさと納税」はコチラから

和牛マエストロの店 あいざわ

住所:栃木県小山市宮本町3-1-28

TEL:0285-24-2944

営業時間:10:00~18:30

定休日:日、祝

公式HP:http://aizawa-beef.p-kit.com/

Top image: © 2019 ETSU MORIYAMA

こちらの記事もおすすめ

東京駅から約80kmのところにある、栃木県小山市。「小山(おやま)ってどこにあるの?」という人のために、渡良瀬遊水地や城山公園などの定番スポットから、ナマ...
今回、栃木県小山市で見つけた行列の先にあったもの、それは、「おとん」のメンチカツ。ちなみにその「おとん」ってのは、お父さんのことではありませんよ。小山のブ...
栃木県小山市民を中心に老若男女に愛され、2005年に惜しまれつつ閉園した「小山ゆうえんち」。遊園地が開園中に活躍していた2層式アンティークのメリーゴーラン...
チャンスがないと食べないもの。たぶん「ナマズ」もその類。クセがあるんじゃないかって? みんながモジモジしているうちにお先にいただきましたよ! しかも、栃木...
栃木県小山市で予約の取れない焼肉店「うしやのせがれ」をご紹介。牛農家の息子が厳選する、おやま和牛を中心としたその日一番いい肉の盛り合わせや、名物の赤身肉3...
ちょっと一服。愛煙家ではありませんが、お茶を飲んでひと休みする時は、昔からこの表現が一番しっくりくる気がします。栃木県小山市の駅前で、この、ちょっと一服を...
桃好きのみんな、このリキュール、絶対飲んだ方がいいよ。なぜかってまずは果肉。果肉がすごい。「飲んでる時に、邪魔だなって思うくらい果肉入ってますよ」って栃木...
レーズンバターサンド“ラ”。素敵でしょ、このギリギリな感じ。北海道じゃなくて、栃木県小山市にある「ドラヤキワダヤ」さんというお店で見つけました。まるであの...
まるでサバンナのような場所が、炎でどんどん焼かれていくのを見ました。火事の話じゃないですよ。栃木県小山市にある「渡良瀬遊水地」での、ヨシ焼きの時のお話です...
栃木県小山市には、ユネスコ無形文化遺産に登録されている「結城紬(ゆうきつむぎ)」という伝統工芸があります。小山で本場結城紬の技術を学んでいる「紬織士」の方...
栃木・小山市「小山駅」西口の大通りから一本脇。焼き鳥、鳥わさ、鳥刺しなどなど「いつもの処」は鳥料理がメインの居酒屋さん。「なんで栄えてるのかってのは、行け...
栃木・小山のどら焼き専門店「ドラヤキワダヤ」が、新商品のスイカ味を発売。スイカ果汁入りの餡に、ダークショコラチップをトッピング。爽やかな甘さとヒマラヤピン...
関東地方にある「国立公園」の注目ポイントは、ずばり「山」です。美しい山々を前に景観を楽しむも良し、ハイキングで汗を流すも良し。東京近郊にありながら、「山の...
東京・品川の武蔵小山でジャマイカのソウルフード「ジャークチキン」を食べてきました。東急目黒線、武蔵小山駅の東口にあるパルム商店街の路地裏に佇んでいるのが、...
岐阜県との県境に位置する、愛知県瀬戸市。愛知県の県庁所在地・名古屋市から北東に約20kmと、アクセスの良いところにある瀬戸への行き方、観光スポット、旨い店...
栃木県益子町の田町地区、そのさらに一部の家庭で夏になると食べられるソウルフードがあります。その名も「ビルマ汁」。誕生したのは1945年。太平洋戦争でビルマ...
牧之原台地を中心に、お茶の生産が盛んな静岡県島田市。静岡県の中央に位置するこの街は、静岡駅や掛川駅、浜松駅などの新幹線が停車する駅からのアクセスが便利です...
トーストは全部で15種類武蔵小山にある食パンだけを作るベーカリーLeBRESSO〒152-0002 東京都目黒区目黒本町3丁目5-6http://lebr...
Googleマップで検索すると、ハートの形をしている沖縄県南城市。ここには、海や自然を満喫できるところだけでなく、沖縄の神話にまつわるスポットもたくさんあ...
秩父市と深谷市、埼玉県の2つの市が育んだ味が融合して生まれた絶品おかず「深谷焼きねぎ秩父味噌」。おにぎりの具や野菜スティックの付け合せ、お味噌汁にもおすす...