プールだけじゃない! 泉里香さんが満喫する「マリーナベイ・サンズ」夏休みひとり旅

ちょっと早めの夏休みでシンガポールを訪れたのは、モデルや女優として活躍する泉里香さん。

「プールや景色が綺麗っていう漠然としたイメージはあったんですけど、実は一度も来たことがなくて……。今回はひとり旅というドキドキもありますが、とても楽しみにしていたんです」

目的地は、 “人生初” のマリーナベイ・サンズ!

「待ちに待った、マリーナベイ・サンズ!」
「開放感のあるエントランスから、ワクワク」
「屋上のプールって、気持ちいい〜」
「ショッピングもゆっくり楽しめました」

日本ではテレビの撮影から雑誌などの取材まで、毎日を忙しく過ごしている泉さん。いざ “ひとり旅” と言っても、不安要素はたくさんあると思います。言葉の壁や、長いフライト時間、治安やセキュリティ……。リフレッシュするつもりが、逆に疲れてしまったのでは元も子もありません。

今回の目的地に選んだシンガポールは「物価が高い」「リフレッシュするには都会すぎない?」というイメージがあるかもしれませんが、じつはそんなことありません。

女子ひとり旅でも大満足できる「マリーナベイ・サンズ」で、思いっきりリフレッシュしてもらいました!

スパやショッピング、グルメで
たっぷり自分に “ご褒美” を

プライベートで旅をするときも「癒されたい、が1番のテーマです」と笑う泉さん。さっそく、55階からマリーナ湾の景色を堪能できる「バンヤンツリー・スパ」へ。

アジアンテイストの落ちつける空間で、忙しい毎日とフライトで硬くなった体と心をほぐします。

このあとのシンガポール旅を全力で楽しむためにも、まずは元気をチャージ!

元気になる、といえば絶品グルメを味わうのも欠かせません。

マリーナベイ・サンズのなかにあるウルフギャング・パック「CUT」で、極上のステーキを。

ひとり旅でも、スタッフの方たちが優しく話しかけてもてなしてくれるので、食事の時間が楽しみになります。

言わずと知れたアメリカンステーキハウスの人気店ですが、2018年シンガポールミシュランガイド1つ星も獲得。

「美味しくて、ついお腹いっぱい食べちゃいました」

 

また、シンガポール料理を楽しむなら、マリーナベイ・サンズにある大型のフードコート「ラサプラ・マスターズ」もおすすめです。

ラクサやチキンライスなどどれにしようか悩むくらいたくさんのローカルグルメが勢揃い。泉さんが選んだのは、バクテーでした。

「コショウが効いてて、本場のしっかりめの味つけがおいしい! 」

滞在中には、シンガポール政府観光局による「2019年ベストショッピングモール体験賞」を受賞したショッピングモール「ザ・ショップス」でのお買い物も楽しんでいた泉さん。

日本未上陸の店舗や、日本では買えない限定モデルを取り扱うショップもあり “ここにしかないもの” を発見する楽しさも。

マリーナベイ・サンズへ行くなら、たっぷり “自分へのご褒美” を忘れずに。

→行ってみたい!

マリーナベイ・サンズで
“新しい自分” に出会う

「空気も気持ちよくて、シンガポールの景色が見渡せたので、朝からとても贅沢な時間を過ごすことができました」と泉さんもお気に入りだったのが、サンズ スカイパークでの “朝ヨガ体験” 。

普段は多くの人が集まっているスカイパークも、早朝はヨガの参加者だけの特別な空間になります。

57階から見渡すシンガポールの地平線は、最高! 

マリーナベイ・サンズに常設されている、チームラボのアートサイエンスミュージアム『FUTURE WORLD』では、自分の動きに合わせてリアルタイムに変化していくインスタレーションや、命が吹き込まれたようなアートに出会えるので、とても刺激的。

アリスの『ワンダーランド』の世界観に迷い込んだような「狂ったお茶会」では、真っ白な部屋がどんどん鮮やかに色づいていく不思議な体験も*。

詳しく書いてしまうとネタバレになってしまうので、ぜひ実際に訪れてみてください。世界最高峰のエンターテインメントが楽しめる「サンズ・シアター」でブロードウェイなどを鑑賞するのもオススメですよ。

*2019年9月22日まで

「とても幻想的で、思わず見入っちゃいました」と泉さん。

夜には、光と水のシンフォニーが楽しめる無料のショー「SPECTRA(スペクトラ)」を堪能しました。迫力の音楽とともに繰り広げられるショーは、何度でも見たくなる美しさ。

マリーナベイ・サンズと光で繋がるような演出も必見です。鑑賞スポットによってショーの見え方も変わるので、滞在中は毎日いろいろなところから楽しむのが正解(たとえば、屋上プールから見下ろしてみたり!)。

絶景やアートにたっぷり触れることで、今まで気づけなかった “新しい自分” に出会えるのも、マリーナベイ・サンズの魅力のひとつ。

周りの目を気にせず
思いっきり味わう “開放感”

そしてマリーナベイ・サンズといえば、世界最大の屋上プール「インフィニティプール」は外せません。

サンセットや夜景など、時間によって変わりゆくシンガポールの絶景が楽しめます。

プールサイドベッドで、マリーナベイ・サンズにあるたくさんのおすすめカクテルを楽しみながら、ただのんびり “なんにもしない1日” を作るのも、きっとここでしかできない贅沢な体験。

マリーナベイ・サンズは、客室で味わえる “開放感” も格別です。

「景色も最高だし、朝起きたらまずはカーテンと窓を開けて*、ゆっくり風を感じる時間を過ごしました。海外のホテルに行くとなかなか落ち着かないこともあるんですが、ぐっすり眠ってしまうくらい過ごしやすくて、心も体も癒されました」

ガーデンビューの部屋では「ガーデンズバイザベイ」を見渡せて、夜のイルミネーションにも驚かされますよ。

*窓が開けられるのは、ガーデンビュールームのみです。

さらに “開放感” を味わいたくなったら、アジア最大級のナイトクラブ「Marquee(マーキー)」へ。

海外のクラブって少し不安だけど、マリーナベイ・サンズはセキュリティもしっかりしているから安心だし、スタッフの方たちも優しく接してくれるので、女性のひとり旅でも楽しめます。

アジアではマリーナベイ・サンズが初出店となった、最先端のナイトクラブ「Marquee」。

その世界に一歩足を踏み入れると、日本では味わえないようなラグジュアリーな空間が広がっていました。吹き抜けの3フロアに、観覧車——。ひとり旅や夜の女子会に最適です。

→もっと知りたい方はコチラから!

近くの街で、シンガポールの
“伝統や文化” に触れる

マリーナベイ・サンズは、街へ遊びにいくのが便利なのも魅力のひとつ。公共交通機関を使って、10〜15分ほどで見どころの多い観光スポットまで移動できます。

泉さんも、現地在住の友だちと合流して、シンガポールの街をお散歩!

いろいろな文化が共生しているので、建物や街並みを見ているだけでも楽しいんです。

とくに、パステルカラーのアパートが並ぶ「プラナカンハウス」や、カラフルな路地 の「ハジレーン」は、フォトスポットとしても外せない場所。

シンガポールの街並みで “多様性のパワー” を感じつつ、お散歩の休憩として立ち寄ったのは、本格的な中国茶が体験できる「ティーチャプター」。

お茶について学べて、飲める、チャイナタウン地区の人気店です。かつてはエリザベス女王が訪れたこともあるそうですよ。

「夢が叶ったような気分でした」

泉さん! マリーナベイ・サンズで過ごす夏休み、楽しんでいただけましたか?

 

「はい、とても素敵な夏休みになりました。夢が叶ったというか、全〜部、楽しかったです(笑)今回のような女子ひとり旅でも安心して過ごせますし、次は両親と一緒に訪れるのも素敵だなって思いました。シンガポールは日本からも近いし、食事もおいしいので、きっと満足してくれると思うんです。親友と一緒もいいですよね。また来ます!」

そんなマリーナベイ・サンズは、じつは公式HPhttps://jp.marinabaysands.com/hotel/offers/sandsational-escape.htmlからの予約がもっともお得なんです。最低価格保証をしていて、チェックイン前からインフィニティプールも利用できます。

無料登録できる「サンズリワード ライフスタイル会員」の会員特典も充実していて、たとえばキャンペーン中に日本のパスポートを提示すると、自動的にひとつ上の「プレステージ会員」にアップグレードされるそうです。

会員特典として、サンパンライドやスカイパーク展望台、そしてデジタルライト・キャンバスの無料チケットを2枚ゲットすることもできます。ぜひ、登録してみてください。

 

マリーナベイ・サンズで、やりたいこと全部やる夏。

最高でしょ?

→詳しくはコチラから!
スタイリスト:楠玲子, ヘア&メイク:Sui 冬木慎一

 

【こちらの記事もどうぞ】

「そうだ、旅に出よう!」と、“思うだけ”の人はたくさんいる。でも、実現している人が世界にはたくさんいる。バンで自由気ままに旅をするSusi Cruzさん。...
「日常も旅になっている」と言うのは、ファッションモデルとしてだけでなく、詩や写真分野でのクリエイティブ活動でも多くの支持を集めるラブリさん。彼女の頭の中に...
ロンドンの企業「BeRightBack(brb)」が、旅のサプスクリプションサービスを展開しています。199ポンド(約2万9000円)を払えば、ロンドンか...
2020年、シドニーに再オープン予定の「W Hotel」に造られるインフィニティプールからは、ダーリン・ハーバーを一望できる景色が見られるということ。“映...
「Elle Voyage」は、「旅は好きだけどひとりでは行けない!」という女性のためのツアー会社。設立したのは、自身も旅が大好きなDawn Simoneさ...
2018年に創業10年を迎えたAirbnb。民泊の概念を普遍的にした彼らの影響によって、「旅」はどのように変わっていったのでしょうか。
旅には、人生が凝縮されています。
「日常も旅になっている」と言うのは、ファッションモデルとしてだけでなく、詩や写真分野でのクリエイティブ活動でも多くの支持を集めるラブリさん。彼女の頭の中に...
「日常も旅になっている」と言うのは、ファッションモデルとしてだけでなく、詩や写真分野でのクリエイティブ活動でも多くの支持を集めるラブリさん。彼女の頭の中に...
ヘルシーもウェルネスも、訳すとどちらも「健康」という意味なんですが、ヘルシーが身体的な健康に対して、ウェルネスはもう少し意味が広く、クオリティオブライフだ...
「日常も旅になっている」と言うのは、ファッションモデルとしてだけでなく、詩や写真分野でのクリエイティブ活動でも多くの支持を集めるラブリさん。彼女の頭の中に...
「Go Travel Dress」は、リップやパスポートを入れられるポケットがある、多機能なトラベル用ドレス。スマホはもちろん、防犯性に優れたお金をしまっ...
2018年に創業10年を迎えたAirbnb。民泊の概念を普遍的にした彼らの影響によって、「旅」はどのように変わっていったのでしょうか。
「日常も旅になっている」と言うのは、ファッションモデルとしてだけでなく、詩や写真分野でのクリエイティブ活動でも多くの支持を集めるラブリさん。彼女の頭の中に...
ハワイ生まれの大学生であるAllison。22歳という年齢で50カ国以上を旅した彼女は、法律事務所で働きながら、SNSのコンテンツ制作の仕事をこなして旅費...
旅行をした先でマラソン大会に参加する「旅ラン」。海外には面白い場所で走ることができて記念にもなるレースがいろいろあります。そんな中から興味深い4つのレース...
iPhoneひとつあれば、旅の記録と記憶は美しく残せる。世界のiPhone Photographersの貴重な瞬間を捉えた写真の数々を観ると、旅にあらため...
「日常も旅になっている」と言うのは、ファッションモデルとしてだけでなく、詩や写真分野でのクリエイティブ活動でも多くの支持を集めるラブリさん。彼女の頭の中に...
ケヴァン・チャンドラーさんは脊髄性筋萎縮症という難病を抱えており、普段は車イスで生活しています。自身がバックパックとなって友人に背負ってもらい、世界を旅す...
アラサー・独身・彼氏なしの三重苦を背負った広告クリエイター・坂田ミギーさんが世界一周のひとり旅で学んだ「自分らしく生きる方法」とは? 『旅がなければ死んで...