サンセットビーチでモヒートを。沖縄にある「ラムの街」に惚れ込んだ!

沖縄本島の中心地を外れ、少し北上した先にある北谷(ちゃたん)エリア。この街は米軍基地に近く、外国人居住者が多いことから、日本離れしたカルチャーに触れられます。

陽気な音楽と笑い声。賑わうビーチに足を運べば、広がっていたのはこんな光景!

©2019 TABI LABO

ざっと見た感じ、日本人は全体の10%以下。

サンセットビーチにはお酒と海を堪能する人たちが集まり、とにかく陽気に乾杯をする!特にラムカクテルのモヒートは大人気。「国籍や年齢、性別なんて関係ないじゃん、言葉だってわからなくてもいいよ」と言わんばかりに、その日、その時間に生まれた偶然をこよなく愛すのが北谷のカルチャー。

©2019 TABI LABO

「ここ日本だっけ?」ってセリフを何度も呟いてしまう、異国感満載の“新しい沖縄旅”をご紹介します!

長距離移動のご褒美に
北谷に着いたらまずはアイス!

空港からホテルに直行して重い荷物を置いたら、バスで「American Village」へ。ここはアメリカンテイストな雑貨やファッションアイテム、グルメなど13の商業施設が立ち並んでいる超巨大スポットです!

©2019 TABI LABO

まず向かったのは「Hold By Hand Okinawa」。手に握って海沿いを散歩したくなるような、アイスクリームとフライドポテトのお店です。

真っ白なソフトクリームにトッピングしたのは、チョコスプレーとレインボーシリアル!このゴテゴテ感がかわいい♡
もうひとつは、真っ黒な竹炭チョコレートとバニラのハーフにラズベリークランチをトッピング。

©2019 TABI LABO

アイスを食べたらしょっぱいものが恋しくなって、「ポテトも買っちゃおっか」って意見が一致(笑)。

隣に座っていたベイビーがじっと見つめてきて、思わずポテト美味しいよねって声をかけてしまいました。家族みんな「Hold By Hand Okinawa」のポテトが大好物なんだって!

『Hold By Hand Okinawa』

住所:沖縄県中頭郡北谷町美浜9-46

TEL:098-926-5858 

130ものお店がぎゅっと集まる!
デポアイランドを散策しよう

©2019 TABI LABO

American Villageを代表する施設のひとつが「デポアイランド」。沖縄のお店とアメリカのお店がごちゃ混ぜになっていて、北谷カルチャーを感じながらショッピングができますよ。

沖縄観光の定番観光スポットだから毎日観光客でにぎわっていますが、デポアイランドを満喫したら北谷から出てしまう人が多いんですよね。このエリアに来て、買い物だけで満足するのはもったいない!

『デポアイランド』
住所:沖縄県中頭郡北谷町美浜9-1
TEL:098-926-3322

ポートランドにインスパイアされた
「ZHYVAGO COFFEE」でひと休み

©2019 TABI LABO

「ZHYVAGO COFFEE WORKS OKINAWA」は、オーナー自身がアメリカ西海岸を旅して目にしてきたDIY精神や、ローカリズムに影響を受けて生まれた沖縄発のコーヒースタンド。

使われているコーヒー豆は、沖縄育ちの有名な焙煎士である中村良行さんがローストしているものだそう。イチ押しは、豆の香りを一番感じられるアメリカーノ。カップに注ぐまでの一連の所作を大切にし、1杯1杯、エスプレッソを丁寧に抽出しています。

自家製のスイーツやスナックとのペアリングもオススメ!

『ZHYVAGO COFFEE WORKS OKINAWA』
住所:沖縄県中頭郡北谷町美浜9-46
TEL:098-989-5023

夕陽を求めてビーチへ!
「BACARDÍ」のモヒートでチルアウト

©2019 TABI LABO

5年前にオープンしたサンセットビーチの「Island Paddler's」は、北谷を満喫するうえでは絶対に欠かせない場所!

世界中で愛されるラム、「BACARDÍ」を使ったモヒートが楽しめる、モヒート専門店です。週替わりのフルーツアレンジも豊富で、どれにしようか迷っちゃいます。空がギリギリ青いうちにビーチに到着して、のんびり夕陽を待ちましょう。

©2019 TABI LABO

空がオレンジに染まっていくのを眺めながら、ここで飲むモヒートは格別に気持ちがいい!海風とミントの爽快感は相性が抜群、ラムの甘さはキレが良くてゴクゴクいけちゃう。

「Island Paddler's」のオープンと同時に飲み始めて、陽が暮れるまでビーチで過ごしている人も多いと聞いて納得。その賑わいといったらまさに「ラムの街」!集まった人たちとの新しい出会いも楽しくて、これなら1日中遊んでいられるな〜。

©2019 TABI LABO

夕陽が海に沈む瞬間は、フェスのように賑わっていた空気が少しだけ静まって、隣の人と小さく乾杯を。

「今日楽しかったね、ありがとう」の気持ちを2人で共有する時間も、非日常的な旅の醍醐味ですよね。

©2019 TABI LABO

異国感たっぷりの北谷エリアは、沖縄に行くなら絶対にチェックしてほしい場所。夏が来るたび、この楽しさが恋しくなってしまうはず。

『Island Paddler's』
住所:沖縄県中頭郡北谷町美浜2
TEL:098-936-8273
営業時間:12:00~20:00(L.O)

『北谷サンセットビーチ』
住所:沖縄県中頭郡北谷町美浜2
TEL:098-936-8273

珍しい沖縄土産の宝庫!
帰る前に「Proots」へ寄り道

©2019 TABI LABO

旅の最終日、空港に向かう前に寄り道して欲しいのが港川ステイツサイドタウンにある「Proots」。

沖縄とアメリカが融合された文化に惹かれて、この地へ移住してきたオーナーが、移住者目線で“沖縄のいいもの”を集めた雑貨屋さんです。
お店に揃っているのはすべて、作っている人の顔とストーリーがわかるもの。

かつて、琉球列島で成人儀礼のひとつだった刺青「ハジチ」を使ったトートバッグなど、他では手に入らない珍しいお土産の宝庫なんです。

ついつい長居しちゃうから、飛行機の時間には気をつけて!

『Proots』
住所:沖縄県浦添市港川2-16-7
TEL:098-955-9887

2017年の9月に北谷にオープンした「AIEN Coffee and Hostel」は、沖縄県初のカフェ&ホステルという形態。お店の名前は、フシギなめぐり...
沖縄旅行をすると決めたとき、きっと頭の中に思い浮かぶのは、エメラルドグリーンの海と、青い空…。でも実は、沖縄って雨が多いんですよね。梅雨の時期や台風もある...
Googleマップで検索すると、ハートの形をしている沖縄県南城市。ここには、海や自然を満喫できるところだけでなく、沖縄の神話にまつわるスポットもたくさんあ...
沖縄県の「国立公園」は、ただ見て周るだけではなく、山や海に飛びこんで “体験する” のがオススメです。ここでは「やんばる国立公園」「慶良間諸島国立公園」「...
沖縄県那覇市、県庁前駅の近く。国際通りから少し入ったところに、知る人ぞ知る名店があるんです。一見BARのようにも見えますし、実際泡盛の種類も豊富ですが、味...
沖縄でおにぎりの具といえば、あぶら味噌「みそのこ」が定番。「みそのこ」とは、豚肉の脂と味噌を炒めたなめ味噌のことで、冷蔵庫で保存すれば半月は保つ保存食です...
カフェであり、雑貨屋さんでもあり、撮影スタジオでもあり——。そんな空間を沖縄で見つけました。外国人住宅をリノベしている「わわcafE」は、立ち寄るだけでも...
7月初旬に行われた「Corona Sunsets Festival 2017」。照りつける太陽に恵まれ、オーディエンスも、ワークショップも、ビーチも盛り上...
ヘルシーもウェルネスも、訳すとどちらも「健康」という意味なんですが、ヘルシーが身体的な健康に対して、ウェルネスはもう少し意味が広く、クオリティオブライフだ...
暑い夏の定番カクテルといえば、キンキンに冷えた「モヒート」をおいて他にありません。ライムとミントの爽快な味わいは、この上ないベストマッチングですが、ライム...
読谷、恩納、那覇に店舗を構える「金月そば」。それぞれに異なった楽しみ方ができますが、ここで紹介する恩納店には「沖縄つけそば」があります。そもそもお店自体が...
昔ながらの沖縄の風景が残る南部で、暮らすように1週間くらい泊まりたい宿をエアビーで見つけました。場所は、斎場御嶽などの聖地が有名な南城市にある奥武島のつけ...
果報バンタ、フクギ並木、古宇利大橋、大石林山、あがいてぃだばし、ター滝、ワルミ大橋など、沖縄本島の車で行ける絶景スポットを集めました。ゴールデンウィークや...
悩みのタネになっていた「理想的な沖縄みやげ」に、ひとつの答えが出た気がします。それは那覇市の「謝花きっぱん店」にある冬瓜漬という琉球の伝統的なスイーツ。絶...
沖縄・那覇市にある「BACAR」は、県庁前駅から少し歩いたところにひっそり佇むピッツァ屋さん。外から見た印象が暗いので “ひっそり” と書いてはみたものの...
長寿県で知られる沖縄(現在は長野県が第1位)。独特の食習慣や暮らしぶりは「世界的にも特質すべき点が多々ある」と、「Collective-Evolution...
「1日、ここでまったり仕事をするのもいいなぁ」。そんな風に思ってしまった癒しの場所があります。沖縄県北中城の外国人住宅が集まっている丘を上っていくと、たど...
ここは、極東最大のアメリカ空軍基地・嘉手納飛行場を有する本島の中部エリア。大型施設が立ち並ぶ海岸線とは対照的に、58号線を挟んだ陸側は、緑が豊かな落ち着い...
お土産としてもおなじみ「油みそ」は、ウチナーンチュの常備菜として愛される家庭の味。これを自宅でかんたんに再現したレシピをどうぞ。
ここは、カクテルを飲む習慣がない人にこそ行って欲しいお店。恵比寿の名店「Bar TRENCH」です。このお店のメニューには、ジントニックやモヒート、マンハ...