「誰が着ても似合う」と評判のモッズコートを試してみたら……

1枚でファッションとして成立する頼れるヤツ。

性別も身長も問わない。中に何を着ていたってOK。

幅広い層から支持されている「BACK NUMBER」のモッズコート。その実力を知るのにウンチクはいらない。着てみるのが一番。

というわけで、TABI LABOのメンバーに試してもらいました。

その日の格好のまま
ガバッと着てもらっただけ。
だけど、
みんなが似合っちゃう。
このコート、万能です!

 

「Tシャツ、ジーパン、モッズコート。本当にこれだけでファッションが完成する!」

モッズコート ライトオン

モデル/男性、173cm
ライナー付きモッズコート
カーキ メンズLサイズ着用

着ているコートはコチラ!

 

「ストールやマフラーとも合わせやすい」

モッズコート ライトオン

モデル/女性、152cm
マルチWAYフードファーモッズコート 
カーキ ウィメンズMサイズ着用

着ているコートはコチラ!

 

「想像以上にあったかい」

モッズコート ライトオン レディース

モデル/女性、155cm
マルチWAYフードファーモッズコート
カーキ ウィメンズMサイズ着用

着ているコートはコチラ!

 

「BIGシルエットがカワイイから、女性がメンズを着るのもアリ」

モッズコート ライトオン レディース

モデル/女性、162cm
ライナー付きモッズコート
ブラック メンズSサイズ着用

着ているコートはコチラ!

 

「メンズはXLまで展開がある!」

モッズコート ライトオン メンズ

モデル/男性、193㎝
ライナー付きモッズコート
カーキ メンズXLサイズ着用

着ているコートはコチラ!

 

「ウィメンズのベージュは、オトコも着たくなるいい色」

モッズコート ライトオン レディース

モデル/男性、178cm
マルチWAYフードファーモッズコート 
ベージュ ウィメンズLサイズ着用

着ているコートはコチラ!

 

「ブーツとの相性が最高」

モッズコート ライトオン レディース

モデル/女性、160cm
マルチWAYフードファーモッズコート
カーキ ウィメンズLサイズ着用

着ているコートはコチラ!

 

「前を開けるか、閉めるか。それだけで印象が変わる」

モッズコート ライトオン メンズ

モデル/男性、172cm
ライナー付きモッズコート 
カーキ メンズLサイズ着用

着ているコートはコチラ!

 

「ストリート!」

モッズコート ライトオン メンズ

モデル/男性、175cm
ライナー付きモッズコート
ブラック メンズXLサイズ着用

着ているコートはコチラ!

 

「自然とポケットに手がいく。このカタチ」

モッズコート ライトオン メンズ

モデル/男性、174cm
ライナー付きモッズコート
カーキ メンズLサイズ着用

着ているコートはコチラ!

 

「ハードなイメージ、着てみるとそうでもない」
「ホントにどんな洋服とも合っちゃう」

モッズコート ライトオン レディース

モデル(左)/女性、173cm
マルチWAYフードファーモッズコート 
ベージュ ウィメンズLサイズ着用

着ているコートはコチラ!

モデル(右)/女性、168cm
マルチWAYフードファーモッズコート 
カーキ ウィメンズLサイズ着用

着ているコートはコチラ!

 

「いい意味で“雑に”着れるのが魅力」

モッズコート ライトオン メンズ

モデル/男性、178cm
ライナー付きモッズコート
カーキ メンズLサイズ着用

着ているコートはコチラ!

 

「あえてワンサイズ小さめ。まとまる」

モッズコート ライトオン メンズ

モデル/男性、178cm
ライナー付きモッズコート
ブラック メンズMサイズ着用

着ているコートはコチラ!

 

「ライナーを外すと、めちゃくちゃ軽やか」

モッズコート ライトオン レディース

モデル/女性、160cm
マルチWAYフードファーモッズコート 
ベージュ ウィメンズLサイズ着用

着ているコートはコチラ!

 

いろんな着こなしが楽しめる
ディテールにも注目です。

まずはフード。こちらは「ファーだけ取る」「フードごと取る」と、2段階で取り外し可能。もちろん、そのまま付けていても、カッコイイ。

モッズコート ライトオン フード

全部取り外すと、首まわりはこんな感じに。スタンドカラーなので、マフラーやストールと合わせることもできます!

モッズコート ライトオン 襟

フードについたチンストラップは、面ファスナーで閉める仕様。冬、あたたかい!

モッズコート ライトオン チンストラップ

フードに加えて、ライナーも取り外せる。

フードもライナーも全部取り外すと、スプリングコートに!つまり、春まで着れちゃう。

モッズコート スプリングコート ライトオン 

そして、取り外したライナーは、そのままキルティングコートとしても楽しめる。これがまた、いい感じ!

モッズコート キルティングコート ライトオン

上のスナップでも、何人かが「女性だけどメンズを」「男性だけどウィメンズを」セレクトしてたけど、ユニセックスで着れるのもモッズコートの魅力。

とくに女性は、わざとメンズをBIGサイズで着るのも◎。こんなふうに、肩を落として着るとか。

モッズコート ライトオン あえてメンズ

最後に小技。裾の部分を絞ると、シルエットが変わって、また違った雰囲気に。

ホント、いろんな着こなしが楽しめます!

モッズコート ライトオン

関連する記事

諸説あるからこそ、歴史や文化、時代背景などにも想いを巡らせられる「アメリカンカジュアル」の世界っておもしろい。そこで、原宿「BUDDY」の店長にアメカジに...
アメカジスタイルの定番アイテム「ジーンズ」と「チノパン」の歴史をご紹介! ポケットの形や配置が違う理由は......。
カジュアルアイテムの大定番・ジーンズが「青い理由」について迫ります
長い歴史をもつ「ジーンズ」の「ベルトループ」にこんな秘話が?
海外のクラウドファンディングで圧倒的な支援を集めた小型ミルクフォーマー「Nano Former(ナノ フォーマー)」が「Makuake」に登場。シルクのよ...
アメカジ好きなら誰もが感じたことがあるだろう「古着屋のにおい」がついに判明?!
あなたにピッタリのドレスが見つけられると打ち出している、プラスサイズの女性だけでなく“みんな”をターゲットにしたファッションブランド「Laws of Mo...
北欧を中心に洋服を販売しているWEBサイト「Carlings」が、「Neo-Ex」というファッションブランドを立ち上げました。実際に洋服を買うことはできな...
ジーンズの前立てに施されている「ボタンフライ」と「ジッパーフライ」の歴史と用途をプロが解説。
日本初のグランピングリゾート「星のや富士」が、今月4月26日(月)~今夏8月31日(火)までウェルネスプログラム 「樹海リトリート」を提供。
「EDWIN」がジーンズを資源として活用することで、環境負荷を減らす未来のための循環型ジーンズプロジェクト「CO:RE(Cotton Recycle)」を...
アメリカの老舗ブランドから、アメカジで定番のハーディング柄マスクが登場。
格好良さ、機能性ありき。そのうえで環境に配慮されているサステイナブルなファッションブランドを3つピックアップ。
カジュアルファッションの大定番アイテムであるパーカの「フロントのポケット」にはこんな秘密があったんです!
防護服やマスクをテーマにしたファッションブランド「SOUBI BY TAKASHI TESHIMA」。プロダクトやファッションの分野でデザイナーとして活動...
誰も知らないブランドの先取りって、間違いなくファッションの楽しみの一つですしね。
アメカジファッションに欠かすことのできない「ワークシャツ」の丈(たけ)が長い理由って? そこには、野球やアメフトの「ユニフォーム」とも深い関係が!
カウチンセーターなどでよくみられる、オフホワイト、ベージュ、ダークブラウンなどの茶系の色味で模様が描かれたデザイン。そのデザインや色味が「染色」ではなく、...
アメカジの定番アイテムであるオーバーオールのフォルムには、こんな秘密が隠されていました!

おすすめ記事

米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。
NBAの「ロサンゼルス・レイカーズ」に所属している選手、アンソニー・デイビスが着用し話題となっていた「ナイキ」のサステイナブルな新作バスケットボールシュー...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。
「THE NORTH FACE」から、3Dカーボンプレートを搭載したトレランシューズが発売。エネルギー効率を徹底的に意識し、より速さを追求するランナーにぴ...
カナダのアパレルデザイナーが開発したパンツ専用のハンガー「The Jean Hanger」がシンプルなのにスゴイ。ハンガーラックにかけられてシワの発生を防...
「beta post」の「Homeless Backpack」の紹介。
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...