「それ、どこの?」と聞かれるブラックカード

ずっと探していた、“黒の財布にも似合うブラックカード” を見つけてしまった!

金属製というインパクトもちろんあるけれど、なにより毎日持ち歩くものとしてのデザインが抜群。

言ってしまえば、この “普通じゃない” 感じがかっこいい。マットブラックの質感は、最近のスマホとの相性もいい。

ここ数年、日本国内でのシェアを広げている「ラグジュアリーカード」は、2008年にアメリカで創業されたブランド。

創業者のスコット・ブラムが事業家として成功したときに「自分や友人が、使いたいと思えるクレジットカードとして立ち上げた」というエピソードにもワクワクしてしまいます。

ちなみにこのカード、Mastercardを採用しているという安心感に加えて、ポイント還元率も高いので「財布に入れるクレジットカードは1枚にまとめたい」というミニマリストにも断然おすすめ! 極薄のウォレットにもハマります。

→さっそくチェックする

「金属カード」は
もはや世界的なトレンド!

ここ最近、グローバルではカードの素材に金属を採用するところが増えていますが、日本市場で2016年にすでに「金属製クレジットカード」として登場していたのが、ラグジュアリーカードです。

存在感が増す適度な重さと、テーブルやカウンターに置いたときに響く、独特の金属の音——。プラスチックのそれとはまったく違う個性に「え、それどこのカード?」と聞かれる機会も増えたり。

金属だからといって “所有感” が増すだけではありません。永く使い続けられるという耐久面や、ブラスチックよりサステイナブルな選択という意味でも、グローバルトレンドのひとつだと言えます。

また、ラグジュアリーカードには「ゴールド」「ブラック」「チタン」の3種類があり、カード製造技術に関する特許保有数はなんと52。至るところに特殊技術がちりばめられているのです。

1枚あたりの制作期間は数ヶ月に及び、さらに4ヵ国にまたがり製造されているとか。

・「ゴールドカード」には、オスカー像やNASA発注品を手掛ける金加工会社による24金コーティング
・特製ICチップには 「パラジウム」というレアメタルを採用

など、特筆すべきところを挙げ出したらキリがないんですが、それはまるで希少な工芸品のレベル。

「金属だと使えないところも多いんじゃない?」と危惧するかもしれませんが、通常のカードリーダーも通るし、そのあたりはプラスチックカードと同じように使えるのでご安心を。

→詳しくはコチラ

部下より優秀で、秘書より融通が利く!?
「コンシェルジュ」がすごい

数あるラグジュアリーカードのサービスのなかでも、とくに利用者をおどろかせているのが「コンシェルジュ」のクオリティの高さ。

「コンシェルジュって使ったことないんだよね」「どこのカード会社でもだいたい同じでしょ?」などと侮るなかれ。このラクさは衝撃的で、1度でも使うと手放せなくなりますよ。

 

たとえば……
条件が厳しい会食や接待の予約をサクッと決めたい
パートナーへのサプライズが思いつかない
家族で行く宿泊や旅先でのアクティビティを相談したい
慣れない土地への出張先でホテルを探したい
女性の前でスマートに最適なレストランを決めたい

 

などなど、日常の「やばい」「時間がない」「めんどくさい」にも丁寧に応えてくれます。

言うなれば、ズボラな人ほど頼ってほしい「部下より優秀で、秘書より融通が利く」まる投げサービス。自分や周りのメンバーの自由時間を奪わないための “アウトソーシング” と捉える人も多いそうです。

メールでも相談できるし、過去の相談内容もデータベースで管理されていることで、使えば使うほど便利に感じるとか。「コンシェルジュのリピート率80%」という数値にも納得です! 

ちなみに、ラグジュアリーカードコンシェルジュは、面倒なガイダンスなどがない「直通電話」。とにかく徹底して “ストレスフリー” なのも、多くのヘビーユーザーから評価される理由なんだとか。

→今すぐチェック!

これは使うしかない!
「ラグジュアリーリムジン」の送迎

さらに目を惹かれたのが、ハイエンドカーで送迎サービスをしてくれるという「ラグジュアリーリムジン」のサービス。セレクトされた名店や隠れ家レストランなどを使うとき、リムジンが送迎をしてくれるというもの

いざ使ってみたいと思ったとき、その都度手配するのって意外と大変ですが、ラグジュアリーカードなら所有しているだけでOK。

デートでのサプライズはもちろん、家族との大切な記念日にも使えます。

→気になる

「Mastercard」最上位という安心感

そんなラグジュアリーカードは、「Mastercard」の最上位ステータスであるワールドエリートを採用しているのも心強いポイント。Mastercardなので、とにかく使えます! 海外ではとくにそのありがたさを感じるはず。

 

もちろん、他社ステータスカードによくあるような特典もちゃんとついてます。

・空港ラウンジのプライオリティ・パスやホテル優待
・空港手荷物の宅配無料(3つまで)
・TOHOシネマズ月2回無料や、国立美術館無料観賞
・カフェ・バー優待
・ハワイアン航空ステータスマッチ
・ポイント還元率1.25%
・Apple Pay、QUICPay、モバイルSuicaでもポイントが貯まる

などなど。詳しくはHPをチェック。

ちなみに、ブラックカードの年会費は100,000円(税別)。月々1万円アンダーでこれだけのサービスがあって、時間が有意義に使えるとしたら……。

これまで「クレジットカードに年会費を払う」ことにピンと来なかった人も、じっくり想像してみてください。

→詳しくはコチラ

また、このブラックカードには「法人カード」も用意されています。経費の管理もスムーズですし、年会費を経費で計上可。最近話題の納税でもポイントが貯まるというメリットも。

→法人カードはコチラから。

スマホのスワイプ動作のようにカードの出し入れができるミニマルウォレットが登場。「決済はカード派」というアナタにこそオススメしたい一品だ。
財布の中でかさばっていたカードの役割をすべて担ってくれるのが「OraSaifu」です。
サンフランシスコを拠点とするクラウドファンディング「Indiegogo」。日々たくさんの面白いアイテムが飛び出すこのサイトで、今月一番人気だったアイテムが...
アウトドア遊びでは普段使っているサイフはかさばったり重かったりと、なにかと不便。そこで、薄くて小さくて、しかもカッコいい「サイフ&カードケース」を厳選して...
「CANOBLE」から、バターの可能性を無限に広げるためにあらゆるテクニックを駆使して生み出される、バターを楽しむためのバターケーキ「CANOBLE TH...
イラストレーターのNoritake氏がディレクションを担当し、〈HIGHTIDE(ハイタイド)〉と一緒に作っている〈OLL(オール)〉のカードスリーブ。シ...
〈moeco(モエコ)〉の「FLASH ICカードケース」。合計199もの本物の電子部品が使われていて、LEDが光るギミックも!
クレジットカードやキャッシュカード、ポイントカードにマイレージカード。何枚も財布に入れて持ち歩くと、かさばって面倒ですよね…。そんな悩みを解決するために、...
〈VICTORINOX(ヴィクトリノックス)〉の「スイスカード」。ポケットにもスリムに収納できます。26gと超軽量で中身もハサミ、ボールペン、爪楊枝までと...
「ルイ・ヴィトン」から、オンラインで贈れる母の日メッセージカードが登場。好きなメッセージを入力し、カスタマイズすることもできる。今は会えない大切な人へ感謝...
あっと驚くような他にないサービスを次々と手がける「TENGA」と、デザインオフィス「れもんらいふ」代表のアートディレクター・千原徹也による「KISS,TO...
自分にとって“移動”というのはとても重要なことで、だからこそ、機動性のためにもできるだけモノを持ちたくない。仕事上、ノートPCとスマホは仕方ないとして、現...
スマホでゲームもできますが、一緒にやる人がいないとできないカードゲームって、なんだかアナログで懐かしかったりします。みなさんもご存知の神経衰弱。最近では、...
地元に活気を! と愛媛県の八幡浜で企画されたのは、中心街の新町商店街を「黒ずくめ」にすること。おもしろがってくれる街の人たちも徐々に増え、今では55店舗が...
ニューヨーク市のMTAは、非接触型決済システム導入完了を発表。2023年にはメトロカードが廃止される予定。
会議が煮詰まってきたとき……「何かいいアイデアはないか?」と聞かれても、なかなか難しいものですよね。部屋全体に「うーん」という重い空気が充満していくシチュ...
ベルリン発、都市型農場野菜のプラットフォーム「Infarm(インファーム)」が、今月から東京都内の3店舗でアジアで初となる「インファーム」の店舗展開をスタート。
国産の規格外フルーツを使った「リードディフューザー」を届けるサブスクサービスが登場。
ブラックコーヒーを飲んでいる人を見ると、なんだかとカッコよく見える気がする「マジック」。人は、どうしてこの魔法にかかってしまうのか。私なりに答えを導き出し...
素敵なウェディングカードを見つけました。初めは、そのデザインに惹かれたのだと思いました。でもしばらくして、そっと込められた意味に気付いた時、もっと魅力を感...
タイ原産の「クラチャイダム(黒ショウガ)」を原料に用いた「ブラックジンジャーエール」
イギリスでこのコーラルピンクのカードを持っていれば、若者は「あっMonzo(モンゾ)を使ってるんだね。どんな感じ?」と声をかけてくるはずです。
コーヒーを飲んでいると、知らず知らずのうちにカップの底に付着する「茶色の染み」。もしアレがポストカードに付いてしまったら、普通は出すのをやめて捨ててしまい...
世界的なカードゲームの「UNO」。とある非公式ルールについて、公式ツイッターでこんなつぶやきをしました。