「朝、時間がない」けど「お洒落に過ごしたい」なら、このパンツを買え!

いきなりですが、このパンツなら “毎日” でもあり!

見た目はベーシック(というよりも、王道だし原点)だからいろいろな着こなしができるし、ヘビロテの代表格とも言えるほどタフさは折り紙つき。

何をいまさらと思うかもしれませんが、ここで紹介したいのはリーバイスの「'93 501®️」。懐かしの93年モデルが現代版にアップデートされたというから無視するワケにはいきません。

毎朝「これはどうかな、あれはどうかな」と悩むことなく、サクッと着替えて出かけていける最強の1本に注目です!

→さっそくチェック!

毎日穿ける「本物」が
1万円台で!

さっそくですが、復活した93年モデルの「501®️」が、16,000円〜18,000円ほどで買えるというのがいい。

2004年にモデルチェンジされるまで約10年間も世界中で愛され続けたシルエットなので「合わせやすい1本」と表現するのも、ちょっとおこがましいくらい!

毎日レベルで穿くことを考えれば、あえてゆったりめのサイズやカラー違いを2〜3本持っておいて着こなしを楽しみたくなります。

ちなみにこの「'93 501®️」は、全国展開しているジーンズセレクトショップ「ライトオン」にて先行販売されます! 気軽に試着もできますね。

→気になる!

この「ジーンズ」さえあれば
なんとかなってしまう

冒頭で「このパンツなら “毎日” でもあり!」とは言ったものの、ファッションとしてさすがにそれはちょっと退屈……という人の気持ちも分かります。

その点、リーバイス®️「'93 501®️」は、ジャケットにもパーカーにも白シャツにも合うのが嬉しい。

フォーマルさが求められるビジネスの場から、ラフに過ごしたい時間までカバーできるのはもちろん、「毎日同じ」でもネガティブな印象になることなんてナシ。

この1本で、ノームコアもビジネスもお洒落もこなせるからすごい。デイリーユースとしての魅力のなかにも、ちゃんと “自分らしさ” を出せるのが、「501®️」がアメカジのアイコン的存在として130年も愛されてきた理由なんでしょうね。

→詳しくはコチラ

多くを語らずとも
「ストーリー」は十分にある

そんな501®シリーズを、「Made in the USA」のラインナップで再現したのが、ここで紹介している「'93 501®」です。

なかでも1993年は、リーバイスにとって大きな転換となった年でした。それまで「アメリカ501®️」と「ヨーロッパ501®️」という2つの規格があったところを、世界統一の規格として一本化したタイミングだったんです。

バックライズが深めのストレートフィットで、まさに伝統的なワークウェアスタイルだったのが「アメリカ501®️」。一方「ヨーロッパ501®️」は、第二次世界大戦に作られた1947年モデルの影響を受けていて、洗練されたストレートフィット。

その2つを統一した「501®」は、腰回りや腿回りにゆとりがあるストレートフィットが特徴的。バックポケットのサイズやポジショニングもこのタイミングで統合されました。

——と、そんな約30年前の記念すべきシルエットを、さらに現代版にアップデートしたのが「'93 501®」。

シンプルな顔して語れるうんちくをしたためているのが憎い、待望の1本ですよ。

「505」も抑えておきたい!

また同じタイミングで、今まではプレミアムライン「Levi’s®️ VITAGE CLOTHING」でのリリースだった「505™️セルビッジ」も “RED TAB” で登場(写真:右)。

501®️をベースにしながらも、ジップフライや今風の細身のシルエットは、多くのミュージシャンなどからも愛されました。ジップを使うことでフロント周りがすっきり見えるので、女性からの人気も高いシリーズでもあります。

アメリカの西海岸で、音楽や映画などのポップカルチャーが爆発した60年代後半に誕生した505™️は、その後もカウンターカルチャーのシンボルとして人気を博しました。

アーティストやミュージシャンが裂いたり切って穿いたことで「リップドジーンズ(Ripped jeans)」の先駆けとなったのも、この505™️ですからね! 西海岸だけではなく、東海岸(NY)のパンクスやロッカーたちから支持されたことで大きなムーブメントになった人気のラインでもあります。

コーディネートについても、その“万能さ” は言うまでもありませんが、さりげないロールアップで遊んでみたり、ガンガン穿き込んでダメージを楽しむのもいい。

要チェックです。

→詳しくはコチラ

■問い合せ先:
ライトオンプレスルーム
TEL:03-3486-8701

リーバイ・ストラウス ジャパン
TEL:0120-099-501

諸説あるからこそ、歴史や文化、時代背景などにも想いを巡らせられる「アメリカンカジュアル」の世界っておもしろい。そこで、原宿「BUDDY」の店長にアメカジに...
アメカジスタイルの定番アイテム「ジーンズ」と「チノパン」の歴史をご紹介! ポケットの形や配置が違う理由は......。
ジーンズブランド「リーバイス」が、中古ジーンズのみを販売するオンラインストア「セカンドハンド」を開設。リアル店舗で客から回収したジーンズを販売する仕組みに...
あのペラペラの太いパンツをもとに、“2018年の日本の都市でかっこよく、快適に履けるパンツ”へとアップデートしたのが、この「コンフォータブルパンツ」だ。
アメリカ国内だけではなく、世界中で物議を醸している「トランプ大統領」。そんなトランプ大統領にまつわるおもしろエピソードを6つ紹介したいと思います。
リフティングができるほどの運動機能性が備わっているという。数ある機能を重視したフォーマルなパンツのなかでも、フットボールメーカーが“リフティングできる!”...
ジーンズの前立てに施されている「ボタンフライ」と「ジッパーフライ」の歴史と用途をプロが解説。
カジュアルアイテムの大定番・ジーンズが「青い理由」について迫ります
長い歴史をもつ「ジーンズ」の「ベルトループ」にこんな秘話が?
1889年にアメリカ・カンザス州にて誕生した「Lee」から、ブランド設立130年を記念したコレクションが登場。
2016年の熊本地震から4年。復興の新たな挑戦としてスタートした、創業200年の「浜田醤油」による日本発の「XO醬」。
「カーハート」「KAVU」「ヘリコンテックス」「クリフワークウェア」、心置きなく外遊びを満喫できる「丈夫さ」に特化したパンツを4つピックアップしました。
アメカジ好きなら誰もが感じたことがあるだろう「古着屋のにおい」がついに判明?!
「Nadi X」は、足首と膝、お尻にセンサーが埋め込まれているヨガパンツ。
パンツの「左のポケット」にだけフタやボタンがついている理由に驚き! きっと誰もが一本はもっているパンツの「ヒップポケット」に隠された意味とは?!
「たたむのが楽しい!」と感じる革命的でユニークなパンツ「Gimmick Boxer」が登場。その気になる仕組みとは......。
“あったらいいな”を実現する、いま話題の最新ガジェットを3つ紹介。
世界初の「パーソナライズ抽出機能」を実現したスマートティーポット「teploティーポット」の公式茶葉サブスクリプションサービスが、先週22日(木)からスタート。
「畑にパンツを埋めてください」。フランスの農業会議所が農家に指示した内容は、とっても興味を引きます。今日(5月27日)から6月2日までにパンツを埋めて、8...
アメカジファッションに欠かすことのできない「ワークシャツ」の丈(たけ)が長い理由って? そこには、野球やアメフトの「ユニフォーム」とも深い関係が!
代々木上原の『タテイスカンナ』で〈Anti-weathers(アンチウェザーズ)〉に別注をかけた「アンドロップパンツ」はアウトドアに最適な機能が満載。ロー...
ノルウェーのアンダーウェアブランド「TUFTE(トゥフテ)」。ここのボクサーパンツはモノが違います。
汗のいやな臭いを吸収してくれるズボン。秘密は、素材の一部に使われているコーヒーの出がらし。夏場でも、1日中快適に過ごすことができそう。