外国人もわざわざやってくる。大阪で見つけた「万華鏡」みたいなホテル

大阪の “大動脈” とも言われる、御堂筋。

昔ながらの定番と最先端だけでなく、サブカルチャーやポップカルチャーまでまるっと飲み込んで、大阪のエネルギーをギュッと凝縮したような場所で、1本道を変えれば景色がガラッと変わる。

そんな御堂筋の新しいランドマークとして「大阪エクセルホテル東急」が2019年11月にオープンしました。

まずは存分に街の散策を楽しんでからホテルをじっくり堪能するのが、御堂筋の贅沢な楽しみ方だと思うんです。

→行ってみたい!

楽しみにしていた
「Mel Coffee Roasters」へ

東京で働くバリスタの友だちに聞いて、「大阪のコーヒーなら!」と真っ先にオススメされたのが「Mel(メル)」。チェックインまで時間があるから、街ブラのお供をテイクアウトしよう。

店内に足を踏み入れると、まず目に映るのがいい香りを充満させている焙煎機。オーストラリア・メルボルンで修行を積んだオーナーが、こだわり抜いてドイツから取り寄せたものだとか。

高層ビルが立ち並ぶ御堂筋は、オフィス街のイメージを強く持たれがち。だけど少し大通りから離れるだけで、この街で暮らす人たちの温もりを感じられるんです。

子どもたちの声で賑わう公園、焼きたての香りを漂わせているパン屋さん、昔ながらの書店。時間になると、鳩が出てくるカッコー時計が街のいたるところにあるのを見つけて笑っちゃった。

新旧が入り混じっていて、いろんな道を歩くたびにスキが増してくなぁ。

ビルの一室に非日常が広がる
「ALFFO RECORDS」

少し歩き疲れて、どこかに入ろうと思っていたら「ALFFO RECORDS」の看板を発見。ドライフラワーが吊るされた部屋に、レコードがぎっしり並べられていてカワイイ!

レコードショップでもあり、Cafe&Barでもあるみたい。壁に映された洋楽のMVを見ながら、ゆっくり休憩できる穴場スポットでした。

南御堂のエネルギーを感じながら
今日泊まるホテルへ

「大阪エクセルホテル東急」はなんと、日本で初めて寺院の山門と一体になった宿泊施設。400年以上前から地元の人たちに大切にされてきた、南御堂の山門になっています。

インバウンドが熱い「OSAKA」にふさわしい門構えで、このホテルを目的に大阪まで来る外国人観光客も多いそうです。

空気が清らかで、自然と背筋がピンと伸びます。朝出かける前や、チェックインの前にお参りするのもいいですよね。

16階のロビーへ向かうと、コンセプトの「万華鏡」をイメージした幾何学模様や、キラキラと反射する仕掛けがいっぱい……!

光を浴びたプリズムのようなデザインのテーブル。クッションも幾何学模様
ホテルのいたるところに万華鏡が隠れてる!

「アメ村」みたいに
遊び心たっぷりなお部屋!

レセプションがある16階の一番奥には、カードキーを持つ人だけが開けられる隠し扉があるんです。その奥には広がるのは、大阪にちなんだ地名や偉人からネーミングされた、コンセプトルーム専用の「THE MIDO FLOOR」。

今回選んだお部屋は、アメリカ村をイメージした「ROOM AMEMURA」。御堂筋を上から一望できる贅沢なロケーションと、細部のデザインまでこだわり抜かれた “万華鏡×アメリカン” な空間にときめきっぱなし!

ロフトは広々としたベッドルーム。ハットの形をしたライトがかわいい

コンセプトルームは、RIKYU/TAIKOH/AMEMURA/MINAMI、の全6部屋。部屋ごとに広さも違うし、インテリアやテーマカラーもガラッと変わります。

宿泊だけでなく会食やミーティングスペースとしても利用OK。

太閤秀吉をコンセプトとした「ROOM TAIKOH」は、ゴールドと赤を基調とした和室
壁に映し出されたダイナミックなアート!クジラが泳いできた〜
→もっと知りたい!

最上階のレストランで
新感覚「大阪グルメ」を!

大人のためのカジュアルレストラン「PIC*NIKA(ピクニカ)」の名物は、特大有頭海老フライ。

「目の前に運ばれてきた瞬間、どんな世代の人でもパッと表情が明るくなる。コミュニケーションが生まれる料理をつくりたいと思っています」

そんなシェフの言葉通り、想像以上の大きさに驚きの声が漏れました。こんなに大きいエビフライは初めて!

一尾の特大海老とクリームコロッケのフュージョン
たこ焼きの具材がモチモチのピザ生地に包まれている「NEOたこ焼き」
女性に一番人気なのは「特製レモンカルボナーラ」。おいしっ!
→気になる!

歴史ある「法善寺横丁」へ

ミナミの繁華街からちょっと外れた場所にある、法善寺横丁。

老舗小料理店や隠れ家的なバー、お好み焼き店、串カツ店など、大阪らしい名店が所狭しと並んでいます。

どのお店にしようか悩んだけれど、暖簾をくぐったのは「やき然」。観光客向けというよりも、地元の人たちが集うローカルな雰囲気にグッときた!

「くう〜!」

看板メニューは「モダン焼き」。濃厚だけどスパイシーで病みつきになるソースは、創業時から変わらない秘伝のものだと教えてもらいました。

熱々のモダン焼きを頬張ったあとの冷えた生ビールは100点満点。

大阪の夜景と
上品なカクテルに癒されたい!

締めくくりは、16階の「BAR&LOUNGE MIDO」へ。

“水の都” と呼ばれていた大阪を表現した水盤の仕掛けが、夜になるとキラキラと反射しはじめます。後ろの全面窓から一望できる夜景と重なって、ほんとうに贅沢な空間。

木苺と桜の香りがふわっと広がるカクテル「プラムブロッサム」
上から水が滴ってくる音色が心地いい
17階「THE SKY ROOM」ホワイエからの夜景。結婚式の二次会や会議にも使えるんだって!

 

「変わらないで」という想いを守ったまま、つねに変わり続ける御堂筋。この楽しさを知らないなんてもったいない!

 

→詳しくはコチラ!

大阪エクセルホテル東急

住所:大阪府大阪市中央区久太郎町4-1-15
TEL:06-6252-0109

関連する記事

大阪の北のほう、箕面(みのお)市の名物といえば、滝と紅葉と、箕面山のちょっとやんちゃなおさるたち。箕面市のローカルビール「箕面ビール」のオリジナルグラスは...
大阪ミナミの宗右衛門町にある、大日館ビル。THE・雑居ビルとも言うべきこの場所に足を運んだのにはワケが…。それは、「大阪を代表する、ふわふわ系お好み焼があ...
毎年増えつづける、大阪に訪れる外国人観光客。その中心でもある難波の一角にある、文化住宅をリノベした「道草アパートメント」という建物。 なかでも通行人の目を...
かつての労働市場を支えた街、大阪・新今宮は、労働者の高齢化などによって衰退。それから数十年の時を経て、多国籍の人々が暮らすニューヨーク・ブルックリンのよう...
外出困難者が“分身ロボット”で働く「分身ロボットカフェDAWN ver.β」が2021年6月、日本橋エリアでオープンする。
大阪でも、年配の人しか使わなくなった方言のひとつ「ねき」。それが、このお店の名前です。一品一品が美味しくて、どこかホッとする。そんな食事が楽しめました。野...
「大阪メトロ」は、将来的な導入を目指し「顔認証」と「二次元バーコード」で入退場できる試作の改札機を一部の駅に設置。12月10日から2020年9月末にかけて...

人気の記事

国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
近年注目を集めた雪駄×スニーカー「unda-雲駄-」からアップデートモデル「unda 2.0」が登場。
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...