観光だけじゃない!ビジネスパーソンに知ってほしい「グアムの使い方」

ワーケーションは仕事と休暇を組み合わせた新しい働き方だとよく言われています。だけど、この説明だとテレワークとほぼ同じなんだよなぁ……。

本当の意味でのワーケーションは、休暇先の特徴やそこだけでしか得られない体験を活かした上で仕事をすることだと思うんです。

だから、とりあえず海外に行けばいいってワケではありません。リゾートならどこでもいいということでもありません。

だとしたら、どこがいいのか? 答えは「グアム」です。

その理由を3つ紹介します。

01.
「ホテルに缶詰」でも
すぐにリフレッシュできる

グアムは交通機関がしっかりとしていて、どこへ行くにも移動時間がとても短いのが特徴。島一番の繁華街「タモン」に泊まるのであれば、なおさらです。

これをワーケーションに活かさない手はありません。

ちょっと抵抗感があるかもしれないけど、オススメはホテルに缶詰になること。

がっつり仕事をしていて、集中力が切れたとしても、すぐにビーチやショッピング施設に行くことができます。簡単にリフレッシュができちゃうんですね。

気分転換という意味では、散歩をするだけでもOK。

普段は体感できない自然に触れたり、日本未発売の商品を手に取ったり、地元の人が着ている洋服を見たり、街がどのように発展しているのかを観察したり……これらのことを全て同時にできるのは、グアムならではのこと。ただ街を歩くだけでも、何か発見があるはずです。

そして、ホテルへと戻る頃には新鮮なアイデアが頭にあるので、効率よく仕事を進められるでしょう。

→詳しく知りたい!

02.
日本でのルーティンが
崩れにくい!

海外で仕事をする時には、常に時差について考えていなければいけません。資料提出締め切りも打ち合わせ時間も、いちいち計算するのは面倒……。

日本の南にあるグアムとの時差は1時間。ワーケーションをするには十分すぎる環境です。

もちろん、打ち合わせをすることは簡単。なんなら緊急対応でさえもできちゃうのがスゴいところ(絶対にやりたくないけどね!)。

グアムは時差ボケのリスクがほぼゼロだし、民泊も充実しているから、日本での仕事と遊びのルーティンを崩さない生活を送ることもできます。

他にも、朝は自分で料理を作ってから仕事をして、ランチ休憩の時間はビーチでゆっくりして、午後にもう一度仕事をして、夜はバーに行く……なんてこともできます。

気は進まないだろうけど、日本にいる上司やクライアントのスケジュールに合わせることも可能。

1時間の時差というのは、思った以上にワーケーションにおいてメリットがあるんです。

→詳しく知りたい!

03.
帰国した時に
仕事復帰しやすい

先ほどちらっと触れましたが、グアムでは時差ボケになるリスクがほとんどありません。それは日本に帰ってきた時にも当てはまります。

しかも、移動時間はたったの3時間半。

ワーケーション場所にグアムを選べば、仕事復帰がしやすいんです。

長期で滞在しなくても、1週間だけ行くのもアリ。平日はリラックスをしやすい環境で仕事をして、週末は海でジェットスキーや山でハイキングを楽しんだり、体いっぱいでグアムの自然を満喫する。そして、日本へと戻り、いつも通りに仕事をする。“コンディションを整える日”をもうける必要はありません。

有給を使い、朝からグアムに移動して、午後は少し仕事をやって、土日は思いっきり遊んでみるのもイイ! 仕事復帰のハードルが低いからこそ、できるワーケーションですね。

時差ボケになるリスクはほぼゼロ。移動時間は約3時間半。そして、自然があり、娯楽施設も充実している。

ここまでワーケーションに適した場所って、グアムくらいな気がします。

→行ってみたい!

関連する記事

ワーケーションの意味やテレワーク(リモートワーク)との違い、ワーケーションが注目される理由、導入への課題など網羅的に解説した記事です。
2020年12月29日、中国のIT企業に勤めていた23歳の女性が急死しました。毎日のように続いていた長い残業のせいで。この不幸なニュースは一気に同国で話題...
アウトドアオフィス事業をてがけるスノーピークビジネスソリューションズは、旅行大手JTBと共同開発した法人向けのサービス「CAMPING OFFICE HA...
太陽光利用型植物工場にワークスペースを装備したスペース「Veggie_Works」設置され、アグリワーケーション施設として2021年2月から運用開始。
日本初のグランピングリゾート「星のや富士」が、今月4月26日(月)~今夏8月31日(火)までウェルネスプログラム 「樹海リトリート」を提供。
トレインワーケーション体験会「第5回千曲市ワーケーション体験会」が来月24日(水)~26日(金)、長野県千曲市で開催される。
オーストラリアの金融会社「Collins SBA」が採用しているのは、生産性を限りなく高めて、ワークライフバランスを実現しようというもの。
旅して休暇を楽しみながら、リモートで働くというスタイル「ワーケーション」。この実現をサポートする動きが、いま広がりを見せています。例えば、アクティブライフ...
「マリネ」と聞いてイメージするのは、生魚をオリーブオイルなどに漬け込んだものかもしれません。けれど、マリネするのは魚だけとは限らない。焼く前の肉をワインに...
自分の「幸福度」を高める、働き方。
ヨーロッパで広く愛されているトルコ発のレジャーブランド「aniva」から、コンパクトで手軽、かつ本格的なバーベキューが楽しめる「コンパクトバーベキュースタ...
「結局効果があるリラックス方法って何があるの?」という方のためにストレスや疲労を根本からなくせるリラックス方法をまとめました。自宅や職場で試せるものから、...
岐阜県との県境に位置する、愛知県瀬戸市。愛知県の県庁所在地・名古屋市から北東に約20kmと、アクセスの良いところにある瀬戸への行き方、観光スポット、旨い店...
飛行機で隣になった旅行好きに教えてもらって以来、海外旅行のたびに重宝しているサイトがある。その名も「The Basetrip」。旅に必要な基礎情報が一気に...
五感を刺激する森のワークスペース「木々薫る」は、緑豊かな空間でリラックスしながら仕事に取り組むことで、ストレス軽減や知的生産性の向上が期待できる働き方改革...
実はすぐそこまで来ている、宇宙旅行に行ける未来。現状、いつから行けるのか、いくらで行けるかについて解説していきます。
10年後、僕たちの働き方はどう変わっていると思いますか?
「海外で働きたい!」と思っている人は多いかもしれませんが、もちろんいろいろな国がありますよね。国が違えば当然文化も違います。それぞれに合ったコミュニケーシ...
著書『パーソナル・グローバリゼーション~世界と働くために知っておきたい毎日の習慣と5つのツール~』(幻冬舎)で世界に通用する人材になるためのスキルを提唱す...
毎日仕事の繰り返しの日々。今に不満はないけれど、何か違う明日を欲しているあなた。休日を活用することで、ウイークデーの心も輝かせませんか。休日の過ごし方をタ...

おすすめ記事

米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
NBAの「ロサンゼルス・レイカーズ」に所属している選手、アンソニー・デイビスが着用し話題となっていた「ナイキ」のサステイナブルな新作バスケットボールシュー...
今月1日、「帝国ホテル東京」がホテル内での「サービスアパートメント」をローンチ。3月15日からの入居開始に先駆け、現在、予約を受付中だ。
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
「THE NORTH FACE」から、3Dカーボンプレートを搭載したトレランシューズが発売。エネルギー効率を徹底的に意識し、より速さを追求するランナーにぴ...
世界最大級の宿泊予約サイト「Booking.com」が、自社のクチコミスコアをもとに割り出した西日本における「最も居心地の良い場所」のランキングを発表した。
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
「Minsord」はドリルではない。重さはわずか500g、服のポケットに簡単に入れられるiPhone並のサイズ感ながら、コリの最大の原因であるねじれた筋膜...
「beta post」の「Homeless Backpack」の紹介。